SHIMADA JINSEI 嶋田 仁正 シマノインストラクター

嶋田 仁正 プロフィール 中国エリアと東京湾のシーバスゲームに精通する稀代のランカーハンター。90cmアップ捕獲数200尾以上の実績から豪快なイメージを持たれがちだが、潮や流れを読み、微妙な変化を感じて釣り方をアジャストする繊細さも併せ持つ真のエキスパート。

シャロー攻略に2つのNEW FACE!
“フローティングペンシル”という懐刀

「表層下におけるレンジやアクションの微妙な違いでシーバスの反応は一変します」。こう断言するのは、稀代のランカーハンターである嶋田さんだ。エクスセンスが開拓したフローティングペンシルという新ジャンルに、早くも2つの新顔が登場。より緻密なシャローのアプローチが実現する!

 

ランカーハンターが語るシャローレンジの重要性

持ち駒は多いほど有利!

「表層下付近は最も反応を得やすいレンジ。微調整が成功のカギを握ります」
「喰い気のあるシーバスは表層付近のベイトを意識していることが多いですが、わずか数cmでもレンジがズレたり、アクションが合っていないと反応しないことも多い。各ルアーの得意なレンジやアクション、サイズを細かく使い分けて、状況にアジャストすることが大切です。おすすめはレンジをアジャストしやすいフローティングタイプ。持ち駒は多ければ多いほど有利ですね」。

新ジャンルのシャロー攻略ルアー“フローティングペンシル”

水面直下の一定レンジを
スローかつ自然に誘い続けられる!

シンキングペンシルはナチュラルな誘いが得意なルアーですが、シンキングのためスローに表層直下を攻めるにはスピードに限界があります。一方、フローティングタイプなら誰にでも簡単に表層直下をキープ可能。リップ付きのシャローランナーでは潜り過ぎる場合や、より確実に水平姿勢をキープしたい場合は、フローティングペンシルが強いですね

先行して登場した超シャロー攻略特化型のCOOの70Fと100Fは、すでに実績多数。ただ巻きでスローに水面直下を引けるフローティングタイプのペンシルベイトだ。「高浮力の発泡素材AR-CシェルとAR-C重心移動システムのおかげで、飛距離と水面直下のスローな攻めを両立しています」。

「ボリュームで魅せて、ナチュラルな
水平姿勢で喰わせる」

「COOの70Fと100Fをテストしていた段階から熱望していたサイズアップバージョン。COOは一定レンジで水平姿勢をキープしたままワイドなロールアクションでスローかつナチュラルに誘えることが最大の特徴。シーバスは完全にエサだと思いこんでいるのか、後方からフッとバイトしてくることが圧倒的に多いです。130Fはボリュームをアップしたことによりアピール力は向上していますが、シリーズ共通の違和感なく口を使わせる能力も併せ持つ“喰わせのビッグサイズ”。個人的に、COOは大きければ大きいほど、より真価が発揮できると考えています」。

FEATUREサイズの使い分け

ベイトのサイズが大きい場合は130Fをセレクト

「シンキングペンシルではスローに誘いきれない表層直下30cmくらいまでがCOOシリーズのメインステージ。130Fは、ややベイトのサイズが大きい場合や、バチを偏食している際に極めて有効なローテーション候補のひとつ。捕食しているベイトのサイズや反応するレンジで細かく使い分けましょう」

  • メインレンジ
    水面下25cm前後/やや大きめの
    トウゴロウイワシやサヨリ、
    バチなどを捕食時
  • メインレンジ
    水面下15cm前後/10cm前後の
    トウゴロウイワシやサヨリなどを捕食時
  • メインレンジ
    水面下15cm前後/5cm程度の
    トウゴロウイワシやボラの稚魚を捕食時

FEATURE遠投性能

信頼のX AR-Cシステム採用で
飛距離と高浮力を両立

バネの力でウェイトを速やかに定位置へ戻すAR-C重心移動システムにより、圧倒的なキャスタビリティーと着水後の素早い立ち上がりを実現。「高浮力なAR-Cシェルを組み合わせることにより、ウェイトを重くしても一定の浮力をキープ。良く飛んで、スローに表層下を引けるのはX AR-Cのおかげです」

使い方の基本

スローなただ巻きで広範囲をサーチ!

「使い方は、スローなただ巻きが基本。夜の明暗部や流れの変化の周辺をメインに広く丁寧に探っていきます。COOはナチュラルなアクションでスレにくいため、コースを細かく変えながら同じ範囲を何度もトレースする場合もありますね。シーバスを完全に騙しきれるルアーなので、同じエリアでバイトが連発することも少なくありません」

わずかなレンジや
アクションの差で
反応は一変する。

「水面近くのベイトを意識しているシーバスは、総じて喰い気がある状態。
でも、少しレンジが外れていたり、アクションが状況に合っていないと
反応しない場合は多々あります。
そこがシーバスゲームの難しさであり、面白さ。
釣れないと諦める前に、実践すべきことはたくさんあります。
そのひとつの選択肢がフローティングペンシル。
フローティングミノーなどとのローテーションにより、
サブサーフェイス攻略の幅を拡げましょう」。 サブサーフェイスを極めよう!

FEATUREアクション

S字スラローム+ロールアクションで
食べ頃のボラやコノシロを演出

「X AR-Cシステムの採用で、飛距離と高浮力を両立。ヘッド上部にスリットを設けているおかげで、水の掴みが良く立ち上がりも良いです。アクションは、ロールアクションを伴いながらS字軌道でスラローム。油断して表層付近をフラついている食べ頃でファットなベイトをスローなただ巻きでイージーに演出できます」。

FEATUREマッチ・ザ・ベイト

表層直下のボラやコノシロ偏食時に
ジャストマッチ

「トウゴロウイワシやサヨリなどを捕食している状況では、スリムなシルエットのCOOシリーズが効きますが、体高のあるバルキーなベイトを偏食している場合は、よりシルエットや発生する波動が近いBORAKONOが圧倒的に効きますね。

使い方の基本

スローなただ巻きをベースに、
ロッドワークでスイッチオン!

「誰にでも簡単に表層直下のS字スラロームを演出できる長所を活かして、まずはスローなただ巻き。発泡素材のAR-Cシェル採用のおかげでティップの動きに敏感に反応するため、流れの変化や明暗の境目付近など、ここぞという場所で小さくワンアクションを入れてバイトを誘発する使い方も有効です。体高があるため、アクションを入れた際のヒラ打ちとフラッシングの効果が高い点もBORAKONOの特徴ですね」。

WEB LURE X MOVIE
~水面直下を制する2つのフローティングペンシル~

TACKLE SELECT for フローティングペンシル

軽さと強さが融合。
シーバスゲーム専用リールの理想形

フローティングペンシルを使った繊細なシャローゲームを展開するには、リールのセレクトも重要。ウェーディングで狙う状況が多いですが、Xプロテクトの採用で不意の水没も怖くない。極めて軽いため、長時間の釣りでもストレスを感じないし、感度の面でも有利ですね。ファイト中に素早くドラグを調整できるラピッドファイアドラグや、マットブラックの渋めな仕上がりも気に入っています

REEL
NEWEXSENCE

TACKLE DATA

ブラックエンベロープ2セットを使い分け
「COO130Fには、強さと汎用性に優れ、ウェーディングゲームでも扱いやすいS903ML・MH/F。BORAKONO80Fには繊細なティップと強靭なバットパワーを併せ持ち、小さなバイトを積極的に掛けられるS903L・M/Fがマッチします。いずれも、ランカークラスを狙って獲るためのセッティングですね」。

おすすめ関連記事