YASUHIRO AKAZAWA 赤澤 康弘 シマノフィールドテスター

赤澤 康弘 プロフィール 香川、四国のオフショアをメインフィールドに活躍。釣りの腕や理論もさることながら、気さくな人柄で多くのアングラーや船長から慕われる。瀬戸内を中心に活動する鯛ラバクラブ『鯛ラバーズ』の会長も務める。

朝一投入から、時合い突入まで。
達人のネクタイローテーション完全解説。

『炎月 スルスルパーツ』の登場によって、これまで面倒だったネクタイ交換が驚くほど簡単にできるようになったいま、鯛ラバの達人たちは形状、カラーの異なるネクタイをどう使いこなすのか。朝一から時合いまで、鯛に口を使わせて止まないネクタイのローテーションを完全解説。 ※記事内のタックルはプロトタイプです。

集魚ネクタイ

「味」と「匂い」の集魚ネクタイに新形状と新色が追加!

炎月スルスルパーツ 使用方法

  • スカートをシリコンチューブで束ね、
    スリットにネクタイをかける
  • スルスルパーツをスカートを束ねている
    シリコンチューブ内に押し込んで完成

赤澤 康弘流 ネクタイローテーション

01. 朝一、ローライトは
ハイアピールに徹する!

日の出のタイミングや、光量が少ない時は、とにかくハイアピールで鯛に鯛ラバを見つけてもらうことを最優先。ネクタイはカーリー系など動きが派手なもの。カラーはオレンジ、ヘッドはゴールドなど視認性が高いものをチョイス。「まずは『イカタコカーリー』から投入。シーズンに関係なく、その日の活性を把握するなど、パイロット的に使えます」

02. 喰い渋り、アタリがない時は
アピール控え目。

潮がユルい、アタリがない…。探見丸に反応があっても、鯛に喰い気がないような状況下ではアピールを弱くし、鯛に違和感や警戒心を与えないようにする。ネクタイは小ぶりな『ノレソレ』の一本がけ。ネクタイだけをしっかり見せるように、スカートも外してしまう。「スカートを外すことに抵抗がある人も多いかもしれませんが、思い切ってやってみてください。急にアタリが増えたりしますよ!」

03. 喰いが立っている時は
攻めのセッティング!

アタリが多い、周りも釣れ出した!時合い突入のタイミングではネクタイをしっかり見せて、ガンガン強アピール!スカートも外し、『イカタコカーリー』、『ビビットカーリー』などのカーリー系と、『鯛虫ピン』や『ノレソレ』などストレート系のネクタイをミックスがけするのが赤澤流。「高活性時は手返しよく、どんどん釣りたい。集魚ネクタイは一般的なシリコン素材と違って絡みにくいし、耐久性もあるのでミックスがけも可能です。喰いちぎられる不安も少ないので、確認のための回収をしなくても釣りを続けられます。釣れる時に、ガンガン釣りましょう!」

赤澤 康弘が考える
『炎月 集魚ネクタイ』

その1
追い喰いが期待できる!

他の釣りでも言えることだが、潮が動かないと途端に喰いが悪くなる。そのような状況下でも集魚ネクタイはバイトが出やすい。
また、鯛ラバはショートバイトも多いが、集魚ネクタイはもう一度ネクタイを喰い直したり、追い喰いがある。追い喰いをする鯛がいることで、他の鯛の活性も上がり、さらにバイトチャンスが増える。

イカゴロエキスが効く!

その2
手返しが良くなる!

集魚ネクタイは一般的なシリコンネクタイに比べて絡みにくいので、バイトがあってもネクタイの絡みをチェックすることなくそのまま釣りを続行でき、「この時合いを逃したくない!」という時にそのまま釣りを続けられる。
また、耐久性があって破れにくいので、根掛かりしたり、ネクタイを齧られた後も鯛ラバを回収してチェックしなくてすむ。
手返しを重視したいタイミングでは本当にありがたい。

耐久性が高い!喰いちぎられにくい!

WEB LURE X MOVIE
~タフコンの大阪湾攻略~ ネクタイローテーションが決め手!
月華TG&炎月集魚ネクタイ

炎月 タックルデータ

ROD NEW 炎月 BB

「ブランクスに張りとクッション性があるので"等速巻き"がしやすいですね。柔軟なティップはアタリをハジきにくく、オートマチック感覚で真鯛が釣れます。僕はしっかり合わせてフッキングする方ですが、その場合もロッドがダレません」。スパイラルガイドを搭載したベイトモデル4機種とスピニングモデル1機種をラインナップし、バーチカルから流行のキャスティングまでカバー。

製品情報はこちら
REEL NEW 炎月 BB

「なんと言っても軽くて疲れないのがいい。ハンドルも滑りにくいので、"等速巻き"がしやすいです」。カーボン強化素材CI4+を採用し、優れた剛性と自重185gを達成。ギア比5.5のパワーギアは大物とのファイトで威力を発揮。

製品情報はこちら
LINE NEW 炎月 G5 PE

潮に馴染みやすく、速潮でも底取りが速い。ラインカラーの見やすさにこだわった明暗パターンと、1mピッチマーキングでリーリングの速度変化、フォールのアタリも見やすい。適度な張りはキャスティング鯛ラバにも最適。

製品情報はこちら

取材協力:兵庫県東二見港 海豚

おすすめ関連記事