厳寒期を制する“シャロー”と
“回遊待ち”の二刀流【後編】

初日にキロオーバーを出し、自分の釣り=シャローのラン&ガンが日向でも通用することを確信した湯川さん。「まだ、試したいことがたくさんあります。」と意欲的に実釣。限られた日程、条件の下で最善を尽す湯川さんのエギングには、すぐに役立つヒントが満載!

実釣フィールド / 日向(宮崎県)

日向市は宮崎県北部にあり、太平洋に面した海岸線は、磯や砂浜など変化が豊富。
沿岸部は流入河川も多く、シーバス、ヒラスズキ、ヒラメ、青物など様々な魚種がショアから狙える。
アオリイカも地元で人気のターゲットだ。

湯川マサタカ

ゆかわ・まさたか 和歌山県在住。アオリイカの居場所を見抜く千里眼と、攻撃的なラン&ガンが得意なエギングエキスパート。明るいキャラクターとわかりやすい解説で、日中エギングの楽しさを伝えている。愛称はJOE(ジョー)。

DAY2 冬エギングで有効なサオ抜けスポット攻略と回遊待ち

2日目朝は、初日にキロ超えを釣った河口絡みの深場が隣接する磯に入る。
「昨日は朝の満潮から下げはじめを撃っていないですからね。そのタイミングはどうかを確かめたい」
海は初日よりウネリが上がっているように見える。
「ウネリは海面のラインを上下させるから、釣り人には影響するけど、底荒れする大きなウネリでない限り、ボトムのイカにはそれほど影響はしないです」
海面のラインが上下すれば、フォール中のエギがフラつく。それを防ぐには?
「ラインを張らず緩めずの緩めすぎくらいでフォールすれば、ウネリの影響を受けず、安定した姿勢で落とせます。あと、今日は昨日届かなかったシモリの裏側など、遠投して沖のサオ抜けスポットも狙いたい。そのためにロッドを長めのセフィアXTUNE S808L+に替えて遠投。レングスがあるぶん、ウネリに対してのラインメンディングもしやすい。そして夕マヅメは回遊待ち。晩秋から冬のセオリー的な実釣プランでいきます」

ウネリや当て潮はラインを緩めてフォール

「ウネリがあるときにラインを張ってフォールすると、海面の上下動の影響でエギのフォール姿勢は不安定になります。当て潮のときもテールが潮に押されてフラつきます。エギはフリーで落とせば、必ず潮上に頭を向けて姿勢が安定する。アタリはとりづらくなりますが、違和感なく抱かせるほうが釣れる確率は高くなります。
セフィアクリンチ・エクスカウンターは、フリーで潮に馴染むようにナチュラルにフォールするので、ウネリや当て潮対策にも有効です」

濁りで喰い渋るイカにエギをしっかり見せて攻略

タックルを替えて臨んだ2日目朝だが、予想に反してイカの反応はない。
「昨日より潮が濁って、シャクってもスカスカですね」
磯を歩きながらテンポ良く探るが、朝の満潮から3時間経っても反応はない。
「完全に下げに入っているのに、朝より潮が動かない。もうちょっと下げたほうが良いのかな」
離れ磯の際に投げたクリンチ・エクスカウンター3.5号ピンクドットに100g前後のイカがチェイス。
「小さいイカの喰い気はある。濁りの影響は少なそう。なかなか口を使ってくれないのは、やっぱり潮(の動き)でしょうね」
磯際から水中に3本のスリットが伸びるボトムの地形変化では、まずスリットに対して横からアプローチ。イカの反応がないと、立ち位置を替えてスリット沿いを通すようにアプローチすると、セフィアXTUNE S808L+が曲がる。
「やっぱり居た。濁りのせいか、活性が低いなのか。エギが見えるところにイカは居て、活性が高ければ飛び出してきて喰うはずなんです。でも、今日はベタ底でイカの口元にエギを持っていくイメージじゃないと。ボトムでちょっと待って抱きましたからね」

喰い渋るイカをトレースコースを変えて見事に攻略。400gをキャッチするが、状況は初日より厳しくなってきているようだ。

ヒットエギ

セフィア クリンチ エクスカウンター3.5号

[品番] QE-235Q(3.5号/19g)[カラー] 16色 [本体価格] 1,120円

岬と湾。回遊待ちとシャロー撃ちエリアは隣り合わせ

午後からは新たな釣り場の探索をするが、「ここは潮位が低すぎ」、「良い磯だけど降り口が分かりませんね」と、初めての日向でアウェイの洗礼を受ける。

時刻は15時を回ろうとしていた。
「昨日、見つけておいた場所に行きましょう。そろそろ潮位も上がって、潮も効いているはずなんで」
干潮から約1時間半経過。昨日見つけておいた場所というのは、岬のつけ根にある湾内の砂浜に隣接した磯の張り出しだ。
「潮通しの良い岬をイカが回遊。その奥の湾に磯があってサーフがある。湾に入ってきたイカが、磯で足を止める。デイゲームで勝負が早い釣りが楽しめるのはこういうところ。夕マヅメは、岬寄りの水深があるところで回遊待ちに切り換えます」

磯周りにアマモ帯を発見! 500gをキャッチ

日のあるうちは磯周りに居付いているであろうイカを狙って、エクスカウンター3.5号ケイムラアボガドをキャスト。ボトムを探るとエギのカンナに釣果の予兆が。
「アマモが引っかかってきますね。アマモは潮通しの良いところにしか生えない。めっちゃ良いところ。春も良さそうですね、ここは」
そして探りはじめると、すぐにイカが応えてくれた。
「アマモがあるから底がとれない。着水後のファーストフォールでボトム付近で抱きました」
潮に馴染むようにナチュラルにフォールするエクスカウンターは、着水後、底を取るまでの間にイカが抱くことも多い。上がってきたのは、500グラムの晩秋らしいサイズだ。
「居ると思ったところで釣れるのが楽しい。そろそろ日も傾いてきたので、暗くなるまで回遊待ちの釣りをします」

岬の先端寄りに小移動し、水深7~8mのボトムを探る。だが「潮がスカスカ」でイカの反応はなく、2日目の実釣を終える。

ヒットエギ

セフィア クリンチ エクスカウンター3.5号

[品番] QE-235Q(3.5号/19g)[カラー] 16色 [本体価格] 1,120円

DAY3 雨、ウネリ、濁りで釣況悪化。
「でも自分の釣りができたので満足。」

最終日は雨。時折強く降るあいにくの天候だ。
「帰りの飛行機を考えると釣りができるのは夕方まで。新しいポイントを開拓する時間はないので、釣果が出たポイントを回ります」
朝は満潮から下げの潮の動き出しを狙って、初日にキロオーバーを釣った磯に入るが
「ウネリが上がって、濁りがさらにきつくなってます。イカがシャローに上がってきにくい状況ですね」
一帯を丁寧かつテンポ良く探り歩くが、イカの姿を見ることができない。2日目夕方に入った砂浜隣接の磯の張り出しに移動すると、そこには先行者が。
「イカが居れば勝負は早い」という新たなシャローにもトライするがイカの反応はなく、最終日は釣り場を点々と移動してタイムアップを迎えた。
「キロアップが出た磯は、イカの個体数が多くサイズも良い。潮がクリアな状態で釣りをしたかったですね。でも、3日間通してみると、日向はシャロー撃ちに向くポイントがたくさんあって、自分の釣りが楽しめたので満足。いつもやっている釣りで、良い型が出ました。低水温期でも今回のようなシャロー撃ちと回遊待ちで良型が狙えますからね」

湯川さんが低水温期に“いつもやっている釣り”の要点は以下のとおり。これを念頭に置けば、真冬〜春でも効率的にエギングが楽しめるはずだ。

低水温期のシャロー撃ちの要点

高水温期より沖の水中の変化を意識

「厳寒期のエギングは、水深15℃以上が大前提。外気温が低いためシャローのランガンで狙う水域は、暖かい時季よりやや深め。水深2m前後の沖の水中の変化を意識します。例えばウェーダーを履いて、満潮から下げで夏や秋よりひとつ前の岩礁に乗るなど、少しでも前に出て沖のカケアガリに近い変化を撃つと良いサイズが期待できます」

低水温期の回遊待ちの要点

夕マヅメに上げはじめるタイミングが有望

「ポイントは岬周りなど潮通しの良いところになりますが、僕の場合、ナイトゲームはほとんどやらないので狙うタイミングが重要になります。理想は、夕マヅメに干潮から上げはじめるタイミング。イカが口を使いやすく、例えば夕方5時頃から上げはじめると暗くなるまでにバタバタッと釣れることが多い。僕のおすすめは小潮で、夕方早い時間にそのタイミングが訪れます」

DAY2~3 使用タックル
回遊待ちと大型イカ狙いに向く2セット

2日目に使ったロッドは、セフィアXTUNE S808L+。
「レングスがあって遠投が効く。今回は主にサオ抜けスポット狙いで使いました。長めのブランクスはしなやかで、ラインスラックを瞬間的に張るシャクリがしやすく、手前への移動を抑えたスローな釣りに対応。ボトムをじっくり探る厳寒期の回遊待ちにも向きます」。
3日目はラン&ガンによるシャロー撃ちをメインに釣りを組み立てたため、1日目と同じセフィアXTUNE S805ML+に戻す。
「セフィアエクスカウンター3.5、3.8号を軽い力で操作でき、キロオーバーをかけても難なく寄せるパワーがありますが、軽くて取り回しも良い。長時間シャクリ続けても疲れにくく、1本で回遊待ちとシャロー撃ちが楽しめます」

「セフィアXTUNE S805ML+は、軽くてパワーがあるので、エクスカウンター3.5、3.8号が軽快かつシャープに操作できます。取り回しがいいのでカエル跳びアッパーでシャロー撃ちもできる。冬から春のデカイカ狙いに活躍します」

「セフィアXTUNE S808L+は、長さがあってムチのようにしなやかなのに、ダルさはなくシャープ。ラインスラックを弾くようなシャクリが得意で、レングスがあるので遠投したエギをしっかり動かすことができます」

エギングにおけるNEWステラの有効性

湯川さんは実釣でNEWステラを使用。エギングでは、どんなメリットがありますか?
「耐久性など様々なメリットがありますが、使って最初に感じたのがとにかく巻きごこちが滑らか。シングルハンドルでもブレがなく、シャクって余分な糸フケを巻き取ってピタッと止める。流れるような動作ができます。もう一つは、ドラグのスムーズさ。ステラなら3、4kgクラスのイカや回遊待ちの時合い前にメタルジグを投げて青物をかけても安心です。剛性が高く、巻く力も強いので、浮かせたでかイカを楽に寄せることもできると思います」

[MOVIE] 初場所・日中エギングin宮崎 〜潮のタイミングを意識してラン&ガンで獲る〜
【後編】