厳寒期を制する“シャロー”と
“回遊待ち”の二刀流【前編】

今回はホームの紀伊半島を離れて遠征。宮崎県日向市に向かった。
「宮崎で釣りをするのは初めて。アウェイで自分の釣りが通用するか、楽しみですね」。
初釣行地でどのように釣り場の見極め、攻めるのか?
冬の釣りを意識した湯川さんのエギングに注目だ。

実釣フィールド / 日向(宮崎県)

日向市は宮崎県北部にあり、太平洋に面した海岸線は、磯や砂浜など変化が豊富。
沿岸部は流入河川も多く、シーバス、ヒラスズキ、ヒラメ、青物など様々な魚種がショアから狙える。
アオリイカも地元で人気のターゲットだ。

湯川マサタカ

ゆかわ・まさたか 和歌山県在住。アオリイカの居場所を見抜く千里眼と、攻撃的なラン&ガンが得意なエギングエキスパート。明るいキャラクターとわかりやすい解説で、日中エギングの楽しさを伝えている。愛称はJOE(ジョー)。

DAY1 晩秋のアオリイカを求めて日向を目指す

湯川さんは大阪から空路で宮﨑空港に降り立ち、レンタカーで日向に向った。日向は全国的に名が通ったエギングフィールドではない。湯川さんも初めての釣行地だ。なぜ、日向を今回の舞台に選んだのか? 気になるところだ。
「11月の頭に鹿児島でエギングのイベントがあったんです。そこに日向から参加している方がいて、日向も釣れますから来てくださいと言われて、じゃあ今度行かせてもらいますわ、という軽いノリで(笑)」。
鉄板スポットなど有力な釣果情報があったんですか?
「いや、釣れてます、という一言だけ。でも、不安はないです。日向の気候は温暖で、水温は確実に15℃以上ある。厳寒期を迎えても、水温15℃以上あればイカは釣れますからね」。

目的は一つ。自分の釣り=日中の“シャロー撃ち”が通用するか!?

晩秋〜冬のイカの動向は?
「全国的にみれば秋イカの数は減るけどサイズアップして、僕が好きな日中のシャローのランガンで、4、500g前後からそれ以上が出る時季です。シャローは寒くなるほどイカの個体数が減るけど、サイズは良くなる。真冬でも水温15℃を切らない限り、シャローの釣りは成立しますからね」。
今回もデイゲームでシャローのラン&ガンの釣りを展開?
「そうですね。全国どこに行っても、自分の釣りが通用するかを試したい。今回はちょっと冬寄りを意識したシャロー撃ちをお見せできればと思います」。

河口絡みの深場が隣接するシャローを条件に釣り場を絞り込む

宮崎空港から北上し日向へ向かうレンタカーの後部座席で、湯川さんはスマホの地図アプリを盛んに操作。
「どこに行くか、ポイントを探しています。自分の経験でいうと、潮通しの良い岬があってその脇が湾になっているような磯。要は深場に隣接したシャローで、捕食でシャローに上がるイカが想定出来るし、岬や湾内の磯やシモリに上ってきたイカが足を止めやすいですからね。さらに河口が絡むと、一発大型が期待できます」。
しばらくスマホとにらめっこしていた湯川さんが、「ここに行きましょう」と決断。差し出されたスマホの画面には、日向市南部のとある河川の河口北側に張り出す磯の航空写真が映し出されていた。
「水深も適度にありそう。晩秋以降は、水深は2mぐらいあると良い。厳寒期も同じような条件でシャローの釣りが成立します」。

晩秋~冬のシャロー撃ちの条件

  • 水温15℃以上
  • 潮通し良い岬+湾など深場隣接エリア
  • イカが足を止める沈み根などの障害物
  • 春~秋より狙う水深は深め(2m前後)
  • 河口絡みで良型出没率UP!

実釣開始4投で1.34kg! 早くも読みが的中!

準備を整え、実釣開始は11時半になろうとしていた。13時干潮の潮止まり前後を狙う。釣り場は両サイドに磯が張り出す湾の奥。玉砂利のボトムに沈み根が点在する。
「シャロー撃ちの場所としては、良い雰囲気ですね。ただ、磯に下りる前に地元の方に会ったんですけど、イカ釣りをしている人を見たことはないそうです。立ち位置になりそうな岩場にスミ跡もないし、ベイトっ気もないですね。イカは居るのか? それはエギを投げればわかります」。
湾奥の岩礁に立ち、クリンチ・カエル跳びアッパー3.0号ピンクドットを扇状に投げる。湾右側の磯際を狙った4投目に早くもイカの反応が!
「いきなり、きました! 磯際です。良い引き。800gは楽にありそうですね」。
ブワーッと水面に浮かせたイカの姿を見て、湯川さんが驚く。
「あれ、キロ超えた!?」
揚がってきたのは1.34kg。晩秋のシャローでは特大級だ。
「やっぱりシャローに居ましたね。河口絡みは一発があると言ったでしょ(笑)。読みどおりに釣れたのがうれしいですね。イカの顔が見られれば程度に思っていたのに、このサイズは上出来ですね」。

パニック系アクション後のフォールで抱かせる

水中に斜面状に入る岩があり、根がかりを避けるために底付近を攻略。「磯際に波が当たって潮がヨレて、シャクり上げると潮の重みを感じた。イカが付いてきてるとイメージして、ラインスラックを瞬間的に強く張るようにパニック系のアクションをパンパンッと2発。イカのスイッチを入れてフォールさせると、ラインがピューッと走っていきました」。

ヒットエギ

カエル跳びアッパー 3.0号

QE-230Q(3.0号/15g) [カラー] 16色 [本体価格] 1,120円

アベレージサイズが好反応!シャロー撃ちの有効性を実証

「シャローの良型は単発で居ることが多い。たまたまイカが居たのか。それともこのエリアは正解なのかを干潮潮止まりまで確かめます」。

正解とは、想定のアベレージの400g前後が複数杯見られるかだ。
「この辺りの磯は、岸沿いがスリット状に入り組んでいる。スリットの奥にあるシモリや、水中の溝状の凹みの際などにもイカが溜まりやすいですからね」。
スリットや離れ磯との間の狭い水道など、気になる変化をラン&ガンでテンポ良く叩くと、250~400gを追加。足元付近までチェイスする同サイズも居て、当たりエリアであることを確信する。
「潮止まりなんで、明日以降に備えてほかの場所も見に行きましょう。ここは夕マヅメにまた来ます」。

新月回りの中潮から長潮は上げ潮も期待できる

日向市の海岸線を北上する車の中で、湯川さんはスマホで目星をつけた釣り場を何ヶ所か見て回る。
「どこも釣れそう(笑)。中でもイカの気配を感じる、ここは! というポイントもありました。2日目が楽しみ。そろそろ陽も傾いてきたので、午前中にキロオーバーを釣った磯に戻りましょう」。
ここで気になることが一つ。湯川さんは当連載で、シャロー撃ちは満潮から下げ潮が良いと何度も言っている。午後は上げ潮ですが?
「僕の経験で言うと、新月回りの中潮から長潮は上げでも釣れます。今日はちょうど、そのタイミングなんです」。
釣り場に到着し、キロ超えを釣った湾の中央付近にある沈み根に向かってクリンチ・エクスカウンター3.5号ケイムラアボガドを投げ、ボトムをとってシャクると最初のフォールでヒット!
「下げで釣れなかったピンスポットですけど、1投目で喰いました。イカが入ってくるんでしょうね」。

ヒットエギ

エクスカウンター3.5号

QE-235Q(3.5号/19g) [カラー] 16色 [本体価格] 1,120円

その後、4、500gのイカのチェイスはあるが潮が効かず、イカの反応は停滞。
「日が傾いてきて光量が変化するタイミングなので、カラーを金テープのキンアジに替えます。沖から潮目がグーッと差し込んできた。チャンスですね」。
そして、またしても湾奥から見て右側の磯際でズシッと重いアタリ。アワセると一瞬曲がったセフィアXTUNE S805ML+のティップが空を切った。
「抜けたぁ~。当て潮でアタリが取り辛かった。デカかったですよ、今のは。ここはイカの数も多そうなので、明日も期待できますね」

最後にバラしはあったが、キロ超えが出るなど、上々の釣果で初日を終える。

【DAY1 使用タックル】
セフィアXTUNEに回遊待ち&大型イカ対応モデルが追加

「冬から春は、3.5号以上のエギを使って回遊待ちで大型が狙えるシーズンです。初日に使ったセフィアXTUNE S805ML+は、エクスカウンター3.5、3.8号が操作しやすく、でかイカ狙いの回遊待ちに向くロッドです。1.3kg超を800gと間違うくらいパワーがありますが(笑)ティップはソフチューブトップで繊細でしなやか。回遊待ちポイントに向かう途中でカエル跳びアッパーを使ったり、取り回しやすいレングスなのでシャロー撃ちもできます。ティップがしなやかなので、イカの引きも十分楽しめます」。

リールはステラC3000。
使用フィールは?

「とにかく巻きが滑らかで、シングルハンドルでもブレがなく安定して巻ける。シャクリ後の余分な糸フケをサラサラッと巻き取ってピタッと止めることが出来ます。1.34kgをかけたときのドラグ動作もスムーズ。3kgオーバーの赤系の猛烈なジェット噴射にも安心して対応できると思います」。

[MOVIE] 初場所・日中エギングin宮崎 〜潮のタイミングを意識してラン&ガンで獲る〜
【前編】