イージーに!そしてサカナも!狙える!
秋のエギングの楽しみ方【後編】

前編でお伝えしたとおり実釣初日は、台風通過直後のひどい濁りの中、
現場での鋭い洞察力と技ありの誘いで2杯のイカをキャッチ。2日目は、シャローのラン&ガンで実釣をスタートした。「イージーに釣ってサイズアップ! 秋の釣りを楽しみます」

実釣フィールド / 紀伊半島(和歌山県)

本州最南端の潮岬がある紀伊半島は、黒潮の影響を受けやすく、ルアー、エサを問わず海釣り好適地。
エギングも南方系大型アオリイカ狙いから秋の新子まで幅広いスタイルで、年間通して楽しめる。
実釣は南紀エリアで実施。

湯川マサタカ

ゆかわ・まさたか 和歌山県在住。紀伊半島を拠点に活躍するエギングエキスパート。ボトムを丁寧に探る釣りと攻撃的なラン&ガンが得意な日中エギングのスペシャリストで、わかりやすい解説にも定評がある。

DAY2
シャローに点在するイカが付くピンスポットを的確に狙い釣果を出す

シャローのラン&ガンでより効率良く攻めるには、潮が流れる向きを読み、沈み根の裏などイカが流れを避けやすいスポットを狙う、と前編で教えてくれた湯川さん。実釣2日目の早朝に、解説どおりの成果が現れる。
「岩礁に囲まれたプール状の水域のシモリの際で喰いましたね」。
「次は、シモリを超えて入る波の流れの横の岩陰。水面が鏡っぽくなっているところで落ちパク。着水してフォールしている間に抱きました」。
湯川さんは、イメージどおりに200g後半の秋イカらしいサイズをキャッチする。これがイージーに釣れる、ということ?
「まだ、台風の濁りが残っている状況で、追う距離が短い気がします。実際にエギに付いてくるイカがいないし、良いところをタイトに狙わないと喰わない。潮が澄んで活性の高いイカが居れば、エギがイカの半径15m以内に入れば、ビューンッと飛んできて抱く。もっとイージーに釣れます」。

流れの脇にある水中が穏やかなスポットに高活性イカが付きやすい

「浅い上に波で水面が上下するところは、イカが居にくい。シモリの間を抜けて波は入るけど、横の岩の際は流れが巻いて水中は穏やかといった近くで潮が動くけど、ホバリングして居やすいスポットに活性の高いイカが付きます。潮が動くところは、エサが流れてきやすいですからね」。

ヒットエギ

セフィア クリンチ カエル跳びアッパー 3.0号

[品番] QE-230Q(3.0号 / 15g) [カラー] 16色 [本体価格] 1,120円

「水深のないシャローエリアは、着水後、ボトムはとらずにロッドを横に2、3回シャクって横ダート。ラインテンションをかけてエギを止めて抱く間を与えます。イカが居れば勝負は早く、テンポ良く探ることが重要」。

波っ気があるところに遊泳力のあるイカいる=サイズアップが可能

シャローをテンポ良く探る湯川さんだが、数杯釣ったところでイカの反応が止まる。
「実は、少しでも良いサイズが出ないかと狙っているんです」。
シャローエリアでサイズアップ狙い?
「はい。ところが魚がガンガン当たる。ちょっとメタルジグに変えてみます」。
カエル跳びアッパー3.0号からコルトスナイパー・ワンダーフォール30gに替えて、ボトム付近で小さくリフト&フォール。数投後に何かが喰い、セフィアCI4+S803Lがギューンッときれいな弧を描く。
「強い引き。楽しいですね。赤い魚が見えてきた。オジサンですね」。
オジサンとは奇妙な名前だが標準和名で、比較的温暖な海の浅い岩礁域に生息する魚だ。ゲストとのファイトを楽しんだ後に良型狙いを再開。通常のシャロー撃ちとは違うんですか?
「魚のアタリが出ることからもわかるように、少し波っ気があったり、サラシているところ。潮が動いたり、変化しやすいところで良い型が出やすいです。要は遊泳力のあるイカじゃないと付けないところですよね」。
具体的な釣果でいうと、潮が流れやすい砂利浜にあるシモリで300gオーバーをキャッチ。岩礁と岩礁の間の水面に泡が浮く潮だまりで400gを釣る。
「サイズアップを狙う。これも秋のエギングの楽しみ方です」。

当たった波のヨレや沖の潮だまりは良型に期待

「ちょっと水深があって、シモリなどの障害物に波が当たるところは、流れのヨレにイカが付いています。沖目の水面に泡がたまっているところは、流れが巻いたり、急に緩んだりする潮だまりで、遊泳力のあるイカが付きやすい。沖から回遊してきたイカも足を止めます」。

カエル跳びアッパー3.0号に果敢にアタックする魚の正体はオジサン

サイズアップ狙いに切り替えると、魚がエギにアタック。メタルジグで正体を確かめるとオジサンがヒット。「ボトムをとってチョンチョンッとリフトしてフォール。フォール中にグンッと入りました。シャローでカエル跳びアッパーを使うと、根魚が良くアタックしてきます。メタルジグでフォローすると、イカとは違う引きが楽しめます」。

ヒットルアー

コルトスナイパー・ワンダーフォール 30g

[重量/全長] 58mm/30g、66mm/40g、72mm/50g、77mm/60g
[カラー] 10色 [価格] 990円〜1,150円

午後は回遊イカを狙うが、
濁りの影響もあり反応がなく終了

実釣2日目の午後は、シャローが隣接する潮通しの良い堤防先端で回遊イカを狙うが反応なく終了。
「まだ潮の濁りの影響が残っていますね。潮の釣りにはまだ時季的にも早い。最終日も朝マヅメの下げのシャロー撃ちが堅いですね」。

DAY3 シャローのランガンは満潮から下げ潮が良い。
その理由を実釣で証明

3日目も満潮から下げの潮変わりに、朝マヅメが絡むタイミングを狙って実釣スタート。
「昨日、今日と大潮で、中潮を含めて大きな潮回りのときは、シャローに限らず満潮から下げのほうが釣れます。とくにシャローは、朝マヅメが絡むと理想的ですよね」。
朝マヅメはイカの活性が高い?
「それもありますが、夜の間にシャローに上がるイカがいます。シャローに居付いていたイカにプラスされて、個体数が多くなります。でも、それはプラスアルファの要素で、重要なのは満潮から下げのタイミングです」。
それが日中だとしても?
「はい。潮位が低いと先に出て釣るしかない。潮位が高いと手前を釣りながら、潮が引くと先へ、先へと出ていける。釣れる範囲が広がります。あと上げより下げのほうが潮が動きやすいし、潮位が下がって干上がる前に、そこに居たベイトが流れ出る。それをイカが狙う、というのも下げが良い要因になりますよね」。

湯川さんは2日目同様、シャローでテンポ良くイカを釣り、満潮から下げ潮の有効性を実証した。

  • AM5:50

  • AM10:20

「イカにパンダマーク。群れでいるかもしれません」

3日目に釣ったイカの中に、エンペラの両サイドに斑紋がある1杯が。
「パンダマークですね。イカの警戒信号と言われています。仲間が居ないと出さないはず。周辺を探れば、連発する可能性があります」。

沖に突き出すストラクチャーのヨレで400gオーバー!

3日目もサイズアップを狙い、沖目のストラクチャーに当たる波の流れのヨレから400gオーバーを引き出す。「9月でもキロクラスが出ることがある。秋が深まるほど、サイズが期待できます」。

晩秋のエギングはシャローのラン&ガンから回遊待ちにシフト

秋の後半以降も今回のようなシャローで釣れるんですか?
「シャローの釣りは、年間通して有効です。ただ、寒くなるほどシャローのイカの個体数は少なくなります。でも、シャローのイカは活性が高い。捕食でシャローに上がって居付くイカが居ればイージーに喰ってくるので、狙う価値はあります」。
湯川さんは、晩秋もシャロー撃ちをする?
「しますけど、11月以降に確実性が上がるのが、潮の釣りですね」。
潮の釣り、ですか?
「回遊待ちです。集中して獲るなら夕マヅメで、潮のタイミングも満潮から下げが良いです。夜のほうが干満差が大きくなる時季なので、夜に動くイカが多くなりますからね」
ナイトゲームが釣れるようになる?
「僕は基本的に夜はやらないので、夕マヅメから暗くなるまで。光量の変化が、イカに口を使わせやすくなりますからね」。
湯川さんが教えてくれた晩秋の回遊待ちの要点は、以下のとおり。
「基本的に晩秋もイージーに釣れるイカを狙います。その頃の南紀は、キロオーバーも出て、サイズアップも可能。回遊待ちでナブラが立てば、メタルジグを投げても良い。秋のエギングは、11月末まで楽しめますからね」。

【晩秋の回遊待ちの要点:場所】
岬の先端など潮通しの良いところ

「イカが回遊してきやすいのは、潮通しの良いところ。外海に近い岬の鼻や漁港の堤防の先端、反転流が入るワンドなど。水深は極端に深くなくても良いですが、水深5m以上はあったほうが良いですね。あと11月以降は北寄りの風が吹きやすいので、風裏または風を背にできるということも釣り場選びでは重要です」。

【晩秋の回遊待ちの要点:エギ】
3.5号以上で月明かりの有無でカラーをチョイス

「イカのサイズも大きいし、遠投して広く探るという意味で、僕が使うのはエクスカウンター3.5号と3.8号。ボトムを探りやすく、潮に馴染むようなナチュラルなフォールが効きます。カラーは光量があるときは、自分が見やすい色。日が暮れて月が出ているときは、ケイムラアカエビやネンブツピーチなどの赤系。月明かりがなければ、キビナゴやメジナグレーを白系の膨張色として目立たせます」。

セフィア クリンチ エクスカウンター 3.5号

[品番 ]QE-235Q(3.5号 / 19g)
[カラー] 16色
[本体価格] 1,120円

セフィア クリンチ エクスカウンター 3.5号

[品番 ]QE-235Q(3.5号 / 19g)
[カラー] 16色
[本体価格] 1,120円

【晩秋の回遊待ちの要点:探り方】
シャクり方を変えながらボトム重視で探る

「回遊待ちをするときは、ボトム中心に探ります。シャクり方も跳ね上げや横ダート。強く激しくシャクるパニック系のアクションをアクセントで入れたり、色々試します。フォールはラインスラックを極力出さないフリーフォールで、潮に馴染ませるように落とします。シャクり上げて上層で潮の重みを感じたら、そのレンジを中心に探ります」。

【晩秋の回遊待ちの要点:タックル】
ロッドはメインで使う号数に合わせてセレクト

「ロッドは、エクスカウンター3.5号をメインに使うときはセフィアエクスチューンS804L+。軽くて取り回しやすく、どんなシャクリもやりやすい。感度も良くアタリだけでなく、潮の重みなど水中の情報もキャッチしやすいです。きれいに曲がって、イカの引きを楽しめる点も気に入っています。3.8号をメインに使うときはセフィアCI4+S806ML。S804L+よりパワーがあるので大きいエギをチョンチョンッと楽に動かしやすい。長いぶん、遠投もしやすいです。リール、ラインシステムは、今回実釣で使ったセッティングと同じです」。

[MOVIE] イージーに!そしてサカナも狙える!秋イカ攻略 in 和歌山【後編】