遠征の流儀
平戸 初夏イカ攻略【後編】

「遠征でも自分のスタイルを貫く」という湯川さん。そのために初日の大半を釣り場の下見に費やし、夕マヅメにキロクラスをキャッチ! と、ここまでは狙いどおりの展開。
果たして2日目以降は? 湯川さんの遠征釣行のポイント選択術と、初夏イカ必釣法は必見!

実釣フィールド / 平戸島(長崎県)

平戸は、九州西北部の西海国立公園内にある歴史と豊かな自然に恵まれた島。釣り人にとっては、
磯、船、ルアーと様々な釣種が楽しめるフィールドとして知られ、エギングの実績も高い。九州本土とは平戸大橋で結ばれアクセスも抜群だ。

湯川マサタカ

ゆかわ・まさたか 和歌山県在住。紀伊半島をホームに活躍する日中エギングのエキスパート。攻撃性と緻密さを兼ね備えたラン&ガンを得意とする。元プロボクサーの異色の肩書きからJOEの愛称で親しまれ、明るいキャラクターに魅了されるファンは多い。

2日目朝、「潮が動けば何かが起こる」の言葉どおり波乱が!

実釣2日目は、見えイカを幸先良くキャッチ。好スタートを切ったが、
前編で言っていたとおり「潮が動けば何かが起こる」という展開になるか?
「早朝の干潮から今は上げのタイミング。本番はこれからです」 すると7時半をすぎた頃から潮がジワジワ動き出す。湯川さんは地磯から沖に向かって扇状に投げ、広範囲をサーチ。

「潮目が動き出しましたね」。その潮目に向かってキャスト。
「さっきまでより、潮がちょっと重いです」
潮目周辺のボトム付近を探っていると、静止していたロッドを一気にあおる。

「きました!んっ、引かない。横抱き?」
横抱きとは、イカがエギを抱いてもカンナが刺さっていない状態だ。イカの重みをロッドで受け止めつつ膠着状態が続くと、グンッとロッドが曲がり、ドラグがチリチリッと滑り出した。

「恐らくかかりました。追いアワセを入れるべきか……」と同時に、ロッドから重みが消えた。
「あーっ、放された。ドラグは締め気味でチリチリ出てたから2kg前後はありましたわ。でも、でかイカが居るのはわかりました。潮の重みが利いている限り、チャンスはまだあるはずです」

自分の釣りをするだけです!

「潮が重い」のコメント後に
再び重量感のあるジェット噴射がロッドを曲げる

横抱きで推定2kg前後をバラした後も、湾入り口付近の地磯は、上げの流れがゆったりと利いている。
「シャクリで釣れそうな(潮の)重さを感じますね。今は、エクスカウンター3.5号を遠投して沖の底付近で跳ね上げて、ジワーッと潮に馴染ませるようにフォールさせてます」この作業の2セット目のフォールで、ラインがスッと水中に引き込まれる。アタリだ。

「今度はしっかり乗せました(笑)」ドラグは滑らないまでも、セフィアCI4+S806MLがきれいな弧を描く。
「1.5kgはありそうですね」。横抱きのバラシから約10分後、1.5kgオーバーがブワーッと水面に浮上した。

シャクリ後、ラインを張らずにエギを潮に馴染ませるようにフォール

「沖のボトムでエクスカウンター3.5号を跳ね上げるように縦にシャクリ、その頂点からエギが潮に馴染むようにラインを張らずにナチュラルにフォール。要はフリーフォールで、ラインが張りそうになったら竿先を徐々に下げたり、ラインを送り込んでスラックを調整。糸フケを出しすぎなければ、ラインの変化でフォール中のアタリがとれます」。

ヒットエギ

Sephia Clinch エクスカウンター 3.5号

[品番] QE-235Q (3.5号/19g)
[カラー] 全16色
[本体価格] 1,120円
※2017年9月発売予定

「エクスカウンターは、シャクリからフォールへの移行がスムーズ。イカに違和感を与えにくく、潮に馴染ませるナチュラルなフォールが最大の武器。居ても食わない低活性イカを攻略できます」。

イカの気配と流れの変化があるスポットは粘ることも重要

1.5kg超を釣った約15分後に500g強。さらに8分後に1kg弱が立て続けにヒット。
「(潮が)重く感じる。流れが利いていると釣れますね」。
その後、潮が緩むが約45分後、「潮がまた利いてきました」というと、もう1杯追加。
「読みどおり、ここは藻場意識と捕食意識のイカの回遊ポイントのようです。で、潮が利くタイミングで口を使う。午後が楽しみです」。

満潮は11時半過ぎだ。
「下げはじめで釣れるか?です。潮止まりの時間は、新たなポイントを下見します」。
13時。下げ潮が利き出すであろうタイミングを見計らって、朝の釣り場に戻る。
「潮目が出てきましたよ。(シャクリが)重くなってきた」。
水中の潮の流れを感じるとすぐにヒット。その後もポツポツと釣れ続く。

「春から初夏はイカの気配があって、流れの変化があるところは粘ることも大事ですね。遠征は、もっと良い場所があるんじゃないかと、つい動きたくなるけど、それが空回りに終わることもありますからね」。

最終日はシャロー撃ち。短時間で新たな可能性を探る

実釣3日目のタイムリミットは10時30分。
「帰りの関係で時間がないのは仕方がないです。新しいポイントを探す時間はないので、昨日釣れたところに行きます」。
7時干潮で、昨日と同じように上げはじめの連発が期待できる。ところが釣り場に着くと、何人もの先行者が。
「もう情報が出回ったのかもしれませんね。入れないので、最後はシャローで初夏から夏っぽい釣りで締めますわ(笑)」。
初めて入る浅い地磯でカエル跳びアッパー3.0号を使い、沈み根など水中の変化を狙う。前編で紹介した夏イカ必釣法だ。
「活性の高いイカは、ヒザ下くらいの水深にも居ます。あっ、何か飛び出してきました。平戸遠征のシメはガシラ、ワハハハッ」。

遠征でイカを探す楽しさ。教科書どおりに釣れる素直さを満喫

初最終日は短時間でイカの釣果はなかったが、湯川さんは大満足で平戸遠征を終えた。
「平戸はイカが豊富で、地磯などまだまだ開拓しがいのあるスポットがたくさんあります。エギンガーにとってはパラダイスですよ。今回は3日間、北西風に吹かれて島西岸を見ることができなかったけど、次に来る機会があれば、西岸も攻めたいですね」。
今回、釣果的にはどうでした?
「出来過ぎです(笑)。産卵場所を意識するイカが通過し、捕食意識のイカが回遊する湾の入り口の地磯で、潮が重くなった、釣れそう、と言ったときにほぼ釣れました。遠征は、イカの居場所を探す楽しさ。イカを見つければ、教科書どおりに釣れる素直さがあります。改めて遠征の面白さを実感したし、次はどこに行こうかと考えるだけでワクワクする。これも釣りの楽しさです」。

【使用タックル】
「NEWセフィアCI4+は機種が豊富。自分にぴったりの1本が見つかるはずです」

実釣は3セットのタックルを用意。
「すべてオールマイティに使えるセッティングです。なかでもセフィアCI4+ S806ML(写真)は、パワーがあり飛距離も出る。クリンチエクスカウンター3.5号、3.8号を使う回遊待ちにマッチします」

[MOVIE] アウェイで連発!初夏イカ攻略in平戸 後編