千葉・茨城 シャローエリアの
ランカーシーバス攻略 【後編】

実釣2日目に寒空の河川のシャローエリアで80cmオーバー捕獲に成功。最終日は鹿島灘に面した遠浅サーフでランカーを狙う。「サーフもスライドアサシンの飛距離と水噛みの良さが武器になります」。白波が打ち寄せる砂浜は、新型シンキングペンシルの独壇場となった。

フィールド紹介 / 利根川下流域(千葉県)、鹿島灘(茨城県)

千葉県と茨城県の県境を流れる利根川下流域は、関東屈指のランカーシーバスリバーとして知られる。
その河口から北側の鹿島灘の海岸線は砂浜が連なり、砂浜の侵食を防ぐためのヘッドランド(人工岬)が点在。ヒラメやシーバスを狙うサーフゲームの人気フィールドだ。車で1時間以内の範囲でリバーシーバスとサーフゲームが楽しめる。

鈴木 斉

すずき・ひとし 茨城県出身、在住。ショア、オフショアを問わず、シーバスからマグロまで幅広い釣種に精通するソルトゲームのエキスパート。結果だけでなくプロセスにもこだわり、釣りの魅力を発信し続けるプロアングラーだ。

DAY3 流れの変化がキーになるサーフのトレジャーハンティング

朝マヅメに払い出しで捕食する高活性シーバスがターゲット

最終日に向かった釣り場は、2日目に下見をした茨城県鉾田市周辺のサーフ。利根川河口から海岸線を北へ約45kmほどの距離だ。朝6時、実釣スタート。
「9時の干潮まで朝マヅメの下げを狙います。釣り人は少ないですね。2週間くらい前はイワシが接岸して、ヒラメやシーバスが良く釣れていたそうですけど」
釣り人が少ないということは、その好調が終息したことを表す。
「ただ、昨日も言いましたけど、イワシの残像でウロウロしているシーバスがまだ居るはず。朝マヅメはベイトが動いて、シーバスの活性が上がる。時合いの一つですからね」
広大な遠浅サーフの狙いどころは?
「大規模河川のシャローエリアと基本は一緒です。流れの変化とベイトフィッシュ。サーフで流れの変化といえば離岸流。大規模なものがなければ、ちょっとした払い出しでも良いです。そういうところを見つけて、スライドアサシンを通したいですね」
スライドアサシンは遠浅サーフでも有効?
「有効です。重いルアーは飛ぶけど、浅いとゆっくり引くほど底を擦りやすい。スライドアサシンは飛距離が出て、シャローエリアで漂わせるように使えますからね」

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C遠浅サーフでの5つの有効性

ヒットルアー

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

[品番] XL-210R(100mm/23グラム)
[カラー] 12色 [本体価格] 2,000円

①X AR-Cにより向かい風のサーフでも飛行姿勢を崩しにくく、安定して飛距離が出る。

②アピール力のあるS字スラローム軌道で泳ぎ、広範囲サーチを効率化。

③ヘッドリップが水を噛み、払い出しなど流れの変化を感知しやすい。

④カタクチイワシにマッチ・ザ・ベイトさせやすいサイズ感。

⑤貫通ワイヤーで青物の不意打ちを喰っても安心の強度。

戻ってくるルアーの方向から横流れを読み、下流に動いて払い出しを探す

表層を通して下方向の広範囲にアピール

「ちょっと荒れすぎて流れが見えないですね」

沖で立ち上がった波が崩れ、波打ち際まで浜と平行にいく筋もの白泡の帯が広がる。
「荒れてなければ、沖に伸びる流れの筋が見えるんですけど。見えなければ、ルアーを投げて引き抵抗が大きいところを探します」
水噛みが良いスライドアサシンは、引き抵抗の差を感知しやすいということですね?
「水噛みでいえばミノーのほうが良いです。ただ、ミノーは遠浅サーフでボトムを擦るケースもある。ルアーは水面付近を通したほうが、ボトム側の広範囲にアピールしやすいという狙いもあります」
鈴木さんが投げるスライドアサシンは、着水点より左から帰ってくる。
「右から左に流れている。左に立ち位置をずらしながら撃って、引き重りを感じるところがあれば、そこが払い出しです」

遠投+表層キープでサーチエリアを
広域化

飛距離を出して沖の表層を通せば、下方向の広範囲の魚にルアーを気づかせやすい。朝マヅメなどターゲットの活性が高ければ、そのまま追い喰いを誘える。レンジが下がるルアーほど、下方向へのアピール範囲は狭くなる。

引き重り、ベイト、朝マヅメ…好条件がそろえば何かが起こる!

セイゴを露払いにサーフの主役が現る!

左から帰ってくるスライドアサシンに合わせて、左に立ち位置を変えながら50mほどの範囲を探ったところでセイゴがヒット。
「引き重りを感じたので、喰うかなと思ったら、このサイズでした(笑)。でも、セイゴが居るということは、ベイトフィッシュが居る可能性が高いです」
リリース後、立て続けに同サイズのセイゴがヒット。良い流れをつかんだようだ。
「小規模ですけど、沖に払い出してます。日が昇りはじめて照度変化のタイミング。ちょっとした流れの変化でも、良いサイズが入ってくるはずです」
シャローエリアのランカー狙いで欠かせないファクターの流れの変化とベイトフィッシュ。そこに朝マヅメという好機の三重奏に、ロッドのエクスセンス ∞S906M/RFが大きく曲がる。
「波打ち際近くで喰い上げてきました」
エラ洗いはしないが重量感のある引き。寄せ波に乗せて浜へずり揚げられた獲物は、肉厚の60cm近いヒラメだ。
「狙っていた魚とは違うけど、うれしいゲストですね」

ベイトもいるはず

やっぱりきた!良い型のヒラメ

ファーストブレイク付近の水面下20cmをスローリトリーブ

「波打ち際から最初に落ち込むファーストブレイク付近の水面下20cm程をゆっくり通したら喰いました。表層でスローだからルアーを気づかせて、喰う間につながったんだと思います。ファーストブレイクと言っても、水深は1mもない。そこをスローに通せるのがスライドアサシンの強みです」

ヒットルアー

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

朝マヅメが過ぎ、地元アングラーが撤収。釣果はここまでか⁉︎

日中は潮が変わるタイミングを狙う

ヒラメを釣った後、「カレント(流れ)がさらに効いてきましたね」というが、時刻が7時をすぎ、辺りがすっかり明るくなると魚の反応が消える。同時にポツリポツリと浜辺に立っていた釣り人の姿も見えなくなる。

「事前情報だと、釣れるのは朝マヅメだけということでしたから。あと、仕事前に軽くサオを振るという人も多いと思います。手軽さもサーフの魅力ですからね」

ということは、朝マヅメしか釣りをしないだけで、日が昇っても釣れる可能性はある?
「僕はあると思います。今朝もセイゴ、ヒラメが釣れた。ベイトフィッシュはいるはずです。あとは流れ。干潮から上げはじめの潮変わりのタイミングで、ワンチャンスあるんじゃないかと。9時の干潮まで小休止して、上げはじめに再開します」

日中もチャンスはある!

上げはじめのタイミングと流れの変化をリンクさせて日中のランカー捕獲

巻き速度を調整して流れにたまるベイトフィッシュを演出し、喰わせる

「北東の向かい風が強いですけど、スライドアサシンは良く飛びますね」

9時すぎ、実釣再開。日が高くなるとオンショアの風が吹きはじめるが、スライドアサシンは逆風を突いて飛距離約60mを安定して記録。
「日中の上げはじめ。干潮直後なので朝マヅメより前に出て、沖のブレイクが狙えます。シーバスは上げ潮のカレントに乗って回遊し、流れが変化するところで足を止める。ベイトも流れの変化にたまりやすいですからね」
鈴木さんは、朝マヅメにセイゴとヒラメを釣った払い出しの周辺を攻める。
「実際に流れは見えないですけど、巻き抵抗の変化で判断。流れが重く感じるところはゆっくり巻いて、軽くなったら速度を上げます。そうすればレンジを下げずに、速度変化でバイトを誘うこともできますからね」
流れから抜けた小魚がスッと逃げるような演出だ。水中をイメージしながら探っていると、ランカーは鈴木さんの術中にハマった。
「遠投して沖のブレイク付近で喰いました。まあまあ良いサイズです」
横に走り、エラ洗い。シーバスはシャローエリア特有の激しい抵抗をみせるが、魚の引きを吸収するしなやかかつトルクフルなサオの曲がり、力強いリールの巻き、そしてタックルを巧みに操る鈴木さんの冷静なファイトに素直に降参した。
「80cmは超えましたね」

午前10時、日中の遠浅サーフでランカー獲りを成し遂げた。

ヒットルアー

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

払い出しが絡む沖のブレイク周りをレンジを下げてサーチ

「このシーバスが釣れた状況は、沖にブレイクがあって水深は投げた先で水深2mくらい。水深があるので水面下80cmから1mに沈めてゆっくりリトリーブ。カレントは弱めでしたけど、スライドアサシンはゆっくり巻いてもテールを振りながら泳いでアピールできる。スローで目立つから、やる気のあるシーバスが喰いやすいんだと思います」

“喰う”流れをつかめばシャローエリアのランカーは獲れる!

スライドアサシンでミノーでは獲れないランカーを攻略

80cmオーバーの撮影を済ませると鈴木さんは、再びサオを振りはじめた。
「昨夜はまだ釣れる可能性があったけど、今朝の釣りに備えて早めに切り上げました。今もまだ釣れる可能性があるので、もう1尾釣らせてください(笑)」

日中のランカー追加は望むところ。より強固なパターンであることの証しになる。鈴木さんは、上げ潮が効き、流れが変化すれば喰うシーバスが現れるという読みだ。
そして35分後、スライドアサシンを投げ続けていると、その読みが的中。
「ヒットパターンは、最初の80cmと同じです。バイトが深い。エサだと思って喰ってますよね」
波打ち際に横たわるのは、またしても80cmオーバーだ。ここで一つ疑問が。状況を考えると、ミノーでも釣れそうですが?
「水深があって、広範囲から集魚するならアピール力のあるミノーが有利ですけど、今回は喰うスポットがある程度分かっていたのと、そもそも向かい風の中、ミノーで到達させるには難しい距離でした。あと、ベイトフィッシュが10cm前後の小さめのイワシだと思って、マッチ・ザ・ベイトさせやすいスライドアサシンをチョイスしました」
ベイトフィッシュが10cm前後のイワシ、というのは?
「朝、セイゴの活性が高かったので、ベイトも小さめだろうと」
飛距離とルアーサイズで考えると、ヒラメ用ルアーという選択肢もありますが?
「ヒラメ用ルアーは、今回使ったタックルではちょっと重すぎる。あと表層をゆっくり引くという意味では、スライドアサシンが有利ですからね」
なるほど。スライドアサシンならシーバスタックルで遠投し、遠浅サーフを攻略できる?
「スライドアサシンは、水噛みが良いからシンキングペンシルが苦手な人も使いやすい。“喰う”流れ、要は流れの変化をつかんで、引き重りを感じるところはゆっくり。軽くなったら速くを意識して巻けば、シャローエリアのランカーが攻略できます」

シンキングペンシルが苦手な人はぜひ!

【使用タックル】
水の抵抗を軽減する滑らかなラインをチョイス

「今回、シンキングペンシルをメインに使ったのに、ライントラブルがなかったですね」

巻き抵抗が少ないシンキングペンシルは、スプールにテンション緩くラインが巻かれて、キャスト時にライントラブルが発生しやすい。
「それがなかったのは、スライドアサシンの水噛み性能と、ステラの安定したきれいな巻きとり。あとはラインの特性が挙げられると思います」
ラインは12本編みのピットブル12を使用。
「ピットブルは適度に張りがあって扱いやすい。基本的にPEラインは編み数が多いほうが、滑らかで水の抵抗が減ります。飛距離を出すほど水に浸かるラインが長くなるので、12本編みは水の抵抗を受けにくく、巻き抵抗も少なくなります」
巻き抵抗軽減は緩巻きにつながるのでは?
「ラインの抵抗が減ればルアーの泳ぎが良くなり、結果的に引き抵抗も伝わりやすくなります。流れの変化が感知しやすく、風や流れでラインがフケにくくなるから、ラインが緩く巻かれて起こるトラブルも減る。ピットブル12は、シンキングペンシルの釣りに向いてます」