千葉・茨城 シャローエリアの
ランカーシーバス攻略 【前編】

水深1mを切る浅瀬で80cmを超えるランカーシーバスが出る!
このシャローエリアの魅力をお伝えするために鈴木さんが千葉、茨城のフィールドで実釣。「スライドアサシンの登場でシャローの釣りがより面白くなりました。そこをお見せしたいですね」。 果たしてランカーは出るのか…!?

フィールド紹介 / 利根川下流域(千葉県)、鹿島灘(茨城県)

千葉県と茨城県の県境を流れる利根川下流域は、関東屈指のランカーシーバスリバーとして知られる。
その河口から北側の鹿島灘の海岸線は砂浜が連なり、砂浜の侵食を防ぐためのヘッドランド(人工岬)が点在。ヒラメやシーバスを狙うサーフゲームの人気フィールドだ。車で1時間以内の範囲でリバーシーバスとサーフゲームが楽しめる。

鈴木 斉

すずき・ひとし 茨城県出身、在住。ショア、オフショアを問わず、シーバスからマグロまで幅広い釣種に精通するソルトゲームのエキスパート。結果だけでなくプロセスにもこだわり、釣りの魅力を発信し続けるプロアングラーだ。

DAY1 シャローエリアに捕食で上がるランカーを追う!

シーバスマンが心酔するシャローエリアの魔力

実釣は晩秋。初日に入った利根川河口域のシーバスは産卵前で、活発にベイトを捕食している時季だ。
「ランカーが狙いやすいシーズンですよね。とくにシャローの釣りが面白くなります」。
80cm以上のランカーを仕留めるために、今回はシャローエリアにテーマを絞って実釣するわけですが、なぜ浅瀬はランカーが出やすいんでしょうか?
「単純にエサを捕食しやすいからだと思います。浅いから水面やボトムにベイトを追いつめやすい。効率良く捕食できますよね」。
ランカーは捕食のためにシャローエリアへ上がる?
「だからシャローのシーバスは活性が高く、ルアーに反応しやすい。ただ、ベイトがいなければ何も起こりません」。
シャローエリアの釣りは、ベイトフィッシュがマスト?
「そう。あと口を使わせやすい条件として流れの変化。ベイトと流れ。この2つの条件がそろえば、年間通してシャローの釣りが成立する可能性があります。流れが出そうな場所やタイミングを絞って、釣り方を当てはめ、出ればデカい。ゲーム性が高いからシャローの釣りに魅せられるシーバスマンが多いんです」。

釣り場は大規模河川下流域やサーフに
広がる浅瀬

シャローエリアの釣りが成立するのは、大規模河川の下流~河口域、干潟、サーフなどにある広大な浅瀬。欠かせない要素が、ベイトフィッシュと流れの変化。これらの条件下で、鈴木さんがランカーをどう仕留めるかを追う。

支流の合流部など流れが変化しやすいエリアを狙う

静かにアプローチ。
これもシャローエリアゲームの鉄則だ

鈴木さんが初日に向かった釣り場は、河口から数キロ上流にある流入河川の合流部。時刻は17時。満潮から2時間ほど経ったタイミングだ。
「下げ三分で、これからどんどん流れが効いてくるはず。シャローエリアの流れ込み周りはベイトが集まりやすく、流れの変化も出やすいですからね。潮位が下がるにしたがって、前に出ながら探ろうと思います」。
そしてウェーディング前に鈴木さんから取材陣に一言。
「シャローのランカーは警戒心が強い。できるだけ静かに行動してください」。静穏なシャローエリアの釣りで、重要なポイントだ。忍び寄るように鈴木さんのランカーへのアプローチがはじまった。

飛距離が出て水噛みの良いシンキングペンシルで広範囲をサーチ

スライドアサシンで“喰う”流れをつかめばシャローエリアのランカーを攻略できる

実釣を開始して1時間、シーバスの反応はない。ルアーはシンキングペンシルのスライドアサシン100S X AR-Cを使用。カラーはボラコノシロだ。
「本流の流心と流入河川の流れがぶつかる潮目など流れの変化を狙って、水面下20cm前後をゆっくり流れに漂わせるように巻いてます。スライドアサシンは飛距離が出て、シンペンなのに水噛みが良く流れの変化がつかみやすい。シャロー攻略で武器になるルアーです。利根川のメインベイトはイナっ子で、サイズ的にもちょうど良い」。
それでカラーはボラコノシロに!?
「ただ、暗くなってきたので目立たせるためにカラーをチャートバックに変えます。あと気になることが一つ…」
川面を冷たい北寄りの風が吹き抜けていく。
「実は昨夜下見をして、たくさんのイナっ子の群れが 水面付近をぴちゃぴちゃ泳いでいたんですよ。今日はベイトの気配がない。昨日からの寒波の影響です。浅いほど急激な冷え込みの影響を受けやすいですから」。
外気温の急変の影響を受けやすいのがシャローエリアの弱点。寒波によってイナっ子が消えた?
「ただ、下げの流れがもっと効けば、上流からイナっ子の群れが流されてくる可能性もあります。潮止まりまで粘って、何も起こらなければ違うポイントを移動します」。

その後、何も起こらず、釣り場を変えてもイナっ子の気配はなく1日目の実釣を終える。

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C 河川のシャローエリアでの5つの有効性

ヒットルアー

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

[品番] XL-210R(100mm/23グラム)
 [カラー] 12色 [本体価格] 2,000円

①ボディは高浮力発泡素材のAR-Cシェルで重めのウェイトを搭載可能。AR-C重心移動システムとの相乗効果で安定して飛距離が出る。

②ヘッドリップが水を噛み、流れにのせながら漂うように引くことができる。

③引き抵抗感があるから操作しやすく、流れの変化を感知しやすい。

④イナっ子など河川の小魚にマッチ・ザ・ベイトさせやすいサイズ感。

⑤貫通ワイヤーで大型シーバスをかけても安心。

DAY2 日中はサーフの下見。夕マヅメは河川で勝負に出る!

寒波でイナっ子消失!? 勝算はあるのか?

初日は深夜まで実釣し、取材陣の疲労を考慮した鈴木さんは早めの昼食をとってから2日目のスタートを切った。向かったのは、利根川最下流部から海岸線を数十キロ北上した鹿島灘に面する遠浅サーフだ。
「明日(最終日)のための下見です。先週まではイワシが接岸して、ヒラメやシーバスの調子が良かったようです。でも今日は鳥もいない。イワシは離れたかもしれないけれど、その名残りでウロウロしているシーバスがいるはずですからね」。
3日目の釣り場はサーフで決定?
「そのつもりですけど、今日釣ることが先決ですね」。
初日の釣り場は急激な冷え込みの影響からか、一昨夜までいたベイトフィッシュが姿を消した厳しい状況だ。2日目も冷たい北風が吹く初日と同様の天候。勝算はあるのか? 取材陣の不安をよそに鈴木さんは動いた。
「利根川に戻ります」。

風裏の支流合流部でランカーのフィーディングタイムを待つ

北風の風裏エリアならイナっ子が
残っていると推測

鈴木さんが夕マヅメ1時間前に向かったのは利根川の河口エリアだ。
「支流の合流点付近を狙います」。
合流点は、シャローエリアの釣りで欠かせない要素の一つ、流れの変化が発生しやすい?
「そうですね。あと昨夜のポイントは、冷たい北風が吹きつけていた。このポイントは、北寄りの風の風裏エリアになります。まだイナっ子が残っているかもしれない」。
流れの変化とベイトフィッシュがそろう確率が高いというわけだ。
「夕マヅメからの下げ。本流の河口堰が開いて、本流の反転流が支流に入ったら時合。イナっ子が動いてシーバスの捕食がはじまるイメージです」。

レスポンダーがつかんだ流れの“重み”がチャンス到来を告げる

流れが緩いときはシャロー系ミノーが有効

支流合流部の砂州の先端付近に立つと、鈴木さんは1投目にエクスセンスレスポンダー129Fをセレクト。
「シャローエリアなので潜行レンジが浅いレスポンダー。今は下げはじめで流れが緩い。まずは流れの変化がより感じやすいリップ付きのミノーです」。
使い方は、遠投して流れに漂わせるようにゆっくりただ巻き。昨夜使ったスライドアサシンと同じだ。18時30分、川面は穏やかに見えるが、鈴木さんはレスポンダーを通して水中の変化をとらえたようだ。
「流れが少し重くなってきました。そろそろかな。喰ってほしいですね」。
その5分後
「きました!」
言うのと同時にエクスセンス∞ S906M/RFが弧を描き、遠くにガハガバッと水面で荒ぶるシーバスの姿が見える。浅場で横に走るしかないシーバスの激しい抵抗をいなし、最後は巨躯を岸辺に横たえさせた。
「80cmは超えましたね。寒波に見舞われ厳しい状況の中、河川のシャローでなんとかランカーが獲れて良かった。肩の荷が降りました」。
撮影を済ませ、川面に目をやると鈴木さんは色めき立つ。
「いよいよ支流に本流の反転流が影響してきましたね」

立ち位置から支流側約50m沖に潮目がくっきり入っていた。

流れが効きはじめイナっ子が動く
タイミングでヒット

「流れが重く感じる沖に遠投して、着水後の巻きはじめて水面下に入ったところで、コンッとすごく小さなアタリ。徐々に反転流が効いてきて、イナっ子が動きはじめたタイミングで喰ったんだと思います。ただ、寒波がきて水温が急激に下がって時合に入っても喰いは渋い感じです」。

ヒットルアー

エクスセンス レスポンダー129F AR-C

エクスセンス レスポンダー129F AR-C

[品番] XM-S29N(129mm/19g)
[カラー] 全12色 [本体価格] 2,200円

本流の反転流の潮目の先へ! ミノーが届かない流れの変化をチェック

スライドアサシンの遠投性能が威力を発揮

鈴木さんは時合と踏んでいた本流の反転流が潮目となって現れ、レスポンダーからスライドアサシンに結びかえた。
「潮目がでるほどの流れ。水噛みの良いスライドアサシンなら流れの変化が十分わかります。レスポンダーより飛ぶので、より遠くの潮目を 狙います」。
フルキャストしたスライドアサシンは、50m以上先の潮目を超えて着水。
「潮目の先はすごく引き抵抗を感じる。潮目を抜けて巻きが軽くなった瞬間、喰ってくるはずです」。
水中をイメージしながらスライドアサシンを水面直下で漂わせるように巻くと、数投後、イメージは現実となる。
「やっぱり巻きが軽くなった直後に喰いました。サイズは落ちたけれど、狙いどおりに釣れたうれしい1尾です」。
65cmのコンディションの良いシーバスがヒット。まだまだ釣れそうですね⁉︎
「まだ出ると思います。でも明日は、朝マヅメのサーフを撃ちたい。今夜は早めに切り上げたほうが…」

これは河川のシャローエリアでランカーが1尾出たので、取材陣は無理をしないほうが良いのでは、という配慮。鈴木さんが遠浅サーフをどう攻略するかもぜひ見たいところだ。そしてサーフでもランカーは出るか?

後編に続く

“重い”流れを抜けた直後にバイト

上流から流れてくる本流の水は冷たく、その反転流が支流側に影響してくると、イナっ子は水温が高い支流へ避難。「スライドアサシンはレスポンダーより飛ぶから遠くの潮目が狙える。イナっ子が反転流の冷水域を抜けるイメージで、ゆっくり漂わせるようにただ巻き。巻き抵抗が急に軽くなったところで喰いました」。

ヒットルアー

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

エクスセンス スライドアサシン100S X AR-C

[品番] XL-210R(100mm/23グラム) [カラー] 12色 [本体価格] 2,000円

【使用タックル】
シャローエリアの釣りはリールも重要

ロッドは10cmクラスのミノーやシンキングペンシルが遠投しやすく、高感度でランカーに負けないパワーも備えたエクスセンス∞S906M/RFを使用。「きれいに曲がってファイトも楽しめるロッドです。シャローでシンキングペンシルを使うタックルは、流れの変化をとらえる感度が必要で、ロッドだけでなくリールの巻き感度も重要。新しいステラは巻きごこちが非常にシルキーで、とにかく滑らか。80cmを釣ったときの小さなアタリもしっかり感知できました」。

※一部タックルはプロトタイプです。