北海道オフショアジギング釣行 【後編】

初日はブリのヒットから始まり、タラやホッケなども好調に釣れ続けた。ブリのナブラに遭遇すると、その好機も逃さず2尾目のブリもキャッチ。そしてすぐさま次のブリもヒットさせた。続く2日目も驚きのゲストが表れ、北海道釣行は無事幕を閉じる。

フィールド紹介 / 積丹半島(北海道)

北海道北西部の積丹半島は小樽市から車で約30分ほど。余市港から出航し、周辺海域を釣った。水深の変化が大きく、少し沖に出るだけで水深は100mに到達し、大きく移動せずにさまざまな魚種が狙えるのが特徴だ。

鈴木 斉

すずき・ひとし 河川や干潟でのシーバスフィッシングからヒラスズキ、オフショアでのキャスティング&ジギングまで幅広い釣りに精通するマルチアングラー。日々全国を飛び回り、四季折々のターゲットを釣り歩いている。

ブリ連続ヒット継続中!
釣れ続けるそのヒミツとは…?

ナブラが沈んでも、ジグならバイトを引き出せる

引き続きナブラは頻出していた。キャスティングの道具を持ち合わせていなかったため、そのままスピードスラッシャーで狙い撃ちしていくと、またしてもヒットした。
「水面のボイルにしろ、魚探の映像にしろ、反応は出ているけど実際はなかなかバイトが少ない。透明度が高いから魚がベイトを見つけてボトムから上のほうまで喰いに上がって、すぐにボトムまで戻ってしまっているのかもしれない。こういったときは反応がある周辺を、広く探ってやるほうがバイトは出やすい。船が近づいてナブラが沈んでしまっても、ジグで探ればバイトを引き出せることもありますからね」

初日はスピードスラッシャーを巧みに使い分け、ブリ3尾にタラが3尾、その他根魚など多くの魚に出会えた。そして2日目に釣行は続く。

2日目は曇りのち雨。このローライトがどう影響するか。

光量が落ちると、ジグのアピール力も落ちる…

2日目も同じく5時30分に出船。初日と異なるのは、より雲が厚くなっており、のちに小雨が降ってくるという予報だということ。ローライトコンディションはジギングにおいてはどのような影響が出るのだろうか。
「ベストは晴れたほうがいいですね。晴れて太陽光が水中に入ると、ジグの光が遠くまで届いてくれる。魚がジグを見つけやすい状況になるためにも、水中に光が多く入ったほうがいいんですよね」

浅場で根魚を狙うも、二枚潮の影響で魚の活性は低い

この日はブリの反応が今ひとつで望み薄という船長の判断から、根魚のポイントを回っていく。サーディンウェバーで、よりスローにボトムレンジを探っていくと、良型のクロソイが登場。ほかにも小さなカレイをキャッチする場面もあったが、初日とは違い魚のやる気は低そうだ。いったい何が原因なのだろうか。
「肝心の魚がいる層の潮が動いていませんね。だから反応が出ていても喰わないんです。だいたい釣れないときは魚がいる層の潮が動いていないことが多いんですよ。ジグにかかる水の重さでわかります。こういった二枚潮は水温の違いによって発生することが多いですね。また流れが出てきたら、喰いが立ってくると思いますよ」

ヒットルアー

[自重] 100〜250g
[全長]111〜151mm
[カラー] 全12色
[本体価格] 1,150円〜1,970円

フルモデルチェンジで大幅に進化!
「剛性感アップの恩恵は計り知れない」

ジギングリールの名機、オシアジガーが6年ぶりにモデルチェンジ。すでに現場で使い込んでいる鈴木さんは、このオシアジガーのどのような点にその進化を感じているのだろう。
「以前よりも巻きが軽くなっていて、ジグの抜け感や潮流の変化を巻きながら感じ取ることができます。よりなめらかに巻けるから、リールでアタリを取ったり、魚のバイトのまとわりつくような感触もリールを通して感じることができますね。
そして、巻き上げのパワーも上がっている印象です。力のロスが無くなっているから、ファイトではリールだけでどんどん巻いてくることができる。これは剛性感が上がってブレが無くなったおかげだと思います。それがパワーに繋がっているんですね。
あとは、サミングスペースができたことで、今まではラインを触りながらサミングしていたのが、スプールのエッジを抑えてサミングできるようになった。これでフォール中の繊細なバイトも逃さず感じ取ることができるんです。
10kgとか20kgとかの魚がかかっても安心だし、小さな魚のバイトも逃さないリールになっていますね」

NEW!

[本体価格]55,500円

鈴木斉の感じたオシアジガーの進化

①リーリング感度・フォール感度の向上

回転性能が上がったことでリーリング中の感度が上がり、ジグの抜け感や潮流の変化をより敏感に感じられるようになった。さらにサミングスペースの設置により、フォール中のバイトもクリアな感度で感じることができる。

②巻き上げパワーの向上

ボディの剛性感が上がり、リーリングの動作にブレが無くなったことで巻き上げのパワーが向上。ロッドを寝かした状態のリーリングによるファイトでも、大型魚の強烈な引きをしっかりと受け止めてランディングに持ち込む。

ロッドを強烈に曲げた魚の正体は、鈴木さんも初めての珍客!?

無理にロッドを立てず、リール中心でファイトするのが底物ファイトの基本!

天候の変化や二枚潮が重なったのか、2日目はやや静かな釣行となった。そのまま下船時間を迎えてしまうのかと思っていた矢先、鈴木さんの握るロッドが強烈に絞り込まれた。
「めちゃくちゃ重いですね。何かわからないですが、きっと大物ですよ。底物を狙うスロー系ジギングの場合、ファイトはロッドを立てすぎないように。ラインが緩んだ瞬間に外れたり、口切れを起こしたりしますからね。リールで一定のテンションで巻き続けるのが大事です」

「上がってきました、デカいですよこれは~」
水面に上がってきた魚体がネットに掬われた瞬間、船上がどよめいた。強烈な引きの正体は、なんとチョウチンアンコウだ。鈴木さんも初めて釣り上げたという深海魚だ。岩石の裂け目のような口には鋭い歯が並び、その口の中にはサーディンウェバー130gが丸呑みにされていた。頭にはチョウチンがしっかりと備わっていた。まじまじと見る機会のないこの珍魚の登場に船上は多いに盛り上がった。鈴木さんのみならず、船上に居合わせた全員の記憶に残る釣行になった。

「あとアイナメとシマソイが出れば、北海道の魚をコンプリートできたかなぁ」

取材協力/征海丸