玄界灘鯛ラバ釣行【前編】

膨大な実釣経験に裏打ちされた知識と野生的な感性で、確実に獲物を追い詰める鈴木さん。
折れない心とスタミナも超人的だ。そんな釣人がどんな発想で対象魚と対峙しているのか?
その考え方を解き明かすコラムがスタート。第1回目は鯛ラバだ。
鈴木さんの釣りの中ではライトな釣種。釣人の思考はいかに?

フィールド紹介 / 玄界灘(福岡県)

九州北西部の福岡県、佐賀県、長崎県に跨がる海域で、大陸棚に対馬暖流が流れる日本有数の漁場として有名。
鯛ラバでは大鯛の名所として知られている。今回は博多港から出船し、福岡県小呂島周辺で実釣。

鈴木 斉

すずき・ひとし シーバスからマグロまでショア、オフショアを問わず幅広いターゲットに挑み続けるマルチソルトエキスパート。オフの日もロッドを放さず腕を磨く、根っからの太公望だ。

「鯛ラバの魅力は繊細でテクニカル。ファイトも楽しめます」

鈴木さんはシーバスや青物狙いでメディアに登場することが多く、鈴木さんが鯛ラバ? と意外に思う方も多いはずだ。
「実は…僕は、鯛ラバと呼ばれる前からこの釣りをやっています。鯛ラバが盛んな瀬戸内海はもちろん、例えば青森にマグロを狙いに行った合間や、玄界灘のヒラマサ狙いの合間とか。鯛ラバだけで釣りに行くことは少ないですけど、各地で楽しんでいます」
実は鯛ラバ好きが判明し、どんなゲームを展開するのか?の興味に惹かれて第1回のテーマにオファー。はじめに、鈴木さんが感じる鯛ラバの魅力とは?
「コツコツコツッとアタリがきても巻き続けて、グンッとのった瞬間の重み。たまらないですよね。三段引きと言われる真鯛の引き味も楽しい。あと巻きスピードやカラーなど、ちょっとしたことで釣果に差が出ます。喰わせるまではテクニカルで繊細。掛けたあとはファイトが楽しい。そこが鯛ラバの面白さです」

重めのヘッドでしっかり底取り。玄界灘の大鯛に挑む!

玄界灘をはじめ、九州の鯛ラバは経験済みの鈴木さん。ほかの地域との違いはあるのだろうか?
「九州の鯛ラバ船は、深場でドテラ流しやパラシュートアンカーを入れることが多い。流しながらでもしっかり底が取れるように100gを超える重めのヘッドを使うことが多いです。ボトムを取るのが鯛ラバの基本中の基本で、重めを使うことで今回のような乗合船でもオマツリを防ぎやすいです」

使用鯛ラバは、最近お気に入りの炎月タイガーバクバク。水深(m)=重さ(g)がウェイト選びの目安だが、鈴木さんは狙う水深の倍以上の150gまでを用意。

炎月タイガーバクバク

[品番] EJ-406Q(60g)、EJ-408Q(80g)、EJ-410Q(100g)
[カラー] 8色 [本体価格] 1,120円
[品番]EJ-412Q(120g) [カラー]8色 [本体価格] 1,270円
[品番]EJ-415Q(150g) [カラー]6色 [本体価格] 1,370円
[品番]EJ-420Q(200g) [カラー]6色 [本体価格] 1,490円

アクションは大きめだけどクセがない。扱いやすくて釣れる鯛ラバです

「タイガーバクバクは、ヘッドが大きめでアクションが強くアピール力があります。でもクセがないので、ロッドの調子や巻きスピードの対応幅が広く、巻き上げに素直に付いてくる扱いやすくて、釣れる鯛ラバです。イワシに付いて水面下10mに浮いた真鯛も、大きめの動きで寄せて喰わせることができます」。

強風、ウネリ、低水温のタフコンディションで、
まずはセオリーどおりにスタート

実釣は4月中旬。釣り場は博多港から北西へ航程1時間強の沖合だ。北寄りの風が強く、ウネリも2mを超え、鯛ラバにはラフな海況だ。
「風やウネリは何とかなるけど、問題は水温。船長によると水温は16℃を切る。例年より低めです」
水温が低めということは?
「真鯛の活性も低めかもしれません。水温が18℃あれば、水深30~50mのカケアガリに乗っ込み(産卵で浅場に上がること)で集まって釣りやすくなります。まだ、真鯛のレンジが深いかもしれません」

その言葉どおり、船が最初にパラシュートアンカーを入れたポイントは水深68m。「底から10m。ゆっくり巻いてください。」とスピーカーから船長のアドバイスが飛ぶ。「やっぱり深めですね。追いも良くないからスローなんだと思います。まずは基本どおり、船長の指示に従い反応をみます」

閃きのカラーチェンジで1尾目!「ちょっとしたことで釣果に差」を実証

1投目に選んだのはタイガーバクバク120gのオレンジゴールド。
オレンジ系は、玄界灘でも高い実績のある鯛ラバの基本色の一つだ。
「荒れていて潮の流れも速いですけど、パラシュートアンカーが効いているから、120gでもしっかりボトムがとれます」
着底後、ゆっくり巻いては落とし、入れ直して巻いては落としを繰り返しても、コツコツッと釣り人を高揚させるアタリはない。
「周りの人もオレンジを使っているけど、釣れていない。ということで、人とは違うことを(笑)。ドチャートにします。自分の中でグリーン系は、低水温に強いイメージがあるんです」
その1投目。
着底後、巻きはじめるとすぐに炎月プレミアム B69ML-Sが絞り込まれた。

「底を這うように巻き上げる」 - 1尾目の反応から新たな発想が生まれる

カラーチェンジで手にした真鯛は約70cm。4kgクラスの良型だ。船中1尾目でもある。
「目立つ色が効いたんですかね。ただ、コツコツコツッというこの釣り特有のアタリはなく、いきなりグンッと乗りました。ここまでのアタリのなさからみても、鯛ラバを追っている感じはしませんね」
ということは、鯛ラバが真鯛の目の前に落ちるという偶然でしか釣れない?
「いや、真鯛がボトムに居て上に追わないときは、底を這うような軌道で鯛ラバを巻き上げます」

釣り人が1尾の釣果から思考した、底を這うような軌道とは? そして、その結果は? 後編に続く。

【ヒットパターン】
着底後、巻き上げ開始と同時にバイト

1尾目はドチャートに替えて1投目にバイト。
「着底後、巻き上げ開始と同時に喰いました。カラーチェンジと、たまたま真鯛の目の前をゆっくり巻けたのが効いたんだと思います」
後編では真鯛の目の前を通す確率を上げるコツをお届けする。

【使用タックル】
船の揺れを吸収しやすい長めのロッド&リールのギア比で巻きスピードを整える

「ロッドはパワー別に3本用意。長さは7ft前後で、長めのほうがウネリによる船の揺れを吸収して、等速巻きがしやすいですからね。リールはギア比を使い分けて、等速巻きのスピードを変えます」

タックルデータ

#03

ライン、リーダー

※ライン、リーダーは#01~#03共通