NESSAとステラの
黄金の組み合わせとは

サーフの釣りにマッチするリールの番手は4000番。
とくに今年デビューした18ステラの4000番代は、サーフアングラーにとっても注目の的だ。
しかし4000番代はモデルの選択肢が多いのも事実。
そこで迷わず選べる方法を堀田光哉が指南!

堀田光哉 (ほったみつや)

テレビ、インターネット、雑誌やDVD等でヒラメ釣り、もといサーフでのルアー釣りの魅力や楽しさを発信し続けるアングラー。ヒラメ釣りブームの仕掛人であり、現在も熱くブームが燃え盛るようガンガン燃料投入中。

18ステラの選び方

選択肢が増えた分、迷いも増えた! ?

こんにちは。堀田光哉です。
待望の18ステラが発売となりました。

しばらく使っていますが、いや〜、文句ありませんね。
現段階では最高のスピニングリールでしょう。NESSAには専用リールがないこともあり、自分の場合、サーフの釣りではステラばかりを使っていますし、何よりリール選びで迷いません。むしろサーフの釣りにはステラが最適だと考えています。

数ある番手の中でも4000番ボディのステラはサーフの釣りにとてもマッチしています。
流石に注目度の高い18ステラ。自分のところには使用感を含めた相談、問い合わせが相次いでいます。中でもとくに多いのがモデルに関する相談です。「堀田さんはNESSAのロッドにどのモデルのステラを組み合わせるの?」って事あるごとに質問されます。たしかに追加番手のC5000XGを含め、4000番代は前モデルと比べ、ちょっとした変更がなされていますからね(ステラに限らず4000番より下の番手はサーフの釣りには向かないというのが自分の見解であり、前提です)。

サーフの基本は4000XG

XGはメリットばかり

前モデルのステラはずっと4000XG(XG=エクストラハイギア)を使っていました。
だから自分は基本的に18ステラも4000XGを使います。というか、すでに使っています。

「え、それって?」と思った人は勘の鋭い方です。実は同じ4000XGでも、ハンドル1回転における巻き取り長が、前モデルと18モデルでは異なるのですね。18ステラ4000XGは巻き取り長が6cm伸びており、ハンドル1回転で101cmの巻き取り長となります。しかし個人的な感想として、使用感は前モデルと変わるどころか、むしろ向上しているのですね。これは18モデルでスプール径を大きくしたことに加え、ギアのマイクロモジュールⅡ化による恩恵であり、それが使い手に違和感を覚えさせないことに通じているのです。もちろん巻き取り長の延伸を含むスプールの大口径化はサーフの釣りにプラスに働きます。ライン放出抵抗が減るために飛距離が伸びますし、ハンドルをより遅く回せるため、高感度化が進みます。単純に回収スピードも早まりますから手返しが良くなります。遠投化が進むサーフの釣りにはピッタリですね。

C5000XGという選択肢

釣りのスタイルで選ぶ

4000XGに加えて、C5000XGも実戦投入しています。
ツインパワーXDでC5000XGが登場して以来、とても重宝しています。この2つの番手は双子の兄弟みたいなものですね。ベースとなるのは4000番XGボディですから。

でも、だからこそどちらがサーフの釣りに合っているのか、迷っているアングラーがいるかもしれません。機能的な違いは、巻糸量と自重。それぞれの機能をサーフの釣りに当てはめてみましょう。

自重はロッドとバランスを取る時に重要な要素です。自分はバランスを考えて11fより長いロッドを使うときに4000XGよりも5g重たいC5000XGを合わせています。持ち重りが軽減できて調子いいですよ。また巻糸量の違いを生かして、大型青物が回遊しているときなど、2〜3号のPEラインを最低300m巻き込みたいときにC5000XGを使っています。

つまり一般的なヒラメ釣りだけで使うのか、併せて大型青物やオオニベ等のサーフの大型魚も狙うのか、釣りのスタイルでモデルを選択すれば良いし、ロッドの長さに対するバランスを考慮して選択することが大切なのですね。

他のモデルはどうだ

最終的には各自の判断を尊重

18ステラの4000番代には、4000と4000MHGという2つのモデルもあります。前者はノーマルスピードギアのモデルであり、後者はHG(ハイスピードギア)モデルです。

自分はXGを使いますし、オススメもしていますが、XGだと、巻きのフィーリングがしっくり来ないと感じるアングラーがいるかもしれません。そんなアングラーは、別にXGにこだわる必要はありません。柔軟に考えましょう。最終的には個人のフィーリングに合わせて最適なギアスピード(のモデル)を選ぶべきです。そういう意味では4000番という同じ番手の中でも、異なる選択肢が多いのは嬉しいですね。

とまあ、ざっとこんな基準でモデルを選べば間違いありません。
自分のロッドや釣りのスタイルに合った18ステラを探して、これからのシーズン、最高の釣りを楽しんでくださいね。

釣りのスタイルを見極めれば、最適なステラが見つかる