新たな釣果は“浮く”ワームから

たしかに見た目は普通かもしれない。
よくあるタイプと言われれば、否定はしない。
しかし、予想とは裏腹に機能は大きく異なる。
それが熱砂サンドライザーであり、熱砂グランデシャッド、ワーニングラブ、ツインラッシュだ。

堀田光哉 (ほったみつや)

テレビ、インターネット、雑誌やDVD等でヒラメ釣り、もといサーフでのルアー釣りの魅力や楽しさを発信し続けるアングラー。ヒラメ釣りブームの仕掛人であり、現在も熱くブームが燃え盛るようガンガン燃料投入中。

ヒラメ釣りにはワームが有効

熱砂にワームが登場

こんにちは。堀田光哉です。ワームはやっぱり釣れますね(笑)。
すでに多くのヒラメ釣り用ワームが発売されており、圧倒的な釣果が出ていることからすれば、ワームの有効性に異を唱えるアングラーはいないでしょう。自分自身の釣りを振り返っても、ワームのお世話になったことは数多くあります。とくに2フックタイプのジグヘッドにワームをセットしたものはとても使いやすく、使用頻度が高い傾向にあります。だって良く釣れますもの(笑)。

熱砂シリーズには、これまで前述のタイプのジグヘッド+ワームがありませんでした。だからなのか、ラインアップに加えて下さい的な要望は以前からとても多く、自分のところに意見として寄せられていたのです。

そんな過程を経た2018年。熱砂シリーズに新タイプのワームとジグヘッドが加わりました。ジグヘッドが熱砂サンドライザーであり、ワームが
熱砂グランデシャッドワーニングラブツインラッシュの3種類ですね。製品詳細はホームページをご覧いただければ幸いです。

ワームに数々の秘密あり

なにゆえの素材なのか

実は熱砂グランデシャッド、ワーニングラブ、ツインラッシュのどれもが特殊な素材を採用しています。多くのワームは塩化ビニール製ですが、熱砂のワームはいわゆる生分解性エラストマーと呼ばれる素材。シマノのワーム素材はこれで統一されています。正直、多少の刺し難さは残ります(ジグヘッドへの)。反面、外れにくくなるメリットもあります。

また環境への配慮を優先すれば、生分解性エラストマーの採用は正しいものといえます。エラストマー素材はフグなどのアタックに強い耐久性を発揮しますね。

フグにワームをボロボロにされることが少ないために効率的な釣りができます。
耐久性という面では、ジグヘッドにセットすれば、なかなか抜けずにワームが使用中にズレることが少ないですね。

加えて柔軟性が高い素材だけに、ヒラメのバイトを弾くことがかなり少ないのが特徴でもあります。
ヒラメがワームにアタックしたとき、曲がって口の中に入るのです。
そして最大の利点は強い浮力。各ワームはどれも4インチと小さなサイズですが、ジグヘッドを立たせるほどの強い浮力を持っているのですね。

水中でワームが立つ

倒れても起き上がる

熱砂グランデシャッド、ワーニングラブ、ツインラッシュは強い浮力を持ったワームですから、ジグヘッドであるサンドライザーにセットすると、ボトム着底後にワームのテールを上にして立った状態になります。サンドライザーのヘッド下部は斜めの面がありますが、ここを支点にしてジグヘッドとワーム全体が垂直に近い角度で立つのですね。

ちなみに浮力のないワームでは、ジグヘッドがボトムに立ったとしても、支えるのはヘッド下部とフックになるので斜め立ちになります。ボトムにフックが接しているために針先は痛みますし、波やボトムの凹凸で倒れやすくなります。もちろん倒れた後は、もう立ち上がれません。これではステイどころか、ボトムの凹凸など場合によっては最初から倒れてしまっている可能性も排除できないのです。その点、サンドライザーと各専用ワームとの組み合わせは、ワームの強い浮力により、倒れにくく、立ったままの状態を維持しやすいのです。

浮力を生かす方策

マネできない奥の手

ボトムで立ち続けられるのであれば、それはすなわち、ボトムステイに使えるということです。
沖出しの流れに投入し、着底後はそのままラインを張って待つ。軽くトゥイッチ的に動かしても良いですね。
ステイの時間は1分でも2分でも、必要であれば5分でも10分でも(笑)。他のワームでは不可能なことが可能なのですね。

ロングステイからのワンアクションで喰わせるという手も使えます。
ヒラメに見せて、ずっと見せてからのワンアクション。急深サーフでのブレイクラインあたりで試してみると効果があるでしょう。
最低1〜2分放置してからのアクションが効きますよ。

根のあるサーフでも活躍が期待できます。熱砂サンドライザーのフロントフックを外し、リヤフック1本だけにした状態にすれば、根掛かりリスクを軽減しながらタイトに根際を攻められますし、そこでワームを見せ続けることができるのです。ハードルアーで根際を“なぞる”だけだった攻めが、ワームをピンポイントに留めておけることでバイトチャンスが何倍にも増えるわけですね。これらは数例ではありますが、まだ工夫次第でバイトチャンスを増やせます。熱砂の新製品ワーム群を、ぜひご活用ください。

似て非なるもの。それが熱砂のワーム

[MOVIE] 熱砂サンドライザー x ワームシリーズ セットアップ術