根が点在するサーフへの誘い

水温が低下する冬になると、必ず訪れるタイプのサーフがあります。
それは磯場に隣接した、根の入り混じったサーフです。規模の大小は関係ありません。
なにゆえ、そんなサーフへと入釣するのか。
実はヒラメが集まる“ある要素”があるからなんです。

堀田光哉 (ほったみつや)

テレビ、インターネット、雑誌やDVD等でヒラメ釣り、もといサーフでのルアー釣りの魅力や楽しさを発信し続けるアングラー。ヒラメ釣りブームの仕掛人であり、現在も熱くブームが燃え盛るようガンガン燃料投入中。

冬にこそ狙うべきサーフとは

根周りには何らかのベイトがいる

こんにちは。堀田光哉です。
本格的に寒くなってきましたが、皆さん、釣りに出掛けていますか?

関東以南の太平洋側のサーフなら、シーズン的にまだまだ楽しめます。
風が強い日が多く、満足に凪ぐ日は少ないのですが、休日が凪予報なら、ぜひ出掛けてみたいですね。

この時期は、とくに有力な情報がなければ、根の点在するサーフへの釣行が望ましいですね。
砂だけで構成されたサーフは、水温低下によってベイトの回遊が少なくなり、ヒラメや他魚の接岸も比例して減ってしまいます。
その点、根の点在するサーフは、根周りにベラやネンブツダイ、甲殻類やカサゴ等の小魚が生息しており、それを狙ってヒラメがやってきます。
相対的にヒラメの接岸率が高まるために、冬の時期にオススメのサーフとなります。

高潮位か、低潮位か。どちらかに狙いを絞る

シャローが多いため潮位に注意

根が点在するエリアの多くのベースは遠浅サーフです。
小さなワンド状のサーフはもちろん、広大な遠浅サーフもその両端は根絡みのサーフになっています。

こんなサーフは、どこも水深が2mもないようなシャローばかりです。
満潮に近い潮位なら近くまでヒラメが入ってきますが、中途半端な潮位では根掛かりが多発して釣りになりません。干潮時に前に出て釣りをするか、潮位の高い時間帯で近めを釣るか、どちらかに絞って入釣することが大切ですね。とくに少し波気がある時の下げ始めはチャンスです。
全体の水位(潮位)が高めで普段より水深が深めなので、狙いやすいのですね。

また満潮でもシャローには変わりないため、潜るルアーは使えません。
シンキングペンシルやシャロー用ミノー、ジグミノーでの攻略が必要となります。

根の点在するサーフを攻めてみた

宮崎の小規模サーフにて実釣

というわけで、実釣してきました。場所は南九州の宮崎エリアにある根の点在するサーフです。
宮崎といえば広大なサーフを想像しますが、やはりその両端には根が点在しているサーフがあるわけです。
本来はそちらを狙いたかったのですが、あいにく訪れた時は釣況が悪く、数カ所攻めただけでポイントを根の点在するサーフへとシフトしたのですね。

入釣したのは満潮から少し下げ始めたくらいの時間。夕マヅメ前ですね。
狭いサーフなので、端からサーフ全体をチェックしていき、少しでも深くて流れが一定に流出している場所を探しました。

この日は波気も手伝ってか、深く、太い流れはすぐにみつかりました。そこで粘ること約2時間。あたりが薄暗くなってきた頃、まずは小型のマゴチがヒット。サイズの割には激しいバイトでした。流れの中で喰ってきたのですね。それから約10分後、完全に日が暮れる寸前に今度はヒラメがヒット。同じく流れの中、しかもかなり手前でのヒットでした。

予定通りの結末

根の間にできた溝から引き出した

適度な波気があれば、根と根の間には沖出しの流れが発生します。下げ潮のときも同様です。
流れを見て、沖にまでヨレが到達しているような場所があれば、そこがポイントになります。
流れがなくなるか、根掛かりしやすくなる潮位になるまで粘ってみたいですね。
今回は運よく、そんなスポットが見つかりましたが、もし探せなければ、根周りにルアーを打ち込みながらランガンするのも良い方法ですね。

こんな根周りで活躍するのが熱砂ドリフトスイマーⅡ
シンキングペンシルですから、突起物がなく、よく飛ぶだけでなく、シャローレンジのスイミングも可能です。海藻が少ないエリアならオススメですね。 キャスト後、馴染ませてからのただ巻きだけで効果があります。ロッドを立てながらリトリーブすることでレンジを維持することだけは忘れないでくださいね。今回はまさにそんな感じでヒットしました。なおヒット後はゴリ巻きです。座布団サイズだと走られてラインが根ズレします。
ラインブレイクを防ぐためにも強引なやりとりをオススメします!

冬の釣りは、根の絡んだサーフが熱い!