サーフの釣りでのロッド選びとは

本格シーズン到来を前に、準備は整っていますか?
有利な形でゲームを展開し、今まで以上の釣果を望むなら、ロッドは専用品を使いたいところです。
ただし専用品といえども選択を間違えれば、期待通りの釣果は望めません。
今回は、間違いのないロッド選びを指南します。

堀田光哉 (ほったみつや)

テレビ、インターネット、雑誌やDVD等でヒラメ釣り、もといサーフでのルアー釣りの魅力や楽しさを発信し続けるアングラー。ヒラメ釣りブームの仕掛人であり、現在も熱くブームが燃え盛るようガンガン燃料投入中。

青物狙いメインならショアジグロッド

コルトスナイパーが活躍する序盤戦

こんにちは。堀田光哉です。
秋の海水温が高いサーフでは、青物の回遊が多くなります。サイズはエリアによって異なりますが、9〜10月のメインは20〜50cmほどの青物。
初冬へ向かうにつれて回遊が不安定になる反面、サイズアップしていく傾向が強くなります。
シーズン当初は高水温ということもあり、サーフは中小型青物やマゴチが多く、ヒラメの姿は少ないのですね。
つまりサーフはライトショアジギングに最適なポイントになり、使用するタックルもそれ用のモノが最適と言えます。

ボクもコルトスナイパーのS1000MツインパワーXD C5000XGの組み合わせで楽しんでおります。40〜60gのコルトスナイパーの各種メタルジグにはベストマッチですね。コルトスナイパーTGベルサーテ、コルトスナイパーワンダーフォールを中心にしてのゲームを展開しています。

中盤以降はNESSAシリーズの出番

季節が進めばサーフの状況は変化する

ちょうど今ぐらいからの1ヶ月間は、日を追うごとに駆け足で秋が深まって行きます。
高めで安定していた海水温が少しずつ下がり始める頃ですね。
そうなると頻度が少ないものの、入れ替わるように大型青物が回遊を始め、
ヒラメの接岸も始まりつつ、やがて本格化へと向かいます。

状況の変化はタックル選びにも強い影響を与えます。
ヒラメ釣りメイン+時折来遊する大型青物も相手になる、という場合はショアジギングロッドより、サーフ専用ロッドがマッチするのですね。

メタルジグも使いつつ、プラグやワームで釣りをするわけですから、ショアジギングロッドだとゴツく、調子が強すぎます。かといって、シーバスロッドだとルアー負荷に対してパワー不足ですね。

ヘビーウェイトルアーの使用を前提にしたNESSAシリーズなら、様々な状況に即対応できますし、快適な釣りが可能となります。大型ヒラメはもちろん、大型青物のヒットでも不安はありません。適正なパワーがあるために余裕でランディングに持ち込めます。

状況や掛かり所にもよりますが、アクシデントがなければ6〜8キロのブリ(ワラサ)なら3分前後でフィニッシュできます。なおNESSAシリーズに合わせるリールは、全機種を通じて4000番のXGがベストマッチですね。

NESSA CI4+、BBから選ぶ

荒れればMH、凪ならMMH

遠浅サーフでの釣りの場合、ボクはNESSA CI4+あるいはBB)のS1002MHかS1008MMHを状況に合わせて使い分けています。
波気があって自分の立ち位置が下がってしまうときはMH。メタルジグの使用頻度が高まりますから、パワーに余裕のある(50gを超えるジグをも扱える)S1002MHをチョイスするのです。長すぎないためにジャーク&フォールなどのロッド操作がラクで、体に負担が掛からないのもチョイスの理由です。多少の無理も効きやすいですね。

一方、比較的静かな海況ならS1008MMH。メタルジグ以外のルアーも多用するとなると、それらのルアー負荷に対して適正な調子であるMMHを使用しますね。長さがあるので遠投が効くという点も選択の決め手になります。オールマイティに使える性能が気に入ってますよ。

自分のスタイルにあったNESSAを

急深サーフならM、超遠投を目指せば1102

ちなみにS1002MとS1102MMHはどうなの?と思われるかもしれませんので追記します。
S1002Mは急深サーフや鏡のようなベタ凪の遠浅サーフで多用しています。ヒラメ用のヘビーウェイトルアーを使えるだけでなく、それよりライトなルアーの使用にも適しているからです。

NESSAシリーズの中では若干ライトな調子なので、女性アングラーにもおすすめですね。
各地で行われる実釣イベント等で女性アングラーによく使ってもらいますが、使いやすいとの評価をいただいております。
もちろんパワーも問題ありません。釣りビジョンの番組で座布団ヒラメを釣った回に使っていましたから。

最後になりましたがS1102MMHです。長さを生かせる状況が出番となります。より遠投したい荒れ気味のとき、ちょっとした磯場や堤防等の足場の高いポイントで使うことが多いですね。また長身のアングラーが持てば強い武器になります。

熱砂を使えば、サーフの釣りが簡単、快適になる!

タックルデータ