知っておきたいメタルジグの釣り

北海道釣行初日は短時間の釣りでしたが、なかなか楽しい感じの釣果でしたね。
ヒットが続いただけに翌日も同じサーフへ入釣しようとも考えましたが、他にも気になるサーフがありました。
噴火湾エリアのサーフですね。
せっかくの北海道ですから、釣果だけにこだわりたくありません。
結果が付いてくるに越したことはありませんが、釣りをしたいポイントで釣りをするのも楽しみのひとつです。

堀田光哉 (ほったみつや)

テレビ、インターネット、雑誌やDVD等でヒラメ釣り、もといサーフでのルアー釣りの魅力や楽しさを発信し続けるアングラー。ヒラメ釣りブームの仕掛人であり、現在も熱くブームが燃え盛るようガンガン燃料投入中。

いろいろなサーフで釣りをしたい!

噴火湾サーフへチャレンジ

こんにちは。堀田光哉です。今回も北海道釣行の模様をお伝えします。
朝から丸々一日を釣行に充てられる二日目。午前1時半出発で夜明けの噴火湾エリアのサーフへ行って参りました。
ご存知とは思いますが、夏至の頃の北海道は朝が非常に早いですね。午前3時過ぎには薄明るくなります。
九州や沖縄と比べれば軽く1時間以上、日の出の時間が早いのです。しかも日暮れが遅く、一日がやたらと長い!(笑)。
この時期の北海道ではペース配分を考えて釣りをしたいところです。

まずは朝まずめ狙いということで、午前3時半前には噴火湾サーフに入釣。清々しいほどのベタ凪であり、潮色もかなり澄んでいました。
正直なところ、見た感じは苦戦しそうな気配が濃厚です。事実、しばらくはバイトもなし。波がないために狙い所も絞れずに右往左往するしかないような状況です。残念ながら、なかなか厳しい状況の日に当たってしまったようですね。

期待に反し、海況はもうひとつ

それでもヒラメはヒット!

狙い所が絞れないサーフは、遠く、広く探るしかありません。
ランガンも必要となります。つまりは、またもや飛距離に優れたメタルジグが出番となるのです。そう、熱砂スピンビームですね。

噴火湾エリアは遠浅なので潮位が高ければ、ブレイクラインが相対的に遠くなってしまいます。潮が引いていなければ、メタルジグを使わざるを得ません。
逆に干潮時や手前が深く掘れている場所、根などのストラクチャーがあるスポットならミノーやワームが出番となります。よく飛ぶワームやミノーが強い武器になりますね。

さて実釣ですが、午前4時を過ぎた頃、近くのアングラーがヒラメを釣りました。
時合到来かと集中していると、数分後にかなり沖目で自分にもヒット。ストップ&ゴーの巻き始めで喰ってきたのはギリギリサイズのヒラメでした。遠くでヒットした時はランディングまで時間が掛かるためにハラハラドキドキです。
遠投が基本となるサーフの釣りにはこんな楽しみもあるのですね。

メタルジグの釣りが拡大中

専用タックルなら扱いは簡単

今回の北海道釣行もそうですが、近年のサーフの釣りにおいてはメタルジグの使用頻度が非常に多くなっています。
遠投するため30gから始まり、40gを超えるメタルジグの使用も珍しくなくなりました。
ただ30g台のメタルジグならまだしも、従来の多くのロッドでは40gを超える自重のメタルジグの使用が難しいという事情があります。
無理して投げれば破損のリスクが伴いますし、負荷表示の最大が40g前後のロッドを使ったとしても曲がり込みが著しく、実際には十分な飛距離を得ることができません。

この釣行を通じて使用したNESSA CI4+ S1002MHは、最大52gまでのメタルジグをキャストし、扱うことができます。
硬い調子なんじゃないの?と心配する向きもあると思いますが、決してそんなことはありません。ベリーがしっかり機能するので硬くてパンパンな調子ではなく、負荷に応じて素直に曲がるロッドと言えます。自重のあるルアーが扱え、遠投が効き、魚種やサイズに関係なく、遠くでヒットした魚もバラしにくい。加えて、かなりの軽量! そんなこともありこの北海道釣行でチョイスしたのですね。
状況にバッチリとハマった結果、40g前後のメタルジグを多用してもバラシは皆無でした。

縦方向の動きも意識したい

サイズアップのヒラメを追加

最終日は朝まずめにヒットがありました。コルトスナイパーワンダーフォール40gのジャーク&フォールに喰ってきましたね。
ヒットポイントは手前のブレイク周辺。スピンビームの横方向への動きに反応がなかったため、攻め方を縦方向の動き(誘い)に変えたところ、
ヒットに結びつきました。

ワンダーフォールはコルトスナイパーシリーズ(青物用)ではありますが、実は“裏熱砂”的なメタルジグでもあるのです。
ヒラメはスロージギング系ジグにも反応が良いことから、自分は必須アイテムとして撮影では必ず持って行きます。ジャークしてからのフォールという単純な動作で効果があるのが素敵ですよ。ジャーク&フォールのやり方は難しくありません。
下の動画を参照してくださいね。

スローな水平フォールでの喰わせもマスターしたい!

[実践スキルアップムービー] ルアーアクション その3 ジャーク&フォール