枠を設けず、話が飛び散る
連載スタート

みなさまこんにちは。堀田光哉です。
唐突に始まりましたが、この連載はヒラメ釣りを中心とするサーフルアーフィッシングについて、自分が考えていること、実際にやっていること、失敗したこと、上手くいったこと等を、なるべくわかりやすい文章にして、随時公開して行こうという趣旨のものです。釣り、連載ともにスタイルにはこだわりを持ちたくないので、今後は話が八方に飛び散りながら進んで行くと思いますが、何卒よろしくお願いします。

堀田光哉 (ほったみつや)

テレビ、インターネット、雑誌やDVD等でヒラメ釣り、もといサーフでのルアー釣りの魅力や楽しさを発信し続けるアングラー。ヒラメ釣りブームの仕掛人であり、現在も熱くブームが燃え盛るようガンガン燃料投入中。

クロダイ(チヌ)でも釣れれば、それで良し!

サーフの釣りが盛り上がっている

さて、ご存知とは思いますが、サーフの釣りの人気がすごいのです。正直、釣果にはかなりムラがあるのがサーフの釣りです。釣れないことも多いです。ではなにゆえ、こんな状況になったのか。昔からこの釣りをしている自分として思うところがありますが、よく言われるのが次のような理由です。ヒラメは高級魚で美味しい。まあ、わかります(笑)。青物は引きが強い。まあ、わかります。でも今も昔も、サーフで釣れる魚は変わりませんからね。釣れる魚の魅力以外の要因があるような気がします。

人気サーフはアングラーがずらりと並ぶ

多魚種が狙えるのがサーフ

思うに情報量が飛躍的に増えたことが、このサーフフィッシングの飛躍とリンクしているのでしょう。美味しいヒラメがサーフで狙える。引きの強い青物がサーフで狙える。サーフで多魚種が狙えるということが広く知れ渡った結果、多くのアングラーが訪れるようになったのですね。例を挙げればキリがありませんが、ヒラメを始めとして、マゴチやブリ系やカツオ系の青物、シーバスあたりは全国のサーフで狙えます(たぶんアオリイカも)。エリアによってはサーフからタチウオやマダイが狙えたり、北海道では海サクラマス、海アメマスがサーフの釣りでポピュラーな釣り物です。やはり釣れるとわかれば、アングラーは動きますよね。

サーフで釣る一尾は美しく、価値が高い

自由気ままに釣りが可能

しかもサーフは広大です。混雑するサーフがある一方で、多くのサーフはまだまだ多数のアングラーを受け入れることができます。誰もがエントリーでき、のびのびと釣りができることもサーフの釣りの魅力ですね。このように、ある意味、敷居が低いのがサーフの釣りです。そしてチャンスは誰にでも平等にあるのです。

  • ヒラメ

  • マゴチ

  • スズキ

多魚種狙いなら外洋向きサーフがオススメ

今こそチャレンジのチャンス

この釣りに興味のある方は、とにかく近くのサーフで釣りをしてみることをオススメします。最初っから釣れなくても良いんです。それだけ釣りの楽しみが増えるわけですから、ゆるゆるとしたペースで上達を目指せば、長い間この釣りを堪能できます。せっかくの釣りですから、釣れないことがストレスになってしまっては本末転倒です。もしわからないことがあれば、週末に各地の釣具店で開催されている熱砂イベントに参加するのが良いですね。ボクが講師として出向いているので、ぜひいらして何でも質問をぶつけてください。

サーフへ出向けば、未知なる世界を体験できる。