ズバッ!と回答
プロのお悩みシーバスレッスン

春を迎え、襟を正す思いでフィールドに立つ方も多いことだろう。新たな目標を立てたり、
今までと違ったアプローチに挑戦したり、皆さんの思いも様々なはずだ。
なかでもビギナーの方々であれば、今年こそより多くの魚が釣りたいと願うはず。

なかなかシーバスが釣れない、どうすれば釣れるのか、周りは釣れているのに自分だけは釣れない・・・
なんていう経験はしたくないはず。もっとスキルを上げたいと願うアングラーに向け、聞くに聞けない悩みにお答えしよう。

辺見哲也:写真

辺見哲也

東京湾ボートシーバスの“伝説のカリスマガイド”として名を馳せ、現在は岸からのキャスティングゲームでも活躍するシーバスエキスパート。多彩なキャスト技術を持ち、どんな状況でも狙ったスポットを正確に撃ち抜く、キャスティングの名手としても知られている。

[質問1] 飛距離が大事なのはなぜ?

人より釣りたいなら飛ばしなさい

獲物を仕留める狩猟行為において、これは永遠に追求するべきテーマと思う。
当然ながら広範囲を探れることは効率的にも優れるし、ターゲットと遭遇する確率も上がる。

ただ、私が飛距離を重視している最大の理由は魚へのアプローチにある。
相手から遠ければ遠いほどよく釣れると感じている。

こちらの存在を悟られずにルアーをプレゼンテーションするのは、
狩猟を成功させる秘訣であり鉄則。だからこそルアーを遠くに飛ばす技術は
最も重要なスキルであると考えている。

相手に気配を悟られないことは大事!

[質問2] キャストの精度は大切か?!?

目に見える障害物がなくても手を抜くな

飛距離(ディスタンス)とともに重要なのが精度(アキュラシー)。
障害物のないオープンウォーターの釣り場であれば、針に糸を通すような精度を求められることはない。しかしルアーをコントロールして魚を釣る以上、基本的にはどんな釣り場でも精度は大事だ。

シーバスを含め多くのフィッシュイーターは、自分の存在を隠したりターゲットを追い込むためにストラクチャーを好む。少なくてもターゲットがいる場所へ正確にルアーを通すためにもキャスティングの精度は問われるわけだ。

ただ漠然と投げて巻くのではなく、どこを狙ってどう泳がせてくるかを常にイメージする。
これを普段から強く意識し、ルアーを正確にプレゼンテーションする能力を
磨いておくべきだと思う。

“際”をどう通すかが問われる!

精度において、ベイトタックルは強力な武器。その違いに驚かされることも

[質問3] ルアーのレンジは大切か?

相手の目の前にルアーを通すことを考えてみよう

これは、その日に選ぶルアーで最も重要なファクターだと思っている。
水のなかは地上よりも明確に三次元で構成されている。

縦・横・奥行きのうち1辺でも大きく外れれば、魚とコンタクトできない。
ターゲットが高活性であればそれでも追ってくるだろうが、プレッシャーの高い状況になるとわずかなズレも許されない場面がある。

ルアーをチェイスしてきたシーバスがアタック寸前で反転するなか、10センチ潜らせただけでバイトに持ち込んだ経験を嫌というほどしている私としては、レンジはとても重要であると考えている。

どれくらい潜り、どんな泳ぎをするルアーかあらかじめスイムテストしておくことは大事

[質問4] どういうタイミングでルアーを換える?

疑心暗鬼を生じたまま換えていると、裏目、裏目へと陥りがち

単純に、魚の反応がなんにもないと感じたら、気分転換も含めて換えるのはありだと思う。
ただ他のアングラーを見ている限り、「換え過ぎではないか?」と思うことが少なくない。特に中堅クラスのアングラーに多く見受けられる。
恐らく、多少の経験も積み知識が増えてくると「迷い」が生じるのだろう。あまりにルアーチェンジが多いと、
換えているうちにどれが正解か分からなくなってしまいがち。釣りのプランも散漫になる。

これがエキスパートになると、シチュエーションを始めベイトや気象条件を加味しておおよそ見当を付けて釣りを始める。
その日その時の状況を踏まえて、まずプランを作るわけだ。そしてそのプランとズレが生じていると感じたときこそ、ルアーチェンジのタイミングだと思う。

辺見さんが現場に持ち込むルアーケースはたいてい1個。それだけプランを固めて臨んでいる

[質問5] ルアーの泳ぎの質は気にするべきか?

自分の組み立てが通用しないとなれば、相手に合わせる。・・・そこは柔軟に(笑)

気にするべきだと思うが、人によって好みは違う。
おとなしめのルアーを使ってゲームを組み立てるのが好きな人もいれば、そうではない人もいる。私は後者で、しっかりと泳ぐタイプのルアーを使う釣りが好きだ。

ウォブリングにしろローリングにしろ、リトリーブしたとき手元へブリブリ伝わるものを基準としている。広いフィールドでルアーの存在を魚に気付かせる、もしくは違和感を覚えさせることがまず第一。ベイトが多くいれば、そのなかから自分のルアーをターゲットとして選ばせなければいけない。そんなときこそメリハリのある泳ぎをするルアーを選び、魚に強くアピールする。

これがまず基本。それで反応がないときにその逆を試す。
ターゲットが確実にいると分かっているのにアピール系では喰わない。または水が澄んでいて視認性が高く、魚がルアーを簡単に見付けられる状況ではおとなしいローリング系のもの。もしくはウォブリングでもタイトな泳ぎのルアーにしている。

時にはシンペンも使います(笑)

プラグも百花繚乱。思い描いたプランに合うものを選ばないと意味ない

[質問6] ポイントを見切る決断は?

魚がいなけりゃ始まらないし、いてもストレスを感じるなら移動!

やはり一番は、ベイトがいないなど魚っ気がないとき。
そして自分の思い通りにいかないときだ。
そもそもこの情報時代において、釣り場の状況は釣行前にもある程度把握できる。
しかし先行者がいるとか、急な工事とか、想像以上の濁りが入ったり流れ藻や浮遊物が多いなど、現場に行かなくては分からないこともある。
自分が立てたプラン通りにゲームが進まないと判断した場合も見切るべきだと思う。

ベイトがいれば休憩を取りつつ粘る

“釣った”を感じたいから、プランが崩れたときは移動する

[質問7] ファイトは慎重にいくべきか、それとも強引にいくべきか?

どちらもアリだからこそ、道具立てから手法から概念は統一しておく!

魚とのファイトで私が常に気を配っているのは、「魚を怒らせない」こと。スムーズに誘導し、いつの間にかネットに収まっている……
そんなヤリトリを理想としている。
シマノTVなどで私の釣りを納めた動画を見てもらえば分かりやすいと思うが、ロッドが描く弧を保ちながらテンションを与え続けている。
特別な場面を除き、強引に魚を寄せるファイトはしていない。

その理由は一つ、確実にランディングするためだ。
ときにはストラクチャー周りで強引なヤリトリを余儀なくされるのがシーバスゲーム。
障害物から引き離す必要がある場面では無理にでも魚の頭の向きを変える。
ただそういった場合でも常に魚と呼応し、強引さを必要としなければ魚を落ち着かせるよう努めている。
だからこそ、私はドラグを常に調整しつつファイトする。

ロッドの弾性で相手の様子をうかがいつつ寄せる

そもそもシーバスは違和感を覚えると水面に出ようとする。根魚のように根に向かうことは少なく、強引なファイトをすることでかえって障害物へ向かわせてしまうことになる。
だからこそ、できるだけスムーズに誘導するファイトを意識している。
もちろん、パワーファイトがいいと思っているならそれを楽しむべきだ。そのためのタックルバランスを調えるのも、釣りでは大切なこと。どちらが正解かは魚に聞かなければ分からない。

ただ私は、この遊びの神髄は「思い通りに魚を誘導する技術を探究する」ことにあると思っているだけだ。

強引にいくときはロッドの曲がりを確かめつつ!

『エクスセンス∞』は、「し」の字に引き起こしてもビクともしないくらいの強度を誇る。ヤリトリの幅は大きく広がる

ロッドの曲がりで相手にどれくらいの負荷を与えているか、数値で理解しておくと強気にいくときも安心

[質問8] 激寒期の対策で意識するべきことは?

寒い故に絞り込みやすくなると、ポジティブにとらえよう

1月中旬の激寒期は産卵が絡んでくる。
つまりシーバスは、水温の変動が少ない場所や深い水深を好む。
代表的なのは温排水の影響がある場所で、次に水温が安定しているディープエリアも釣れる可能性が高い。逆に流入河川のある湾奥は冷えきっているのでパス。温かな外洋の海水が絡むエリアに目を向けるべきである。

そして、あえてもう一つ挙げるとすれば日中に水温が上がりやすいシャローエリアだ。晴れた日は太陽光により海水が温められる。
ただしこれは深場に隣接していることが条件だ。水温が上がりやすいのは逆に言えば下がりやすいわけで、冷たい北風が強く吹けば一気に下がる。そんなタイミングの釣行は控えたほうが無難だ。

温排水周りは特級場所。スレ対策を頭に入れて臨もう!

  • 水が温まりやすい場所を探せ

[質問9] 時間を短く効率的に釣りをするにはどうすればいい?

同じ時間で人より多くの経験を得るには、魚の気持ちになって考えよう

これはもう、経験を積むしかないと思う。
そのためにはアチコチでやみくもに釣りをするのでなく、釣れても釣れなくても同じポイントに通い続けることが大切。
しかも、どちらかというと釣れた状況よりも釣れない条件を知ることが重要だ。「これは釣れない」という自分のなかで一つの〝物差し〟ができると、他の場所でも推し量ることができるようになる。

釣れないことを重ねていくと、釣れたときの条件が見えやすくなる。すると同じ条件の場所も次々と頭に浮かんでくるはずだ。
これがすなわち「経験を積む」ということ。釣行を重ねていけば、ポイント特有のパターンが見えてくることもある。それが分かれば「この2時間で十分!」みたいな釣行もできる。

まずは何事も、「自分がシーバスだったら……」と考えながら釣り場を観察することを覚えよう。

  • 潮の向きと地形。理詰めで考えれば、居場所は見付かる

  • 時には俯瞰(ふかん)で見ることも大事

[質問10] 「感度」とは、具体的にどんな事を感じているのか?

水のなかのことが分かれば分かるほど釣果は増える。欲張りになろう

ルアーが置かれている状況だ。まず分かりやすいのが、魚が喰ったか否か。
ターゲットがルアーに喰いついたのか、もしくはベイトフィッシュの群れに当たったのか、それともボラなどにスレ掛かりしたかを判別している。
他にはルアーがボトムを擦っていないか。水面に出てしまっていないか。水流の強弱、そしてルアーがしっかりと泳いでいるか。ゴミや海藻が引っ掛かっていないか……。

最終的にはファイト中にハリがどのように魚へ掛かっているか、頭の向きまでも探る。
つまり水中にあるすべての情報、特にルアーがどのようになっているかを感じ取ろうとしているわけだ。

海藻が掛かったまま泳がせれば警戒される。感度に自信がなければ、ベイトタックルもアリ!

[質問11] ドリフトはルアーがほとんど泳いでいないのになぜ喰うの?

まぎらわしい「ドリフト」を、ナチュラルとインテンショナル(意図的)に分けて説明しよう

ドリフト……すなわち「流す」ルアーの演出方法は、現代のシーバスシーンで誰もが口にするアプローチだ。
しかしこのドリフトという言葉はとても便利に使われるが、有名アングラーも含めてその多くは理解が乏しいように思う。
そもそもドリフトは、フライフィッシングにおけるテクニック。毛バリを水面に浮かせて流れに乗せ、魚のいる場所へ届ける手法だ。カゲロウやトビケラなどの昆虫類が水面に落ち、流されていくのを模すアプローチ方法である。フライフィッシング自体が食性を利用した釣りであることを考えると、非常に理にかなったテクニックといえる。
ここで重要なのが、疑似餌が模している昆虫類は水面ないし水中を泳げないこと。だから、流れに同調させて流す高度なテクニックとしてナチュラルドリフトが存在している。
これをシーバスゲームに置き換えてみると、ドリフトしたルアーが模すのはバチくらいなもの。ソルトルアーの黎明期に、フライフィッシングのナチュラルドリフトからインスピレーションを受けた先人たちが始めたのだろう。

現実的なことを考えれば、シーバスが捕食している多くのベイトは水中で自由に動ける魚や甲殻類だ。そして実際、現代のほとんどのアングラーは〝ドリフト〟と言いつつ若干ながらリトリーブしている。もしくは、流れがラインに掛かるのを利用してルアーを動かしている。つまり本来のナチュラルドリフトではなく、いわば〝インテンショナルドリフト〟だ。

弱った魚が水に押されて流されてくる様子を演出するときのインテンショナルドリフトは、代表的なものでいうと落ちアユパターンがある。ルアーを流れに乗せて送り込みつつ、若干の動きを持たせるようなリトリーブ方法だ。

ドリフトは流れのある場所で使う

一方バチ抜けパターンのように、完全に流れに乗せて演出するナチュラルドリフト。
基本的にバチを偏食しているシーバスは、ルアーがグニョグニョ泳がなくてもシルエットとレンジさえ合っていれば反応する。

上流にルアーを投げたら水面直下を流れるようにロッドを立て、糸フケを取りながら流れに同調させるだけのアプローチ。なんでもかんでも川で釣れば「ドリフト」と言いたがる風潮だし、それがカッコいいと思っているアングラーも少なくないと思うが、クルマを横滑りさせるテクニックと勘違いしてはいけない。

夜間は特にドリフト効果がある

ドリフトは特定のベイトを偏食しているターゲットに用いることが多いテクニックで、特にナチュラルドリフトはバチ抜けシーズンに出番が多い。ルアーを動かしたり泳がせたりするよりも、レンジとシルエットを合わせることが大切と覚えておこう。

上流に投げ、リトリーブせずに送り込むこれが本当のドリフト!

バチ抜けで始まる本格シーズンに向け、スキルアップと意識向上に少しでもつながれば幸いです!