だから釣れる!プロのルーチン

初めてのプラグ、
どう使う? どう見極める? どう活かす?
急に選んだ釣り場でナニをどう見る?

ルアーフィッシングの好シーズンを迎えた。
しかしながら、どういうわけかホームのシーバスが芳しくない。
バチ抜けも本格化しているというのに、いま一つ良い話を聞かない。
だが、そんなときこそ結果を残したいもの。勝手な自己満足を求めて内房エリアへ向かった。
今春、発売された新しいルアーたちをチェックする目的もあったからだ。

辺見哲也

東京湾ボートシーバスの“伝説のカリスマガイド”として名を馳せ、現在は岸からのキャスティングゲームでも活躍するシーバスエキスパート。多彩なキャスト技術を持ち、どんな状況でも狙ったスポットを正確に撃ち抜く、キャスティングの名手としても知られている。

明るい時間によく見ておかないと、夜にいきなり使うのはナンセンスだ。

「明るい時間帯に現場へ入り、ルアーの戦闘力を確認する」
これ、実はとっても重要なこと!

初めてのルアーをナイトゲームでいきなり使うのは無謀そのもの。泳ぎのイメージができていなければ、そのルアーの使いどころすら分からない。
どんなに素晴らしい宣伝文句を聞いていてもたちまち疑心暗鬼に陥り、釣れる魚も釣れなくなる。
たまたま釣れれば、それは良いルアーに。釣れなければ、どんなにいいものも悪いルアーというレッテルを張ってしまう。そもそも間違った認識で使えば、たとえ釣れても再現性は乏しい。逆に結果が出なかったとしても、ルアーのポテンシャルが頭に入っていれば釣れなかった理由付けができる。ナイトゲームの多いシーバシングにおいては、どういったタイプのルアーなのかしっかりと事前に把握して臨みたい。

かつてのルアーは、ブリブリ動けば良かった(笑)。しかし最近は泳げば良いというものでもなく、わずかな動きや波動で喰わせるタイプが多く存在する。
この種のルアーは引き抵抗も小さいため、リトリーブしていて不安を覚えることもある。開発者はナチュラルさを狙って作り込んだにもかかわらず、それが理解できずにルアーボックスの肥やしとなってはもったいない。

テストに向かったのは富津岬。ここは浅場が広がり干潟の影響もあって透明度が高い。シーバシングの特級フィールドであるのは承知の通りだが、ルアーのスイムチェックでもよく訪れる。新製品は4タイプのプラグ。いずれも『X(クロス) AR‐Cシステム』搭載なのでぶっ飛び系であることは想像できるが、果たして泳ぎはどうだろう?

エクスセンス ゴリアテ Hi 95F X AR-C

●サイズ:95ミリ ●重量:12グラム ●潜行レンジ:20〜50センチ
●飛距離:53メートル ●カラー:12色 ●本体価格:1,900円

水中ルアー動画

エクスセンス ゴリアテ Hi 125F X AR-C

●サイズ:125ミリ ●重量:17グラム ●潜行レンジ:20〜50センチ
●飛距離:59メートル ●カラー:12色 ●本体価格:2,000円

水中ルアー動画

辺見Check!

懐かしいリップレスミノーが最新機能をまとって復活した。おそらく、X AR‐Cシステムの恩恵を最も受けるプラグではないだろうか。サイズが二つあって、まずは95Fから引いてみる。……う〜ん、まさに自分好み!小気味よいプリプリとしたアクションが、流れの向きや強さなどルアーの置かれている水中の状況を明確に伝えてくれる。そして、飛距離も泳ぎ出しの早さも前作とは比較にならないほど改善されている。NEWゴリアテは、ミッドシャローまでとらえるオールマイティーなルアーとして生まれ変わってくれた。そして125Fは95Fに比べ、アクティブな感じは譲るものの安定感が増している。波があったり風が吹いたり、多少のフィールドコンディションには影響されないだろう。どんなシチュエーションにも対応できるという点では、私のようなあちこちの現場に赴くアングラーには使いどころが多そうだ。

エクスセンス クー 130F X AR-C

●サイズ:130ミリ ●重量:15グラム ●潜行レンジ:10〜30センチ
●飛距離:62メートル ●カラー:12色 ●本体価格:2,100円

水中ルアー動画

辺見Check!

クーは70Fと100Fを既に使用しているが、実績は折り紙付き。今回登場したのはサイズアップされた130ミリで、持ち前の細身のシェイプもあって飛距離は驚くほど。スローでリトリーブすると、水面直下でわずかに振れる程度のおとなしめ。弟分たちと遜色ないアクションに仕上がっている。そもそもシャロー系プラグとしての性能は非常に高く、潜らせたくても潜らないほど。そしてロッド操作など難しいことをしなくてもスーパーシャローを引けるのもいい。フローティングペンシルの新たなカタチとして評価できるのではないだろうか。少しロッドアクションを与えればトップウォータープラグのようにも使える。ただ巻きすれば、ナチュラルに誘える。リアクションと食性をミックスして刺激するような、メリハリのある攻略も可能だろう。

エクスセンス ボラコノ 80F X AR-C

●サイズ:80ミリ ●重量:12グラム ●潜行レンジ:10〜20センチ
●飛距離:56メートル ●カラー:12色 ●本体価格:1,900円

水中ルアー動画

辺見Check!

フィッシングショーで初めて見て、「今年イチバン面白そう」と思っていたルアーがコレ。ようやく製品が届き、使うのを楽しみにしていた(笑)。早速ただ巻きすると、クーのファットバージョンといった感じ。……正直な気持ちを言うと、しっかりとした泳ぎを好む自分としてはおとなしめの泳ぎは少し残念に思えた。漠然と、イナっ子のような動きを期待していたからだ。とはいえ、フローティングペンシルとしてのポテンシャルは高そう。プレッシャーの高い場所などで静かに誘いたいときはかなり面白そうだ。今度はトゥイッチしてみると、これが一転!!ロッドアクションを与えると見事なローリングを見せ、側面をギラギラッと輝かせてヒラを打つではないか!レスポンスも抜群だし、これはいい♪「静」と「動」のメリハリが際立つので、演出次第によっては日中のシャローゲームで楽しみだ。

いざ剛竿に、29と40グラムのメタルジグで勝負する!

リトリーブ速度による泳ぎの違い、水を受けたときの抵抗感、ラインの角度による潜行レンジと泳ぎの特性をしっかり頭にインプット。四つのプラグの見極めがついたところでいよいよ実釣に入る。
富津岬は南北にシャローエリアが広がるため風をかわしやすい特徴がある。この日は北からの爆風が吹いていたので、南面でスイムテストを行った。本来なら北面に広がるシャローエリアを夕マヅメからチェックするつもりだったが、さすがにこの風では難しいだろう。
そこで隣の君津市を流れる小糸川に移動し、ナイトゲームに変更することにした。急に思い付いたこともあるので、とにかく明るいうちに釣り場をチェックして歩く。河口から中流にある堰堤まで、河川内はどこも昨夜の雨の影響で水は濁り気味。

次にベイトを探すとハクだろうか、流れのヨレにチラホラ見られた。
潮のタイミングからすると、今日は満月あとの大潮。しかも満潮が日没と重なるので暮れればバチも期待できる。ただし、雨による水温の低下が著しいとバチ抜けはどうだろう?前日との水温差が分からないので微妙だ。そもそも内房エリアのバチ抜けは早い段階で始まるため、シーズンとしてはもはや後半。シーバスたちも体力を回復しつつあるため、メインのベイトは小魚に移行しているのではないかという読みもある。

バチと小魚ではゲームのマネジメントも使うルアーも変わってくるので、今日の釣りがうまくいくか否かはその見極めに掛かってくるはずだ。河口から数キロ上流の内房線高架下にて、流れのヨレにまとまって泳ぐハク(ボラの幼魚)を眺めつつ日没を待った。

水中ライトにバチやハクが寄り始めた。
さぁ、スタートフィッシング!

漂わせる微波動系としっかりと引くプラグ。良型を決めたのは……!

いつしか隣に、シラス(ウナギの仔魚)捕りの漁師さんがやってきた。これもまた、春の風物詩である。
18時の満潮を迎える頃には辺りも薄暗くなり、漁師の入れた水中ライトにバチがまとわり付き始める。さぁ、いよいよ頃合いだ。川に立ち込み、対岸に向けクー130Fをキャストする。と、おっといけない……。慌ててスプールを押さえることとなった。
いやいや、軽々と対岸まで届いてしまう脅威の飛距離。中規模河川なのでロッドは『エクスセンス S810ML/R “Respect the Sanctuary”』。
リールは『エクスセンス3000MHG』という組み合わせながら、まるで釣り場が狭くなったかのような錯覚に陥るほどルアーが飛んだ。

  • 攻め方を変えて狙い通り!
    バチパターンをあっさり見切ったのが勝因

  • 下げが効いてもバチはまばら……
    これはベイト、フィッシュパターンか!?

  • ヒルは付いていたけど、コンディションのいいシーバスが釣れた

この場所には20年以上も来ているが、改めてロッド、リール、ルアー……といった近年の進化を感じる。本当にすさまじいレベルだと思う。
セーブしたキャストで対岸の流心を難なくトレースするので、立ち込まなくても良かったくらいだ。
やがてすっかり闇に包まれた。水面をライトで照らすとバチがチラホラ集まってくる。ただ数は少ないようなので、ルアーをゴリアテ95Fにチェンジ。バチを意識していたクーから、小魚をイメージしたアプローチに変更する。すると、狙い違わずヒット!キャッチしたのは50センチ強のシーバスだ。まだまだ体力を回復したとはいえないファイトだったものの、コンディションは良好。厳寒期のように抵抗もなく寄ってくるというわけではなかった。〝流動食〟のようなバチから、しっかりした小魚を捕食している証だ。口のなかをのぞき込んでもバチを食べた痕跡がない。

  • 確信!

エラ洗いをかわして見事にランディング

魚を1本捕ったことで、〝推測〟から「確信」へと変わった。そのままゴリアテ95Fで、ベイトフィッシュを想定したアプローチを続ける。アップストリームからの流すドリフトではなく、クロスストーリームキャストからしっかり泳がせて誘う。明るい時間帯にチェックした記憶を呼び起こし、小刻みな波動を出して勝負する。するとこれがズバリはまって再びバイト!今度の魚は対岸寄りの流心部に潜んでいただけあり、フッキング直後からなかなかの重量感。激しいエラ洗いをかわしつつ無事ランディングしたのは、72センチの良型。銀ピカのグッドコンディションであった。

フィールドコンディションは上向き傾向にあり、ベイトは既にバチから小魚へと移行。これから初夏に向け沿岸部の魚たちは活発になり、東京湾奥でもバチパターンが本格化する。ベストシーズンは、いよいよだ!

力強く元気に春の川へと戻っていった