「全貌解禁」
シマノNEWリール3連発!!

人も魚も自然の影響を大きく受けた2016年。
11月には関東で積雪もあり、東京湾から立ち上る湯気を見た。

シャローエリアの水温は劇的に低下し釣果は絶望的…と思われたが、なんとそのなかでシーバスが喰ってきた。
深場に落ちるどころかシャローで生き延びようと、ルアーにバイトするたくましいシーバスたちに心を打たれた。
人間の経験と知恵など、自然のなかでは浅はかなものなのかもしれない。分かったつもりでいても自然は奥が深い。
これからも現場へ足を運び、少しでも経験を増やすことしか魚との出会いを深める術はないと思う。
今年も現場に立つ努力を惜しまぬことを誓い、新年の幕開け。
最初にご紹介するのは、シマノからリリースされる最新のリールたちだ!

辺見哲也

東京湾ボートシーバスの“伝説のカリスマガイド”として名を馳せ、現在は岸からのキャスティングゲームでも活躍するシーバスエキスパート。多彩なキャスト技術を持ち、どんな状況でも狙ったスポットを正確に撃ち抜く、キャスティングの名手としても知られている。

第1弾 EXSENCE 3000MHG

「ヴァンキッシュのとき驚愕したように、きっとまた0.1グラム単位の軽量化を積み上げてこの自重をたたき出したんだろうね〜。だってHAGANEボディ(マグネシウム)に新型の防水機構を採用してこの数字だもの!撥水処理+ラビリンス構造を使い、非接触で水圧に耐えるXプロテクト。ザブンと浸けたくらいじゃへっちゃらだし、小型スピニングの命である回転性能を損なうこともない。かなり高い防水性能を達成しているんだからたまげる。“デジカメか!?”と突っ込みたくなるわ」。

●本体価格 : 61,000円

大いに話題をさらったヴァンキッシュを更に強化!

『リアルシーバス』という企画理念を基に作り込まれるエクスセンスシリーズ。今年はスピニングとベイトリールが新たに加わる。
まず、私たちシーバスアングラーが気になるのは使用率の高いスピニングモデルだろう。
エクスセンスのスピニングはこれまでもリリースされてきたが、今回は「本気」と感じる!というのも、ベースとなったのはシマノスピニングツートップの一角ヴァンキッシュ。2016年にリリースされ話題となったこのリールのシーバスチューンであり、言うなれば〝ヴァンキッシュSW〟。
シマノのSWモデルは、大型魚と対峙することを想定して開発される。高剛性・高耐久性が求められるわけだが、シーバスゲームではヒラスズキを狙う場合にこれが当てはまる。それこそリアルなシーバスシーンにおいては軽快さがまず求められるが、それに加えて水に対する耐久力が欲しい。
そんな要望を満たすのがエクスセンススピニングだ。
では具体的にヴァンキッシュとどう違うのか?
まず防水性能が格段にアップしている。そもそもヴァンキッシュはバスやトラウトといった淡水での使用も含めたオールラウンドモデル。『コアプロテクト構造』で防水性を高めているが、エクスセンスはその性能を更に強化。『X‐PROTECT』を採用し、ラインローラーとローラークラッチの最も海水が浸入しやすい部分をシャットアウト。これによりディープウエーディング時によくある不意のトラブルや、ヒラスズキゲームで海水のスプレーを浴びるなど水圧を受ける場面での防水性能が飛躍的に向上した。

  • このドラグが
    すごいんです!

せっかく掛けたシーバスをバラさないために

次に私が特に推したい点がここで、『ラピッドファイアドラグ』が搭載されたこと。このリールの素晴らしさを実釣で最も感じられるのがこれではないだろうか。私のゲームスタイルは、フッキングに備えてドラグの初期設定をかなり強めにセットしている。そしてセットフックしたあとランディングまでの間は、伸びのないPEラインに合わせて数回ほどドラグを弱める。
このように魚の状態に応じてドラグを調整するスタイルはバラシにくい。遠くでバイトした魚へしっかりとフックを刺すには強めのドラグ設定。障害物のないオープンエリアで魚を弱らせるなら適度な負荷を。そして魚が至近距離となるランディング時は不意の突っ込みに対応できるよう緩めに設定する。ストラクチャー周りでのゲームはもう少し複雑になるが、大抵のシャローゲームはこのパターンで行っている。高い精度で設定力を容易に変えられるこのドラグは、「現場では繊細すぎる調整幅を求めない」というリアルな釣りから導き出されたもの。このリールを使うともう戻れない…そんな感想を抱いてしまうのは私だけではないはずだ。
ほかにもラインローラーは『DLC』が採用され、デザインは男の武器を彷彿させるマットブラック。自重はヴァンキッシュに対し数グラム増に留めている。まさしく地味にスゴい進化! 途方もないアップグレードを果たしている。
機種は「C3000M」「C3000MHG」「3000MHG」「4000MXG」の4タイプをラインナップ。特に4000MXGはヴァンキッシュに比べギア強度を大幅にアップ。ヒラスズキや磯の青物も対応する。
エクスセンススピニングは、まさにヴァンキッシュのエボリューションモデルと言えるだろう。

辺見さんの基本的なドラグ設定

  • フッキング時(強)
  • オープンエリアでのファイト時(中)
  • ランディング時(弱)

伸びのないPEラインのファイトをサポートするラピッドファイアドラグ。瞬時の設定にストレスなく追従する。

第2弾 EXSENCE DC

「PEラインでトラブルなくルアーを投げられる「P」モードを搭載。ナイトゲームも安心のフルキャストが可能だ。ブレーキ力の調整は現行モデルの4から8段階にアップ!これにより、ネックといわれるルアーの飛距離が格段に伸びた。そして“PE追風遠投モード”である「XP」は、フォローのなかで抜けるようにルアーが飛ぶ。ブレーキ制御がギリギリまで踏みとどまるので、飛行姿勢が安定して追い風のなかで気持ちよく飛ぶ!エクスセンスだからもちろん海水での使用がOK。しかもうれしいドラグ音付きだ」。

●本体価格 : 74,000円

アンタレスをベースに、もはや〝バックラッシュ0 ?!〟

「そしてベイトの『エクスセンスDC』。こちらも以前からリリースされているが、スピニング同様に大幅な進化を遂げた。正直、今回だけでは説明しきれないほどだ。こちらもベースとなるモデルが大幅にグレードアップされた。ディスタンス性能で注目を集めたアンタレスDCをベースに、DC(デジタルコントロールブレーキシステム)のマッピングをPEラインでセッティング。今やシーバスゲームにおいてこのラインは基準。その特性や重量に合わせた専用モデルだ。ベイトリールの最大のウイークポイントといえばバックラッシュ。デジタルコントロールブレーキシステムはシマノ独自のハイテクで、これを電子的に制御する。発売した当初から〝夢のブレーキシステム〟として大注目されてきたが、我らシーバスアングラーにはメインであるPEの使用においてトラブルもあった。ブレーキを自動でコントロールするには、ラインの重量や特性に合わせた緻密なセッティングが必要。だが当初はPEに合わせているわけではなかった。そこで発売されたのが前作のエクスセンスDC。シーバスゲームに限らず、PEを使用するすべてのユーザーが待ち望んだモデルだ。更に今回は大幅なグレードアップを果たし、4×8エクスセンスチューンのデジタルコントロールを引っ提げてのリリースである。シーバスアングラーのみならず注目を浴びるに違いない。私も既に実戦投入しているので、具体的な使用感のレポートは改めて紹介したい」。

  • PEライン用に強化

  • ラインに合わせて選べる4モード x 8段階

第3弾 ツインパワーに『XD』シリーズが誕生 TWIN POWER XD

「eXtreme Durability」の略で、過剰なまでに耐久性を高めたモデル。ギアの強度、防水性、ドラグが……やばい。

「15ツインパワーと比較し、ギアは4000XGで70パーセントもアップ。辺見さんも紹介してくれているXプロテクトがこちらにも採用され、磯のヒラスズキなど水しぶきの掛かるフィールドやウエーディングゲームでも気にならない。ちなみにコアプロテクトに比べると、水面直下でボディに水が浸入するまでに6倍以上も向上している。
また、『Xシップ』『Sダイレクトギア』『Gフリーボディ』『大径ドラグノブ』『NEWマグナムライトローター』といったおなじみの機能の他、ドラグにはカーボンクロスワッシャを採用している」。

●本体価格 : 48,500円