エキスパートのスタイル
赤澤康弘のご当地鯛ラバ戦術
【香川篇】

ビギナーでも気軽に挑戦できて、大物に出会える間口の広さが魅力の鯛ラバ。
タックルの進化、フィールドの開拓も進み、真鯛はより身近なターゲットになり、
各地で盛り上がりをみせている。

ここではロケやテスト、プライベートなど、さまざまな海域で真鯛を狙うエキスパートの赤澤康弘さんに、
有望フィールドの攻略法、ご当地ならではの楽しみなどを紹介してもらう。ぜひ参考にして、魅力あふれる
ハイシーズンの鯛ラバ+αを存分に楽しもう!

赤澤康弘(あかざわやすひろ)

香川県東かがわ市在住。
高松沖をホームグラウンドに、大型真鯛を求めてさまざまな海域で釣りを楽しむ。親しみやすい人柄で知られ、鯛ラバを通じて広がったネットワークを駆使し、軽快なフットワークであらゆるフィールドに出没。シマノ炎月フィールドテスター

高松沖フィールドの特徴

今回は瀬戸内海の東部に位置する香川県の高松、小豆島エリアについて解説したいと思います。このエリアは私のホームグラウンドでもあり、鯛ラバの盛んなエリアのひとつでもあります。高松沖に釣行される方は、ぜひ参考にしていただければと思います。

高松エリアの特徴としてまず思い浮かぶのは、全体的に水深が浅いこと。底質は岩礁帯、砂地、泥とさまざまです。潮流は速めで島も多い影響で、速い潮筋もあれば反転流もあり、とても複雑な流れを形成しています。また、外海と比べると景色を含めて目まぐるしく変わるので、見た目にも楽しめる、変化に富んだトリッキーなフィールドと言えます。それゆえに、アングラーに求められることも多く、テクニックや経験値が釣果に大きく左右するエリアとも言えます。また真鯛のストック量も豊富で、アベレージこそ小さめではありますが、少し前の釣行では瀬戸内ではマックスサイズのハチマルに近い大型も飛び出しました。このサイズがヒットすることもあり、侮れない釣り場でもあります。
テクニックを駆使した数釣りが楽しめる、水深が浅いので初心者にも楽チン!誰もが楽しめる懐の深いフィールドだと感じています。

島が多く潮流は速くて複雑。比較的浅い場所が多いのも特徴のひとつ

高松沖攻略タックル

私がキャスティング用鯛ラバロッドに求めるのは、鯛ラバをストレスなくキャストできるパワー、キャストミスを招くブランクスのブレが無いこと、小さなアタリをとらえる感度、アタリを弾かず乗せてしまう柔軟性です。しかしながら、キャストパワーとアタリに対しての柔軟性は相反するもの。それを高次元で両立したものが愛竿としてふさわしいものだと考えています。投げられるだけではダメ、乗せられるだけではダメなんですね。

次にスピーニングリールですが、『ツインパワー』のC3000を使用しています。ギア比は5.2程度が巻きごこちと操作性に優れていると思います。また、ハンドルノブもシャローの真鯛の強い引きで手が滑らないように大型で握りこめるものを好んで使っています。
PEラインについては私は8本撚りを使います。4本撚りだとどうしても糸鳴りが出てしまうことがあります。小さなアタリを感じるときにノイズが邪魔をしてしまうんですね。耐久性や強度の面から、8本撚りのPE 1号をおすすめします。

ロッドGAME炎月

現時点でシマノが提案する鯛ラバゲームの形をすべて網羅。ブレのない等速巻き、乗せ調子という王道スタイルはもちろん、積極的に掛けていくアグレッシブなスタイル、激流・ディープレンジ・ドテラ流しなど、考えられるすべての釣法に専用設計をラインナップ。スピニングによる広域攻略を想定したキャステングモデルは「S72M」と「S610MH」の2機種。S72Mは水深5~40m+αの浅瀬で活躍する繊細さ重視のモデル、S610MHは飛距離重視や水深10~60m+αのエリアで活躍するパワーキャスティング対応モデル、本体価格はS72M、S610MHとも38,000円

リールツインパワー

パワーに優れた高耐久設計で、アングラーの本気に応える堅牢なリール。歴史と誇りを背にした10代目のモデルは、質実剛健の理念に一層磨きをかけている。HAGANEコンセプトによりギアの強さ、支持機構、ボディの剛性を見直すことで、「箱を開けたばかり気持ちよいフィーリング」がより長く続くようになっている。
C3000はギア比5.2、自重245g、PE糸巻量1号400m、最大巻上長76㎝、本体価格41,000円

ラインマスターシップ 船 EX8 PE

高強力・高感度・高耐久の3拍子揃ったオフショア専用8本撚りPEライン。4kgの負荷でわずか1%という低伸度設計はかすかなアタリも明確に捉える。アングラーの繊細なアクションもしっかり伝えてくれるので、ターゲットへのアピール度も向上。さらなる釣果に貢献する性能を盛り込んだオフショア釣り専用PEライン。
1号150mは本体価格7,050円、1号200mは本体価格9,400円

高松沖の必釣パターンはこれだ!

釣行時、梅雨入り前から初夏にかけては、真鯛がシャロー(浅場)に差してきており、その真鯛をどのように攻略するかがカギとなります。
そこで今回は、キャスティング鯛ラバに絞って真鯛を攻略してみることにしました。キャスティング鯛ラバなら、釣り座の不利などに悩まされることもなく、いろいろな展開を組み立てられます。まずは、真鯛のポジションや状態を見極めることから始めます。

ここで、この時期の真鯛の動きをおさらいしてみます。この時期の真鯛は、いわゆるアフタースポーン(産卵後)で底にポジションをとることが多く見受けられます。ただ、底にべったり着くといっても、産卵からの回復具合は個体差があり、底を切りアクティブに鯛ラバを追う真鯛もいれば、回復の遅い個体は底からあまり離れずに底モノを捕食します。このことから、キャスト後、鯛ラバが着底してからの操作が変わります。

少し上のレンジまでリフトからのフリーフォール、少し上のレンジまでリフトからのカーブフォール、あまり上のレンジまでリフトせずフリーフォール、あまり上のレンジまでリフトせずカーブフォール、この4つのパターンで、どの誘いに一番反応するか? さらには、どの誘いに一番良型が混じるのか? を考え、検証しながら攻めます。使用する鯛ラバは、底取り性能に優れるタングステン素材の『炎月 十五夜』の45g、60g、派手に振動するハイアピールな『タイガーバクバク』の60gを使用しました。現在、タイガーバクバクには30g、45gのキャスティング鯛ラバに最適なサイズが発売されていますので、そちらもオススメです。
ネクタイに関しては、この時期有効なシリコンカーリータイプ『炎月 鯛ラバカスタムネクタイ メビウスカーリー』のオレンジゴールド、レッドゴールドを少しカットして小さくしたものと、『炎月 集魚ネクタイ』のどちらに反応がいいかを探っていきました。

すると、ワーム素材の集魚ネクタイ『ビビットカーリー』への反応がすこぶるよいと判明。何枚か追加していくうちに、底べったりで底モノを捕食している個体に良型が混じると確信し、今釣行では最大となるナナマルを釣ることができました。

  • アベレージサイズは小さめながら、テクニカルなゲームが楽しめるフィールド。キャスティングを楽しむにもおすすめのエリア

  • 実釣時に使用した鯛ラバとネクタイ

  • 時期的に『炎月 鯛ラバカスタムネクタイ メビウスカーリー』が有効なケースもある

高松沖のおすすめアイテム

今回の釣行では集魚ネクタイの『ビビットカーリー』が目覚ましい活躍をしてくれました。「ご当地アソートカラー」にラインナップされている瀬戸内スペシャルの『瀬戸内シャロー』のオレンジゴールドラメ、レッド、金イカナゴの3種はこの時期の鉄板カラーですし、同シリーズの『瀬戸内ディープ』に含まれるコーラは濁りに強い特徴があり、オレンジグローは朝イチ、これしか当たらないことがあるほどで密かに人気カラーとなっています。

この『ビビットカーリー』のカラーローテーションで、朝イチは金イカナゴかオレンジグロー、少し日が出るとオレンジゴールドラメ、日が高くなるとレッド、潮が濁るとコーラというように、瀬戸内スペシャルで1日を通してのカラーローテーションが可能です。また最近の傾向としては朝イチからレッドへの反応がよいこともありますので、ぜひお試しください。

炎月 集魚ネクタイ ビビットカーリー

高活性の真鯛がバクバク!キャスティングも存分に楽しもう!