エキスパートのスタイル
赤澤康弘のご当地鯛ラバ戦術
【広島篇】

ビギナーでも気軽に挑戦できて、大物に出会える間口の広さが魅力の鯛ラバ。
タックルの進化、フィールドの開拓が進むとともに、真鯛はより身近なターゲットになり、
各地で盛り上がりをみせている。

ここではロケやテスト、プライベートなど、さまざまな海域で真鯛を狙うエキスパートの赤澤康弘さんに、有望フィールドの攻略法、ご当地ならではの楽しみなどを紹介してもらう。ぜひ参考にして、魅力あふれるハイシーズンの鯛ラバ+αを存分に楽しもう!

赤澤康弘(あかざわやすひろ)

香川県東かがわ市在住。
高松沖をホームグラウンドに、大型真鯛を求めてさまざまな海域で釣りを楽しむ。親しみやすい人柄で知られ、鯛ラバを通じて広がったネットワークを駆使し、軽快なフットワークであらゆるフィールドに出没。シマノ炎月フィールドテスター

広島沖フィールドの特徴

瀬戸内海の西部に位置するこのエリアは、広島湾と伊予灘、安芸灘、周防灘と3つの海域が連なり、とても多くの生物が生息する豊かな海域として知られています。また、宮島、江田島などの大きな島から、小さな無人島まで数多く点在し、瀬戸内の潮流とあいまって、とても複雑な流れを形成しています。そこには真鯛はもちろん青物、根魚も多く生息し、釣り人にとっては年中釣りものに事欠かない楽しみの多い海域だと考えています。
こと真鯛釣り(鯛ラバ)で言うと、瀬戸内ではめずらしく早春からイワシの群れが回遊しており、それを追う青物や真鯛も多く存在します。瀬戸内東部よりも大型の個体が多く、瀬戸内の他のエリアに比べて平均サイズも大きい傾向があると言われています。私が知る限りでは、真鯛の釣れる水深の幅広さもこのエリアの特徴で、広島湾内では水深17mという浅場でも大型のキャッチを目撃しています。また、沖の深場では100m超での実績も高く、過去にはハチマル超えの大型も出ています。シャロ―のおもしろさとディ―プ攻略の奥深さを兼ね備えたフィールドと言えるのではないでしょうか。

島が多く、異なる海域が接する広島沖は流れが複雑。ベイトの回遊も多く、魚種、魚影の濃い魅力的なフィールド

広島沖攻略タックル

ロッドは『ゲーム炎月』の「B77M-S」と「B610ML-S」を準備。
「B77M-S」は、深場を攻略するためのパワーとしなやかさを併せ持ち、イワシパターンのアタリを掛ける性能にも優れています。「B610ML-S」は底パターンのセレクティブな真鯛を喰わせやすい乗せ調子です。リールは深場でパワー負けしないように『炎月100PG』、セレクティブな真鯛の繊細なアタリをとるために『炎月100HG』を使用しました。
鯛ラバ(ヘッド)は『炎月 タイガーバクバク』。サイドにフラット面を備える形状でヘッドを振りやすいハイアピールタイプです。水押しが強いのでイワシを捕食しているときなど、真鯛の活性が高いときにとくにおすすめの鯛ラバです。この水押しの強さは深い場所でも有効で、波動により真鯛の側線にもうったえかけやすいです。

タックルデータ

ロッドGAME炎月

現時点でシマノが提案する鯛ラバゲームの形をすべて網羅。ブレのない等速巻き、乗せ調子という王道スタイルはもちろん、積極的に掛けていくアグレッシブなスタイル、激流・ディープレンジ・ドテラ流しなど、考えられるすべての釣法に専用設計のアイテムをラインナップ。繊細さを追求した「乗せ調子」、攻めの「掛け調子」、可動域が広く応用性の高い「ロングモデル」、スピニングによる広域攻略を想定した「キャスティングモデル」と、シリーズごとの特性を活かした布陣があらゆるシーンで活躍!
計10機種、本体価格は37,500~39,500円

リール炎月

シマノ鯛ラバ専用リール初の「マイクロモジュールギア」搭載機。高剛性の「HAGANEボディ」に滑らかさ、パワー、感度のすべてを装備。密にかみ合うギアはリトリーブ時のノイズを大幅に低減し、安定した等速巻きを実現。深場や低活性時のかすかなアタリもキャッチする。ヒット後は軽やかな「エキサイティングドラグサウンド」が至福のゲームを演出。ギア比7.8のハイギアモデルもラインナップされ、ゲームの幅がいっそう拡大!
100HG、101HG、100PG、101PGの4機種、本体価格は30,000円

鯛ラバ炎月 タイガーバクバク

使いやすさを追求した遊動式鯛ラバ。炎月の初代鯛ラバ『満月TG』を参考に素材を鉛に変更。両サイドのフラット面はそのままに、シェイプを細く絞り込むことで安定した泳ぎを実現。独自の遊動用スルスルパーツはネクタイ交換が簡単に行える。
ウエイトは30g、45g、60g、80g、100g、120g、150g、200g、本体価格は1,120〜1,490円

広島沖の必釣パターンはこれだ!

まず、広島沖の真鯛の状況を考えると、取材時は産卵絡みの時期でした。産卵と言っても同じ海域に、産卵前(比較的釣りやすい)、産卵中(釣ることが難しい)、産卵後(釣れないことはないが気難しい)と、それぞれコンディションの異なる真鯛がいると想定されました。産卵前の活性の高い個体なら、巻きスピード、ヒットレンジもそれほどセレクティブではなく、巻きスピードは中速から高速で十分に喰うと予測できます。また、イワシベイトのパターンもあるとの情報から、イワシベイト時によく効き、深場での水押しの強さでアピール力に優れ、ネクタイ絡みなどのトラブルやミスの起こりにくいタコベイトライクなワーム素材の『イイダコベイビー』をチョイス。これにシリコンカーリーのネクタイをセット。へッドはもちろんイワシベイト時に強い『炎月 タイガーバクバク』、このコンビで比較的釣りやすい真鯛を攻略します。こういった個体はアタリも強烈で、ガツンと喰ってくれるはずです。 一方、産卵後の個体(次の産卵まで体力を温存している魚)は底付近に張りつく傾向があり、捕食もセレクティブで動きの速すぎるイワシなどは捕食せず、エビ、カニ、貝類、イカナゴを底から離れずに喰うと考えています。このように少しセレクティブな真鯛には、巻きスピードは低速から中速、ヒットレンジも巻き始め直後からというように底を攻めることが重要になります。また、喰いも浅いことが多く、小さなアタリから徐々に大きくなることが考えられますので、ゆっくり巻いてアタリがあって乗らなくても、そこから丁寧に巻き続けて誘うことが必要となります。捕食ベイトもシルエットが小さく細いものが有効だと考えられます。このケースでは『炎月 タイガーバクバク』にシリコンネクタイのカーリーやストレートをセットし、スカートの本数を少し減らしてボリュームも絞ってやるほうがいいと考えています。この2つをローテーションして攻略しました。

  • 広島沖のフィールドは地形の変化に富み、浅場から深場まで幅広いゲームが楽しめる

  • 上が産卵前の活性の高い個体を想定した鯛ラバ、下が産卵後、底に張りつく低活性の個体を想定した鯛ラバ。この2タイプをメインにローテーション。

広島沖フィールドの特徴

広島のフィールドでとくに沖の深場を釣るときにおすすめしたいのが、 集魚ネクタイ『イイダコベイビー』に『イカタコカーリー』をセットしたものです。このリグは、まず、シマノ『スルスルパーツ』に『イカタコカーリー』やシリコンカーリーのネクタイなどをセットして、『イイダコベイビー』に挿入して使います。
これはイワシパターンに絶大な威力を発揮します。また、一度落とせばネクタイ絡みをピックアップして確認できないような状況でも、トラブルやミスが起こりにくいので、確実に釣りをしたいときはとくにおすすめしたい組み合わせです。広島エリアでの実績も高く、対面の松山エリアでもよく釣れます。外海でも「これしかアタらない」なんてこともありますので、ぜひタックルボックスにしのばせておいてはいかがでしょう。

炎月 集魚ネクタイ イイダコベイビー

炎月 集魚ネクタイ イカタコカーリー