Vol.5 ヒラメ圧倒

関東船釣りPRESS

Vol.5

ヒラメ圧倒

FISHING TACKLE
LIGHTGAME SS

松本 圭一

HOME > Vol.5 ヒラメ圧倒

11月の開幕直後から10kgの超特大が浮上するなど、例年を上回る好調さをみせている茨城鹿島沖のヒラメ。11月上旬、シマノフィールドテスター 松本圭一さんが釣行。

茨城・鹿島出船

やっと日が昇り始めた午前4時半。船にはすでに明かりが焚かれ、港は活気にあふれている。この時季になると朝方はかなり冷える。1枚、多めに着込んだほうがいいだろう。
同宿のヒラメ船には片舷6人が座る。同時にショウサイフグ船も出船、こちらも数有望で魅力の釣り物になっている。
5時半に出船すると、航程40分ほどの深場を目指す。立て続けに来た台風の影響で、灘寄りには濁りが入り、あまり期待できない。水深40mほどのやや深い魚礁周りを探る作戦だ。
到着すると仲乗りが各オケに活イワシを配って回る。今年のイワシは型が大きく、仕掛けの親バリと孫バリの間隔は長い方がいいだろう。松本さんはエサのサイズを確認してから長さを決めるため、ハリスは現場で結んでいる。適切なテンションで取り付けなければ、海中で孫バリが外れやすくなってしまう。フッキング率が落ちるのはもちろん、根掛かりの原因になるので注意したい。
松本さんのタックルは「ライトゲームSS TYPE73 MH225 RIGHT」を使ったライトタックル仕様。専用竿は2.7mほど。ライトタックルでは50cmばかり短くなる。オモリは60号で軽いため、持ち重りしにくく楽に釣りができる。一方で、波があるときは船の上下動の影響が大きく、こまめなロッドさばきが必要になる。長い竿なら吸収してくれる落差を、手動でカバーしなければならない。これを弱点と捉える人はノーマルタックルを、面白味と考えるならライトタックルが適するだろう。

朝マヅメを狙い撃ち!

開始の合図で投入すると、一投目からアタリ。ロッドが大きく曲がり、早々に1kgアップをゲット。乗合客の竿も次々曲がり、仲乗りと船長はタモを持って飛び回る。今期のヒラメは朝マヅメに超高活性になり、日が昇ると同時に落ち着く傾向がある。朝イチはとにかく手返し勝負だ。松本さんは入れ掛かりで5尾を一気にゲット。フォールレバーがある両軸リール、「バルケッタプレミアム 150」を使い、高い位置からゆっくり落とし込み、エサをヒラメにしっかり見せる作戦が奏功した。
日が昇り切った中盤~終盤にかけてアタリは減少。高い位置にあるエサに飛びついてくるほど活性は高くない。アタリを得るには海底付近を丁寧に攻める必要はあるが、とても根がきついので根掛かりが頻発する。予備の仕掛けは多めに用意したほうが無難だろう。リスクを避けるために置き竿にはできないが、取り込み時などにロッドホルダーがあると便利だ。根の状況を確認できる探見丸があると心強い。
松本さんは減ったアタリを確実に拾い、順調に数を伸ばして11時半に沖上がり。1.5kgを頭に9尾を仕留めた。
当日は大判の姿は見られなかったが、定期的に4~5kgが顔を出している。夢の大物を仕留める絶好のチャンスだ。

フッキングさせる瞬間が醍醐味だ

フッキングさせる瞬間が醍醐味だ

FISHING TACKLE

ヒラメ釣りに適する「ライトゲームSS TYPE73 MH225 RIGHT」

ヒラメ釣りに適する「ライトゲームSS TYPE73 MH225 RIGHT」

「バルケッタプレミアム 150」のフォールレバーを使えば効果的な落とし込みができる タチウオの攻略にも有効だ

「バルケッタプレミアム 150」のフォールレバーを使えば効果的な落とし込みができる タチウオの攻略にも有効だ

操作時のブレやファイト時の安定感を向上させるグリップ「Xシートエクストリームガングリップ」

操作時のブレやファイト時の安定感を向上させるグリップ「Xシートエクストリームガングリップ」

ヒラメタックル
ROD
LIGHTGAME SS ライトゲームSS 
TYPE73 MH225 RIGHT
全長 2.25m
継数 2本
仕舞寸法 116.0cm
自重 140g
オモリ負荷 20~80号
MORE INFO
REEL
BARCHETTA PREMIUM 150バルケッタプレミアム 150
ギア比 6.9
最大ドラグ力 5.5kg
自重 265g
糸巻量PE[タナトル8] 0.8号400m
1号 330m
1.5号200m
ハンドル長 60mm
MORE INFO
ミチイト
タナトル 8[TANATORU 8]1.5号
MORE INFO
探見丸
CV-FISH
探見丸搭載船情報
Vホルダー
type-G(ゲキハヤサポート付)
MORE INFO

究極の握り心地を追求したXシートエクストリームガングリップを搭載。ベーシックなライトゲームロッド「ライトゲームSS TYPE73 MH225 RIGHT」。
ロッド性能を飛躍的に高める「Xシートエクストリームガングリップ」は、独特のガングリップや片側のボディが突出した形状により、小、中型リールとの高いパーミング性能を発揮。タックルとの一体感は操作時のブレやファイト時の安定感を飛躍的に向上させるので、天秤仕掛けや胴突き仕掛けでバーチカルな船釣りを快適に楽しむことができるだろう。
本体には軽くて強いブランクスを実現する「スパイラルX」を採用。ロッド縦繊維の内層と外層にカーボンテープを逆方向斜めに密巻きした三重構造で、重量を増すことなく剛性を高めている。
携帯性に優れたセンターカット2ピースのベーシックモデルは、日本各地のさまざまな対象魚や釣法に対応する。
TYPEは64、73、82の3種。M~HH。全9種類。右巻き仕様と左巻き仕様があります。購入時はご注意ください。