Vol.2 東京湾 ライトTアジ

関東船釣りPRESS

Vol.2

東京湾 ライトアジ

FISHING TACKLE
LIGHTGAME CI4+

松本 圭一

HOME > Vol.2 東京湾 ライトアジ

フィールドテスターの松本圭一さんが、横浜山下橋を出船し、汎用性の高い最新ゲームロッドを使って、好調のライトアジを楽しんだ。

半日船で良型アジを楽しむ

7月上旬、7時出船の午前船には、休日明けにも関わらず10人以上が集まった。というのも、同船では前日午後船でトップ100尾以上という釣果が上がっており大釣りの気配・・・。
松本さんは右舷トモ寄りに座りセッティング。用意したタックルは2本。「ライトゲームCI4+ TYPE64 M205 RIGHT」と、「ライトゲームCI4+ TYPE73 M200 RIGHT」。松本さんがチョイスしたのはTYPE64。船首側にVホルダーにセットしたタックル、船尾側にコマセカゴをセット。
定刻7時に出船。ベイブリッジをくぐり抜けて釣り場に向かう。
約20分ほどでポイントに到着し釣り開始。数分コマセを撒くものの、船中ヒットなく、期待ほどの喰いがなさそうということでアンカーは下ろさずに移動。
さらに港内の釣り場へ移動。水深10m前後、タナ指示は底から2mというライトアジらしいポイントで再開。
コマセが効き始め、船中でポツポツと型が上がりだすと、絶妙なタイミングで船長がアンカーをいれる。すると、さらにバタバタっと多くの釣り人がコロッと丸々したアジを抜き上げる。

松本さんは、この時合いを見逃さず、置き竿から手持ちに切り替えて、一層集中。手返しを上げて、本命を抜き上げる。いい時間帯を逃さずにマイペースに数を伸ばす。
微細なアタリが多かったが、正体はカタクチイワシ。これはこれでうれしい土産だが、ハリ掛かりしてしまうと、本命を掛け損ねるので、数を伸ばしたいという人は、アタリを見極めて、いかにこれを避けるかが肝要。
松本さんは、竿先のアタリを見極めて、ほとんどカタクチイワシをハリ掛かりさせることはなかった。

口切れでバレないようやさしく抜き上げる

口切れでバレないよう
やさしく抜き上げる

引きを楽しむのであれば
TYPE64
手返し重視なら
TYPE73

喰いが落ち着きだすと、8時半すぎに再び移動。船長が「前日の午後船では夕方30分で50尾以上釣れた」というポイントで再開。
前日の午後ほどの喰いはないが、アタれば体高のある良型がヒット。
松本さんいわく「確かに魚はいるけど、ウロウロしているだけでたまに口を使う感じ。昼以降のほうが釣れそうな感じだね」とのことで、時折船中バタバタっとヒットして、時にはダブルで連発。そのタイミングを逃さずに、仕掛けがタナに入っていることが重要。もちろん名手松本さんは、このチャンスを見逃すわけもなく、単発での抜き上げから、追い喰いを狙ってダブル連発。
その後は来たルートを戻るようにさらに港内の釣り場へ。ここでも、とくに派手な喰いはないものの、やる気のある魚が回ってくれば素直に口を使うので、追釣には十分。
船着き場のすぐ近くなので、下船時間の10分前くらいまで、時間たっぷり楽しんだ。この日の午前船は船中平均30尾前後といった釣果。ちなみに、午後船ではトップ80尾以上だった。
下船前に松本さんは、「64を使いましたが、より手返しを上げて数を狙うなら73がいいですね。適度に張りがあるので軽い力でコマセを振りだしやすく、アタリも明確。マイペースに魚の引きを味わいながら楽しむなら64がいい」とタックルによって変わる釣りの楽しみを提案してくれた。

竿が美しくカーブを描く

竿が美しくカーブを描く

これだけ釣れれば大満足

これだけ釣れれば大満足

FISHING TACKLE

LIGHTGAME CI4+ 疲れにくいグリップ形状

疲れにくいグリップ形状

ライトアジタックル
ROD
LIGHTGAME CI4+ ライトゲームCI4+ 
TYPE64 M205 RIGHT
全長 2.05m
継数 2本
仕舞寸法 140.5cm
自重 124g
オモリ負荷 15~60号
LIGHTGAME CI4+ ライトゲームCI4+ 
TYPE73 M200 RIGHT
全長 2.00m
継数 2本
仕舞寸法 135.0cm
自重 120g
オモリ負荷 15~60号
MORE INFO
REEL
BARCHETTA PREMIUM 150バルケッタプレミアム 150
ギア比 6.9
最大ドラグ力 5.5kg
自重 265g
糸巻量PE[タナトル8] 0.8号400m
1号 330m
1.5号200m
ハンドル長 60mm
MORE INFO
ミチイト
タナトル 8[TANATORU 8]1.5号
MORE INFO

特徴的な「Xシートエクストリームガングリップ」は、快適な手持ち操作を追求し、小、中型リールとの組み合わせで高いパーミング性能を発揮。ロッド操作時の手首の負担やブレが軽減。あらゆる場面で快適さを実感できるはず。
ブランクスは、軽量でネジレに強いスパイラルX構造。穂先は強く進化したタフテック∞をX構造で締め上げたハイパワーXソリッドを搭載した渾身の新生ライトゲームCI4+
今回松本さんの使用したTYPE64 M205 RIGHTは軽いビシでのコマセ釣りに最適。