Vol.7 兵庫県須磨漁港 夏の明石に大ダコ舞う!!

阪本智子×今井浩次 Kansai船釣り倶楽部

Vol.7

兵庫県須磨漁港
夏の明石に大ダコ舞う!!

FISHING TACKLE
BAYGAME X TAKOEGI

今井浩次・吉田昇平

HOME > Vol.7 兵庫県須磨漁港 夏の明石に大ダコ舞う!!

夏の明石といえば、毎度お馴染みのタコ釣りが盛んな時期だ。
梅雨の水を吸って大きくなるといわれるタコだがまだ雨も少ないタイミングでの釣行。
実釣では初登場、今井さんが後継者に指名する新メンバーを加え須磨漁港を出船するのであった。

夏の船釣り風物詩といえば
やはり「タコ」

関西では、麦わらダコに祭りハモといって、大阪の夏を彩る天神祭りのころにマダコとハモが盛んに食べられたのだ。中でもマダコは、昔から梅雨の終わりを知らせる雑節のひとつで、夏至から数えて約11日、7月の2日前後にあたる半夏生の日にタコを食べる風習がある。なぜなら半夏生のころは田植えが終わる時期なので、稲の根がタコの脚のように四方にしっかり根付きますように、という願いを込めてタコが食べられたのだといわれている。
そのタコのシーズンが今年もやってきました。海に棲む軟体動物の中で美味しくて釣るのが面白いイカとタコだけは絶対外すことが出来ない釣り物なので、今年も早々と計画を立てた。
ただ、今回はいつもの相棒、阪本智子さんが産休に入ったのでしばらく釣りはお休み。その代わり強力な助っ人にご登場していただくことにしました。タチウオマニアの人ならよ~くご存じ。2018年に開かれた大阪湾タチウオキングバトルの6代目の覇者で、シマノフィールドテスターでもある吉田昇平さんに今回から加わっていただくことにしたのだ。また、阪本智子さんが復帰してきたときには、阪本・吉田・今井のトリオの釣りも考えているのでお楽しみに…。

開始早々吉田さんの竿が
大きく曲がる!!

淡路島西浦の富島の沖、「水深は16mぐらい、沖の深場はまだ潮が速いから、ここらでやってみましょか」と須磨漁港を基地にする釣り船の船長の一声で釣りが始まった。この日のタックルはシマノのタコエギ専用ロッド、「ベイゲームXタコエギ 175」と小型両軸リールでありながら最大ドラグ力が8kgもある「ベイゲーム300PG」を組み合わせてみた。キロ級のタコが乗っても楽々浮かせることが出来るバットパワーの持ち主、ベイゲームXタコエギ 175とベイゲーム300PGは最強のコンビなのだ。
それをいきなり証明してくれたのは吉田昇平さんだった。竿がきれいな曲線を描いているので、かなり大きそうだと読んで声を掛けてみたら、「まあまあです」という答えが返ってきた。1kgクラスかと見守っていたら、いきなり水面を波立たせる大ダコが上がって来たのでこちらがびっくり。間違いなく2kgは超えているし、ひょっとしたら3kg近いかと思ったが、後で測ってみると2.4kgの大ダコだった。
僕はといえば、ミドリエビとスイカカラーの餌木でスタートしたのだが、いきなり2kgオーバーを釣られて心が萎えてしまったのか、乗りが悪いし乗ってもバラシが多くて餌木ばかり交換するいつもの悪いパターンにはまってしまった。こうして前半は小型を3匹釣っただけで撃沈。
浅場で1時間半程流して、そろそろ潮が緩むころだと沖の深場へ入った。水深は40mを超えているから電動リールを用意している人もいる。ポイントが変わったので、餌木をピンクピンクに換えグリーンのワームを付けてみたら、ようやく調子よく乗り出した。中には1kgを超えるものも乗って来たので喜んでいたら、吉田さんに2匹目の2kgアップを釣られて再び意気消沈。それにしても一日で2匹の2kgオーバーを釣り上げるなんて、ただただ凄いとしか言いようがない。
僕には食べ頃の500〜600gが6匹ほどいたので、しばらくはタコ料理が楽しめるなと、一人ほくそ笑みながら帰路についたのだった。

ポイントが速潮の瀬戸、明石海峡に近いせいか潮が動き出すとくっきりと潮目が出来る。

ポイントが速潮の瀬戸、明石海峡に近いせいか潮が動き出すとくっきりと潮目が出来る。

淡路島の富島沖は、海も穏やかでタコ釣り日和。

淡路島の富島沖は、海も穏やかでタコ釣り日和。

常に餌木が底をトレースするように調整しながら流していく。

常に餌木が底をトレースするように調整しながら流していく。

小さな小突きを入れながら大ダコを誘う吉田昇平さん。

小さな小突きを入れながら大ダコを誘う吉田昇平さん。

ラインを持ち躊躇せず豪快に抜き上げる。1kg前後のタコが舞う。

ラインを持ち躊躇せず豪快に抜き上げる。1kg前後のタコが舞う。

2kgを超える大ダコはまさにデビルフィッシュという呼び名がふさわしい。吸盤の並び方を見るとオスのようだ。この日は2kgオーバーのタコが2匹釣れた。

2kgを超える大ダコはまさにデビルフィッシュという呼び名がふさわしい。吸盤の並び方を見るとオスのようだ。この日は2kgオーバーのタコが2匹釣れた。

掛かり方が悪いと、ここまで上げてきてもバラすことがよくある。このタコは無事キャッチできた。

掛かり方が悪いと、ここまで上げてきてもバラすことがよくある。このタコは無事キャッチできた。

別々の餌木に2匹のタコが乗ってきた。タコが過密状態だとよくあること。

別々の餌木に2匹のタコが乗ってきた。タコが過密状態だとよくあること。

去年の秋に産まれた新子は、現在200~300gに成長中。

去年の秋に産まれた新子は、現在200~300gに成長中。

近年は餌木だけでなく、ソフトルアーなども使われるようになり、バラエティがさらに豊富になった。

近年は餌木だけでなく、ソフトルアーなども使われるようになり、バラエティがさらに豊富になった。

このタコは餌木ではなくワーム素材のソフトルアーに乗ってきた。

このタコは餌木ではなくワーム素材のソフトルアーに乗ってきた。

ひとまわり大きい餌木を取り出した吉田さん、大ダコ釣りの秘密兵器か?

ひとまわり大きい餌木を取り出した吉田さん、大ダコ釣りの秘密兵器か?

2kgを超える大ダコの水鉄砲は半端な量ではない。墨が混じらなくてよかった。

2kgを超える大ダコの水鉄砲は半端な量ではない。墨が混じらなくてよかった。

魚籠を使うときはタコが這い上がれないように首の長いものを使う。

魚籠を使うときはタコが這い上がれないように首の長いものを使う。

美味しく食べるために活け締めに!

FISHING TACKLE

二人のタックルはロッドが先調子で腰が強く、大ダコにも余裕で対応できるベイゲームXタコエギ 175。リールは小型の両軸タイプでありながら8kgの最大ドラグ力を誇るベイゲーム300PG。

二人のタックルはロッドが先調子で腰が強く、大ダコにも余裕で対応できるベイゲームXタコエギ 175。リールは小型の両軸タイプでありながら8kgの最大ドラグ力を誇るベイゲーム300PG。

ベイゲーム300PGは遠心力ブレーキシステムSVSを搭載、キャスト機能も充実している。

ベイゲーム300PGは遠心力ブレーキシステムSVSを搭載、キャスト機能も充実している。

タックル
ROD
BAYGAME X TAKOEGI ベイゲームXタコエギ 
175
全長 1.75m
継数 2本
仕舞寸法 91.5cm
自重 130g
オモリ負荷 40~80号
MORE INFO
REEL
baygameベイゲーム 
300PG
ギア比 4.8
最大ドラグ力 8.0kg
自重 325g
糸巻量PE[タナトル] 2号380m
3号250m
4号190m
ハンドル長 70mm
MORE INFO
ミチイト
タナトル 8[TANATORU 8]2号
MORE INFO