和歌山県印南沖 麦わらイサギ

阪本智子×今井浩次 Kansai船釣り倶楽部

Vol.1

和歌山県印南沖 麦わらイサギ

FISHING TACKLE
LIGHTGAME CI4+

阪本智子・今井浩次

HOME > Vol.1 和歌山県印南沖 麦わらイサギ

イサギ釣りの盛んな
印南町から出船

中紀の御坊から南紀の串本町まで、イサギ(イサキ)釣りが楽しめる船宿が目白押しだが、その中でも特に印南町周辺はイサギ(イサキ)釣りが盛んな土地柄である。
今回は数ある船宿の中から大船長と若船長の二人が舵を握る「せいゆう丸」に白羽の矢を立てた。ほんのりと東の空が明るくなり始めた午前4時過ぎ、印南漁港に三々五々釣り人が集まりだした。この日、若船長は深海のジギングでアカムツやクロムツを狙うらしい。なので我らは大船長の船でイサギ(イサキ)を狙う段取りだ。
定刻通り午前4時半、切目崎沖目指して出船した。ゆっくり走っても20分ほどで到着する。その間にタックルの用意を済ませておいた。

ミヨシ側は広いスペースがあるのでのびのびと釣れる

ミヨシ側は広いスペースがあるので
のびのびと釣れる

紀州で「エサ振り」と呼ぶイサギ(イサキ)釣りは、大型のテンビンに鉄仮面と呼ばれるオモリを仕込んだステン缶を装着し、アミエビを撒きながらスキンバリと呼ばれる疑似バリで釣る。喰いが立つといかに手返しよく釣るかが決め手になるから、この日は、この春に発売されたXシートエクストリームガングリップを搭載した「ライトゲームCI4+ TYPE82 M195 RIGHT」と、同じく「ライトゲームCI4+ TYPE82 MH190 RIGHT」を用意した。どちらも2mまでの竿なので取り回しがよく、軽快に釣れるのが魅力なのだ。タイプを82にしたのは、鉄仮面が100号と重いから腰のしっかりしたものを選んだのだ。
この日、スタートの指示ダナは底上5m。テンビンが底に着いたらすぐに5m巻き上げ、電動リールの巻きスピードを3にして、さらに5m上のタナまで巻き誘いだ。
3回ほど打ち返したあと、35mほどのタナでようやく竿先にアタリが出た。小型だと竿先が震える程度だが30cmを超える良型はぎゅんぎゅんと竿を締め込んでくれるから面白い。第1号は幼魚の証である縦縞が消えかかった28cmほどのイサギ(イサキ)だった。

イサギ(イサキ)釣りは、竿を持ちライトゲーム感覚で楽しめるから面白い

イサギ(イサキ)釣りは、竿を持ちライトゲーム感覚で楽しめるから面白い

良型を求め、ピラミッドの
てっぺんを狙う

智ちゃんとお互いにアタリが出たタナを教え合いながら釣るのだが、僕よりもタナを探すのが巧い智ちゃんは、どんどん釣り上げていく。こうしてひとしきり釣り上げると、さすがに群れが散って喰い渋り始めるので、アンカーを引っ張ってポイントを変える。
今度は少し深いポイントに変わった。すでに塩焼きサイズはそろったので、小型を数釣るよりもポットベリーな体型の良型を釣って帰りたい。そのわけは、今の時期しか味わえない白子や真子(卵)が良型のお腹に入っているからだ。タナは変わらず底上5mからスタートだが、今度は15m近くまで巻き上げ探ってみた。
するとすぐに答えが出た。竿を引ったくるようなアタリが出て、30cmオーバーのイサギ(イサキ)が釣れ始めたのだ。イサギ(イサキ)の群れはピラミッド型に群れる習性があり、その群れのてっぺん近くを常に良型が占拠するそうだ。だから、大きなイサギ(イサキ)が釣りたければ、タナを上げて群れのてっぺんを釣れと、紀州の漁師に教えられた。
大きな群れが来るとダブルで釣れることもあり、ポツポツだが確実に釣果は増えていった。午前10時過ぎ、智ちゃんは30匹に到達。僕はまだ20匹ほどしか釣れていないが、核家族だからこれでも十分過ぎる釣果なのだ。最後に数は出ないが良型が多いというポイントに船を掛けてくれたが、智ちゃんは8匹増えて38匹。僕は3匹ほど釣って打ち止めにした。釣れたイサギ(イサキ)は、メスよりオスの方が多く、大きな白子がたっぷり。ホイル焼きでクリーミーな味を堪能した。

喰いが立ってくるとダブルやトリプルで喰ってくる

喰いが立ってくるとダブルやトリプルで喰ってくる

ポイントを変えるとゴマサバの猛攻にあった

ポイントを変えるとゴマサバの猛攻にあった

入れ喰いにはならなかったが、良型が多かったので満足でした

入れ喰いにはならなかったが、良型が多かったので満足でした

よく引くなと思ったら、一荷で喰ってきたイサギ(イサキ)に大きなウマヅラハギまでハリに掛かってトリプル達成

よく引くなと思ったら、一荷で喰ってきたイサギ(イサキ)に
大きなウマヅラハギまでハリに掛かってトリプル達成

魚を水面まで浮かせたら、一気に抜き上げる方がバラシが少ない

魚を水面まで浮かせたら、一気に抜き上げる方がバラシが少ない

喰い渋ったときは、ゆっくりリールを巻いて誘うか、オキアミをハリに刺すのも効果的

喰い渋ったときは、ゆっくりリールを巻いて誘うか、オキアミをハリに刺すのも効果的

アタリが出たらスロー巻きで誘ってやると、喰い気のあるイサギ(イサキ)が追い喰いしてくる

アタリが出たらスロー巻きで誘ってやると、喰い気のあるイサギ(イサキ)が追い喰いしてくる

幼魚の証である縦縞が消えた良型は35cm近くあった

幼魚の証である縦縞が消えた良型は35cm近くあった

幼魚の証である縦縞が消えた良型は35cm近くあった

数は30匹そこそこだったが、良型が多かったので十分楽しめた

FISHING TACKLE

LIGHTGAME CI4+

ライトゲームCI4+ TYPE82 MH190 RIGHTは、短めで取り回しがよく、イサギ(イサキ)やマアジのコマセ釣りにも使いやすい

LIGHTGAME CI4+

イサギ(イサキ)の群れの大きさやタナを確認しながら釣れる心強い助っ人だ

アミエビ アミエビ

アミエビは鉄仮面と呼ばれているステン缶に詰め、狙ったタナまで下ろしてから撒く
一度に沢山撒くのではなく、切らさず絶やさずがよい

アミエビ

イサギ(イサキ)が喰い渋ったときは、置き竿で電動リールをスロー巻きにして誘ってもよい

アミエビ

舷側に金具を取り付けマキエカゴを置いてエサを詰めやすくしてある

今井さんのタックル
ROD
LIGHTGAME CI4+ ライトゲームCI4+ 
TYPE82 M195 RIGHT
全長 1.95m
継数 2本
仕舞寸法 130.0cm
自重 125g
オモリ負荷 15〜60号
LIGHTGAME CI4+ ライトゲームCI4+ 
TYPE82 MH190 RIGHT
全長 1.90m
継数 2本
仕舞寸法 125.0cm
自重 128g
オモリ負荷 20〜80号
MORE INFO
REEL
BeastMaster 2000ビーストマスター2000
ギア比 5.1
最大ドラグ力 15.0kg
自重 690g
糸巻量PE[タナトル8] 3号500m
4号400m
5号300m
ハンドル長 60mm
MORE INFO
ミチイト
タナトル 8[TANATORU 8]2号
MORE INFO
探見丸
CV-FISH
探見丸搭載船情報