SHIMANO

FIELD PASS [IZA-ISO]

twitter facebook LINE

グローバルナビ

「磯」のとある日

File.02

平和卓也

魅惑のフィールド・沖磯でボーダレスに遊ぶ!

京都府舞鶴市

ノージャンル、そしてスタイリッシュに釣りを楽しむボーダレス。その気軽さゆえに、堤防など地周りのフィールドでの愛用者も多いが、四方を海に囲まれた沖磯へ出れば、その可能性はさらに広がる。春の沖磯をどう楽しむか。平和卓也さんの一日を追ってみよう。

ANGLER PROFILE シマノ インストラクター

平和卓也(ひらわ・たくや)

1974年生まれ、京都府舞鶴市在住。ジャパンカップグレ優勝2回、準優勝1回。ソルトルアー、ボートフィッシングなど多彩な釣りの分野で活躍。BS釣りビジョンの「磯を駆ける」に出演中。四国西南域の尾長グレなど大物釣りにも情熱を注ぐマルチアングラー。

若狭湾の一級磯で“なんでもこい釣行”

まだ夜も明けきらぬ午前4時。渡船へ荷物を積み込む釣り人の中に、磯のマルチアングラー・平和卓也さんの姿があった。ここは京都府舞鶴市の野原。平和さんがウキフカセ釣りの腕を磨いたホームグラウンドだ。

そこには通い始めた頃と同じ風景が広がっていたが、1つだけ違うものがあった。それはロッドケースの中身である。発展途上期のロッドケースには、最新鋭の磯竿が収まっていた。しかしこの日、平和さんが用意したロッドはすべて『ボーダレス』だったのである。

「チヌ(クロダイ)ならチヌだけを、グレ(メジナ)ならグレだけを狙うストイックな釣りは楽しいし、僕自身も競技会での優勝を夢見て一生懸命練習しました。他魚には目もくれず、ときとして喰わない魚をいかに喰わせるかというシビアな釣りも強いられましたが、目標を持てばこのような釣りも楽しかった。でも、ひと月に数回しか竿を出せない人がこのストイックな釣りをしたところで、はたして心から楽しめる人が何人いるのだろうかと思うんですよ。狙いのチヌやグレがいなければ、サビキ釣りでアジを狙っても胴つき仕掛けでカワハギを狙ってもいいんです。ルアーでシーバスや回遊魚、エギでアオリイカを釣ってもいいじゃないですか。これがノージャンルで釣りを楽しむ『ボーダレス』のコンセプトなのですが、これを沖磯へ持ち込んだらどうなのかというのが、今回の釣行なんですよ」

何でもこいの欲張り釣行である。その旨を船長に伝えると「沖ヒンデ」という低い磯に船を着けてくれた。聞けば野原地区でも指折りの一級磯とのことだ。

「グレやチヌはもちろん、条件によっては回遊魚まで狙える大物場です。人気があってなかなか乗れないのですが、『ボーダレス』で多くの釣りを楽しむにはうってつけの磯ですね」

季節は春だ。ここは定石どおり、乗っ込みの大型クロダイを狙ってみることにする。平和さんがまず手にしたのは『ボーダレス460M-T』。これにレバーブレーキタイプの『BB-XテクニウムC3000DXG S RIGHT』をセット。道糸、ハリスはともに2号、ハリはグレ6号を結んだ。ウキは自立棒ウキの0号をチョイスした。

「普段のチヌ仕掛けからするとかなり太めなのですが、細い仕掛けで繊細に攻めてもボーダレスっぽくないでしょ(笑)。魚に媚びず、ハリ掛かりしたら思いっきり竿を曲げて楽しみたいですもんね。ウキもきちんとアタリを見て合わせたいから棒ウキにしてみました」

1投目、ツケエサが残ってきた。「エサトリがいないなぁ」と呟きながら沖目に振り込んだ2投目、押しつけ気味に流れる潮が磯際に当たり、ウキが右へ振れた途端にジワリとトップが押し込まれた。

ウキが見えなくなるまで待ってから合わせを入れると、これがなかなか重量感のある引きである。コクン、コクンと首を振る動きは紛れもなくクロダイ。玉網に滑り込ませた魚体は50㎝近い立派なサイズだ。狙いどおりの釣果に平和さんも大喜び。欲張り釣行の第一ミッションは、わずか2投で達成されたのである。

  • 磯釣りの朝は早い。大概は夜明け前に出船。上がりの時間は地域やエリアによって様々だが、野原地区は夕方まで楽しめる。

  • 朝日をバックに仕掛けを作る。どんな仕掛けでどう攻めるか。集中力も高まる。期待に胸が躍る楽しい時間だ。

  • わずか2投目で早くもクロダイがヒット。狙いどおりの釣果に平和さんも大喜びだ。

  • 50㎝にはやや欠けるが立派なサイズ。春磯の主役は間違いなくクロダイだ。朝の好時合はぜひとも狙ってみたい。

攻め方を変えると想定外の大物がヒット!

平和さんが次に目を付けたのが回遊魚。散発ではあるが、海面に小さなナブラが立っていたのである。『ボーダレス330HH-TK』に『ツインパワーC3000HG』を合わせたキャスティング仕様のタックルに持ち替え、PE1.5号にショックリーダーとしてフロロカーボン5号を1mつないだ先にメタルジグをセットした。

ナブラの出方を見ながらキャストを繰り返すもこれは空振り。でもいいのである。釣果を得る第一歩は「やってみること」だ。いくら魚がいても、これを狙うタックルがなければ釣りは成立しない。逆に言えば、多方面に対応できるタックルさえあれば、おのずと出会いが増えるということ。特に振出の『ボーダレス』は機動力があり、ラインの先にスナップを結んだリールをセットしておけば、サッと節を伸ばしてルアーを付けるだけで釣りを始められる。時合を無駄にしないのである。これは心強い。

気を取り直してウキフカセタックルにチェンジし、今度は中通しウキで中層に見え隠れするメジナをゲット。表層に細長い魚影を発見したところで小型棒ウキを併せた2段ウキ仕掛けで攻めると、良型のサヨリが入れ喰いになった。ウキフカセ釣りだけでも少し仕掛けと攻め方を変えるだけで、いろんな魚種を釣り分けることができるのだ。

ひとしきりウキに出るアタリを楽しんだ後は、『ボーダレスB320M-T』のベイトタックルで根魚を狙ってみることにした。

「ここでは昔、ミノーで尺メバルを釣ったことがあるんですよ」

平和さんはまずジグヘッドにカーリーテールグラブをセットして、地方向きの根周りを探る。ベイトタックルは巻き上げパワーがあることに加え、ボトムの感知能力や根掛かりの回避能力に長ける。表層を引っ張ってよし、底を引きずってよしと実によい働きをしてくれる。ここで海藻を引っ掛けたかのように穂先が重々しく引き込まれた。

「魚であることは確かですが、メバルでもカサゴでもないなぁ……」

ベイトリールのパワーに任せてゴリ巻きで上げてくると、海面に姿を現したのは何とヒラメ。それも60㎝級の良型である。これには釣り上げた当人の平和さんも驚いた。その後はテンヤ型ジグヘッドに冷凍キビナゴをセットしてカサゴもゲットした。

「結構いろんな魚が釣れましたが、ヒラメなどはウキフカセ釣りタックルではまず釣れない魚なんですよ。『ボーダレス』を1本ロッドケースに入れておくと、思わぬ出会いがあります。また沖磯は地方に比べて出会いの数が多い。夢がありますよね。いやぁ今日は楽しかった!」

後方を陸に塞がれた地周りの釣り場とは異なり、沖磯は四方が海である。陸からたった数mしか離れていない磯でも、潮の通し方が違う。当然、釣れる魚の種類や量が違う。

地周りの釣りしか知らない人にとって、渡船というシステムは敷居が高いかもしれない。しかし、はじめの一歩を踏み出すことさえできれば、沖磯というフィールドの素晴らしさを実感できるはずだ。

  • クロダイのアタリが遠のいたところでウキを中通しウキに替え、表層から中層にかけてをゆっくりと探ってみる。仕掛けを変えた途端に大きなアタリ!

  • 中層で喰ってきたのは30㎝クラスのメジナだった。近年の若狭湾はメジナの魚影が濃くなり、本家のクロダイよりも人気があるのだとか。

  • 表層に細長い魚体を確認した平和さんは、小型棒ウキを用いた2段ウキ仕掛けにチェンジ。横っ引きのアタリで喰わせたのは良型のサヨリだった。

  • ひとしきりウキ釣りで遊んだ後は、ベイトタックルに持ち替えて根魚を狙う。ベイトタックルは巻き上げパワーがあることに加え、ボトムの感知能力も高い。

  • 海藻を引っ掛けたような重々しい引きはカサゴやキジハタとは明らかに違う。ロッドパワーにモノを言わせて浮かせてみると、平和さんもびっくりするような大物が……。

  • カーリテールグラブをジグヘッドごと丸飲みしていたのは何とヒラメ。沖磯でヒラメを専門に狙う人は少ない。手付かずの聖域がまだまだ残されているのだ。

TACKLES & TACTICS

平和卓也の沖磯ボーダレス戦略

自由な発想で楽しむ“究極の遊び竿”

「専門性を高めれば自由度は失われていきます。ストイックさを求めるのならば、すでに優れたロッドがいくらでもあるわけですから、多くのジャンルにまたがる守備範囲を追った。これがボーダレスなんです」。ウキフカセ釣りをしながらサビキ釣りでアジを狙ったり、ライトな胴つき仕掛けでカワハギとも遊ぶ。ボーダレスはオトナが大真面目に作った究極の遊び竿といえるだろう。平和さんの使い分けも自由。1本で多くの釣りを楽しめるので、釣り場の地形や海面までの高さによって長さを選ぶだけ。磯際狙いなどでは短め、足場が高い場所やハエ根が出ている場所では長めといった具合だ。ルアーやライトなカゴ釣りには遊動Kガイドを搭載したキャスティング仕様がおすすめ。10号前後のオモリを楽に振り切れるので、チョイ投げや海上釣り堀でも活躍する。その他、軽い仕掛けを用いた繊細な釣りにはソリッドティップ仕様、根魚などのボトムの釣りや、コントロール性が求められるシーバスなどではベイト仕様も使いやすい。

ボーダレスにはレギュラーアイテムに加えて、ソリッドティップ仕様、キャスティング仕様、ベイト仕様の4タイプがある。キャスティング仕様にはKガイド、その他の仕様にはIMガイドを装備。

  • ウキフカセ釣りにはBB-Xテクニウムなどのレバーブレーキタイプがおすすめ。指1本でラインを出すことができ、クロダイやメジナから、アジ、メバルまで対応する。

  • ルアーなどのキャスティングゲームにはドラグタイプのスピニングリールが使いやすい。PEラインの1.5~2号を巻いておけば、シーバスや中~小型回遊魚、根魚など様々な釣りを楽しめる。

  • ベイトタックルには「巻き上げパワーがある」「フォールのアタリを取りやすい」「底の状態を感じやすい」などの利点がある。スピニングとはまた違った感覚が楽しい。

  • ジグヘッドとソフトルアーのコンビは、底を釣ってもよし、表層~中層を引いてもよしとオールラウンドに活躍する。ヒラメはこのリグに喰ってきた。

  • 平和さんのシークレットアイテムがテンヤ型ジグヘッド。ソフトルアーのほか、キビナゴやエビなどの生エサを付けてもよい。

  • テンヤ型ジグヘッド+冷凍キビナゴで喰わせた良型のカサゴ。既存のスタイルにとらわれず、自由な発想で釣りを楽しむのがボーダレスのコンセプトだ。

FIELD GUIDE

釣り方次第で多彩な釣果を得られる夢フィールド!

京都府舞鶴市・野原沖磯

福井県の越前岬から京都府の経ヶ岬までの広大な湾が若狭湾。京阪神のクロダイ釣り道場として古くから知られ、粒サナギをエサにした釣りや、セル玉で水中のハリスを持ち上げる「N仕掛け」など、独自の釣り文化が育まれてきたエリアである。舞鶴市・野原地区は若狭湾の西部に位置する。クロダイ場として名を馳せた釣り場であるが、昨今はメジナの魚影が非常に濃くなったうえに40㎝クラスの良型が狙えることから、近頃は本家のクロダイをしのぐほどの人気なのだとか。日本海ゆえに季節風が吹き荒れる冬場はオフシーズン。早い年で3月下旬、通常は4月から磯釣りの開幕となる。クロダイはこの直後から乗っ込みの大型が釣れ、5月いっぱいまで楽しめる。メジナはクロダイよりも半月ほど遅れて釣れ始めるのが例年のパターンで、春はクロダイ、メジナとも40㎝オーバーが狙えるウキ釣りの絶好期だ。梅雨時期以降はメジナの型は小さくなるものの、尾長まじりで数が釣れるようになる。夏場になると磯周りにシーバスが居着くようになり、またヒラマサやハマチなどの青物が回遊してくるようになる。アジがいればこれを釣って泳がせ釣りをしてもよいし、メタルジグなどでナブラを直接撃ってもおもしろい。根魚の魚影も非常に濃い。
  • 舞鶴湾を出た所に位置する野原地区は、京阪神から楽にアクセスできる本格的な磯釣りフィールドとして人気が高いエリア。かつてはサナギエサのクロダイ場として名を馳せたが、近年はメジナ狙いの釣り人が目立つ。
    【問い合わせ&渡船】
    岩崎荘 TEL:0773-67-0727
    http://minnaga.com/iwasakisou
    渡船料金=3500円

  • 「沖ヒンデ」は野原地区でも指折りの一級磯。全体的に足場が低く渡礁率は高くないが、多彩な釣果を期待できる。秋口にはヒラマサも回遊してくるのだとか。

ページトップ