SHIMANO

FIELD PASS [IZA-ISO]

twitter facebook LINE

グローバルナビ

HOW TO 磯フィッシング

Study.02

ヒラスズキのルアーゲーム

いつかは挑戦してみたいと願う、ショアのルアーフィッシングの頂点ともいえるヒラスズキのルアーゲーム。銀白の美しい魚体はもちろん、トルク感溢れる走り、ジャンプやエラ洗いといったファイトも魅力たっぷり。
反面、楽しめるフィールドが限られることほか、荒れ気味の日が好条件になることなどから、ビギナーでも気楽に楽しめる釣りとは言えない。安全面に配慮した相応の装備で身を固め、単独行動は慎む。こうした条件をクリアしてはじめて楽しむことができる釣りでもある。

[ヒラスズキのルアーゲームとは?]

ヒラスズキは日本で釣ることができる三種のスズキ(スズキ、ヒラスズキ、タイリクスズキ)のなかでも、とりわけ外洋性が高く暖海を好む魚。平均サイズは50~60cmで、80cmを超えれば立派なレコードサイズだ。

一年中釣れるが、二大シーズンは春と秋。数狙いの春、型狙いの秋というイメージ。冬場は数こそ望めないが、一発大物の期待が高まる時期となる。いずれの時期であってもアタリ外れは大きく、とくに希少性の高い東日本のフィールドでは、1尾釣れたら上出来という釣りでもある。

食物連鎖の頂点に君臨する獰猛なフィッシュイーターでありながら、性格はとても神経質。サラシから生じる白泡のなかでエサを捕食する性質があり、この周囲にルアーをキャストして釣るのが基本スタイルとなる。

居場所を想定してルアーをキャストし喰わせる! ヒラスズキ釣りはハンティングのようなゲーム性が大きな魅力。描いたとおりの展開でヒットすれば、エキスパートも笑顔になる。

[必要なタックル]

ではヒラスズキのルアーゲームで必要なタックルを見てみよう。

ロッド

ロッドは磯でのスズキ、ヒラスズキ用に設計されたものから選択する。長さは釣り場の特徴によって使い分け、10フィート以上を基準とする。足下に障害物が多かったり、水面まで高さがあるような釣り場では長めのものを選ぶとよい。車での移動を繰り返すようなフィールドや、釣り場まで歩く距離が長い場合は、振出タイプのものや継数が多く仕舞寸法が短いものが重宝する。
関連商品情報:シーバス・ショアキャスティング

ロッドの長さの選択肢は10~12フィート台までと幅広い。パワークラスは、小型のルアーを多用するときはライトなもの、大型ルアーやメタルジグなどの重いルアーが効果的な場合はヘビーなものと、使用ルアーのサイズやタイプによって選択するとよい。

リール

リールはスピニングタイプが中心で、4000〜5000番が標準サイズ。波飛沫を被ることも多く、防水性の高さは重要な選択基準となる。加えて耐久性やドラグ性能に優れ、信頼のおける中級機種以上のものを選択すると安心して楽しめる。風や波の影響で糸フケが出やすい釣りなので、ラインやルアー回収の速さ、ファイト時の対応力の高さなどからハイギア以上のタイプが使いやすい。
関連商品情報:スピニングリール

過酷な環境で使用するので、リールはタフで高性能なものを選びたい。キャスト回数も多く、軽量であれば疲労感も少ない。使用後の塩抜きをしっかり行うなど、ほかの釣り以上にメンテナンスに気を配るようにすることも大切だ。

ラインシステム(ライン&ショックリーダー)

メインラインは耐摩耗性に優れた、キャスティング用PEラインの1.2〜2号を使用する。ショックリーダーはナイロン製の25~40lbを1.5~2m程度結節する。メインラインとショックリーダーは、自信のあるノット(FGノットなど各種)で確実に結節しておく。ラインが傷みやすい釣りなので、こまめなチェックを心掛け、傷が入っていたら迷わず結び直そう。予備スプールを用意して交換してもよい。
関連商品情報:ライン

ヒラスズキゲームはやや強引めなスピードキャッチ、そしてリリースが前提の釣りとなる。それだけに、元気いっぱいの魚を扱うケースが多い。フックを指に刺してしまわないよう、フィッシュグリップとプライヤーを使用して安全に外したい。

ルアー

ヒラスズキゲームのメインルアーはミノープラグ。フローティングタイプを基本に、シンキングタイプも活躍する。サイズは9〜14㎝。潜行深度が1m程度のものが使いやすいが、荒天時や急深のポイントを近距離戦で狙う場合には、潜行深度が深いミッドダイバー、ディープダイバー系のミノープラグも効果的。
ほかに有効なルアーとしては、ポッパー、フローティング&シンキングペンシル、バイブレーションプラグ、メタルジグなどが挙げられる。トップウォータープラグはヒラスズキの活性が高いときや、ベタナギのとき、潜るタイプのルアーが使えないシャローエリアなどで活躍する。サイズは12cm前後が適当だ。
シンキングペンシルはミノーより飛距離が欲しいときや、弱々しい動きが効果的なときなどに効果的。9〜12cm程度が使いやすい。
バイブレーションプラグはヒラスズキのレンジが下がったときに有効で、飛距離も期待できる。サイズは8〜9㎝、ウエイトは20〜28gが使いやすい。
メタルジグは風や波が強いラフコンディション時に活躍する。万能選手ではないが、いくつかボックスに忍ばせておくとよい。ウエイトは30~40gが使いやすい。
関連商品情報:ソルト シーバス - EXSENCEシリーズ ソルト ショアキャスティング - コルトスナイパーシリーズ

右の列はすべてミノープラグ。メインルアーなので、サイズ、フローティング&シンキング、潜航深度など多彩に用意しておく。左の列は上からメタルジグ(2つ)、ポッパー、バイブレーションプラグ、ペンシルベイト。これらは万能選手ではないが、ときとして絶大な効果を発揮するルアー。数個でよいので用意しておくのがおすすめだ。

[キャストからルアーアクション]

サラシが出ているスポットを攻めるのが基本中の基本だが、とにかくサラシの周囲にキャストすればよいというものではない。ウネリの来る方向を確認し、磯際にぶつかる直前にスポットよりやや沖にルアーをキャスト。そのまま引いてきてサラシが広がると同時にルアーがスポットを通過する、というのが理想的パターン。

キャストを正確に決めるには、風の向きや強さなどをよく確認しタイミングを見極めることが大切。無用なキャストは魚にプレッシャーをかけるだけなので、少ない投数で仕留めるようにしよう。

ルアーのアクションはただ巻きでOK。派手なアクションは逆効果となることが多い。中速から低速でのリトリーブを中心に、寄せ波のときは早めに巻き、引き波では速度を落としてスピードを調整する。

ミノーやバイブレーションを使う場合は、ここぞというスポットでリーリングを止め、引き波の力を利用してルアーを泳がせるのも有効。サラシのなかに常にルアーがあるよう意識するのが大切で、横方向だけでなく、縦方向も考慮する。ルアーを深く潜らせすぎてサラシを突き抜けないよう注意しよう。

トップウォータープラグを使用する場合はただ巻きだけでなく、ストップ&ゴーも有効。止まった瞬間に喰ってくることが多いので備えておきたい。

サラシを狙うのが鉄則だが、白ければヒラスズキがいるわけではない。カケアガリ状になっているところやくぼみ、エグレなどの地形変化、ベイトフィッシュの存在などを強く意識してスポットを絞り込む。

ヒラスズキが潜んでいるであろうスポットを、サラシが覆う状況でルアーが通過するよう、タイミングを見計らってキャストを決める。海面は常に上下に変化しているため、ロッドの角度やリーリング速度を変化させるなど、波の状況に合わせてルアーが飛び出さないよう同調させるのがキーポイント。中速以下の丁寧なリトリーブが基本だが、漂わせているだけでヒットしてくることもある。派手なアクションは逆効果となることもあるので注意が必要だ。

ヒラスズキは電光石火の素早さでアタックしてくることが多い。ひと呼吸置いてからしっかりフッキング、その後は遊ばせることなく、多少強引に寄せて抜き上げてしまおう。良型の場合は、寄せ波を利用してズリ上げるのが基本。キャッチしたらなるべく早く磯際から離れ、安全を確保しよう。

沖の沈み根周りも有望なスポットだが、反対に足下のエグレなどにヒラスズキが潜んでいることも多い。不用意に磯際に立つことなく、ここぞと思われるスポットは超近距離戦で攻略するのも効果的だ。

  • サラシを狙うのが鉄則だが、白ければヒラスズキがいるわけではない。カケアガリ状になっているところやくぼみ、エグレなどの地形変化、ベイトフィッシュの存在などを強く意識してスポットを絞り込む。

  • ヒラスズキが潜んでいるであろうスポットを、サラシが覆う状況でルアーが通過するよう、タイミングを見計らってキャストを決める。海面は常に上下に変化しているため、ロッドの角度やリーリング速度を変化させるなど、波の状況に合わせてルアーが飛び出さないよう同調させるのがキーポイント。中速以下の丁寧なリトリーブが基本だが、漂わせているだけでヒットしてくることもある。派手なアクションは逆効果となることもあるので注意が必要だ。

ページトップ