SHIMANO

FIELD PASS [IZA-ISO]

twitter facebook LINE

グローバルナビ

磯へ行くための心得

Base.03

沖磯釣行の基礎知識

磯には地続きの「地磯」と渡船で渡る離れ磯の「沖磯」がある。徒歩で入れる地磯は、気軽さと時間的な制約がないのが魅力。磯ルアーデビューにも適したフィールドといえるだろう。
潮通しや水深は沖磯のほうが有利だが、地磯釣行には朝夕のマヅメなどの好時合をたっぷり攻められるという利点がある。地続きの磯といえど、タイミングによっては大物と出会う確率は決して低くない。

[渡船のシステム]

渡船には、遊漁船と同様の乗り合いや1船を借り切るチャーターなど様々なスタイルがある。料金や磯割りのシステムも業者によって異なるが、ここでは一般的な乗合渡船での釣行をモデルに、その流れを見てみよう。

1. 情報収集・釣り場の選択

まずはインターネットや新聞の釣況欄などで釣果を確認し、天候、風向きを考慮に入れて渡船エリア、渡船店を絞り込む。
「全国沖磯渡船店ガイド」はこちら

2. 予約

渡船店に電話をして予約をする。多くの渡船店はNHKの18時50分から放映される天気予報を見て出船の可否を判断するので、19時以降に連絡するのが最も確実。渡船店は朝が早いこともあり、あまり遅い時間の電話は控えるようにしよう。

予約時に確認するのは、出船時間、出船場所など。こちらからは、乗船人数、狙いとする魚種(何を釣りたいか)などをしっかり伝えておこう。このときに釣況を尋ねておけばタックルの準備に役立つが、ルアーに関する情報が少ない場合も多いので、分かる範囲で教えてもらうよう心掛けたい。

3. 乗船

渡船の朝は時間厳守。船に乗る前に乗船名簿への記入も忘れずに。磯へ下りる順番によって荷物の積み方が変わるので、船長の指示に従うようにしよう。このとき、海の状況を見ながら船長と下りる磯の相談をすることもできる。

4. 渡礁

出船後は船長の指示に従って磯へ下りる。事前に希望の磯を伝えておいたり、狙いとする魚をしっかりと伝えておけば、船長が適切な磯をチョイスしてくれるはず。船長もお客さんにはぜひ釣ってもらいたいと思っているので、勧められた磯にはありがたく乗るようにしよう。

釣りをしている最中には、定期的に渡船が見回りに来てくれるのが普通。釣果が芳しくないときは磯替わりに応じてくれることもあるので、荷物はコンパクトにまとめておくようにしよう。

5. 帰港~料金の支払い

納竿時間になると渡船が迎えに来て帰港となる。ギリギリで片付けを始めるとほかの釣り客の迷惑になるので、時間に余裕を持つこと。また、磯にゴミを残すのはもってのほか。必ず持ち帰るようにしよう。

渡船料金は港に戻ってから船長に直接支払うか、船宿に立ち寄っての精算となる。(前払いの渡船店もある)

  • 渡船の釣りは時間厳守が大原則。早め早めの行動を心掛けよう。荷物を積み込む位置は先に降りる人が前になるので、どこに置けばよいか同船する人や船長に確認しておこう。

  • 狙いたい魚種、降りたい磯などの希望を船長に伝えておくとよい。ただし、混雑度合いや海の状況によって降りられる場所も変わってくるので、現場では船長の判断に必ず従うこと。

  • たいてい渡船は、渡礁後に一度見回りに来てくれる。あまり状況がよくないときは磯替わりをお願いするとよいだろう。

  • 磯上がりの際は指定された時間より前に片付けをすませ、船を着ける場所の近くに荷物をまとめて置いておき、迎えが来るのを待つ。

  • 港に戻り、荷物を下ろしたら沖磯釣行終了。疲れで体力を消耗しているほか、釣果が多い場合はクーラーが重くなっているので、下船の際は転倒などのケガに注意したい。

  • 落ち着いたところで船長に渡船料を支払う。余裕があればこの日の釣況などを雑談し、顔なじみになっておくと今後も利用しやすい。

[渡船の安全とマナー]

乗合の渡船は団体行動を取るので、時間厳守が鉄則だ。同乗する釣り人に迷惑を掛けないよう、乗船時は1時間前に到着し、撤収時も15分前には道具を仕舞って荷物をまとめ終わっているようにしよう。

渡礁時のスタイルは地域によって様々。手に持って磯へ下りるエリアもあるが、多くは同船するみんなが協力してリレー方式で荷物を受け渡す。

この際、お互いの荷物を間違えないように、バッグ類やクーラーには大きく名前を入れておくのがマナー。渡礁へ積み込む際もわかりやすく固めておき、自分が下りる番になったら速やかに舳先部分へ移動させるようにしよう。

渡礁時は最も事故の多い場面。ふざけたりはしゃいだりせず、円滑に荷物を受け渡すように心掛けること。渡船を磯へ付ける際は、船長の視界を遮らないよう舳先の左右へ身体を寄せるようにする。

また、渡礁時は絶対に舳先と磯を跨がず、磯に乗っても舳先の正面から身体を逃がすようにすること。磯へ押しつけた舳先は、波やウネリでずれることが多々あり、このときに足を挟む事故が非常に多い。舳先に足を挟まれて骨折する場合もあるので、渡礁は慎重に行うこと。

地域にもよるが、荷物の受け渡しは同船した釣り人同士が協力してリレー式で行うのが基本。積み込んだ荷物は船首デッキ後方に詰め、次の釣り人の回収に備え前方を空けておく。

船を磯に着ける際は船長の視界を遮らないよう左右に除け、中央を空けておくのが原則。

ページトップ