漁具から生まれた新ルアー

伝統の知恵と先端技術の融合。誰もが簡単に釣果を手に。

軽く引けて、テーリングが少ない。
知恵を凝縮させた和製漁具。

「漁具のテンテンを水中で泳がせてみると、スライド系のアクションでとても良く動くんです。ただ、鉛の漁具なので重い。だからもっと軽やかに引けないかということをテーマに作ったのが『弁天スライダー』です」 漁師の知恵が詰まったテンテンをルアーとしてどうリプロダクトするか。まず佐々木氏と開発チームは鉛と樹脂というハイブリッド加工に着目。これによって自重を軽くすると共に、形状の自由度も高まった。樹脂製ルアーは水圧に弱いという弱点があるが、そこは水抜けのあるボディでクリア。さらに渋い状況にダメ押しをするラトルまで内蔵した。

「スライドアクションは青物や太刀魚などにとても効くけど、フックがラインと絡まるテーリングが発生しやすい。そこでボディの一部にフックを固定する磁石を付けた。それで一日シャクリ続けたら、ほとんどテーリングしなくなりました」
太刀魚のワインド釣法やスライド系ジグでも、テーリングに泣かされたアングラーは多いだろう。テーリングを気にせずジャークを繰り出せるのは本当にありがたい。軽く引きたい、テーリングを無くしたい。漁具であるテンテンをベースに改良された『弁天スライダー』は従来あったどのルアーにも似ているようで似ていないようだ。

「スライド系ならロングジグがあるけど、横飛びさせるためには硬い竿で、思いきりシャクリあげなければいけない。ジグは重いし、水の抵抗もあって長時間シャクるのは正直しんどい。『弁天スライダー』はノーズの形状を尖らせたことで引き重りが少ない。重いヘッドと軽いボディのハイブリッドのバランスで横跳びしやすい。水深のあるところを狙っていくためには、全部樹脂でやることにも無理があるし、引き重りを無くすためには鉛だけでも無理があったということ。ジグではなく、僕らは日本人がルアーマンだったという証を、和製漁具でやりたい、そういう思いで『弁天スライダー』を作りました」

3つのアクションで誘う!各アクション後にステイさせ喰わせの間を与える!

3種のアクション、止めで喰わせる!

「『弁天スライダー』は必ずトップ(頭)から落ちるので、底取りはとてもしやすい。アクションは、大きく3種類の動きがあります。ひとつはワンピッチジャーク+ステイ。これでワインドのような8の字の動きを演出でき、青物やヒラメに効きます。次にシェイキングの要領でトントントントンやって上げていくやり方。これは縦の動きに反応しやすい真鯛に効果的です。3つ目はただ横にかっ飛ばすだけのやり方。着底させて“カンッ”と引き上げたら竿を下げて糸を弛ませる。このインパクトが強ければ強いほど横跳びします。大事なのはどのパターンも必ず止めをいれること。止めても自然なバランスを保てる設計なので、魚に違和感を与えません。止めで魚は当たってくるので、どのパターンも止めが大事です」

 どのアクションを繰り出すにしても、止めを必ず入れることが大事と佐々木氏。これは『弁天スライダー』のキモになるので必ず覚えておいて欲しい。
「止めは毎回じゃなくて何回かに1回でもいいですが、喰わせる間を与えることを意識してください。あと、ベイトがイワシなら横へちょっと逃げ惑う小刻みなスライドをすれば良いとか、その辺は自分のイマジネーションを働かせながらパターンを探し出してください。これだけ自由に扱えるルアーってなかなか無いですよ」。

太刀魚や青物だけでなく、真鯛も喰ってくる。アクションが多彩に演出できるので、ベイトや状況にアジャストすることでターゲットも広がる。写真はテスト釣行であがった78cmの真鯛。

関連製品情報

ページトップへ