製品情報

製品情報

竿破損事故ファイル鮎竿トラブル防止対策

鮎竿トラブル防止対策

あらゆる釣り竿のなかでも特に長くて軽い鮎竿は非常にデリケート。
日常の扱い方次第で製品寿命に大きな差が生じます。
ぜひ、このページの注意事項を参考にしてシマノ鮎ロッドを末永くご愛用ください。

File1車の中で【移動編】

ロッドケースの中はロッドだけ。
硬いものを入れるべからず!

硬いものと接触して傷が入り最終的に破損する可能性あり!
ロッドケースは文字どおりロッド専用の収納ケース。余分なものを入れず竿だけを大切に収納しましょう。さらに付属竿袋などを併用すれば安全性がよりアップします!

ロッドケースに上積み厳禁!

よほど頑丈な金属製ケースでもないかぎり、常に圧縮折れを起こす危険あり!
愛竿をガードするために作られた一般的なロッドケースはABSやポリカーボネート樹脂製が多く、過度に強い力が加わると部分的にへこみやたわみが発生。ケースの上に荷物を積むことは厳禁です。

竿の長手方向を進行方向にして水平に置くべからず!

加速時・減速時に中竿が踊って中子が擦れたり玉口にダメージを与える恐れあり!
鮎竿は非常にデリケート。表面も理想の調子と感度を追求するため必要最小限のコーティングで処理されています。車内での置き方に気を配ることで愛竿の美観と性能を保ちましょう。

File2川や河原で【準備編】

移動時に竿を裸のままで持つべからず!

何か硬いものに当たって傷が入り、最終的に破損する可能性あり!
河原での移動はバランスを崩して手を突いたり、思わぬ転倒も起こりがち。むき出しで竿を持たず、口栓を付けて、付属竿袋や携帯性に優れた『鮎プリントロッドカバー』『鮎ロッドカバー』などを活用して愛竿をガードしましょう。

河原に竿を置くべからず!
石の上はもちろん、木や草もNG!

とがった石などで傷が入り、釣り再開時に破損する可能性あり!風が吹いて転がって破損することもある!
鮎竿は極限まで軽く作られているため非常にデリケート。ごく小さな傷だとしても使用時に生じる大きな慣性モーメントにより、呆気なく折れてしまうケースもしばしば。釣り場で不用意に置くことはくれぐれも避けましょう。

移動時は必ず口栓を付けるべし!

中竿が飛び出し破損につながる危険あり!
口栓は車での運搬時だけに必要なのではありません。釣り場で口栓を付けずに持ち運ぶと穂先などが飛び出し、思いがけない破損事故やトラブルが発生するおそれがあります。口栓は愛竿の破損を防ぎ、安全に持ち運ぶために不可欠な重要アイテムなのです。

崖などを降りる時に要注意!
やむを得ぬ際はロッドケースに入れるべし!

仕舞寸法の長い鮎竿を手にして崖などを降りると、岩や木の枝などに当たって傷が入り、実釣時に破損する可能性あり!
どうしてもそんな場所を通る必要に迫られた場合には、迷わずロッドケースに入れて運搬すべき。万が一の破損を最大限防止することに努めましょう。

File3川や河原で【実釣編】

担ぐ際は周りを確認!
木や岩に当てるべからず!

釣り場で小移動する時は竿を肩に担ぐのが一般的。でも、その際に周りを確認しないと岩や木などに竿先を当ててしまうことも!
さらにそんな場合にかぎって#2、#3など竿を絞り込んだ際に負担のかかる箇所が傷付きやすいもの。竿を担ぐ時にはトラブルを招かぬよう後方はもちろん左右の確認もお忘れなく。

とにかく物に当てるべからず!

竿を担ぐ際と同様、実釣時も木や岩や石などの障害物に竿をぶつけないように注意!
とにかく鮎竿は長いので予想以上に障害物に接近してしまうケースがよくあることをお忘れなく!

根掛かりで過度にあおるべからず!

ねじるようにあおったり急激に強い力を加えるなど、通常とは違う力のかかり方をすると破損の危険が一気にアップ!
外れない場合は潔く糸を切ることが愛竿を事故から守ります。

風に逆らうべからず!

強風は長さのある鮎竿にとって天敵。特に肩に担いだ状態で風に逆らうとテコの原理で元竿に相当な力が加わり、頑丈な竿でも簡単に折れてしまうことがあります!
風には逆らわず無理な操作をしないことを心がけましょう。

引き抜きでタモを強く握り込むべからず!

硬いタモの柄で元竿を強く握り込んでしまうと傷やヒビが入り元竿から折れることも!
痛快に竿を絞り込む良型とのやり取りや急流から掛かり鮎を引き抜く際、ついタモを竿にあてがい、うっかり強く握り込んでしまいがちですがこれはNG。あくまでもタモは握り込まず、元竿に触れないように操作し、破損を防ぎましょう。

File4川や河原で【後片付け編】

しまう時は玉口付近を持って縮め竿の真ん中を持ってひねるべからず!

玉口・合わせ近辺は補強していますが、補強のない真ん中部分を持ってひねるとねじ切れてしまう危険あり!
鮎竿は使用時に負荷が加わる部分に対しては補強材を用いて必要充分な強度を確保していますが、そうでない箇所は軽さを追求するため非常にデリケートな設計が施されています。そのため収納時は必ず補強された玉口付近を持ってしまいましょう。

穂先の取り扱いは金属部を軽くつまむべし!

穂先の破損は釣っている時ではなく、天井糸の脱着や、収納行為の際に発生することが多いもの。天井糸の着脱を行う時は穂先先端の金属製超感トップにソフトに手を添えたり、ごく軽くつまむイメージで行うと安全。強くつまむと逆に破損を招きます。

車に立てかけるべからず!

風で転倒し破損。ミラーに立てかけていて、自動でミラーや窓がしまり破損。開いたドアが風で閉まって破損。こうしたケースは意外に多いもの。「ちょっとだけ…」のつもりが取り返しのつかない大事故につながるので、車に戻ったら即座に安全な車内へ収納するように心がけましょう。

砂を噛んだ状態で伸縮させるべからず!

竿を伸縮させる際に砂を噛んでいると、塗装面や素材を傷つけて横方向繊維にダメージを与え実釣時の破損に直結します!
少しでも「ジャリ…」という感触があれば迷うことなく伸縮作業を中断し、きれいな水で砂を洗い流しましょう。

川の水で洗うべからず!

見た目にはきれいでも川の水は意外なほど砂を含んでいるもの。不用意に川水で竿を洗うと砂を噛んだ状態になり、破損の原因になります!

合わせはしっかり出すべし!

竿を伸ばす時は節と節の合わせ部分をしっかりと出し、確実に伸ばすことが大切!
玉口を軽く握り、上の節をひねりながら出すのがポイントです。これが不完全だと立竿操作時に中子が突然「ストンッ」と落ちることがあり、竿の上下端面を傷付け、内壁剥離につながります。

濡れた状態で勢いよく伸ばすべからず!

竿の表面が濡れた状態で勢いよく伸ばしてしまうと合わせ面が真空になり、厄介な固着の原因に!
ロッドメンテナンス時の乾燥が不充分だったり、雨天時に釣りを再開する時などは要注意です。

  • ひとつ前へ戻る
  • 製品情報トップへ戻る