製品情報 Product

  • ANGLER'S VOICE
  • LINEUP
  • SHIMANO TV

シマノが提案するニューコンセプトスピニング「クイックレスポンスシリーズ(QUICKRESPONSE SERIES)」。
指先が触れただけでも回る軽いリーリングタッチは、
革新的ギアシステムX-SHIPにマグナムライトローターをはじめとした
各ユニットの徹底した軽量化と剛性強化がもたらしたもの。
もたつき感のないクイックな起動、振動が濁らずに届く感度。
水中に展開される“リアル”が、誰よりも速く、誰よりも鮮やかに指先へ響き渡る。

ANGLER'S VOICE

  • BASS 山木 一人
  • TROUT 村田 基
  • AJI / MEBARU 堀田 光哉
  • EGING 笛木 展雄

“水中を感じる”ことのできるリールだ。

かつてはリールに感度など求められなかった

 近年のバスフィッシングでは、用途に応じて様々なルアーが用いられるようになりました。それこそ「ワンシチュエーション=ワンルアー」とでも言いたくなるほど細分化され、ルアーによってはかなり繊細な操作が要求されます。
こんなテクニックに対応するため、タックルも目覚ましい進歩を遂げました。ハイエンドクラスはもちろんですが、レギュラークラス以下の充実ぶりには目を見張るものがありますね。数年前までの最上級モデルに引けを取らないどころか、それ以上のスペックを備えた製品が気軽に買えるようになったのですから、こんなに嬉しいことはありません。ハイエンドクラスはどんどん“やれること”が増えているので、新たな釣法が次々に生まれています。
素材や製造技術の向上により、軽く感度のよいロッド、高強度で伸びが少なく、感度が高いのにしなやかで扱いやすいラインが開発され、僕たちアングラーをサポートしてくれています。でも、感度やルアーの操作性が云々されるなかで、なぜかリールだけはあまり意識されてこなかったように思うんですよ。ベイトキャスティングリールはキャストフィーリングにこだわるアングラーも多いのですが、スピニングリールに関してはベアリング数やドラグ精度などが気にされる程度だったように思います。

写真1

ローターが軽いと何が変わるか

 クイックレスポンスシリーズの何がすごいか。それは「ローターの軽さ」なんですよ。ローターが軽くなると、まず巻き上げの立ち上がりが速くなります。次に、ラインから伝わる微細な振動がスポイルされにくくなります。つまり、感度がよいということです。
例えば、エリアフィッシングの様な繊細なテンション管理が要求される釣りにおいては、投げて巻くだけではなく、水中の情報をいかに“感じ取ること”ができるか否かで、釣果が大きく変わりますよね。クイックレスポンスシリーズは、この“感じる”という能力が非常に高いスピニングリールなんですよ。
リールを巻くと、ラインの先で泳いでいるルアーの状況がハンドルノブを通して伝わってきます。クイックレスポンスは、ルアーの泳ぎの変化をリアルに読み取れるのはもちろん、わずかにウィードを引っ掛けた状態も感じ取れるんですね。
慣れてくると、魚がルアーへジャレつくようにアタックしてきている様子まで把握できてしまいます。妙な言い方ですけど、ラインを自分の指先で巻きとっている感じなんですよ。ローターの慣性でスーッと巻けてしまうのではなく、自分のインプットどおりにレスポンスよく回るローターなので、指先に伝わってくる情報量が多いんですよ。
巻き始めにも独自のクイックさがあります。重いローターを回し始める際には大きな力が必要で、入力した回転へ達するまでに若干のタイムラグが生じます。このわずかな時間がルアーの動きを制限してしまい、バイトチャンスを逃してしまうことも多いように思います。
クイックレスポンスシリーズは、“水中を感じる”ことのできるリールです。ロッド、ラインなどを含めてトータルにバランスを整えれば、新たな世界が広がると思いますよ。

写真2

リトリーブ中の情報収集力が素晴らしい。

瞬く間に巡航速度に達する初動レスポンス

 軽量のマグナムライトローターが搭載されていて、巻き上げが非常に軽い。「ヴァンキッシュ」をはじめとするクイックレスポンスシリーズをひと言で形容するとこんな感じなんだけれども、誤解のないように言っておくと、ローターが回り始めてからは「ステラ」のように慣性でスーッと滑るように巻き上げられるリールのほうが軽く感じるんだ。ずっと巻き続けるタイプのルアーの場合、僕はステラのほうが使いやすいと思っている。
じゃあ「クイックレスポンスシリーズの何が軽いの?」って話になるんだけど、ズバリ「巻き始め」だね。ハンドルを指先で押すだけでスッと回り始め、瞬く間に巡航速度に達する。このレスポンスのよさは見事だね。マグナムライトローターしかり、X-SHIPの精密かつ滑らかなギアしかり、軽い巻き心地しかり、この良質なフィーリングが「レアニウムCI4+」「カーディフCI4+」から、エントリークラスの「アルテグラ」まで備わっているわけだよね。釣具屋のオヤジとして言わせてもらえば、これだけのスペックが求めやすい価格で手に入るというのは、すごいことだと思うよ。つい数年前の上級機種の性能が、今やミドルクラスで味わえるんじゃないかな。
ここまでクイックレスポンスシリーズが進化したのは、ローターその他に用いたカーボンハイブリッド素材「CI4+」の恩恵だろうね。この素材は軽いうえに剛性が高く、強い負荷を掛けても歪みが非常に小さいんだよ。せっかく精度の高いルアーを作っても、キャストやハンドルを回すたびに歪んでしまうボディでは、ルアーのポテンシャルを生かせないからね。

写真1

良い意味で「巻き続けなければ回らない」

 一度回り始めると慣性で回り続けるステラに対して、クイックレスポンスシリーズはローターが軽いために、巻き続けなければ回ってくれないんだよね。これだけを聞くとネガティブな印象を与えるかもしれないけれど、実はこれがメリットなんだよ。
ハンドルを回し続けないと止まってしまうから回し続けるよね。すると、途中でクッと巻きが重くなったり、コツンと小さく何かが当たったりといった水中の変化が、手に取るようにわかるんだよ。リトリーブ中の情報収集力というのかな、これが非常に高いんだね。これはローターが軽いだけじゃダメなんだよ。軽いことに加えて剛性が高く、負荷が掛かった状態でも歪まないものでないと小さな振動は拾えない。ローターがわずかに歪んだだけで、巻き心地は想像以上に重くなるからね。
慣性で楽にリトリーブできるステラは僕にとって欠かせないリールだけれど、クイックレスポンスシリーズには、これにしかないメリットがある。どちらがよいかではなく、目的に応じてベストな1台を選んで欲しいね。

写真2

フォールからリフトに移る瞬間のアタリを明確に取れる。

「フォールの釣り」で生きる立ち上がりの速さ

 アジングはどちらかというと、ルアーの落ち込みで喰わせる「フォールの釣り」です。ルアーを投げる、着水する、そこからカウントダウンしていって、ここで「コーン」とアタってくるか、リフトないしリトリーブに移った瞬間に喰ってくることが多いんです。このときのアジって、ルアーを後ろから追いかけるように喰うのですが、これってラインを巻き取る方向、つまりラインが弛む側へ突っ込んでくるので、回転の鈍重なリールだとアタリがわからないことがあるんですね。
その点、軽量のマグナムライトローターを搭載したクイックレスポンスシリーズは立ち上がりが速く、ハンドルに指を掛けて回し始めた瞬間から臨戦態勢に入れます。これまでは不明瞭だったアジの突っ込んでくるアタリが、非常に取りやすくなりましたね。
僕は今、アジングにはハイギアの「ヴァンキッシュC2000HGS」を使っています。ハイギアは巻き取りは速いものの、ノーマルに比べてやや巻き上げタッチが重くなるのですが、ことアジングにおいては、この「やや重い巻き上げ」が有利に作用します。巻き上げが軽いリールよりも多少重いほうが、ルアーが受ける水の抵抗を感じやすいんですよ。弱いカレントも明確に感じ取れます。
特にアジングでは0.8~1gといった軽いジグヘッドに水流抵抗の小さいソフトルアーをメインに使いますので、これはありがたいですね。巻きが重いといっても、クイックレスポンスシリーズはマグナムライトローターやX-SHIPなどでメカニカルな部分での重さは抑えられていますので、まぁ言うならば、海中の情報だけを増幅してくれる感じですね。

写真1

居食いの不明瞭なアタリも敏感にキャッチ

 メバルはアジと違い、海藻帯などで頭を上に向け、ステイしながらエサを待っている魚です。この頭上にルアーを通すわけですが、結構居食いが多いんですね。メバルのアタリは「モゾッ」とした不明瞭なものと今までは思っていました。しかし、クイックレスポンスシリーズを使うと、今までは取りにくかったアタリが明瞭にわかるんですよ。
たとえばディープダイバーのような抵抗の大きいルアーを引く場合は、「ステラ」のような慣性で回ってくれるリールのほうが楽かもしれませんが、メバリングのように軽いジグヘッドで“海中を感じながら探る釣り”においては、クイックレスポンスシリーズは頼もしいです。手元に泳ぐ感触が伝わりにくい軽量リグを緻密に操作したい人には、ぜひ使っていただきたいですね。
ジグヘッド単体で攻めるときは、アジングと同じ「ヴァンキッシュC2000HGS」を使っていますが、フロートリグで遠方のポイントを攻めたいとき、足下にテトラや岩礁帯が広がっていてスピーディーにルアーを回収したいときなどは「同C3000HGS」を使っています。アジングとメバリングでは、この2台があれば困ることはありませんね。

写真2

起動直後から安定したパフォーマンスを見せてくれる。

シャクリにリーリングを絡めてもティップがブレない

 私が感じているクイックレスポンスシリーズのよさは、「初動のクイックさ」と「初動時におけるブレの少なさ」です。アオリイカの活性が低い厳寒期やシーズン初期は、ディープタイプの餌木を遠投して攻めることが多くなります。基本は餌木をダートした後にフリーフォールで落とすわけですが、餌木の沈みが速いために、デッドスローで巻いてイカに餌木を長く見せたり、根がある箇所ではテンションフォールやカーブフォールを絡めたりと複合的な釣りになります。
私がエギングで最も気を遣っているのが、イカを乗せる“間”です。餌木を落とした後は再びダートに移るのですが、この際にティップがブレると餌木の姿勢が乱れてしまい、せっかく作った“間”が台無しになってしまうんです。ダートアクションは基本的にロッドで演出するものですが、ロッドばかりにシャクリを任せてしまうと起こしすぎてしまい、イカが乗ったときに「合わせシロ」がなくなってしまいます。できればタイミングよくリールでラインを巻き取りながら餌木をダートさせたいのですが、従来のスピニングリールは初動が重いうえにハンドルを回す動きがロッドに伝わり、どうしてもティップがブレてしまいました。巻きたいのに巻けない。これが今までのジレンマだったんですよ。
しかし、クイックレスポンスシリーズの登場によってそんな悩みから解放されました。現在使っているのは「セフィアCI4+」と「ヴァンキッシュ」ですが、マグナムライトローターの初動レスポンスと、軽く安定した回転により、シャクリの動作へ積極的にリーリングを絡めてもティップがブレません。ロッド操作に余裕が生まれ、餌木もイメージどおりにダートさせることができます。起動直後から安定して仕事をするマグナムライトローターのおかげで、釣りの精度が格段に増しましたね。

写真1

「静止」と「デッドスロー」の間を使えるのが真価

 エギングはルアーのように「巻き続ける」釣りではありません。基本となる動作はシャクリとフォールであり、ONとOFF、静止とアクションの切り替えが非常に多い釣りなんです。ステイさせておいてからダートさせる、カーブフォールさせながらデッドスローを絡めるといった具合に、静止の状態をスピード0、ファストリトリーブを10とすると、0からいきなり回転を立ち上げたり、スピード1のデッドスローでじれったく餌木を引いたりするんです。ある意味特殊な釣りなんですよ。
いったん回り始め、慣性が付いてから滑らかなリールは今までにもありました。ところが起動直後のスピード0から1にかけてはどうしても重く、「よっこいしょ」ともたつくんですね。ところが、クイックレスポンスシリーズは0から1まで軽やかに立ち上がってしまう。そればかりか、0から1までの間も使えてしまうんですよ。これはすごいと思いました。
私はこのスローレンジを有効に使うため、あえてハイギアではなくノーマルギアを使っています。「静止以上、デッドスロー未満」の微妙な演出は、クイックレスポンスシリーズの真価が最も発揮される部分ですね。

写真2

LINEUP

  • NEWヴァンキッシュ[Vanquish]
  • ストラディックCI4+[STRADIC CI4+]
  • エクスセンスLB[EXSENCE LB]
  • セフィア SS[Sephia SS]
  • BB-X RINKAI SP(リンカイ スペシャル)
  • NEW BB-X HYPER FORCE[ハイパーフォース]
  • エクスセンス BB[EXSENCE BB]
  • NEW BB-X HYPER FORCE[ハイパーフォース]
  • ソアレ BB[Soare BB]
  • ソアレ CI4+[Soare CI4+]
  • NEW セフィア BB[Sephia BB]
  • カーディフ CI4+[CARDIFF CI4+]カーディフ CI4+[CARDIFF CI4+]
  • コンプレックスCI4+[COMPLEX CI4+]
  • エクスセンスCI4+[EXSENCE CI4+]
  • レアニウムCI4+[RARENIUM CI4+]
  • ヴァンキッシュ[Vanquish]
  • セフィア CI4+ [SEPHIA CI4+]
  • アルテグラ[ULTEGRA]

製品情報トップへ戻る