製品情報 Product

メバリング・マイスタイル
メバルは”横”で攻める!
スローなただ巻きで一定レンジ攻める!

メバル攻略の基本は、レンジを横に探るということ。キャストしたあとは狙いの水深までルアーを沈め、そのあとはスロースピードを基本にただ巻きを繰り返すだけでOK。注意したいのは、なるべく横方向に一定のレンジをキープして引いてくるということ。
レンジをキープするためにはロッドの角度、リーリングスピードなどを調節して行う。遠距離のポイントや表層狙いではロッドを立て気味に、深いレンジ狙いや足元まで引いてきたらロッドを下げるとキープしやすい。
活性が高いメバルは表層を意識していることが多いので、まずは表層から探り始め、次第にボトムへとレンジを下げて探っていくのが基本パターン。アタリが出たレンジを集中的に狙えば数を伸ばすことができる。カウントダウンテクニックを駆使すれば、何回でも狙いのレンジをトレース可能だ。
アタリの出方はさまざまだが、早アワセは厳禁。アワせる場合もロッドであおるのではなくリーリングしてアワせる、いわゆる"巻きアワセ"を行うとスッポ抜けが防止でき、確実なフッキングが期待できる。

一定レンジをキープして、ゆっくりただ巻きで攻略するのが基本。早くヒットレンジを見つけるのが数を伸ばす秘訣だ!

 

メバリングベーシック

「僕のメバルゲームのホームは伊豆半島全域です。平均サイズがいい、というのが一番の特徴ですね」
伊豆半島は広い。ポイントも多彩だ。一般的な漁港はもちろん、ゴロタ海岸、磯、河口など、メバルゲームの舞台となり得るほぼすべてのシチュエーションが用意されている。狙う水深は1~3mとシャローエリアが多く、周年楽しむことができる。
「港湾部のようにレンジの変化を釣るのではなく、シャローエリアを釣るのも特徴。いれば一発で出ますが、回遊待ちの要素も大きいので、潮の上げ下げのタイミングで魚を待つパターンもあります」
豪快な雰囲気のメバルゲームだ。

 

ソフトルアーセレクト術

"ボリューム感のあるソフトルアーを使う!"これが新保流ソフトルアーセレクトの大前提。もちろん、伊豆半島というホームグラウンドの特徴を反映しての選択だ。ほとんどルアーをローテーションすることなく、ポイントの特徴に合わせて選んだルアーを使い切るのが新保流だ。
「遠投をして広範囲を攻めるときは『スローダイバー』、藻周りは『アジクネン』、川周りは『テールベイト』という感じで決め打ちしちゃいます。常夜灯周りでイレギュラーアクションで誘って釣るなら『アジフライ』です」
カラーは少しだけチェンジする。完全に暗いところではオレンジ。ベイトフィッシュが多いときはクリア系。いずれにしてもとてもシンプルだ。
これと決めたルアーで釣り切る!小技に頼ることはしない!男らしいメバルゲーム!?なのだ。

 

ソフトルアー&ジグヘッドアクションパターン

デカメバルを狙う新保さんも、メインルアーはソフトルアー&ジグヘッドだ。
「基本的にはただ巻きで使います。注意したいのはレンジキープ。これさえできればほとんどの状況に対応できます」
ただ巻きでレンジキープ。簡単なようで、なかなかできないのが現実だ。
「僕の場合は、沖では速めに巻いて、手前に来るほどゆっくり巻いてキープするようにしています」
足元まで引いてきて、ロッド一本くらいまで寄ったらストップ。カーブフォールさせてバイトを誘うこともある。さらには小さくダートアクションを加えて誘うほか、裏ワザもあり、という。
「一回ボトムまでカーブフォールで落とし、そこから水面近くまで速巻きしてストップ!またボトムまでフォールさせるというアクションを繰り返すのも効果的です」
この場合は巻き上げ中にヒットするという。ぜひ試してほしい。

ただ巻き&レンジキープでほとんどの状況に対応可能!

 

ハードルアー&フロートリグの使いどき

あくまでもメインルアーはソフトルアー&ジグヘッド。この組み合わせで、大半の状況に対応できると新保さん。しかし、ここぞというときに強力な威力を発揮するのがハードルアーだ。
とりわけ新保さんのホームグラウンドである伊豆半島は、根や海草周り、磯場などを攻めるときも多く、アベレージサイズもデカい。勝負が早いこともあり、ぜひとも用意しておきたいルアーたちだ。
「ゴロタ場を狙うときは、まずシンキングペンシル、『トライデント 60S』をキャストします。活性が高いときは、良型メバルが連続ヒットしてくることも珍しくないですよ」
水深が深かったり、流れが強いポイントでは『A-JIG』をチョンチョン操って誘うこともある。フロートリグも出番はある。伊豆ではハイフロートが定番だ。