製品情報 Product

丹羽 喜嗣流 アジング・マイスタイル
誘って止めてフォール縦方向に釣るのが基本

アジ攻略の基本中の基本、それはレンジを縦に探る、ということだ。メインリグはジグヘッド&ソフトルアー。活性が高いときはキャストしてから任意のレンジを横方向にただ巻きで探ってきてもヒットが期待できる。
しかし、ただ巻きだけでは、なかなか釣果を伸ばすことはできない。横ではなく縦に探る意識が必要なのだ。
キャスト後、まずは狙いの水深までルアーを送り届ける。その後はロッドをゆっくり50㎝から1mくらいリフトして(サビいて)ストップ!カーブフォールさせながらアタリを待つ、というのが基本動作だ。狙いの水深までルアーを送り込むにはカウントダウンテクニック、つまり秒数を数えて落とし込む方法を使うとよい。表層付近を探るなら着水後すぐにアクションスタート!より沈めたいときは数える秒数を増やしていけばよい。
リフトしてアジにアピール、フォールで喰わせる、というイメージを持つとよいだろう。実際、アジはフォール中に喰ってくることが多い。アタリの出方はさまざまだが、明確なアタリが数多く出れば釣り方やルアーが正しいという証拠。アタリが出たら即アワセ!がアジングの基本だ。

 

アジングベーシック

「流れがきついフィールドが好きで、得意でもあるんです。難しい面もありますが、攻略できれば大型が期待できますし、釣果の差が出る点も面白いですね」
丹羽さんのホームグラウンドは瀬戸内海を縦断する『しまなみ海道』を主軸とするフィールド群。一帯は激流洗う大アジフィールドとして名高く、まさに丹羽さんの得意とするシチュエーションと一致している。
名フィールドを舞台に日夜アジングゲームを楽しんでいる丹羽さんだが、基本的にはナイトゲームが主体だ。
「デイゲームは難しいときも多いですが、朝夕マヅメなどは十分に有望です。ベイトがイワシやシラスなどの場合は数釣りを楽しめるときもありますよ」
アジングにオフタイムはない!?

 

アジポイント探索術

まずは居場所を探す、これがアジングゲームの第一歩だ。
「アジが回遊する場所は砂地。これがとても重要なファクターです。釣り場としては沖に砂地が広がる漁港を選ぶことが第一歩です」
もちろん砂地には岩礁が絡んでもいいし、足場は磯であってもいい。ただし、問題もある。砂地であることを確認できればよいが、一見しては分からないこともある。そんなときに目安となるのが海草の存在だ。
「アマモが代表ですね。これを目安にするといいでしょう。それでも水深が深いと見えないので、砂地かどうかの判断は難しい。そんなときは水のヨレを見つけるといいでしょう。流れがヨレるところは砂がたまりやすい。定期的に流れのヨレが発生する、そんなところは実際に砂地であることが多いですね」
釣りはナイトタイム。しかし、こうした状況はデイタイムでなければ確認しにくい。慣れないポイントで釣る場合には明るいうちに下見をしておくことが肝心だ。
丹羽さんは下見をしたうえで、さらにエリアを絞る作業をする。活性の高いアジが漁港の外側にいるのか、内側にいるのかを見極めるのだ。まずは重めのジグヘッドで広範囲を素早く探り、アタリの頻度、連発度をチェックする。
「たとえば3回連続でアタッたら、アジがいるところで釣りをしている、という感覚が出ますよね」
有望エリアを絞り込んでから本腰を入れて釣りをスタートする。これが丹羽流なのだ。

海草を見つけるのも重要なポイントだ!

重めのジグヘッド&ソフトルアーで素早く反応をチェックしAかBのどちらが有望が見極める。ただし、激戦区ではBエリアは最初から望み薄。

 

スローダイバーに注目せよ

「アミを捕食しているときに非常に強いルアーです。小さいのにボリュームがあること。ゆっくり沈んでいくところが強みですね」
最大の特徴は大きく張り出したリップフット。当初はアミのシルエットを模すためのものだったが、結果的に水の抵抗を受けて大きな波動を生み出すため、アミの動き、とりわけ"水押し"をイミテートすることに成功したのだ。
アジに効くスローフォールが可能なことはもちろんだが、リップフットによる抵抗感により、潮噛みがよく流れの変化を捉えやすい。レンジキープも容易。常に抵抗感があるため、アジの繊細なアタリも取りやすくなっている。
重いジグヘッドと組み合わせてもしっかりアジを誘う動きを出すことができるため、広範囲をスローにサーチする能力が高くなっている。飛距離アップも期待できる。
「瀬戸内海では急激な水温変化があったり、濁りが出たときにアミパターンが有効になるときが多いので、ぜひ使ってほしいですね」
アミパターンに『スローダイバー』。今後のアジングシーンのキーワードになりそうだ。

 

一見するとアミのシルエットがウリのように見えるスローダイバー。しかし、その真価を発揮するのは大きなリップフットによる抵抗感。形だけでなく、アミの動きを演出できるのだ。

 

スローダイバー使い倒し術

注目の『スローダイバー』、その使い方はとてもシンプル。アジングの基本的なロッドワークで十分に対応可能なのだ。
基本中の基本はリフト&フォール。キャスト後、余分な糸フケを取り、まずは狙いの水深までルアーを沈める。そこからゆっくりロッドを上げてルアーをリフトし、カーブフォールする。この動作を繰り返しながらアジの反応を探っていくのだ。
また、リフトしたあとに糸フケを弾くようなイメージでロッドティップを震わせ、ルアーをダートさせるのも効果的だ。
「ダートアクションを加えるとアピール度が増して、アジの捕食スイッチがオンになることも多いんですよ」
シンプルなリフト&フォールとこれにダートを加えたアクション。2つの王道パターンを組み合わせ、レンジを変えながら探れば、きっとアジからの反応が得られるはず!

 

ジグヘッドセレクト術

ジグヘッドは明確な目的を持って使い分ける。
『ドラッグヘッド』&『ミニドラッグヘッド』は潮噛みがよくレンジキープ能力に優れており、スローリトリーブが可能だ。『TGファインヘッド』は飛距離抜群で流れのなかでも使いやすい。ダートさせたいのであれば『スキップヘッド』の出番、というイメージで使い分けるのが基本だ。
「『スキップヘッド』と『スローダイバー』を組み合わせてダートさせると、かなり効きますよ」

さまざまなロッドワークの試みとルアーのローテーションは同時進行。ジグヘッドやソフトルアーのタイプ、カラーのチェンジも含め、合理的なパターンフィッシングでアジに近づいていくのが丹羽流だ。

 

カラーセレクト術

カラーチョイスが重要となるアジング。ソアレのワームはシチュエーション別の2色アソート展開。迷うことなく選択できる、ありがたい設定だ。
「カラーの設定はすべて経験から決めています。かなり細かく状況設定しているので、信じて使ってもらいたいですね」
なかでも"光を透過する色なのかどうか?"また、"ラメは入っているかいないか?"で反応が大きく変わることがあるという。この2つのパターン分けはぜひ試して頂きたい。

様々な状況をカバーできる2色アソートカラー。

 

ルアーセレクト術

アジの気配は十分。となれば、どんなルアーをセレクトするかが悩ましくも楽しい問題となる。
「ルアーをセレクトする判断基準の第一はアジがどんなベイトを捕食しているか、ということです」
アミの場合なら迷うことなく『スローダイバー』。スモールサイズの『ホワイトベイト』もあり、だ。ベイトフィッシュを捕食している場合は、ストレート系のソフトルアーを選択する。そのうえでときどきのベイトフィッシュのサイズに合わせていくのが基本だ。
「セレクトしたルアーが正解なら、コンッ!!という明確なアタリが出ます。弱いものでは足りない。このアタリが出るまでワームやジグヘッドはもちろん、リグも変えていきます」

 

注目の最新タックル!

普段の釣りでは『ソアレ エクスチューン』や『ステラ』など、フラッグシップモデルを使うことも多い丹羽さんだが、いつでも最新タックルのチェックには余念がない。
テクノロジーは常に進化する。その恩恵を受けるタックルは、たとえ下位機種であっても少し前の上位機種を脅かす存在になる。
「『ソアレ BB アジング』シリーズはこれまでのBBシリーズに比べて飛躍的に性能が向上したと思います。アジングに必要な専門的要素がこれ以上入れられません、というくらい詰め込まれていますからね」
『ストラディック』も高評価。汎用性の高い『1000S』だけでなく、『C2000HGS』も状況に応じて使い分けるという。参考にしたい。