製品情報 Product

イカの存在を穂先で感じる。メタルスッテゲーム。
タナを探しながら誘う。メタルスッテゲームの簡単基本アクション。

シンプルな仕掛けで気軽に船イカ釣りに挑戦でき、しかもゲーム性が高いということで全国的な広がりを見せるメタルスッテゲーム。シンプルな仕掛けという点ではアオリイカを狙うティップエギングがあるが、ケンサキイカなどいわゆるツツイカ系を狙うメタルスッテゲームでは攻め方も異なってくる。そのあたり、イカ先生こと富所さんに訊いてみた。
「メタルスッテゲームの基本は、まず着底させて4~5回シャクってそのままテンションをかけながらステイ。そのままのレンジからシャクリとステイを繰り返しながら、タナを段々と上げていきます。ティップエギングと違うのは、底を取り直さずに、投入した仕掛けを誘いながら表層まで上げてくること。イカはベイトの動きに反応して、ボトムから表層付近まで散っているので、どのタナでアタるか分かりません。タナを探りながら誘い、掛ける!それがこのゲームの面白さでもあります」
メタルスッテだけ、あるいはメタルスッテ+浮きスッテだけで狙うメタルスッテゲームでは、イカのいる層にスッテを通すこと、イカのいる層を探し出すことが重要になるということか。
「アタリがあったレンジにイカがいることは確かなので、そのレンジ周辺を重点的に狙うのはもちろんありです。アタリの取り方ですが、メタルスッテゲームでは、手元にくるアタリはほとんどありません。ティップエギングのように、穂先にかかる負荷が抜けるアタリがメインになります。"小さなアタリをいかに取るか"です。そのため、とにかく穂先をしっかり見てください。ほんの少しでも穂先に変化があれば合わせてください。その"ほんの少しの変化"が、メタルスッテゲームのアタリです」メタル素材のスッテは、イカが触れた瞬間に違和感を感じて放してしまう。イカがスッテを触った瞬間にアワセる!これが大原則だ。

 

目でアタリをとることに特化させたメタルスッテゲーム専用ロッドセフィアSSメタルスッテ。

エギでなければ抱かない状況ではスッテカラーのセフィア4×4 2.2号 SSR が効く。

微細な穂先の変化を見逃さない。目感度重視のタックル。

タックルセッティングはどう変わってくるのか訊いてみよう。
「メタルスッテゲームは基本的に夜なので、目感度を高めるために視認性の高い穂先が必要です。操作性についてはアタリが出やすいファーストテーパー(先調子)で、シャクリのあとにスッテがブレないようにネジレに強いロッドが理想です。また、ラインが見えにくいことからトラブルが発生しやすい夜間なのでトラブルレス性能は必須です。『セフィアSSメタルスッテ』はこのようなスッテゲームに求められる基本性能を全て満たしているので、これからメタルスッテを考えている人や、さらにレベルアップを求めている人にお薦めします」
メタルスッテ+浮きスッテというシンプルな仕掛けとはいえ、夜間の釣りでありトラブルを懸念する釣り人は確かに多いはずだ。トラブルでせっかくの時合いを逃すのももったいない。
「トラブルレスの観点から言えば、ロッドだけでなく仕掛けも大事です。ケンサキイカにターゲットを絞った『セフィアスッテアシストリーダー』は、ハリスを太くかつ硬くしているので、浮きスッテ(ドロッパー)がヨレにくくビギナーでも扱いやすくなっています。エキスパートスペックはエダスを短く設定することで手返し重視であったり、同時乗せ重視のダブルエダス仕様と、本気で数を狙っていくための仕様になっています。積極的にかけていきたい、ここぞという時にぜひ使ってください。メタルスッテ、浮きスッテともカラーにはこだわっています。僕がこれぞ鉄板!というカラーです。浮きスッテをエギに替えてみるのもアリです。エギでないと抱かないシチュエーションでも対応できるよう『セフィア4×4 2.2号 SSR』にはスッテカラーもリリースされているので、『フワフワスッテ』で反応がないようなら投入してみてください」

 

メタルスッテゲームにレバーブレーキ、これがかなり使えます!仕掛けをフォールさせたい時にベールを返す必要がなく、指先のレバー操作だけでフォールをコントロールできるので、より積極的に細かくタナを探れます。まるでベイトリールでクラッチを切る感覚ですね。『エクスセンスLB C2000MDH』の軽量コンパクトなサイズも、メタルスッテ用ロッド自体が軽量でショートなので、とてもタックルバランスがいいです。ローギアは重めのスッテを使用しても巻きストレスがありません。レバーブレーキのリールは操作に少し慣れが必要ですが、一度慣れてしまうとメリットが多く使いやすい。スプール交換がカンタンにできるところも気に入ってます。