製品情報 Product

サーフの至宝、ヒラメ。
簡単には釣れない垂涎のターゲットであるからこそ、釣れた喜びもまた大きい。
元祖ヒラメハンターの第一人者が考えるヒラメ攻略とタックルとは何か。
髄を体得すれば、ファーストキャッチはすぐそこに。

 

サーフを広く探るためには飛距離が必要で、自重のあるルアーが断然有利。また、自重がないとボトム付近までルアーを沈められない。

ヒラメ用ルアーの絶対条件は、自重があること。

 ヒラメ用ルアーを語るうえで絶対となる条件のひとつに、自重が重いことがあげられる。平均的には25~30g前後となる。これは風の影響を受けるサーフにおいて、まず"飛ばないと釣りが成立しない"からだ。広大なサーフを広く探るうえで、飛距離が出ないことには話にならない。また自重がないルアーは向かい風に弱く、狙ったポイントに届かない。だからヒラメ用ルアーを選ぶ場合は、まず自重があることを抑えておいてほしい。これは、ミノーであれ、ジグヘッド+ワームであれ共通で、私がこれまで関わってきたヒラメルアーはすべて、譲れない条件として自重にこだわってきた。シーバス用やその他のルアーとの違いはまず、重さなのだ。

 

広大で、ポイントの絞りにくいサーフでヒラメにルアーを見つけてもらうために、動きの大きなルアーの方がいい。

打ち寄せる波の中でも、しっかり動く。

 重さの次に大事なのが動きだ。広いサーフで"ヒラメにルアーを発見してもらう"ために、動きによるアピールは重要だ。ヒラメ用ルアーはよく「バタバタ系の動き」と言われるが、ローリングであったり、ウォブリング、ふたつを合わせたウォブロールなど、とにかく引いて大きくアクションさせることが必須となる。また、サーフのヒラメキャスティングでは打ち寄せる波の影響を受ける。波の打ち寄せるスピード以下で巻いても、ルアーは動かない。最低でも打ち寄せる波のスピードより速く巻かなければダメだ。もちろん、波の状態は一定ではないので、そこはリトリーブのスピードを変えて対応する。大事なのはある程度のスピードで巻いてもしっかり動くルアーであることだ。

 

ピンクやゴールドなど目立つ色を軸に、ベイトに合わせたカラーセレクトを行う。下から見上げるヒラメだから、ベリー(腹)の色も重要だ。

ヒラメ狙いには、とにかく派手で目立つ色。

 重さ、動き。そして次に大事なのがカラーだ。何度も言うが、広大なサーフでヒラメにルアーを見つけてもらわなければ、ヒラメは釣れない。サーフでは、とにかく目立つことが重要なのだ。ゴールドは定番だが、私が外せないと思っているのは、ずばりピンク系。ミノーでも、ジグでもルアーに関わる時は必ずピンク系をリリースしてきた。また、忘れてはいけないのが、ヒラメは下から上を見ている魚であること。だからベリー(下腹)の色が重要で、ルアー側面もさることながら、ベリーの色にはこだわってほしい。もちろん天候や時間帯によって有効な色は変化するが、とにかくヒラメ狙いには派手で目立つ色を選択することを忘れないで欲しい。

 

基本はボトム。レンジ攻略なしに、ヒラメは釣れない。

 ヒラメの釣れるレンジを考える場合、シーバスや黒鯛など他の魚と決定的に違うのは、ヒラメは原則的にボトムにしかいないということ。水面直下やミドルのレンジにヒラメはいない。他の魚は水面からレンジを攻略するが、ヒラメは逆。ヒラメ攻略においては、ボトムが基準なのだ。ルアーは底から50㎝から1mほど浮かせるのがセオリーで、底のズル引きでは喰いが落ちる。だからヒラメ用ルアーは、水深や風、波の状況に合わせながら、とにかくボトムを攻略できるルアーを選びたい。

 いまやヒラメ狙いはサーフだけでなく、漁港や磯まで広がっているが、基本はボトム。水深に応じた攻めができないと、ヒラメは釣れない。

 

熱砂攻略プログラム

水深・活性に合わせて攻める

ヒラメはレンジキープが命。ボトムから50cm以内が最もバイトが集中するレンジだ。

ヒラメ釣りは、まずボトムを基準に組み立てる。
レンジコントロールを怠らないでほしい。

 ヒラメはボトム狙いだが、具体的に釣れるレンジは?と問われるとボトムから50㎝がもっともヒットするレンジだと思う。しかし、それも絶対ではない。ハゼやキスがベイトになっている場合はボトムから50㎝までが喰い付くレンジだが、鰯などがベイトになっている場合には50㎝より高めを通すことも必要だ。レンジを変えたとたんに喰ってくることもあるので、レンジコントロールは怠らないでほしい。水深が2m未満ならフローティングミノー、水深が2m~5mならシンキングミノーやバイブレーション、5mを超える場合はブレード系やジグと覚えておこう。ちなみにジグヘッド+ワームは水深が1m~5mと汎用性が高い。

 

ベイトに合わせてワームを選択。ジグヘッド+ワームのスイムベイトはカラーチェンジも簡単にできる。

ヒラメ攻略は何と言ってもルアーを目立たせること。特にベイトが多い状況下では目立つカラーを投入し、ヒラメにルアーを発見させることを意識してほしい。

ミノーで喰わない状況下ではワーム。
アクションを抑えながらしっかりアピール。

 動きの大きいミノー、『ヒラメミノーⅢ』や『スピンドリフト』で喰ってこないような状況で、ワームの出番となる。ミノーとの違いは、ワームの質感と動き。硬質なミノーより、やはり柔らかいワームの方がヒラメに違和感を与えない。また、ワーム単体で出る波動に魚を寄せる効果もある。『ドルフィンキッカー』は見た目は普通のシャッドテールだが、波動が上下に発生するようチューニングされている。これは、ヒラメはボトムにいるため、下に向けたアピールをしたいためだ。しかし、柔らかいワームで下方向へ波動を出すのは簡単ではなく、何度もトライ&エラーを繰り返すことで、ようやくバランスのいいワームに仕上がった。

 一般的なジグヘッドとのセッティングでも使えるが、新しくリリースされた『ブレイクライナー』とのセッティングで、さらに集魚効果が期待できる。『ブレイクライナー』は『炎月投式』で実績のあるヘッドがベースになっている。『炎月投式』はワイドに緩いスラロームアクションを発生するが、これが低活性時の喰いが薄い状況下では非常に効果的で、ミノーではさっぱり喰わない状況でもよくヒットした。この低活性時に強いヘッドに、『ドルフィンキッカー』をセットすることで、アクションを抑えながら上下左右にしっかりとアピールすることが可能になった。しかも、ヘッドに自重があるので広範囲を探ることができる。また、ヘッド×ワームのカラーの組み合わせも豊富なので、シチュエーションに合わせた攻めができる。この場合ももちろん、ピンク系など色の濃いものから、クリア系など色の薄いものへとローテーションが基本になるが、ベイトがキスや鰯などの場合はワーム部分だけをクリア系にするのもいい。

 目立つことも大事だが、やはりマッチザベイトも外せないのだ。ヘッドを赤系、ワームをクリア系にするなど、色の自由度の高さも自作するスイムベイト『ドルフィンキッカー』+『ブレイクライナー』の強みだ。

 

アピールの強いものから、弱いものへローテーション。高活性には高アクション、低活性には低アクションが基本。

 私が最初に投げるのはミノー。まずアピールの強いものから投げて反応を見る。ヒラメに喰い気があると喰ってくるし、喰い渋っている状況ではアピールの弱いものへとチェンジする。

 水深2m以内でれば、パイロット的に『ヒラメミノーⅢ』を投入。バイトがなければアピールの強い『スピンドリフト』や『スピンブリーズ』を投入し、それでもバイトがなければアピールを抑えた『炎月投式Ⅱ』や『ドルフィンキッカー+ブレイクライナー』などワームにチェンジ。基本的に高活性のヒラメには高アクションのルアー、低活性のヒラメには低アクションのルアーが効くと覚えておこう。

喰い気の薄いヒラメには、波動で寄せるスイムベイトが効く!

ヒラメは底から上を見上げている。だから底に向かって波動を出してアピールするドルフィンキッカーは理にかなったワームだ。ミノーやジグで喰わない状況下でぜひ投入してほしい。

ヒラメはもちろんマゴチにも効果大だ。

『ドルフィンキッカー』+『ブレイクライナー』は、ただ巻きで釣れる。リフト&フォールの誘いも有効。

 『ドルフィンキッカー』+『ブレイクライナー』の使い方だが、基本的にはただ巻きでオーケー。『ドルフィンキッカー』はただ巻きでテールを上下に振るので、底さえ切って巻いてくればボトムに潜むヒラメに波動を与えることができる。またテールが水平に設計されているのでリフト&フォールでも使える。リフト&フォールでは水平テールが抵抗となって、大きく波動を発生しながらゆっくりとフォールする。これは従来のジグやスピナー系のルアーではできないことで、『ドルフィンキッカー』ならではの誘えるアクションだ。
 ヘッドの『ブレイクライナー』はヒラメ狙いに不可欠なトリプルフックをセットできるようワームピックも附属している。ワームの取り付けには少し慣れが必要かもしれないが、一度慣れれば簡単にできる。
 ちなみに私はヘッドを吊るしてワームをセットするやるやり方がおすすめだ。