製品情報 Product

スロー系ジギングの真髄

スロー系ジギングの、何がスローなのか。それを理解することで全てが変わる。

スロー系ジギングは、明石海峡から始まった。

「スロー系ジギングがどこから始まったかというと、実は瀬戸内海の明石海峡なんです。明石海峡は潮の流れがものすごく速くて、魚は底にべったりと貼り付いています。その魚をジギングでどうやって攻略するか?というところからスロー系ジギングが起こりました。明石の代表的なベイトはイカナゴです。イカナゴって細いから、ジグの形にすると単純にすっと上がって、すっと落ちますよね。フォールで喰うことは分かっていたので、いかに喰わせのフォールアクションを潮の速い状況下で出せるかがテーマになったわけです」
フォールをキーワードに、潮が速くて、底にへばり付いている魚をどう攻略するかというところからスロー系ジギングが生まれ発展していったと山本氏。
「ジグを重くすれば潮に流されない。そのかわりフォールの滞空時間もなくなってしまう。しかも狙えるレンジは底だけという状況です。そこで僕らは"スライドアクション"を手がかりにしたんです。ジグをスライドさせることで、タナを細かく刻んでいく。そしてフォールで喰わせる。これがスロー系ジギングに至るプロセスです」
スロー系ジギングと言えば、ジャークアクションやジグアクションをスローに行うという意味に捉えている釣り人も多いと思われるが、決してそうではないようだ。
「スローという言葉に誤解があって、ジャークやアクションがスローという意味ではなくて、あくまでフォールがスローという意味なんです。フォールアクションを出すためにジャークはあくまで助走であって、主ではない。だからジャークはスローでなくてもいいんです。スロー系のジグでは、ジャーク時のアクションはそれほど重要ではなく、むしろミスジャークを減らしてくれたり、どんなジャークの後からでも滑走してフォールアクションになることが求められる。だから極端に左右非対称のジグが多いんです」

 

速巻きありきの、スローが正解。
フォールが遅く、喰わせの間がある。

スロー系ジグを投入する場合、山本氏はその日のゲームをどう組み立てているのだろうか?
「僕はひと流し目はワンピッチジャークを行いながら、まず潮を見ます。レンジの潮目を探して魚の寄りや活性を感じます。ジグが水中に入った瞬間からスロー系ジギングは始まっているんです。潮が速ければ、より抜けの良い引き抵抗の少ないジグを投入します。逆に潮が動いていないといくらスロー系のジグといっても潮を受けないのでストンと落ちるんです。フォールアクションがすごく少なくなるので、その時はジグが勝手に弱った魚の平打ちをイメージするような感じで平たいジグを入れていきます」
ではロッドワークはどうだろうか。スロー系ジギングでは、リールのリーリングだけでカクカク巻くような動き、あるいはティップの反動でジグを跳ねさせるというイメージがあったのだが、決してそこにこだわる必要もないと山本氏。
「ゆっくり巻く必要なんて全くないです。スローなピッチでは決してないんです。みんなスロー系ジギングはアクションが遅い遅いと感じているようですが、スローの名手ほど動きやピッチは速いですよ。僕が伝えたいのは"速巻きを練習してください"ということ。速巻きありきのスローです。速巻きで誘って喰わせがフォールです。追わせて喰わすというのを実践しないと。"スロー=遅い"ではなく、喰わせがスローなだけなんです。だから僕が付けている名前はフォールの変化で喰わせる"可変フォールジギング"ですね」

 

好きにジャークするだけ。スローな演出はジグまかせ。

引き抵抗の軽い『ペブルスティック』は、ベイトでもスピニングでも使える。ジャークして落とすだけで多彩なスローフォールをオートマチックに演出してくれる。

スロー系ジグのフックセッティングの基本は上下。魚はジグが落ちる方向を頭だと認識して喰ってくるので、フックは必ず上下にセットしよう。

誰が、どんな状況下でやっても、多彩なスローフォールが発生する。

山本氏が求める"可変フォールジギング"を具現化するために生まれた『ペブルスティック』。開発に一から携わったというこのジグの特長を聞かせてもらおう。
「フォール系のジグで攻めの芯(核)となるジグを作ってほしい。極力センターバランス形状で潮抜けを優先する。それでいながら3種類から4種類のフォールアクションを出してくれるジグを作ってくれないかと言ったのが始まりです」
4種類のフォールアクションというのは自分で意図的に演出するものか、それともオートマチックに発生するもの?
「水の流れとか、ラインを引っ張る抵抗によって、フォールアクションがランダムで出やすいような形状になっています。メインのターゲットは近海の青物と遊泳力のある大型の底物に設定。さらに南西諸島に行ったときはヘビーモデルを使ってカンパチや青物狙いまでこれ一本で何でもできたらいいなと。多彩なフォールアクションが出て、どこでも使えるやつを作ろうって(笑)」
フォールが多彩でスローであることにこだわった『ペブルスティック』。引き抵抗も軽いのなら、ベイトリールでもスピニングリールでも使えるのだろうか?
「大丈夫です。ただスピニングでやるとちょっと引き重りがある。でも全然使える範囲だと思います。フックのセッティングについては、スロー系ジグの基本はテールとリアの上下です。フォールで喰わせるので、魚は落ちる方向を頭だと見なして襲いかかってきます。」
ジャークするだけで多彩なスローフォールを演出する『ペブルスティック』は、エキスパートの方はもちろん、ビギナーから中級者まで幅広く使いこなせそうな印象だ。
「誰でも簡単に使えます。どんな条件下でも投入できます。それだけ使えるパイロット的なジグなだけに、極端に言うとどこも特化していない。オーソドックスな故にどれかひとつの条件にベッタリはまるわけじゃない。万能だけど、特化はしていない。それこそがこのジグの狙ったところなんです」

 

フォールが速いので、縦の動きに反応する真鯛や青物には『センターサーディン』を投入。ワンピッチワンジャークが基本だが、しっかりと喰わせの間を与えるのが釣果を伸ばすコツ。

縦と横の動きに特化。近海ターゲットを攻め分ける!

「近海のジギングでは、フォールアクションを抑えたセンターバランスジグというのがすごく力を発揮する時があるんです。その時は『センターサーディン』を使っています」
具体的にどういうシチュエーションで威力を発揮するのだろう?
「スロー系のジグは基本的に漂う系のアクションなので、漂いすぎてダメな時ってあるんです。そういう時はオーソドックスなセンターバランスのジグを投入します。具体的には、真鯛・太刀魚などが速く落ちるモノに反応する時はこれかなというイメージ。スローな感じの『ペブルスティック』と、オーソドックスな『センターサーディン』という頭で使っています」
スロー系ジグは横に飛ばしたかったが故にスライドの幅が広い。逆にオーソドックスな『センターサーディン』はそうではないということか。
「そうです。センターバランスは大きくはスライドしない。首を振る程度のアクションなんです。ターゲットからすると横に逃げないので的を絞りやすいエサになるんです。だからスロー系のジグより喰いやすいというか、縦の動きに反応しやすいブリだったり真鯛だったりという魚には非常に強い認識です。『センターサーディン』は上に上がりながらわずかに首を振っていくので、真鯛のようなまっすぐなものを追いかけるのが好きな魚にはこれが非常に効きます」
山本氏が『センターサーディン』を投入して、必ず繰り出す必殺ジャークを教えて欲しい。
「ゆっくりとしたワンピッチジャーク。しっかりとジグを横に寝かす時間を作るのがコツです。かなり効きますよ!」

 

「フォールアクションで喰わせたい、ジグをじっくりと見せつけたい時は、『ウイング』がよく釣れますよ。まずフォール時間が長い。漂いながら落ちるんですよね。漂うものには魚は興味を示すので、長く漂えば当然よく喰ってくれる。引き抵抗があるということはジグ自体がある程度、横を向きたがっているんですよ。だから細かい範囲で横を向けることが可能です。それが武器じゃないですかね。長く漂うフォールとタナを細かく刻んでジグを横に寝かせられるという所は長けていると思います。スローの釣りをやるにあたって練習すべきジグといったところじゃないですか。『ウイング』が使えれば他のジグも使いこなせるんじゃないかと。スローの基本を教えてくれるジグです」

 

スロー系ジギングの真髄 太刀魚編

魚のいる層が把握できれば、そこを重点的に攻めることで手返しがよくなる。数を伸ばしたい時は探見丸がある方が圧倒的に優位だ。

太刀魚は時間帯や光量によって、底から表層まで移動する。『探見丸CV-FISH』や『探見丸スマート』があれば、瞬時に魚がいる層が把握できる。

ペブルスティックを軸に、その時の潮に合わせる!

「速巻きのワンピッチジャークで釣れてくれる状況であれば、『ペブルスティック』だけあればいい。潮が速ければ『ぺブルスティック』を軸にして、反応するフォールのスピードやフォールの幅、ジャークの幅を見つけます。上げに反応するのか、フォールで反応するのか、そのフォールで何グラムのジグで反応がいいのか、これはもう潮次第ですね。潮が遅い、フォールで追わない状況なら『ウイング』を入れます。上に上げる距離を減らしながら、漂ってジグがオートマチックな動きをする時間を増やしながらチャンスを増やしてあげる。『ペブルスティック』よりゆっくり動かして、遅く落としていくイメージです。フォールアクションは激しくないんですけど、じっくりと見せつけることで捕食がヘタな太刀魚にも喰う間を与えられる。それでも喰わない状況なら『センターサーディン』。これはジグ任せで素早く落ちてくれるんですよ。センターバランスしか出せない動きですね。まぁ、ほとんどの条件下で『ペブルスティック』だけあれば攻略できると思っていますけど(笑)」

 

釣れない理由は、絶対どこかにある。

最後にエキスパートである山本氏に、ジギング上達のための極意があればぜひご教示願いたい。
「まず魚に合わせることですね。魚を知って魚に合わせる。例えば"ブリはどうやったら釣れますか"と訊かれるんですけど、釣り方やテクニックじゃなくてブリの生態を勉強すればいいと思います。何キロに成長したら何を捕食して、どんなスピードで泳ぐというのが分かれば釣れる可能性は高くなるはずです。人間が自分のエゴで釣ろうとすると魚は釣れないです。魚の生態を知らないと良い釣りを展開するのは難しいです。あとはとにかく考えること。釣れなかったら考える。釣れない理由は絶対どこかにあるんです。釣れない答え合わせをしていく。同じ意味合いで言えるのが、人の答えだけを信じるなということ。それは答えに近いというだけで絶対の答え、普遍的な答えではない。そして道具を大事にすること。粗末にしていたらここ一番で糸が切れるし竿が折れるし針が刺さらない。自然に目を向けることも忘れないでほしい。鳥の飛び方や潮の色、潮の引き重り感、風向き、雲の量。魚ばかり追いかけてそれを見ていないと、この前はこれで釣れたのに、今日は何で釣れないってなるんです。逆に覚えていればこの時はこうすれば喰ったと自分の引き出しが増えるはずです」