製品情報 Product

EXSENCEシリーズ 川シーバス攻略最大のキモは、粘るより動け!トップウォーター、ミノー、バイブ時短ローテでRUN&GUN!

ペンシル&ポッパーで、シーバスサーチと状況把握!

ペンシル&ポッパーで、シーバスサーチと状況把握!

トップに反応する魚が釣り方を教えてくれる

自分は河川に限らず、磯ヒラでも釣れないときはすぐ動く。魚影の濃い港湾のように居る魚にどう喰わせるかではなく、喰う魚がどこに居るかを探します」
松岡さんの河川攻略はなぜラン&ガンなのか?という問いの答えだ。釣果を出すには、魚探しが何より重要になってくる。
「9、10月頃の河川は、まだ水温が高く夏っぽい。落ちアユやコノシロなど強力なパターンの時季には早いので、シーバスは河川内のどこにでも居る可能性があります」
効率良く探し出すには?
「まずベイトフィッシュが多いエリアを見極めることですね。そこにかけ上がりやストラクチャーなどシーバスが付きそうな変化があれば、とりあえず撃ってみる。おすすめはトップウォーターです」
その理由は?
「ルアーが見えます。それによって流れの様子がわかる。ルアーに驚くベイトが見える。シーバスが追ってきたり、突き上げたり、その日の状況が効率良くサーチできる。魚が釣り方を教えてくれますからね(笑)」

ピンスポット攻略=ポッパー 広範囲サーチ=ペンシルベイト

障害物際などピンスポットにシーバスがついていそうなら移動距離を抑えて誘えるポッパー。広範囲を探るならペンシルが使い分けの基本。「ドッグウォークが良いのか、ダイブさせて止めたほうが良いのか。はたまたペンシルではなくポッパーなのか。魚の反応を見ながらアクションやルアーを変えます」

1st CHOICE
ピンスポはポッパー
Brenious ライズポップ 65F
小さくても音と飛沫でアピール力あり

「ポッパーは移動距離を抑えてアピールしやすい。音と飛沫による集魚効果も高いです。ライズポップ65Fはクロダイ用ですけど、飛距離が出るのでリバーシーバスにも使えます」

広範囲はペンシル
オシア ペンシル 150F
飛距離と手返しの良さを生かしてサーチ

「ペンシルベイトは飛距離が出て、ドッグウォークなどで手返し良く探れるので広範囲をサーチするのに向きます。コノシロが入ってきたらオフショア用の大型ペンシルも投げます」

 

2nd CHOICE
トップウォーターに出なければミノーを投入

「ベイトが居て流れもあって、シーバスが付きそうな障害物や地形変化もある。魚は居そうだけどトップに反応しないときは、ミノーでレンジを下げて喰うかを試します。サイレントアサシン140Fは飛距離が出るのでトップで探れなかった範囲もカバーできますからね」

この距離はシーバスにとっては脅威ですね(笑)
「この距離はシーバスにとっては脅威ですね(笑)」

下げ潮でイナッ子の群れが流れはじめると、50m以上先にある対岸のカケアガリにサイレントアサシン140Fを大遠投。小型ながらもうれしい1本が出た。「対岸でもベイトが流れて、それを喰うためにカケアガリを回遊していた魚です。飛距離は強力な武器。シーバスにとっては脅威ですね(笑)」

 

新ワイルドコンタクトとサルべージの相性は抜群!トップ以外の全レンジ対応!

プラス1フィートが大場所での攻撃性を高める

1本目のシーバスで、河川ではオーバースペック? と思えるワイルドコンタクト1000を使う狙いが見えてきた。飛距離ですね?
「飛距離も使う理由の一つです。飛距離的には川幅が50m未満なら9フィートのワイルドコンタクトで十分カバーできます。あと、1フィート長いだけでトレースコースが調整しやすくなる。ルアーを障害物に近づけたり、岸沿いを引くときに有利です。さらにこのロッドはバイブレーションとの相性も良いんです」
具体的には?
「サルベージを使いますけど、このルアーは非常に水噛みが良い。レンジキープもしやすい。川の速い流れの中では、硬いサオのほうが操作感が得やすく、ルアーの位置やレンジが把握しやすいです。長いロッドはリフト&フォールで縦方向に引っ張りやすい。そこも強みですね」
九州の大河川でもバイブレーションは有効?
「サルベージは、全国共通で強いですね。とくにベイトが小さいときは、60ESしか喰わないこともあります。甲殻類を食べているときはボトム付近でリフト&フォールが強い。浅くても深くても探れて、サーチにも喰わせにもなります」
ワイルドコンタクト1000でサルベージの操作のバリエーションが広がるということに?
「そうです。ただ、どんなルアーも水中を想像しながら釣ることが大事ですよね。例えばシーバスが水深2mのボトムの障害物に付いて流れてくるエサを待っているなら、そのイメージで使えるルアーを選ぶ。ここが一番重要ですからね」

クリアな河川ほどアプローチは慎重に!
クリアな河川ほどアプローチは慎重に!

大分の大野川から宮崎・延岡の大瀬川に移動すると水色が激変。「水がきれいなところほど、人の気配を悟られないように遠めからアプローチ。そういうときもロングロッドは有利ですね。いきなりズカズカ水辺に立つのは、川の釣りのお作法に反します(笑)」

膝下程度のシャローエリアでもサルベージなら探れる!
膝下程度のシャローエリアでもサルベージなら探れる!

「サルベージは水噛みが良いから極端な速巻きをしなくてもシャローが攻略しやすい。10フィートのワイルドコンタクト1000で縦にリフトすれば、ヒザ下程度の水深でもリフト&フォールが可能です」

 

60mm 70mm 85mm

エクスセンス サルベージ
フォールの見せ方でウェイト選択もあり

「サルベージは3サイズありS(70、85のみ)と沈みが速いESがあります。基本的には流れと狙うレンジによってウェイトを選びますが、リフト&フォールではストンッと落とすのか、フワッと流れに乗せるのかで反応が変わる。両方を意識的に試します」

ACTION IMAGE 表層速巻きでリアクションバイトを誘う! ストップ&ゴーで見せて誘う!

水噛みが良いから、表層速巻き、ストップ&ゴーで誘い出せる!

「サルベージのアクションはきめ細かくて波動は強め。水噛みが良いから立ち上がりも速く、表層速巻きでリアクションバイトを誘ったり、ストップ&ゴーでメリハリの利いたアクションを魅せることもできる。バイブレーションの仕事をきっちりします」

飛距離とシーバスを警戒させないアプローチが奏功

飛距離とシーバスを警戒させないアプローチが奏功

水質がクリアな大瀬川のデイゲームで貴重な一本。無闇に水辺に近づかない川のお作法とワイルドコンタクト1000の飛距離でなんとかひねり出しましたわ。 うれしかぁー(笑)