製品情報 Product

EXSENCEシリーズ 港湾デイゲームの黄金比!激戦区を制す究極フィネスSTYLEでGO!!

超メジャースポットで88cm!!

釣り切れないシーバスを獲るためのフィネスゲーム

誤解を恐れずに言えば、泉さんはシーバスゲーム界の異端児であり、革命家でもある。ヘッドライトがマストアイテムだった釣りにデイゲームの世界を切り拓き、真夏の日中ほど岸壁の狭小シェードにシーバスが付くことを見抜き、それを獲るための岸壁ジギングを考案。現在は泉さんの代名詞と言えるボーダレスを使った磯竿釣法で港湾のシーバスを獲り続ける。

「ボクの釣りは、どれも魚がいるのがわかっていて、普通のタックルやルアーで釣れへんときにどう釣るか? がスタートですね。磯竿のタックルシステムもそうですね」

どのような状況から磯竿の必然性が生まれてきたんですか?

「プレッシャーが高くて普通に投げて巻いても釣れない。あるいはエビ撒き(エサ釣り)では釣れるのにルアーは喰わない。港湾には釣れる魚がまだまだ残っている現実があるんですね。そこに小さいフックを背負った小さいルアーを送り込めば喰う。ライトラインを使えば、ルアーの操作性が上がる。魚の引きを曲がって吸収する磯竿ならライトラインに小さいフックでもバラさへんぞ、とフィネス化が進んでいきました」

そして泉さんがもう一言。

「フィネスだからこそ、百戦錬磨の怪物が獲れるんですわ(笑)」

「フィネスなスタイルは、日々進化中。イージーに釣れるし、単純に楽しい」
「フィネスなスタイルは、日々進化中。イージーに釣れるし、単純に楽しい」

「フィネススタイルは日々進化中」を象徴するのが左のリール。「シーバス釣りでは異色の1000番ボディのレバーブレーキ。実はローギアなんですわ。フィネスゲームには、道具を操作する楽しさもありますね」。その使い道は次ページ以降で詳しく。

普通の釣りでは釣れないシーバスを計略的に喰わせる!
普通の釣りでは釣れないシーバスを"計略的"に喰わせる!

港湾部のシーバスはスレ気味。いても簡単には釣れないことが多い。普通の釣りでは反応しないシーバスに口を使わせるのがフィネスゲームの醍醐味だ。「フィネスで使うのは小さいルアーだけじゃない。サルベージの出番も多いです。緻密な釣りで口を使わせる。それが究極のフィネスですわ」

 

狙いは際。フィネスな攻めとタックルでランカーを捕獲せよ!

岸壁や堤防の足元こそフィネスゲームの主戦場
岸壁や堤防の足元こそフィネスゲームの主戦場

「港湾部は基本的に水深がある。シャローエリアはフィーディング時以外はすっからかんやけど、水深があるところは一年中、魚をストックしやすい。そこが東京や大阪など大都市ベイエリアの魅力ですね」

手軽に楽しめ、魚のストック量が多い。港湾人気が高まるのも頷ける。

「ポイントも季節やベイトによっても変わって楽しめますしね。年間通して間違いないのは、岸壁や堤防の足元。際は最大のストラクチャーですわ。攻める割合で言うと際が8。沖が2ですね」

それくらい岸壁や堤防際にシーバスが多い?

「多いです。そこを効率良く攻めることができるのが"テクトロ"。潮目やボイルがあれば沖に目を向ける。要はシーバスの居るところを撃てば良いだけのことですわ!」

 

フィネスな喰わせワザ&ライトタックルだから獲れた会心の一尾!
フィネスな喰わせワザ&ライトタックルだから獲れた会心の一尾!

大阪湾港湾部の最大級のシーバスは、サルベージを使ったフィネスな喰わせワザでバイトに持ち込むことに成功。
「ボーダレスにレバーブレーキのエクスセンスLB C2000MDHだから獲れた魚と言えますね。普通のタックルだと足元のスリットに入られる可能性が高いです」

レバーブレーキで余裕のファイト!
レバーブレーキで余裕のファイト!

ロック状態のレバーを引けばブレーキがかかり、レバーを緩めればローターが逆転してラインを必要な分だけ送り出せる。
「足元の障害物に入られそうになったときに、チュチュチュッとラインを出すとシーバスが、引っ張られなくなったぞ、と安心して戻ってきます。小型&軽量で操作性も良いです」

 

バイブレーションのカラーはベリーにこだわれ
バイブレーションのカラーは"ベリー"にこだわれ

「際につくシーバスは上を通るベイトを意識していることが多い。バイブレーションはベリーの色が重要で、水色が濁り気味のとき、曇りやタナが深いなど照度が低い状況はオレンジなどのアピール系。
澄み潮でタナが浅いときやアピール系にスレた局面では、シルバーなどナチュラル系が効きます」

 

日中ベイエリア攻略 フィネスSTYLE2つのPOINT

POINT1 まずはオープンウォーターへ扇状に3投
釣り場に着いたら流れの向きや強弱、ベイトなどの状況を把握

まずはオープンウォーターへ扇状に3投<br />釣り場に着いたら流れの向きや強弱、ベイトなどの状況を把握

流れを見極め、釣りを組み立てる

「岸壁や堤防に立ったらまずは立ち位置から右前、正面、左前の3方向にキャスト。流れの向きと強さを確認。この流れの向きだとテクトロでルアーが流れに押されるから速めに歩かないといけない、など釣りを組み立てる目安にします。釣りながら潮目、ベイトフィッシュの群れ、水面にさす鳥などの好要素は常に意識」

POINT2 岸壁や堤防の際を重点的にアプローチ!

岸壁や堤防の際を重点的にアプローチ!
テクトロは際から50cm以内にルアーを通すのが理想

「テクトロは際スレスレを通すのが一番良いけど、実際は難しい。理想は50cm以内。1m離れたら釣れません。釣り人とルアーとの距離は足場の高さにもよりますが15m前後。離しすぎるとゴミがかかったときなどの感度が鈍るし、近すぎるとラインが立ってルアーが動かなくなります。ボーダレスはレングスがあるから、ラインを寝かせて際を引きやすい」

 

シャープなフックもフィネスのこだわり
シャープなフックもフィネスのこだわり

泉さんは1尾釣った後や、ルアー交換時に必ず新しいフックを装着。「喰った魚は確実に獲りたい。新しいフックなら刺さりが良く、貫通してフトコロまで入れば、小さて軸が細いフックでも伸ばされにくい」。これも後悔しないための緻密な戦略だ。

ルアーに等速直線運動をさせる速度で歩く
ルアーに等速直線運動をさせる速度で歩く

「歩くスピードは潮の向きにもよりますが、基本は等速直線運動。ルアーを一定層で一定に泳がせる速度で歩きます。バイブレーションならブルブルと動いているのがわかるスピードでOKです。たまに進行方向に投げて巻き、テクトロで見せ方を変えるのも有効です」

 

HIT PATTERN 解説 サルベージをローテーションし、トゥイッチ&フォールで仕留める!

HIT PATTERN解説 サルベージをローテーションし、トゥイッチ&フォールで仕留める!

[70ES]にバイト→[60ES]にサイズダウン→[70S]で反射喰い狙い→HIT!!

88cmという沖堤の怪物は必然で喰わせた。
「70ESのテクトロでバイト。乗らなかったので、60ESをチョイ投げで反応があったスポットを通したけど、喰わせのサイズダウンには反応なし。次に軽い70Sに替えて、ちょっと沈めてトゥイッチ。ヒラヒラッと落としたら喰いましたね。
まさかあんなにでかいとは(笑)」

 

 

エクスセンス サルベージ

エクスセンス サルベージ
ただ巻きという正攻法が効く王道バイブ

「サルベージはタイトなアクションで波動は強くもなく弱くもなく、幅広い状況にハマりやすい。飛距離も出るし、完成度の高いバイブレーションですね。使い方の基本はただ巻き。巻きスピードを変えて反応をみます。等速直線運動の中にトゥイッチで変化を入れるのも有効。新色の追加でレンジや光量、水色によってベリーの色が使い分けやすくなりましたね」

 

70Sを基準にシルエットやレンジの違いで最適チョイス
70Sを基準にシルエットやレンジの違いで最適チョイス

「デイゲームはシーバスが視覚に頼ってバイトしてきます。ルアーは立ち上がりの速さがすごく重要で、サルベージはその点も優れていますね。基準はシーバス用バイブのド真ん中的な70S。レンジは約1.5mまで。さらに下層や飛距離がほしいときは70ES、80S、85ES。ベイトが小さく70を喰わない。あるいは70にスレたら60ESで喰わせの釣りを展開」

 

泉 裕文セレクト シリーズ5アイテムの使い分け

泉 裕文セレクト シリーズ5アイテムの使い分け
サルベージだけでも港湾のデイゲームを十二分に楽しめる!

「フィネスな釣りだからと言って難しく考える必要はありません。サルベージのサイズや重量、カラーをローテーションさせるだけでも、今まで獲れなかった個体を狙えますよ」