製品情報 Product

漁具・ingゲームのイマジネーションゲーム

鯛ラバ、インチク。古来より漁師たちの知恵と工夫が凝縮された〝釣るための漁具〟はいま、漁具ingとしてゲームフィッシングの新しいよろこびを創造している。

シマノアドバイザー
佐々木 洋三
(HIROMI SASAKI)

ライトゲームからビッグゲームまで幅広くこなすエキスパートにして、タイラバ、インチクなど漁具系ルアーの第一人者。豊富な知識と経験を土台にしつつ、新しいものを受け入れる謙虚さも併せ持つソルト界の重鎮だ。

もっと釣るためにもっと楽しむために。そうぞう

鯛ラバに、〝味と匂い〟という新しいファクターをプラス。またひとつ攻め方のバリエーションが増えた。

重量、カラー、形状毎に仕分けして収納。パーツの交換が簡単な炎月だからこそできる収納法だ。

 昔から「鯛は潮を釣れ」と言われるくらい、潮流と釣果は密接な関係がある。鯛ラバにおいても潮の流れをつかむことは重要で、まず潮ありきで釣りを組み立てたい。ポイントによってどの潮がよいのか、それは経験則のある船長にゆだねる部分も大きいのだが、基本的に潮が速い時は波動を抑えたストレート系のネクタイ、逆に潮がゆるい時はカーリーなど波動が強いネクタイがよいと思う。

 鯛ラバでは、ネクタイがなびくことで発生する波動に真鯛が反応していることは間違いない。現在のゴムネクタイがない頃、漁師達は釣り針にワカメを付けて真鯛を釣っていたという記録もあり、波動が真鯛に効くことは古くから知られていた。

 鯛ラバがメジャーなゲームとして定着した近年では、波動を生み出すネクタイも様々なタイプがリリースされているが、今年発表されたシマノの『集魚ネクタイ』には〝味と匂い〟という新しいファクターがプラスされたことで、鯛ラバの攻めの可能性がまた広がったと言える。

漁師たちの経験則に裏付けされたインチク。じっくりと時間をかけたブラッシュアップで、さらに進化した。

青物から真鯛、さらに根魚まで効果を発揮するインチクだが、『炎月ロックホッパー』は根魚をメインターゲットに開発。アコウ(キジハタ)など高級魚も手軽に狙える。

 インチクもまた、鯛ラバと同じく漁師たちの経験と知恵が詰まった歴史のある漁具だ。インチクの発祥と進化には大きく二つの流れがあると考えていて、ひとつは能登半島で、もうひとつは丹後半島だ。

能登半島では、今から20年近くも前にインチクでブリなどの青物を漁師たちが釣っていたし、丹後半島では鉛を打ったビシマにインチクを結び、底をとってから思いきりビシマを引っ張り上げるという釣り方をやっていた。漁師たちは、経験的にインチクがキラキラと輝かないと釣れない、また、インチクを巻き上げる時に、ボディがクルクルと回転すると釣れないことを教えてくれた。

 インチクの草分けと言える『炎月ボトムシップ』は、こうした漁師たちから教わったエッセンスを凝縮することで数々の釣果を上げてきたが、新たにリリースされる『炎月ロックホッパー』と『炎月ボトムシップⅡ』もまた、インチクとして釣れる絶対条件を盛り込みながら、さらにターゲットの明確化やアクションの強化、フックの先鋭化でインチクの魅力を高めている。

 特に『炎月ロックホッパー』は、鯛ラバの遊動システムとジグのフォールアクションを付加したことで、従来のインチクからよりルアーライクなインチクに進化を遂げている。

動き+味と匂い

鯛ラバ新攻略

ネクタイの波動が真鯛に効くことは周知の事実。
では、味や匂いはどうか?
餌釣りの実績を考えれば、味と匂いが有効であることは疑いようがない。
シマノは、鯛ラバに〝動き〟+〝味と匂い〟で
新たにアプローチする。

光量の少ない条件下でこそ、威力を発揮する〝味と匂い〟。

さて、鯛ラバにおけるネクタイから発生する波動の重要性はすでに周知の事実だが、味や匂いについてはどうか。波動や動きの少ない餌釣りを参考にした場合、瀬戸内海で真鯛の特効薬として使われる『鯛虫』や『マムシ』は、動きこそないが匂いは強烈である。また、九州エリアで注目されている鯛ラバ+エビの『エビラバ』なども高い実績があり、エサが持つバイトを継続させる力は凄まじい。
また、真鯛の嗅覚は人の1億倍、警察犬並みという研究発表もあり、匂いは広範囲の魚を誘引するのに効果があると考えられる。真夜中の視界の効かない投げ釣りで、『鯛虫』や『マムシ』に真鯛が喰ってくるのは、やはり匂い抜きには考えにくい。逆に言えば、視界が制約されるロケーションでも威力を発揮するのが匂いだ。濁りがある場合や曇天、朝マズメ、夕マズメなど光量が少ない時こそ、匂いのあるネクタイを投入してもらいたい。
また、水深が50mを超えるような深場で、底にべったり貼り付いた真鯛にも、匂いが誘いのファクターになる可能性は大きい。

出雲・幕島丸での大会にて。『炎月待宵115g』+『炎月集魚ネクタイ トルクストレート(プロトタイプ)』を使用して71cm・4kgの真鯛を記録し、優勝した。

動き〟+〝味と匂い〟の相乗効果で、真鯛を寄せる。

新しくリリースされる集魚ネクタイは、魚を寄せる〝味と匂い〟とアクションに着目した。効果として実感できるのは、バイト数が増え、バイトが長いこと、追い喰いをすること、視覚の制約を受けないことなどがあげられる。
『トルクストレート』は、ストレート形状で汎用性が高い。独自のリブがネクタイ同士のくっつきを防止するので、巻き上げたらネクタイが一本になっていたということが少なく、安定したアピールをしてくれる。
『鯛虫ピン』は、水抜けが良く、繊細な波動を生む、細いシルエット。ピンテールとして、また、喰い渋る状況ではWピンテールとしても使える。
『鰯シャッド』は素材に3D形状を可能にするエラストマーを採用したことで、波動の強いシャッドテールのネクタイに鰯ボディを搭載でき、視覚的にも威力を発揮するネクタイになっている。これは鰯パターンでは迷うことなく投入したい。
『イカタコカーリー』は通常のカーリーとは異なり、ネクタイの断面形を変えることで複雑な波動を発生。超スロー巻きでもアクションするので、真鯛にじっくりと見せたい時に特に有効だ。

集魚ネクタイを同梱。『神楽』と『十五夜集魚カスタム』

『炎月 神楽』は、集魚ネクタイを同梱。低速巻きではスラロームアクションを発生し、高速巻きではストレート軌道に変わる可変スラロームアクションを実現。スラロームアクションによって味と匂いが拡散されるため、より広域にわたって集魚効果が期待できる。また、全遊動と半固定の切り換えができる『フィニッシュホールド』を搭載しているので、喰い渋る状況では真鯛に違和感を与えない全遊動、活性が高い時は半固定で攻めるなど状況対応力の高い鯛ラバになっている。
また、ネクタイの交換も簡単にできる『スルスルパーツ』を搭載しているのでネクタイを迅速に交換できるのもありがたい。ネクタイの色やタイプを変えた途端にヒットすることは多いので、ぜひ積極的にネクタイチェンジを行ってほしい。同じく、『炎月 十五夜集魚カスタム』も底取り性と等速巻きに優れたタングステンヘッドに、『フィニッシュホールド』、『スルスルパーツ』を採用。また、集魚ネクタイを同封しているので、こちらも味と匂いの効果をぜひ実感していただきたい。
『炎月 神楽』、『炎月 十五夜集魚カスタム』ともに、貫通性に優れたフッ素フィニッシュ仕様のフックを装備しているので、鯛ラバ特有のバラシの軽減も期待できる。

■『集魚ネクタイ』簡単交換方法

『スルスルパーツ』で超カンタン!

リーダーを切らずにヘッドからネクタイパーツを外す。
『スルスルパーツ』からチューブを外す。
交換するネクタイを『スルスルパーツ』のフック部に掛ける。
『スルスルパーツ』をチューブに差し込んでネクタイ・スカートを整える。

赤澤流 『炎月 集魚ネクタイ』の使い分け

集魚ネクタイは味で真鯛に違和感を与えず、鯛ラバでありがちなショートバイトが減る。

私は集魚ネクタイの『トルクストレート』をまずパイロット的に投入する。3D形状なので水押しが強く、濁りがあるような状況でも真鯛の活性を探りやすい。集魚ネクタイは、匂いや味があるため、バイトで真鯛に違和感を与えず、鯛ラバでありがちなショートバイトが減る。
また『トルクストレート』は左右のリブ形状が違うので、スカート同士がくっつきにくいだけでなく、左右別々の動きでアピール力が強い。もし『トルクストレート』でアタリがない状態だと、次に『鯛虫ピン』を投入する。細身のシルエットと動きを抑えることで、よりナチュラルに真鯛にアプローチするためだ。
『ピンテールネクタイ』は『炎月神楽』のスローなスラロームアクションとの相性もよく、真鯛の活性が低い時は匂いを拡散しながらじっくりと真鯛を寄せて、喰わせて、味でバイトを長く続けるという戦略が可能になる。

赤澤 康弘 (YASUHIRO AKAZAWA) シマノフィールドテスター - 香川、四国のオフショアをメインフィールドに活躍。釣りの腕や理論もさることながら、気さくな人柄で多くのアングラーや船長から慕われる。瀬戸内を中心に活動する鯛ラバクラブ『鯛ラバーズ』の会長も努め、全国から鯛ラバのファンが集う『鯛ラバカップ』という大会を主催。

スラロームアクションで匂いを拡散すれば、広範囲に鯛を寄せられる。また、味と匂いの効果で鯛ラバ特有のショートバイトが減る!

『探見丸』X『電動リール』で、鯛ラバを一定の速度で巻き上げる"等速巻き"も完璧。

鯛ラバで真鯛を釣るための一番のポイントは、一定の速度で鯛ラバを巻いてくること。穂先がリールのハンドルを巻くたびにお辞儀をするようなら、鯛ラバは不規則な速度、動きをしている。この釣りでは、鯛ラバが不規則な速度や動きをすると真鯛は釣れない。
 ロッドを持つ姿勢も大事だが、等速巻きに適したロッドやリールを使うことで、効率的に安定した等速巻きを行うことができる。手巻きリールでも等速巻きは可能だが、より確実なのが電動リール。『フォースマスター300DH/301DH』など、鯛ラバに適した電動リールを使えば、着底の瞬間から完全に一定の速度で巻き上げる等速巻きが可能に。90m以上の深場や、潮で遠くに流された鯛ラバも楽に回収できる。巻き速度の調整も簡単に行え、なにより巻き疲れることがないので、長時間にわたる釣行でも楽だ。また、手巻き時の巻き上げ速度が表示されるため、アタリ速度を手巻きで探り、電動でその速度を再現することが可能。
 さらに、探見丸CV FISHとの連動も可能なので、水深やボトム形状、真鯛がいるタナを掌握しながらピンポイントを重点的に攻める釣りが可能になる。魚影が確認できるので、カラーチェンジや巻き速度の変化など次の一手のタイミングもつかみやすい。さらに、鯛ラバの落下速度、リールの巻き上げ軌道や速度の表示も可能になるため、ヒットレンジの把握も即座にでき、ヒットした真鯛との距離も一発で分かるので、レンジを微妙に釣り分けたい時、ヒットレンジを重点的に攻めたい時には非常に有効だ。

遊動式で広がるインチクの可能性 インチク再降臨

真鯛はもちろん、青物、根魚でも圧倒的な釣果を叩き出してきたインチク。
再び注目を集めるインチクが漁具ingの次を期待させる。

■根魚に特化して開発された『炎月 ロックホッパー』

■根魚に特化して開発された『炎月 ロックホッパー』

基本的な釣り方

  •  ①10回巻いて落とすだけ。
      鯛ラバの延長でも簡単に根魚が狙える。
  •  ②ワンピッチジャークでアクションをつける。

根魚を釣る!明確なテーマに特化して生まれたインチク『ロックホッパー』。

 新しくリリースされる『ロックホッパー』は、インチクとしては珍しい遊動式を採用している。インチクにおける遊動式のメリットは、フックの喰い込みがよく、重いヘッドとフックが離れることでバラシが軽減する効果もあるが、実は狙う魚に合わせてインチクの見せ方を変えることができるのが真骨頂。
たとえばアコウ(キジハタ)やクエなど大型の根魚を狙う場合や、ベイトが大きい場合はテンションフォールをすることでインチクがボリュームのあるシルエットになる。逆にカサゴなど小型の根魚を狙う場合やベイトが小さい場合はラインスラックをいかしたフリーフォールにすることで、ヘッドとタコベイトが離れ、小さなタコべイトのみを見せることができる。
近年はスロー系ジギングのスローなフォールアクションのジグが根魚ゲームの世界を席巻しているが、『ロックホッパー』はスロー系ジギングのフォールアクションと遊動式のメリットを同時に享受できる、まさに根魚狙いのスペシャルモデルだ。
フックは貫通性に優れたフッ素フィニッシュ仕様のフックを装備しているので、遊動式との相乗効果でバラシの軽減も大いに期待できる。

ただ巻きだけで、根魚が釣れてしまう。ジギングのようにスローなフォールアクションで喰わせることもできます。

ただ巻きだけで、根魚が釣れてしまう。ジギングのようにスローなフォールアクションで喰わせることもできます。

■遊動式インチク / 対象サイズ・ベイトサイズによる使い分け

大型魚/大型ベイト
ロッドに乗せて弾くとスライドアクション!
ヒラヒラとフォールし、アピールします。

ジャーク後のフォールを通常テンションで落とすとボディからタコベイトは離れず、ボリュームあるシルエットコントロールが可能。

中・小型魚/小型ベイト
意図的にスラックフォールする事で、タコベイトを本体から離す事も可能です。

ジャーク後のフォールで意図的にラインスラックを作る。そのことで、ボディからタコベイトを離すことが可能。 タコベイトのみを見せることで特にディープの中・小型魚に効きます。

喰い込みやすい、バレない!鯛ラバで証明された遊動式のメリットをインチクに応用

インチクブームの立役者『炎月ボトムシップ』が、フックも鋭くリニューアル。

「鉛は光るほどいい」「インチクが回転すると釣れない」など、経験豊富な漁師たちの証言を得ながらシマノが独自に開発し、インチクブームを引き起こした『炎月ボトムシップ』。このたびリリースされる『炎月ボトムシップⅡ』は、これまでの釣れる要素はそのままに、新形状(160g)と刺さりのよいフッ素フィニッシュ仕様のフックを搭載。また、スロー系ジギングで定評のあるカラーも新たに追加された。

FF フッ素フィニッシュ - 刺さりのいいフッ素フィニッシュコートは、根魚や真鯛などの硬い口も貫通。

■ただ巻きだけでなく、ジャークでアクション演出も可能!

  • リトリーブ - ウォブリングすることでアピールします。
  • ワンピッチジャーク - イレギュラーアクション+タコベイトが大きく動きます。
  • ボトムバンプ - 底でインチクを上げ下げすることで根魚を効率よく狙えます。

佐々木 洋三のちょっと一息インチクコラム

波動と光で魚を寄せるインチク。スローなアクションでも集魚効果が大きい。

インチクでなぜ釣れるかを考えてみたい。鯛ラバでは集魚効果として波動効果がすでに周知されている。たとえば真鯛には6本の側線があるが、これは水流や水圧を感知する感覚器で、光量の少ない海底でも側線でターゲットを感知している。
インチクの場合、鉛のヘッド部分が引き起こす波動とタコベイトの柔らかい波動の相乗効果で魚を寄せる効果が増している。だからスローアクションでも魚を引き寄せる効果があると考えている。また、インチクのギラつくような派手な輝きも、遠くの魚にアピールし、魚を寄せる大きな要因だろう。

根魚に特化したインチクが登場したことで、青物や真鯛だけでなく、根魚までオールターゲットに楽しめる。

根魚に特化したインチクが登場したことで、青物や真鯛だけでなく、根魚までオールターゲットに楽しめる。

基本はスローなただ巻き。誰もが簡単に楽しめるインチク。

インチクの基本的な釣り方は、インチクを着底させ等速に巻いてくるだけ。もっと具体的に言えば10回ほど巻いて、そのままクラッチを切ってフリーフォールさせるだけだ。鯛ラバのようにリトリーブ&フォールがインチクの基本なので、誰もが簡単に楽しむことができる。
また、ロッドを一回シャクって、同時にリールを一回巻き上げるワンピッチジャークなどのアクションをつけても喰ってくるので、ただ巻きだけで反応がない場合などは、アクションをつけることができるのもインチクの面白いところだ。
スローでアタリがない時に巻き速度を速くするといきなり喰ってくる場合もあるので、かなり思いきった速巻きもぜひ試してほしい。根魚や真鯛はもちろん、青物も速巻きに反応することが多い。