製品情報 Product

飛ばして、沈めて ブルーランナー攻略

かつてオフショアのメインターゲットだったブルーランナーは、
もうショアからの身近なターゲットになった。
次なるステージは、いかに効率よく釣り、数を伸ばすか。
コルトスナイパーが、攻撃的かつ効率的なショアジギへ導く。

 

すぐに行ける場所で、思わぬ大物が釣れてしまう。ショアジギは面白い。
堀田 光哉

ショアジギに求める性能は大きく二つ。『飛距離』と『フォール』。状況に合わせてジグを使い分けたい。

ショアジギングに求めるジグの性能は大きく二つ。一つは飛距離で、ナブラ撃ちなど飛距離がどうしても欲しいシチュエーションでは飛距離が出るジグを選択する。次に沈み方の性能(個性)。狙ったレンジを直撃するためには、使い手の意思の通りにフォールしてくれることが大事で、フォールの時間が短いジグは重点的に攻めたいレンジを素早く直撃したい。
逆にフォールでジグをじっくりと見せたい場合はヒラヒラゆっくり沈むフォール系のジグを選ぶ。実釣で魚が浮わついていたり、浅いレンジを回遊しているならフォール系のジグを選択しよう。
近年ではショアジギ専用のジグも数多くリリースされているが、基本的には飛距離優先か、フォール優先のジグに大別される。あとは、飛びの性能とフォールの性能をバランスさせた中間的なジグということになる。

ベイトサイズやポイントまでの距離、活性に合わせてジグを選択。一本調子でジグを投げ続けるのではなく、積極的にジグのローテーションを行うことで釣果を伸ばす。

飛距離も、フォール性能も選べるコルトスナイパー。さらに泳ぎも優れているのが、支持される理由。

『コルトスナイパー』早わかりチャート!

『コルトスナイパー』早わかりチャート!

 さてコルトスナイパーシリーズなら、飛距離優先の場合はタングステンコンポジットで後方重心の『コルトスナイパー TGピットブル』、そしてスリムな形状で空気抵抗を抑えた『コルトスナイパー スリム』となる。飛びとフォールのバランスを求めるなら『コルトスナイパー』、フォールで喰わせることに重点を置くなら『コルトスナイパー フォール』だ。フォール中心で狙っていく場合はこの逆の選択となる。
 私のショアジギの組み立ては、『コルトスナイパー』からスタートし、より広く探りたいなら『コルトスナイパー スリム』、『コルトスナイパー TGピットブル』を投入。反応がなければ『コルトスナイパー フォール』でジグをしっかりと見せるといった具合だ。
 そして、ショアジギでもうひとつ重要なのが泳ぎ。オフショアとは違い、ショアからのジギングは縦の要素と横の要素があるので横に引いた時にもしっかりと泳ぐジグが望ましい。
 コルトスナイパーシリーズはただ巻きでも泳いでくれるので、フォールで喰わすだけでなくリトリーブやジャークで喰わすことも可能だ。数を狙いたい時こそ泳ぐジグを使ってほしい。

飛距離が欲しい時、群れの活性が高い時は、迷わず『コルトスナイパー TGピットブル』を投入。

 新しくリリースされる『コルトスナイパー TGピットブル』は、何といっても飛距離と沈みの速さにアドバンテージがある。空気抵抗を減少させるスリムボディにリアヘビーバランスで、飛行姿勢が安定している。向かい風の状況下でも風の影響を受けることが無くとても飛ぶ。
 フォールでじっくりと見せることを意識した釣りより、ジャカジャカ巻きのようにジグをシャクった動きで喰わせることのできるジグなのでスピード優先、効率優先の攻めが可能になる。
 フォールの沈みが速いのでレンジの取り直しがしやすく、群れの活性が高くて数を伸ばしたい時には断然有利なジグだ。喰いが立っている状況ではガンガンポイントに潜ってくれるのでとても頼りになる。

遠浅なゴロタ浜やサーフでもポイントに届けば釣れる!

ゴロタ浜やサーフにも青物は回遊している。ポイントまでジグを届けることができればオフショアで狙うような大物だって釣れるのだ。

比重の重いタングステンコンポジットモデルは、鉛モデルと同じ重さでサイズをダウンできる。形状の自由度も高いので、シルエットで動きの演出も可能だ。

ポイント直撃『TG ピットブル』

※写真はイメージ図です。

後方重心のため沈みが速い。狙ったレンジに速く沈めて、重点的かつ効率的にレンジ攻略できる。

底を取ったら、ジャカジャカ巻いてポーズ。ジャークのたびに、底を取る必要はない。

 基本的な使い方だが、サーフや堤防では、まず底を取ってショートジャークを4~5回繰り返してからポーズ。そこからまたショートジャークを繰り返しながら上に寄せてくるイメージだ。ジャークのたびに、必ずしも底を取る必要はない。
 サーフや堤防では青物がベイトについているので、狙うレンジがベイトの上下に合わせて変化している。だから基本的には中層狙いでいいと思う。ただし、磯などロックショアの場合は、根回りに魚が回遊していることが多いので、ジャークのたびに底を取ることもある。
 ショアジギは底を取るイメージが強いが、カンパチなどは底にいることが多く、ブリやソウダカツオは中層、シイラなどはほとんど上層にいる。効率的な釣りを考えれば、ジャークのたびに毎回底を取る必要はないだろう。

ポイント直撃『TG ピットブル』

ポイント直撃『TG ピットブル』