• ファイアブラッド オナガ[FIRE BLOOD Onaga]

紹介文を読む

スパイラルXコアとパラボラチューンR+を搭載することで、圧巻の強さと粘りを実現したNEWファイアブラッドオナガ。磨き上げられた細身肉厚胴調子のブランクスが巨大尾長グレの強烈な突っ込みや走りを受け止めます。リールシートも、力の込め易さと握り心地を追求した尾長仕様。新モデルは2号ハリスを想定した繊細なセントハウンドがラインナップに加わりました。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX コア

    スパイラルX コア

    スパイラルX コア

    シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造「スパイラルX」に、東レ(株)ナノアロイ® テクノロジーなどによる高強度材を用いたカーボンスリットテープを使用。

    閉じる
  • Xガイド

    Xガイド

    Xガイド

    より小さく、軽く、そして強くを目指したシマノオリジナルガイド。段差を少なくした一体成形で糸ガラミを激減。さらに、穂先全体の軽量化によって優れた振り抜け感、鋭敏なライン追従性を実現。

    閉じる
  • NANOPITCH

    NANOPITCH

    NANOPITCH

    ブランクスを焼き上げる工程で使用する成形テープのラッピングを極めて細かいピッチで施す製法[ナノピッチ]を採用。ブランクスがより均一な圧力で締め上げられるため真円度が高くなり、高強度化に大きく貢献。

    閉じる
  • タフテック∞(インフィニティ)

    タフテック∞(インフィニティ)

    タフテック∞(インフィニティ)

    当社従来ソリッドに対して巻き込み強度3倍、巻き込み量5倍を実現。 強いタフテックαを凌ぐ高強度ソリッド穂先です。

    閉じる
  • パラボラチューンR+

    パラボラチューンR+

    パラボラチューンR+

    閉じる
  • SSBD(シマノ・ストロング・バック・デザイン)

    SSBD(シマノ・ストロング・バック・デザイン)

    SSBD(シマノ・ストロング・バック・デザイン)

    #3~元竿の剛性カーブを徹底的に見直し、これまでとは大きく異なる剛性バランスを実現。竿がのされた状態ではロッドがラインや人を助ける働きをし、逆にタメた状態ではワンランク上のロッドパワーで一気に魚を浮かします。夢に近づくための新設計のブランクスです。

    閉じる
  • バリアフィニッシュ

    バリアフィニッシュ

    バリアフィニッシュ

    ブランクス表面に施した特殊コーティング“バリアフィニッシュ”により、汚れの付着を大幅に抑えることに成功。優れた撥水防汚性能により、たとえ汚れがついても、さっと水洗いするだけで簡単に落とすことが可能で、ロッドの美しさを保ちます。

    閉じる
  • ハイパーノンコンタクトII

    ハイパーノンコンタクトII

    ハイパーノンコンタクトII

    ブランクスの表面に「ドット」と呼ばれる凸状の特殊塗装を施すことにより、ラインとロッドが接したときの摩擦抵抗を抑えることに成功。雨や波しぶきを受ける悪条件下においてもラインのベタ付きを防ぎます。

    閉じる
  • Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    節の継ぎ目はやりとり中に最も負担が集中する部分。Gクロスプロテクターは破損のリスクを大幅に軽減するとともに、玉口部分に精悍なルックスを与えます。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) 錘負荷(号) 適合ハリス(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード  
品番
セントハウンド 1.5号 530
ゲイルバード 1.7号 500
ゲイルバード 1.7号 530
グランドブレーカー 2号 500
グランドブレーカー 2号 530
ワイルドゲーム 2.2号 500
ワイルドゲーム 2.2号 530
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) 錘負荷(号) 適合ハリス(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード  
セントハウンド 1.5号 530 5.30 5 114.6 270 0.8 1~4 1.2~4 99.3 110,500 25636 2 *
ゲイルバード 1.7号 500 5.00 5 108.4 262 0.95 1~5 1.5~5 99.2 110,500 25637 9 *
ゲイルバード 1.7号 530 5.30 5 114.3 275 0.95 1~5 1.5~5 99.3 111,500 25638 6 *
グランドブレーカー 2号 500 5.00 5 108.4 270 0.95 1~6 1.7~5 99.2 111,500 25639 3 *
グランドブレーカー 2号 530 5.30 5 114.6 285 0.95 1~6 1.7~5 99.3 112,500 25640 9 *
ワイルドゲーム 2.2号 500 5.00 5 108.4 277 0.95 1~6 2~6 99.3 112,500 25641 6 *
ワイルドゲーム 2.2号 530 5.30 5 114.6 290 0.95 1~6 2~6 99.3 113,500 25642 3 *

ラインナップ

ラインナップ

  • ゲイルバード 1.7-530

    ゲイルバード 1.7-530

閉じる

巨大尾長グレ 62.5㎝を獲ったぞ!
ファイアブラッド オナガ ゲイルバード

一瞬のタイミングをものにする。そして獲りやすい。

7年ぶりのリニューアル。実はもう1年以上も前から、このファイアブラッド オナガのプロトロッドを使ってきました。四国西南部の沖ノ島、それから鵜来島をフィールドに、どのロッドがいいのか、どういう風に仕上げるほうがより尾長グレに一歩近づけるのか。様々な意見を出し合い、テストを繰り返してきました。
50cmオーバーを含めて数々獲ってきました。その中で、さらにもう少しこうしたほうがいい。という意見を集め、今回仕上がったのがファイアブラッド オナガのニューロッドです。ようやく誕生しました。

■尾長グレに一歩でも近づくために。テストを繰り返した

やはり尾長グレ、特に四国西南部の東のハナの高場もそうですけど、見える魚を釣る難しさ。それから食い渋った尾長グレ、その一瞬のタイミング、魚をかけてからのやり取りに関して、今回のファイアブラッド オナガは非常に獲りやすく仕上がっていると思います。

■見える魚を獲るのは難しい

■獲るためのロッドがファイアブラッド オナガ

強さとしなやかさ、バランスのとれたロッド

それと、今回のロッドは前作と比べ、やはり3番のクッション性がポイントだと思います。曲がりこみがさらにしなやかに仕上がっていると思います。なので、急なオナガの引き込みにも本当にしなやかに、スタートの時点で受け止めれます。
ネジリ強度が1.4倍、つぶれ強度が2.5倍になったスパイラルXコアの強さ、そしてパラボラチューンR+のしなやかさによって、バランスのとれたロッドに仕上がっていると思います。

PARABOLATUNE

■3番のクッション性の良さがポイント。強さとしなやかさが備わっている

ネジリ強度1.4 つぶれ強度2.5
SPIRAL X CORE

操作性が良く、握りやすい

また前作よりも若干、竿尻が短くなっています。短くなるっていると、魚がかかった際すぐにお腹に竿尻を当てやすく、その状態で即、魚とのファイトがしやすくなったということです。少し竿尻を短くすることで非常に操作性が良くなり、取り回しも良くなりました。
しかもこのグリップの部分と、リールシートの部分にラバー素材を使用することによって、雨の日でも滑ることなく握りやすく、非常に持ちやすいロッドになりました。

■竿尻が短くなったことで、抜群の操作性

■竿尻が短くなると、ファイトに移るスピード感が違う

■リールシートとグリップには、雨の日でも握りやすいラバー素材採用

61.5㎝ 夢の尾長グレをキャッチ

場所は、高知県沖ノ島。使用竿は「ファイアブラッド オナガ ゲイルバード」1.7号530という設定で、尾長を狙う竿としては細身です。それだけに操作性がよく、仕掛けのコントロールを繊細に行えました。磯際やピンポイントを狙う尾長釣りにおいて、この操作性の高さは強力な武器といえます。今回ロクマルをヒットさせることで、この竿が持つパワーと粘りを実感できました。大きく曲がる竿が尾長の強烈な走りを受け止め、各結束部やハリスをいたわりつつもじわじわと浮かせることができました。

身体が小さい私でも、しっかりリールシートを握り込むことができ、竿尻を身体に当ててファイトしやすかったです。まさにこの竿だからこそ獲れた一尾です。

尾長グレだけのために。
戦えるロッド ファイアブラッド オナガ

今まで1.7号、2.0、2.2号の5m、5.3mのラインナップがありましたが、今回新たに1.5号の5.3mを追加しての完全リニューアルです。ファイアブラッド オナガと名前の通り、この竿は尾長グレに特化して作られた竿です。

■1.5号5.3mをラインアップに追加して、完全リニューアルしたファイアブラッド オナガ

尾長グレのスピード、突っ込み、スタミナ、パワー、
そして‘しつこさ’とどれだけ戦えるか

やっぱり口太グレにはない最初のスピード。突っ込みの速さ、スタミナ、そしてもちろんパワー、あとは何度も何度も磯際に突っ込んでくるあのしつこさですね。切られること、バラすこと、のされることが非常に多い魚なんです。その尾長グレの性質とどれだけ戦えるかを考え、しっかり作りこんで戦える竿に仕上がったのが、ファイアブラッド オナガという名前がついている所以なんです。

■尾長グレの性質としっかり勝負できるロッド

平和が特に挙げた3つの特長

この竿の特長を、特に3つ挙げたいと思います。
まず1つはスパイラルXコアですね。もちろん強度アップがはかれる製法なんですけど、今回はM40Xって素材を使っています。これは、今まで高弾性、それから高強度、この2つを両立させることがすごく難しいとされてきた中で、その両立を実現した素材なんです。そのM40Xを使ったスパイラルXコアは、これまで以上に、ねじれ、曲げ、つぶれ、これらの強度がアップしています。

ねばりのパワーを最大限に引き出せるパラボラチューンR+

2つ目にパラボラチューンR+です。
3つ挙げる中で特に重要視したいのがこのパラボラチューンR+なんです。
各節(ふし)と節のつなぎ目の設計、調整です。つまり1本から次の節に入るときに重なりが発生ます。その重なってる部分だけ2本になります。そして重なってる部分を超えるとまた1本になるわけです。それが何か所もあることになります。
2本のところはどうしても硬くなりますよね。そこはどうしても、きれいに曲げることが難しいのです。だから2本の部分はつっかえ、1本の部分で急にのります。それが何度も何度も繰り返されます。つっかえると、どうしてものされやすくなってしまいます。
だからパラボラチューンR+で最適なところで強度を落とさず、スムーズに曲がるように再設計し、繋ぎ目の微調整をすることで力の伝達をロスなく伝えてくれます。ブランクス本来、ロッド本来のパワー、ねばりのパワーを最大限に引き出せる、これがパラボラチューンR+なんです。

継ぎ竿の構造 二重になる継ぎ目 構造イメージ図

■ロッド本来のパワーを最大限引き出せるのがパラボラチューンR+

強い引きをしっかり止める

3つ目は、グリップ、リールシートです。前作よりもこのスクリューの部分、後ろの部分をしっかり盛って肉厚にすることで、段差が少なく握りこみやすくなっています。
これによって、持つ手がしっくりくる。このしっくりくることで、あのオナガの強い引きをしっかり止めることができます。これもこの竿の特長になってます。

■リールシートスクリュー部の背面を肉厚にすることで段差を少なくし、しっかり握りこむことができる

■手になじむ仕様が、あの強い引きを止める

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
スパイラルXコア
1/9

スパイラルXコア

ロッドの性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造スパイラルXを、ナイアロイ®テクノロジー※等を用いた素材でさらに高強度化。一般的な構造との比較で、ネジリ強度1.4倍、つぶれ強度2.5倍を達成(当社比)。
※ナイアロイ®は東レ(株)の登録商標です。

Xガイド(傾斜トップチタン+SiCリング)
2/9

Xガイド(傾斜トップチタン+SiCリング)

磯ロッドのガイドに求められる小ささ、軽さ、強さを一体形状で実現。高靭性セラミック薄型のXリングを採用。

タフテック∞
3/9

タフテック∞

タフテックαを進化させたタフテック∞は当社従来ソリッドに対して巻き込み強度3倍、巻き込み量5倍を実現。

SSBD(シマノ・ストロング・バック・デザイン)
4/9

SSBD(シマノ・ストロング・バック・デザイン)

急加速する大きな荷重変化にも素早く追従し、尾長の強烈な走りの最後のひとのしを受け止める、タメの効いた粘り調子を実現。幾多の実釣とデータ分析から生まれた、より少ない挙動で大きな荷重変化に対応するロッド設計です。

パワーパームフィットCI<sup>4+</sup>
5/9

パワーパームフィットCI4+

ラバー素材を採用し、親指、人差し指、中指それぞれの付け根が触れる部分に最も厚みを持たせ、しっかりと握り込むことが可能。パワーロスを低減し、大型尾長との白熱のやり取りをサポートします。

ハイパーノンコンタクトⅡ(#2~#4)
6/9

ハイパーノンコンタクトⅡ(#2~#4)

ブランクス表面に凸状の特殊塗装を施すことで、雨や波しぶきなどの悪条件化においてラインのベタツキを防止。

ナノピッチ
7/9

ナノピッチ

ブランクスを焼き上げる工程で使用する成形テープのラッピングを極めて細かいピッチで施す製法。ブランクスがより均一な圧力で締め上げられるため高強度化に大きく貢献。きめ細やかなピッチは緻密なデザインを生み出します。

ラバー素材滑り止め(リールシート部、バットエンド部)
8/9

ラバー素材滑り止め(リールシート部、バットエンド部)

リールシート部、バットエンド部にはファイト時やキャストの際、濡れた手でもしっかり握り込めるようにラバー素材滑り止めを採用しました。

レンチ式バランサー尻栓
9/9

レンチ式バランサー尻栓

バランサーなしの状態で旧モデルと比べて慣性モーメントを10%軽減(当社比)。付属のバランサーを装着することで、さらに5%の慣性モーメントを軽減(当社比)します。

■スパイラルXコア
■Xガイド(傾斜トップチタン+SiCリング)
■パラボラチューンR+
■タフテック∞
■ナノピッチ
■ナノアロイ®テクノロジー
■トレカ®M40X
■トレカ®T1100G
■Gクロスプロテクター(元竿)
■コアブランクス
■パワーパームフィットCI4+
■チタンフレームSiC IMガイド
■ラバー素材滑り止め(リールシート部、バットエンド部)
■レンチ式バランサー尻栓
■バリアフィニッシュ(#1~#4)
■ハイパーノンコンタクトⅡ(#2~#4)
■トータルガイドバランスシステム
■全ピースガイド合わせライン
■ニット製竿袋
※トレカ®、ナノアロイ®は東レ(株)の登録商標です。

FIRE BLOOD Onaga TACKLE IMPRESSION

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。