• プロセレクト VS NR

紹介文を読む

シマノが考える「鮎竿としてのセンターポジションを担うアクション」として、よりVSらしいVSに初代モデルから変化を遂げた2020年ニューモデル。細身肉厚で掛けるまでは適度に先調子、掛けてからは胴調子。曲げるほどに粘りを発揮。安心して使えるロッドとしてのさらなる能力を追求。85、90(H2.6)は無理に軽さを求めることなく肉厚性をしっかり生かしてパワーを発揮できるように。最適野鮎対応サイズ20㎝前後。H90(H2.75)は従来にない軽快感を表現。初代の無骨さを消した細身肉厚で先調子気味のチューニング。最適野鮎対応サイズ20~23㎝。
上級機種に採用されるEXCITE TOPをプロセレクトで初採用し、かつてない感度を追求。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • エキサイトトップ

    エキサイトトップ

    エキサイトトップ

    穂先に特殊設計を行うことにより、目で見る感度、手に伝わる感度が大きく向上しました。今まで得られることが出来なかった感度を得ることにより、魚に対してのアプローチが大きく変わります。

    閉じる
  • パラボラチューン

    パラボラチューン

    パラボラチューン

    パラボラチューンはスムーズな調子を実現するために、各節の合わせ部分を見直し、強度を維持したうえで剛性の段差を排除。ワンピースロッドに匹敵する滑らかな調子とパワーを引き出すことに成功。パラボラチューンRは細身肉厚の磯のパワーロッドに対応するために開発したニューバージョン。継部がよりスムーズに曲がるように剛性の重なりを調整し、ワンピースロッドを彷彿とさせる調子を実現しました。

    閉じる
  • 回転「超感」トップ

    回転「超感」トップ

    回転「超感」トップ

    天上糸を直接穂先に結びつける構造の回転「超感」トップ。天上糸を滑らせるとともにトップ自らも回転して糸ガラミを激減します。繊細な穂先とほぼ同じ細さで、竿先が鈎先になったような感覚の感度を発揮します。また、トップが回転するので天上糸をガッチリ結びつけても効果は変わらず、結び方を選びません。

    閉じる
  • Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    節の継ぎ目はやりとり中に最も負担が集中する部分。Gクロスプロテクターは破損のリスクを大幅に軽減するとともに、玉口部分に精悍なルックスを与えます。

    閉じる
  • しっとりグリップ

    しっとりグリップ

    しっとりグリップ

    濡れた手でも高いフリクション性能が得られて滑りにくい、しっとり加工の素材一体成型グリップです。より質感を高めた揉み皮風バージョンもご用意しました。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 H表示 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
適合オモリ(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード
品番
85NR
90NR
H90NR
品番 H表示 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
適合オモリ(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード
85NR H2.6 8.50 7 142.5 212 1.5/24.5 0.1~0.8/0.04~0.25 0~3 99.0 153,000 39479 8
90NR H2.6 9.00 8 136.5 230 1.5/24.8 0.1~0.8/0.04~0.25 0~3 99.0 158,000 39480 4
H90NR H2.75 9.00 8 142.5 237 1.6/24.9 0.125~1.0/0.05~0.25 0~4 99.0 163,000 39481 1

※元径は後端から100mmの外径を表示しています。

別売専用ソリッド穂先

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 先径(mm) 本体価格(円) 商品コード
品番
85
90
H90
品番 先径(mm) 本体価格(円) 商品コード
85 0.7 13,000 39704 1
90 0.7 13,000 39705 8
H90 0.7 13,000 39706 5

別売専用ソリッド穂先

2020年 鮎入れ掛かりMOVIE プロセレクトVS

PROSELECT VS

PROSELECT VS
85 NR/90 NR/H90 NR

全能ロッド 第二の進化

最適進化を遂げた
細身肉厚バーサタイルアクション

シマノ鮎ロッドにおけるセンターポジションにして使用ラインや仕掛けを問わず、
あらゆる釣技に多芸多才な能力で対応するVSアクション。
プロセレクトシリーズを切り開いた初代からさらなる飛躍を遂げ、2020年待望のニューモデルが誕生。
個性に応じて追求した新たな操作感が新たな入れ掛かりを呼び寄せる。

■シマノ【開発陣】コメント
最適解を追求したシリーズ第二世代

今や多くの鮎師にとっておなじみとなったプロセレクトは、このVSからシリーズ展開がスタートした。2020年の二代目は前作に比べ相当変化している。
初代は新たな価格帯のシリーズ第1弾、シマノ鮎ロッドの中軸アクションという要素を考慮し、幅広い使用感を追求していた。たとえば当時のシリーズにはTFが存在しないためH2・75モデルは相当パワフルな調子に仕上げ、プロセレクトとしてのパワーの領域を多少なりともカバーしたわけだ。しかし、フルラインナップが整った現在は軽量ロッド=FW、パワーロッド=TF、先調子=SC、ナイロンフロロ=MI、ソリッド=RSと最適な選択肢が個性豊かに存在する。
今回のモデルチェンジはそれを踏まえ、よりVSらしいVSに変化を遂げている。では、VSとは何か?それはシマノが考える「鮎竿としてのセンターポジションを担うアクション」である。細身肉厚で掛けるまでは適度に先調子、掛けてからは胴調子。曲げるほどに粘りを発揮。安心して使える頼もしい竿である。
85や90は無理に軽さを求めることなく、むしろ肉厚性をしっかり生かしてパワーを発揮できるように。H90は従来にない軽快感を追求。初代の無骨さを消し、細身肉厚な先調子気味のチューニングに。そんな意味で85と90はVSとしては胴調子気味、H90は先調子気味の仕上がりとなっている。両者の振り感や持ち重り感はやや似通ったものになってはいるが、魚を掛ければ、やはりH90はH90として納得できるだけのパワーを実感できる。
そして今回見逃せないのがEXCITE TOPの採用だ。このクラスのロッドには、どうしても手が届かなかった感度をハイレベルに追求している。

■シマノ【インストラクター】コメント
高評価85、実績90
扱いやすさ光るH2・6

H2・6 85、90のチューニングを担当した小沢聡が新たな使用感を語る。
「VSの特徴はオールラウンドに使えること。MIやFWなどの他機種と比べれば若干細身、若干肉厚なので安心して曲げ込める。丈夫でパワーがあり、調子的にもクセがないので誰でも使いやすい。ですから、自分の好みがよく分からない方、経験が浅く、まだ好みがはっきりしない方は、まずVS調子を選んでもらえれば間違いないと思います。
今回のニューモデルですが個人的に85はかなりの自信作。前作を大きく超えるものができました。自分だけでなく、実釣会でテスターをはじめ多くの方々に使っていただき高評価を得ています。
90はクセのないシュッとした調子で、先端部はプロセレクトFWより若干柔らかめ。FWのH2・75がちょっと硬いかな……と感じている方などはVSの90が合うのではないかと思います。このアクション、もう少し硬いパターンもあったんですが、何回テストしても柔らかいパターンのほうが釣果がよかった。『迷ったら釣れるほうにする』が僕の考えなのでこうなりました。
野鮎適応サイズは普通の釣り人なら20㎝前後になりますが、個人的にはこの竿に慣れ、トントンとかマイナスなど手尻を工夫できる方であれば23~25㎝まで対応できると思います。
また、今回プロセレクトで初のEXCITE TOP採用。上級機種とベーシックロッドの最大の違いはカーボンの違いから生じる感度。EXCITE TOPが採用されたことで、その悩みが大きく軽減されるメリットは見逃せません」

■シマノ【インストラクター】コメント
持ち軽い先調子H90
良型鮎をライトに攻略

島啓悟がチューニングを手掛けたH90(H2・75)は、対応力の高さ、パワーを表現しながら、さらなる持ち軽さと操作性を追求している。
「初代プロセレクトVSは汎用性の高いH2・75であっても、どちらかといえばパワー的な要素を重視していたので安心感やしっかり感を前面に打ち出した仕上がりでしたが、今回はシリーズ的に多彩なラインナップが揃ったこともあって、VSならではのオールマイティアクションを追求しながら、より持ち軽く、軽快なロッドワークを楽しめるように前作よりも先調子気味のバランスに仕上がっています。
このH90はH2・75なので太ももくらいの水量までがストレスなく釣りこなせる目安。野鮎サイズは個人的には25~26㎝もいける感じですが、一般的には瀬で引き抜くなら23㎝級までが好適対応サイズ。トロ場なら26~27cmでも対応可能です。
テストは九頭竜川の勝山、仁淀川、四万十川、あとは長良川など中部河川をメインに、その名の通りバーサタイル(万能)ロッドなので釣り方、状況を選ばず対応力を磨きました。初採用のEXCITE TOPで感度もアップ。とはいえ、やはり前作との大きな違いは持ち軽さと操作性を上げたこと。H2・75ならではの変わらぬ汎用性の高さを追求しつつ、ベタ竿でも立て竿でも、釣り方や仕掛け、使用ラインを問わず、よりライトな感覚で良型鮎を攻略できると思います」

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
Gクロスプロテクター
1/1

Gクロスプロテクター

■固着・中子落ち対策
■スパイラルX
■パラボラチューン
■エキサイトトップ
■専用別売ソリッド穂先設定機種
■しっとりグリップ
■回転超感トップ
■口金具(元竿)
■Gクロスプロテクター
■メタルトップ口栓
■バッジ付尻栓
■ニット製竿袋
  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。