• リミテッド プロ FW ベリーベスト NR

紹介文を読む

早期解禁が増えると同時に後半の大鮎釣りも注目される昨今。鮎竿にTPOが求められる時代に対応する新たなVeryBEST。「しなやかさ」を追求したS90、「良型」を視野にとらえるP90。S90(H2.5相当)で感じていただきたいのは圧倒的に「引ける」感覚。小沢剛が説く「しなやかロッド優位論」に基づく入魂チューニングとシマノ最新ロッドテクノロジーにより、オトリが底波にベタッと張り付くようなシルキーなフィーリングで引き操作可能。H2.5ながらSPIRAL-X CORE採用により安心して曲げ込めることで、H2.5にあるまじきパワーを表現。ロッド全体の柔軟化による感度低下問題にはEXCITE TOPⅡで対応。好適野鮎サイズ18㎝前後。中小規模河川や日本海側天然遡上河川で特効を発揮。一方、パワーモデルP90(H2.75相当)はある意味、従来のFWのイメージを覆すような「あり余るパワー」を体感可能な仕上がりながら、引き感覚・泳がせ感覚・操作感はかぎりなくH2.6に近く、野鮎を掛ければH2.75の力強さを発揮。那珂川、長良川といった水量豊富な河川にマッチする使用フィーリング。好適野鮎サイズ19~21㎝。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX コア

    スパイラルX コア

    スパイラルX コア

    シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造「スパイラルX」に、東レ(株)ナノアロイ® テクノロジーなどによる高強度材を用いたカーボンスリットテープを使用。

    閉じる
  • NANOPITCH

    NANOPITCH

    NANOPITCH

    ブランクスを焼き上げる工程で使用する成形テープのラッピングを極めて細かいピッチで施す製法[ナノピッチ]を採用。ブランクスがより均一な圧力で締め上げられるため真円度が高くなり、高強度化に大きく貢献。

    閉じる
  • エキサイトトップ2

    エキサイトトップ2

    エキサイトトップ2

    「EXCITE TOP」にくらべ水中察知能力が平均10%増とさらなる感度の向上を追求しています。
    カーボンだから金属に比べ極めて軽く重量のハンデを無化。
    カーボンだから金属よりも調子設計の自由度が高くイメージ通りに表現可能。
    鮎ロッド設計における理想のマテリアル「カーボン」だけが到達できるさらなる感度の世界をおくりとどけます。

    閉じる
  • ハイパワーXティップ

    ハイパワーXティップ

    ハイパワーXティップ

    穂先に極薄のシマノインフィニティカーボンテープをX状に巻き上げる高度な強化構造。これにより穂先のネジレに対する剛性が増すと同時に、スパイラルXとの相乗効果による竿ブレの低減、さらなる感度向上をがねらえます。

    閉じる
  • 回転「超感」トップ

    回転「超感」トップ

    回転「超感」トップ

    天上糸を直接穂先に結びつける構造の回転「超感」トップ。天上糸を滑らせるとともにトップ自らも回転して糸ガラミを激減します。繊細な穂先とほぼ同じ細さで、竿先が鈎先になったような感覚の感度を発揮します。また、トップが回転するので天上糸をガッチリ結びつけても効果は変わらず、結び方を選びません。

    閉じる
  • Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    節の継ぎ目はやりとり中に最も負担が集中する部分。Gクロスプロテクターは破損のリスクを大幅に軽減するとともに、玉口部分に精悍なルックスを与えます。

    閉じる
  • しっとりグリップ

    しっとりグリップ

    しっとりグリップ

    濡れた手でも高いフリクション性能が得られて滑りにくい、しっとり加工の素材一体成型グリップです。より質感を高めた揉み皮風バージョンもご用意しました。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 H表示 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
適合オモリ(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード  
品番
Very BEST S90NR
Very BEST P90NR
品番 H表示 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
適合オモリ(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード  
Very BEST S90NR H2.5 9.00 8 136.5 205 1.7/24.1 0.1~0.6/0.04~0.2 0~3 99.4 370,000 39463 7 *
Very BEST P90NR H2.75 9.00 8 136.5 210 1.7/24.6 0.15~0.8/0.05~0.25 0~4 99.4 380,000 39464 4 *

※元径は後端から100mmの外径を表示しています。

別売専用ソリッド穂先

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 先径(mm) 本体価格(円) 商品コード
品番
S90
P90
品番 先径(mm) 本体価格(円) 商品コード
S90 0.7 25,000 39465 1
P90 0.7 25,000 39466 8

別売専用ソリッド穂先

2020年 鮎入れ掛かりMOVIE リミテッドプロFW ベリーベスト

LIMITED PRO FW Very BEST

LIMITED PRO FW Very BEST
S90 NR/P90 NR

覇者の指先
さらなる変貌

歴代無双のパワーと引きやすさ

シマノ鮎ロッドを代表するFWシリーズにおいて
さらなるこだわりと時代が求める入れ掛かりアクションを融合させて生み出される
リミテッドプロ FW Very BEST。
2020年ニューモデルは設計手法の深化により
圧倒的な引きやすさとかつてないパワーを表現。
現代ニーズを見据え、さらに進化した変貌アクションがここにある。

SOFT LIMITED PRO FW Very BEST S90 NR H2.5 × POWER LIMITED PRO FW Very BEST P90 NR H2.75

■シマノ【開発陣】コメント
新たな時代に対応する入れ掛かりアクションとは?

時代とともに調子も変化を遂げるFWだが、基本コンセプトが変わることはない。その答えはシンプル。FW(Feather Weight)の名が示すとおりシマノの鮎竿シリーズにおける「最軽量ロッド」である。
鮎竿の三大要素ともいわれる軽さ・パワー・感度のうち「軽さ」に特化しているわけだが、実は軽さは感度ともリンクしており、軽ければ自ずと感度は向上する。その軽さの中で最大限のパワーを求める。それがFWといえる。近年85の人気が高まっているが、それは「軽さ」という要素も人気の要因になっているはずだ。
そのFWシリーズにおいてシマノを代表する鮎竿と表現しても過言ではないVery BEST。振り返れば2020年モデルで三代目。初代はH2・75相当。最終的にH2・6にするか否かで大いに悩んだロッドだった。テスターとして迎えた小澤剛氏の「竿はしなやかなほうが釣れる」理論を理解しつつ、しかし当時はH2・75全盛だったことも考慮し、最終的にH2・75のほうがゼロも取りやすく万能的という判断で世に送り出された。
二代目はH2・6。H2・75に縛られることなく「竿はしなやかなほうが釣れる」を徹底的に追求したロッドである。H2・75全盛時代は終焉を迎え、あらためて幅広い硬さが必要とされはじめた時代だった。
そして現在はどうか? 昔に比べれば釣期は長くなりつつある。早期解禁が増え5月から友釣りが楽しめる時代。その一方、シーズン初期に鮎の個体数が少ない河川では、逆にシーズン後半の大鮎釣りが盛り上がりを見せている。つまり1本の竿で1シーズン釣りこなすことは厳しい傾向になってきたということである。鮎竿もTPOが大切な時代に。そんな現代に送り出すのが新たに2つのVeryBEST。
「しなやかさ」をさらに追求した「SOFT」なS90と、「良型」を視野に入れた「POWER」のP90である。

■シマノ【開発陣】コメント
圧倒的な引きやすさ H2・5にあるまじきパワー

S90(H2・5相当)で感じていただきたいのは圧倒的な「引ける」という感覚。なじみのよさも見逃せない。オトリが底波にベタッと張り付くような感覚で引きまくることができる、まさにシルキーな引きここちだ。
そして野鮎を掛けたあと、鮎師はその力強さに驚くはず。これほどまでにH2・5にパワーあることを。我々シマノは絶対的な硬さをHランク表示しているため、どうしても数字が小さい竿は「弱い」とイメージされがちだが、それは大きな間違いだ。もちろんH2・5の硬さだけにH2・6と比較すれば限界点は異なるが「H2・5でこれほどまでのパワー」「実際これでかなりの場面をカバーできるのでは?」と感じていただけるだろう。
なぜこれほどのパワーを発揮できるのか。それはSPIRAL-X COREによる恩恵にほかならない。肉厚にしてパワーを出すのではなく、長年のノウハウから導き出した設計手法の深化なのである。
結局「竿にパワーがある」とは「釣り人がどこまで竿を曲げられるか」という要素と密接に結びつくといえる。竿を曲げれば曲げるほど糸(仕掛け)に力が加わり、より大きな鮎が抜ける。どうしても肉が薄い軽量ロッドは釣り人側が無意識に曲げることを「遠慮」してしまい、糸に力を加えられない=抜けない、という現象に陥ってしまう。今回新たにSPIRAL-X COREを採用したことで釣り人の不安感を大幅に緩和。より安心して曲げられることでパワーを感じていただける仕上がりに変貌している。
その一方、しなやかになると消えてしまいがちな感度の問題にはEXCITE TOPⅡで対応。超高弾性カーボンソリッドを内包した穂先で、しなやかでありながら高感度を追求している。

■シマノ【開発陣】コメント
FWのイメージを覆す力強さ されど操作はライト感覚

P90(H2・75相当)はどうだろうか? S90がすでにこれだけのパワーを獲得したうえで、それ以上の「P」の文字を冠するだけに、ある意味、従来のFWのイメージを覆すような「あり余るパワー」を表現可能なロッドに仕上がった。那珂川や長良川でシーズンを通して使うならばP90が正解かもしれない。
そして、このモデルにも「竿はしなやかなほうが釣れる」エッセンスが凝縮されている。引き感覚・泳がせ感覚・操作感はかぎりなくH2・6に近く、野鮎を掛ければH2・75。これが開発当初からのコンセプト。先調子ではなく軽量本調子。そのなかで操作時に曲がる部分の剛性を徹底的に見直し、よりオトリを優しく扱えるように入念にチューンを施した。
S90は中小規模河川や日本海側天然遡上河川で特効を発揮、P90は大規模河川や良型ねらいに。パワフルでヘビーな竿は体力的に厳しいものの、ある程度のパワーを手放したくないという鮎師はこのロッドの仕上がりに頬を緩めるに違いない。

■シマノ【インストラクター】コメント
S90従来にない引きやすさ 竿先で掛ける能力を研鑽

生まれ変わった三代目VeryBEST。その使用感を小澤剛が語る。
「2020年ニューモデルはS90とP90の2タイプ。まず、S90は従来のFWアクションとちょっと違うと感じるかもしれません。全体的に柔らかいのでシャキッとした感じは減っているんですが、やはりロッド全体のバランスはオーソドックスなFW調子という印象です。
釣り頃サイズは17~18㎝。慣れてしまえば長良川・郡上大和とか白鳥とか、ゆるい流れのある一般的な河川なら22㎝程度まで問題なく引き抜けると思います。マッチする川相や水量は各地の一般的な河川。那珂川の町裏とか郡上の大和くらいの所から、もう少し小さな河川ですね。
P90と比べて柔らかいアクションなので、やはり穂先を使ってオトリを動かす釣りは得意。とはいえ元々FWってナイロンの泳がせ釣りを得意とする竿だったので、両方できるように意識してチューニングしています。だから特に『こんな釣りをしてほしい』ということはないですが、できれば積極的に穂先を使う釣りを楽しんでいただきたいです。
『鮎が釣れちゃった』から『釣った』に変わる技術として、積極的に竿先を使って掛けるという部分に対し、最もロッドのポテンシャルが発揮されるようにチューニングしたつもりです。
それと引きやすさに関してはS90は圧倒的に引きやすい。竿全体が柔らかいのでオトリがよくついて来きます。ラシュランの粘るようなフィーリングとはまた違って、もう少しライトな感じでオトリがキビキビとついて来ますよ」

■シマノ【インストラクター】コメント
P90新たなパワーを追求しつつ 小澤剛がこだわったH2・6感覚

「S90は苦労せず最終セッティングが決まりましたが、P90は苦労しました(笑)。通常、僕はH2・6がメインロッドなんですが、その理由はH2・6の使用感でオトリ操作したいから。H2・6の使用感でオトリをしなやかに扱えるのであれば、H2・75だろうがH3だろうが問題ないんです。そんなことを開発陣に伝えたら『それ、いいですね!』、となり、H2・75だけどH2・6感覚でオトリ操作できるロッド開発がスタート。今回H2・6の設定がないのは、そんな理由からです。
ところが実際にやってみたら意外に難しくて感度を求めると、どうしても硬くなっちゃうし、いろいろ苦戦しました。最終的には自分が理想としていたものと、かなり近くなったと思います。しなやかさを出すための従来のFWっぽくないセッティングといえば、そうかもしれません。ただし華奢だとか、パワーがない、という印象はなくなりました。
先調子が好きな人がこの竿を手にすると根元のほうが曲がるので、浮きが遅い=パワーがない……と感じるかもしれませんが、歴代モデルに比べ持っていかれるようなパワー不足は解消されたと思います。その分、サオ全体が少し曲がるのでオトリ操作もナチュラルに、しっとりとした感じで操ることができる。ごく一般的な河川規模と水量なら19~21㎝が釣り頃サイズ。S90より対応幅が広くH2・6感覚で使えるので、15~25㎝くらいまでなら問題なく対応可能。
両モデルともテストは長良川郡上地区が圧倒的に多かったですけど2年間あらゆるところに持って行ったので、たぶん両方とも軽く1000匹は釣っていると思います。
ロッドの使い分け術としては、まずは水量、野鮎サイズに合わせること。天然遡上の小型主体で小石底河川で使うならS90がおすすめ。あるいは、すでにH2・6を持っていて、もうちょっとしなやかな竿がほしいという方にも、ぜひ使っていただきたいですね。一方、たとえば中部でいえば長良川郡上とか白川とか、付知川みたいに初期と後期でサイズが大きく異なるような川、初期はH2・5でいいけど中後期になったら全然魚が持ち上がらなくなると思うので、そんな川に通う人はP90を使ってみてほしいですね。FWは軽くて操作性はいいけどパワーがない……と思われている方にもオススメです。
また、どちらのモデルもパーソナルスペックには新たな試みの元竿が搭載されています。ロッドの構え方は個人のスタイルや好みもありますが、僕がテストした印象では、従来タイプと2本並べて現場で持ち比べてみれば明らかに感度が上がり、軽くなっているのがわかっていただけると思います」

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
Gクロスプロテクター
1/1

Gクロスプロテクター

■ナノピッチ
■固着・中子落ち対策
■スパイラルXコア
■ハイパワーエックスティップ
■エキサイトトップⅡ
■専用別売ソリッド穂先設定機種
■しっとりグリップ
■回転超感トップ
■RTC(中竿)
■口金具(元竿/彫刻入り)
■Gクロスプロテクター
■メタルトップ口栓(レーザー彫刻入り)
■バッジ付尻栓
■トリコット竿袋
■ニット製竿袋
■ハードケース
  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。