• レマーレ BG (両軸仕様・並継)

紹介文を読む

海流の磯で、まだ見ぬ巨大魚を獲る。

ベヨネース、小笠原、男女、トカラ…。昭和50年代、熱き磯釣り師達は苛烈な旅を全国の海流の島々に繰り広げました。その手には、巨大魚への敬意を込めた剛竿と両軸リール。魚種を絞らず、ひたすら大きく強い魚を求めた磯釣りの黄金時代。そんな冒険を今に蘇らせるのがレマーレBGです。先進のテクノロジーで鍛え上げたブランクスは磯ロッド8号相当の強度を持ちながら、手持ちでの釣りをこなせる絶妙のバランスが際立ちます。穂先は生き餌の状態や潮の変化を捉える鋭敏仕様。ダイナミックかつセンシティブに、海流の中に潜む猛々しき野獣に立ち向かう。限界への挑戦と愉悦。磯のレッドゾーンへ、レマーレBGとともに。

※2017 年9月発売予定

※2017 年9月発売予定

技術特性

技術特性

  • スパイラルX コア

    スパイラルX コア

    スパイラルX コア

    シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対して、さらなる高強度化を徹底追求。ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の基本構造「スパイラルX」に、東レ(株)ナノアロイ® テクノロジーなどによる高強度材を用いたカーボンスリットテープを使用。

    閉じる
  • ハイパワーX

    ハイパワーX

    ハイパワーX

    キャスト時やファイト時に発生するネジレをさらに抑え込むシマノ独自の強化構造。スパイラルXの最外層、あるいはカーボンシート縦横交差のノーマル構造の上からカーボンテープをX状に締めあげていくのが特徴。これにより、ロッドの曲がりが釣り人の意図する方向性を保持し、ブランクスが持つ本来の性能がフルに発揮されます。

    閉じる
  • マッスルカーボン

    マッスルカーボン

    マッスルカーボン

    通常のカーボン素材よりもカーボン繊維を高密度に束ねることにより繊維間の隙間を大幅に減らし、その隙間を埋める樹脂を削減した高性能素材。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 錘負荷(号) 適合ハリス(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード  
品番
H475
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 錘負荷(号) 適合ハリス(号) カーボン含有率(%) 本体価格(円) 商品コード  
H475 4.75 4 128.1 490 2.0/22.0 10~25 10~30 99.0 160,000 25234 0

BIG GAME LINEUP

BIG GAME LINEUP

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
チューブラー穂先
1/5

チューブラー穂先

剛竿とは思えない細さと柔らかさを備えた穂先は、生き餌の動きや潮の流れを手元へと伝えます。

チタンLCガイド
2/5

チタンLCガイド

PE12号リーダー100号のノットもスムーズに抜けるように、大口径かつ強靭なガイドを採用しました。

Fuji T-DPS(トリガーシート)+滑り止め塗装
3/5

Fuji T-DPS(トリガーシート)+滑り止め塗装

親指をスプールに乗せる際、トリガーがあることで3点保持となりロッドが安定。滑り止め塗装で握る力が逃げないように配慮。

EVA製ファイティングボトム
4/5

EVA製ファイティングボトム

腰だめファイトの際、腹部にかかる負荷を軽減するためボトムエンドをワイド化。ピトン掛け対応の切れ込みも装備。

尻手環
5/5

尻手環

ピトン掛けの置竿状態で不意のアタリが来ても対応できるよう頑丈な尻手環を備えています。

■スパイラルXコア
■ハイパワーX
■ナノピッチ
■ナノアロイ®テクノロジー
■マッスルカーボン採用

※ナノアロイ®テクノロジーは東レ(株)の登録商標です。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。