• 250M

  • 245MH

  • 235H

ラインナップ

サムネイルをクリックすると上のスライダーが切り替わります。

  • 250M250M
  • 245MH245MH
  • 235H235H

紹介文を読む

理想のアクションを突き詰めれば、この形にたどり着く。

各モデルの調子を明確に設定し、一つテンヤのための理想を突き詰めたENGETSU一つテンヤマダイSPECIAL。穂先には高感度、高強度のカーボンソリッドであるタフテックおよびタフテックαを採用、外層にX構造を施したハイパワーXソリッドでダイレクト感と繊細さを両立させました。そこへ搭載されたXガイドは小型で軽く、3D一体構造により糸絡みが大幅に軽減。スパイラルXによる細身軽量ブランクスはエクスフィットCI4+リールシートとの相乗効果で、鋭敏な操作性と大型をあしらうパワーを兼ね備えます。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • タフテックα

    タフテックα

    タフテックα

    タフテック穂先の張りを抑制した穂先。穂先の径を落とさず、強度も保ちながら、しなやかで繊細な曲がりを実現したソリッド穂先です。

    閉じる
  • タフテック

    タフテック

    タフテック

    素材の配合と製法を見直すことで、従来にない強さを与えられたカーボンソリッド穂先。タフテックαと比べて張りのある高感度が特長です。

    閉じる
  • ハイパワーXソリッド

    ハイパワーXソリッド

    ハイパワーXソリッド

    柔軟なソリッド部を極細カーボンテープで強化。ソリッドの魂ともいえる喰い込み性能、繊細な曲がりを阻害することなく、ブレやパワーロスを抑制。キャスト精度、操作性、感度を飛躍的に高めました。

    閉じる
  • CI4+

    CI4+

    CI4+

    カーボン繊維によって強化したシマノ独自の素材CI4とさらに進化させたCI4+。従来樹脂と比較してより軽量で高い強度を備えているのが特長。リールシートに採用することで軽量化するとともにロッドの感度と操作性を飛躍的に向上させています。

    閉じる
  • Xガイド

    Xガイド

    Xガイド

    より小さく、軽く、そして強くを目指したシマノオリジナルガイド。段差を少なくした一体成形で糸ガラミを激減。さらに、穂先全体の軽量化によって優れた振り抜け感、鋭敏なライン追従性を実現。

    閉じる
  • ハイパーノンコンタクトII

    ハイパーノンコンタクトII

    ハイパーノンコンタクトII

    ブランクスの表面に「ドット」と呼ばれる凸状の特殊塗装を施すことにより、ラインとロッドが接したときの摩擦抵抗を抑えることに成功。雨や波しぶきを受ける悪条件下においてもラインのベタ付きを防ぎます。

    閉じる
※タフテックα:250Mに採用
※タフテック:245MH・235Hに採用

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 錘負荷(号) カーボン
含有率(%)
リールシート
位置(mm)
本体価格(円) 商品コード
品番
250M
245MH
235H
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 錘負荷(号) カーボン
含有率(%)
リールシート
位置(mm)
本体価格(円) 商品コード
250M 2.51 2 166.6 134 0.9/11.0 1.5~12 94.7 434 62,400 24995 1
245MH 2.46 2 161.6 133 0.9/11.0 2~15 94.7 434 62,400 24996 8
235H 2.36 2 151.6 133 0.9/11.5 3~15 94.6 434 62,400 24997 5

※リールシート位置=竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。
※適合ルアーウェイトは参考値です。水深・潮流等によって引き抵抗が変わるので、適合値は増減します。

その他スぺック

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 本体素材 穂先タイプ ガイドタイプ リールシート
品番
250M
245MH・235H
品番 本体素材 穂先タイプ ガイドタイプ リールシート
250M カーボン タフテックα+ハイパワーXソリッド X+KT+KL エクスフィットCI4+
245MH・235H カーボン タフテック+ハイパワーXソリッド X+KT+KL エクスフィットCI4+

※ブランクス部:スパイラルX構造採用※オールチタンフレームSiCガイド(穂先部Xガイド)採用

ラインナップ

ラインナップ

  • 250M

    軽いテンヤも自在にコントロール。穂先の繊細さで自然に喰わせる。

    唯一タフテックαを用いて1段上の繊細な穂先を追求したモデルの250M。軽いテンヤの重みとライン抵抗を感じ取れ、ラインテンションを容易にコントロールしながらフォールさせ、自然に喰わせることが可能になります。不自然な動きを抑えながらのタナキープや巻きテンヤ、遊動仕掛けによる底ベタなどで、よりマダイに違和感を与えず喰わせるテクニックに適しています。

    250M
  • 245MH

    喰わせと掛け合わせのバランス重視。場所を問わないオールラウンド性。

    徹底的にバランスを追求した245MHは、喰わせ性能と掛け合わせ性能を高次元で両立させています。2~15号のテンヤやカブラまで幅広く対応し、浅場から深場まで水深を問わず、ほぼすべてのフィールドをカバー。もっともベーシックなテクニックであるリフト&フォールを快適にこなし、オールラウンドに一つテンヤを楽しめるモデルです。

    245MH
  • 235H

    穂先と穂持ちの強さで確実に掛ける。イワシパターンにも威力発揮。

    瞬発的な掛け合わせを追求した235Hは、穂先から穂持ちにかけての剛性を高め、より前方でアワセを効かせることが可能です。張りのある穂先はテンヤをアピールさせてマダイを寄せ、掛けるといった釣りにもマッチ。また、テンヤをキャストしてイワシの群れについた中層のマダイを狙う、イワシパターンの釣りにも扱いやすいモデルです。

    235H

閉じる

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
スパイラルX
1/5

スパイラルX

細身軽量、繊細でありながら力強く。

メイン素材をシマノ独自のスパイラルX構造で締め上げた細身軽量のブランクスは、ネジレから発生するパワーロスを抑制し、俊敏な操作性を獲得しました。繊細にテンヤを操れると同時に、マダイの顎を貫くフッキングや大型を食い止める底力を備えています。

Xガイド
2/5

Xガイド

短いガイドフットで曲がりを美しく。

穂先部に搭載したXガイドはガイドフットを短くすることで、ブランクスとの接地面を低減させてスムーズな曲がりを可能にし、小型軽量化との相乗効果で感度アップを実現しました。
トップを含めて5個

ハイパワーXソリッド
3/5

ハイパワーXソリッド

極細カーボンテープでより高い性能を。

炎月一つテンヤに搭載されたハイパワーXソリッドでは、極細カーボンテープを採用することで繊維の傾斜角を抑えることができ、ささくれ防止とダイレクト感、繊細さをより高めています。

タフテックα&タフテック
4/5

タフテックα&タフテック

2つの素材を使い分け理想の調子へ。

穂先の素材は、250Mにはしなやかで繊細なタフテックαを。245MH、235Hには強度に優れたタフテックを採用。モデルの特性に応じた最適の素材を使い分けています。

エクスフィットCI4+
5/5

エクスフィットCI4+

段差を排除して生まれた握り心地。

細身にシェイプされ、段差を徹底的に排除したリールシートのエクスフィットCI4+は、軽量で優れたフィッティング性能を発揮。繊細な操作に大きなアドバンテージを得ました。

繊細にして強い、
掛けにいくロッド。

田辺 哲男 NORIO TANABE

田辺哲男の伝えたい「真鯛ゲーム」とは、日本の伝統的漁具とルアーの垣根をなくし、自由な発想で状況変化に対応する釣りだ。たとえば一つテンヤに限っても「軽くして餌が潮に乗って流れてくるような演出もすれば、重くしてボトムの餌のように着底させることもする」と、演出方法で使い分ける発想すらある。その田辺が思い描くメソッドをカバーする能力を備えたロッドが、炎月一つテンヤマダイSPECIALの3アイテムだ。「今回のスペシャルはどれも今までより強い。タイは頭を振るのでバットで止まり過ぎるとバレるし、ドラグを使っても細いPEラインだと切れてしまうので強ければいいわけじゃないけど、その点このシリーズは手堅いですよ。中でも245MHは一つテンヤロッドのベースだね。穂先が軟らかめでバットは強い。"掛けにいける"竿ですよね」。オールラウンドに、あるいは特定のシチュエーションに。アイテムごとに個性を発揮しつつ、すべてが獲るためのレベルアップを遂げているのだ。


底を取る感度は、
穂先の軽さが創る。

鈴木 新太郎 SHINTAROU SUZUKI

「3アイテムすべて、調子にメリハリが出てるしロッド自体のパワーも高い。ノーマルの炎月一つテンヤマダイなら、Mは5号前後のテンヤが操作しやすいのですが、このスペシャルは穂先の軟らかさを保ったまま、バットへのつながりがキレイに仕上がっているので、8号前後まで操作しやすくなっています。250Mで浅場から深場までできるほど汎用性が高いですね」。一つテンヤのパイオニアである鈴木新太郎、その彼が携わるフラッグシップのロッドであるからには妥協はしない。パワー、操作性、汎用性はもちろんだが、もうひとつ彼がこだわったのは感度。スペシャルが、スペシャルであるためには、ここが重要なのだ。「魚のアタリを取る感度と底を取る感度は全然違うものと考えていますが、底を取る感度がかなり上がっています。底に着いた瞬間が分かれば軽いテンヤでも操作しやすいですからね。やはりハイパワーXソリッドに軽いXガイドが搭載され、穂先の性能が十分活かされているのが大きいですね」。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。