• ビーストマスター 落し込み

紹介文を読む

「付きやすい」「弱らせない」「変化が伝わる」。落し込み専用ロッドの3原則を守りながら、大型青物と十分に渡り合い「狙って獲る」パワーを目指したのがBeast Master OTOSHIKOMIです。しなやかで粘り強く強度の高いグラス無垢材のソリッドと、ハイパワーX構造とのコラボレーション設計、ハイパワーXソリッドにより余裕のポテンシャルを発揮。なかでも胴~バットのコンビネーションは明確にメーターオーバーを意識しており、その走りを真っ向勝負で受け止めます。また、穂先先端までハイパワーXを搭載することによって得られた操作性は、ウネリなどによるベイトの不自然な動きを抑え、警戒心の強い大型ヒラマサも違和感なく喰わせることができます。

技術特性

技術特性

  • ハイパワーXソリッド

    ハイパワーXソリッド

    ハイパワーXソリッド

    柔軟なソリッド部を極細カーボンテープで強化。ソリッドの魂ともいえる喰い込み性能、繊細な曲がりを阻害することなく、ブレやパワーロスを抑制。キャスト精度、操作性、感度を飛躍的に高めました。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 錘負荷(号) カーボン
含有率(%)
リールシート
位置(mm)
本体価格(円) 商品コード  
品番
245
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 錘負荷(号) カーボン
含有率(%)
リールシート
位置(mm)
本体価格(円) 商品コード  
245 2.45 2 208.0 695 2.5/14.6 80~200 7.7 317 115,000 25056 8

※リールシート位置=竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。
※ファイティングボトム装着時のリールシート位置(317+28=345mm)※フェルール内で継いでいます。

その他スぺック

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 本体素材 穂先タイプ ガイドタイプ リールシート
品番
245
品番 本体素材 穂先タイプ ガイドタイプ リールシート
245 グラスソリッド グラスソリッド MN+KW+HB オリジナルアルミシート

※全身ハイパワーXソリッド構造採用
※ゴールドカラーフレームSiCガイド採用

ラインナップ

ラインナップ

  • 245

    穂先はベイトを弾かない優れたエサ付き性能と、それを弱らせない持続性能、わずかな変化を伝える感度を備え、自然に喰い込ませることが可能です。同時にヒットするや一気に根へ突っ込んでいく大型ヒラマサを振り向かせる、胴からバットにかけてのパワーも兼ね備えています。長い仕掛けもさばきやすい245という長さで「剛」と「柔」を表現した1本といえます。

    245

閉じる

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
1/7

メーターオーバーの青物を想定したBeastMaster OTOSHIKOMIには、ブランクス全体におよぶハイパワーXソリッドの強さにふさわしく、すべてのパーツが大物と渡り合える仕様となっています。リールをセットした際の緩みを防止するクッション付きダブルナットの軽量高強度アルミリールシート、ブランクスにダブルラッピングで固定されたオールゴールドカラーSiC HBガイド、軽量高強度の素材を用いて竿受けへの固定力に優れるアルミホールドポジション、竿尻を腰に当てた際に圧力を分散しファイト時の負担を軽減する大型ファイティングボトム(ギンバル部脱着式)、そしてこれらにかかる負担を一手に受け止めるノンスリップタイプのバーテープ採用のグリップ。すべては大物を獲るために、ロッドの隅々まで弱点のないように考え抜かれた結論。強力なブランクスに大きな力が加わった際の破損やトラブルを防止、あるいはアングラーに限界をもたらさないようにするためなのです。

ハイパワーXソリッド
2/7

ハイパワーXソリッド

シマノオリジナルアルミシート
3/7

シマノオリジナルアルミシート

HDガイド&ダブルラッピング
4/7

HDガイド&ダブルラッピング

ノンスリップタイプのバーシート
5/7

ノンスリップタイプのバーシート

ホールドポジション
6/7

ホールドポジション

ギンバル仕様
7/7

ギンバル仕様

夢に挑む強さを。

庄山 英伸 HIDENOBU SYOYAMA

庄山の狙いはヒラマサ10kgオーバー、夢は20kgクラスを描いている。ただ玄界灘というフィールドでの落し込みに焦点を当てると、その難易度は格段に高くなる。ほとんどのポイントには瀬、漁礁、沈船など、激しいストラクチャーがあり、10kgオーバーの大物が喰ってくると2、3秒で勝負が終わってしまうことが少なくないからだ。

ハリス16号が、PE6号の道糸が、一瞬で飛ばされてしまう世界。「ジギングやキャスティングの釣りなら20kgクラスの実績も出ています。ただ、底近くで喰わせる落し込みの特殊性を考えれば難しい。だから一瞬に発揮できる竿の力、起こす力が必要になります。曲げて獲ることは否定しませんが、玄界灘の場合は曲がり込むことによって先手を取られてしまいます。グリップから先、ベリーまでにかけての強さは、大型ヒラマサを獲るために必要なスペックですね」。

Beast Master OTOSHIKOMIは、こうした求めに応じて生まれた。ヒット直後のランをフルドラグで可能な限り食い止めて根ズレを避け、あくまで力勝負に勝つためのロッドなのである。

だがそれだけではない。シーズン初期によく見られる10cm前後のイワシを付けて外さないティップの柔軟性、あるいはハリから外れたことも知らせてくれる伝達力。エサの頭だけ残すような喰い渋るヒラマサを捉えるティップ~ベリー間のつながり。ある意味、真逆ともいえる要素を1本のロッドに凝縮して表現できるよう、徹底的にこだわっている。

「強いばかりではだめ。エサが付いたことだけではなくて、外れたことも情報としてほしい。エサが付くまでは静の釣り、掛けてからは動の釣りですから、竿作りの限界を求められました」。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。