• S604L-S

  • S610L-S

ラインナップ

サムネイルをクリックすると上のスライダーが切り替わります。

  • S604L-SS604L-S
  • S610L-SS610L-S

紹介文を読む

アジ特有の“吸い込み”によるアタリをどれだけ検知し“掛ける”事が出来るかが釣果を握るアジング。それを前提に究極の“掛け”に挑んだのがソアレ エクスチューンの「掛け調子」。ティップの「絶妙なもたれ具合」と、そこから生まれる「手元に来る重さ」を重視し、それによって釣れる潮を感知。緩い流れか、強い流れか、または流れの壁か。さらには今自分のルアーはどういった状況にあるのか。ただ硬いだけのロッドではたどり着けない新しい感度と操作性の極地がここに。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • ハイパワーX

    ハイパワーX

    ハイパワーX

    キャスト時やファイト時に発生するネジレをさらに抑え込むシマノ独自の強化構造。スパイラルXの最外層、あるいはカーボンシート縦横交差のノーマル構造の上からカーボンテープをX状に締めあげていくのが特徴。これにより、ロッドの曲がりが釣り人の意図する方向性を保持し、ブランクスが持つ本来の性能がフルに発揮されます。

    閉じる
  • Xガイド

    Xガイド

    Xガイド

    より小さく、軽く、そして強くを目指したシマノオリジナルガイド。段差を少なくした一体成形で糸ガラミを激減。さらに、穂先全体の軽量化によって優れた振り抜け感、鋭敏なライン追従性を実現。

    閉じる
  • カーボンモノコック

    カーボンモノコック

    カーボンモノコック

    軽量&高感度のカーボン一体成型グリップ。感度30%UP(当社比)。リアグリップの余計なパーツを排除した中空構造によって、軽量化と振動伝達性が向上。また操作時の慣性が低下し、レスポンス良く操作できます。

    閉じる
  • ハイレスポンスソリッド

    ハイレスポンスソリッド

    ハイレスポンスソリッド

    閉じる
  • マッスルカーボン

    マッスルカーボン

    マッスルカーボン

    通常のカーボン素材よりもカーボン繊維を高密度に束ねることにより繊維間の隙間を大幅に減らし、その隙間を埋める樹脂を削減した高性能素材。

    閉じる
  • CI4+

    CI4+

    CI4+

    カーボン繊維によって強化したシマノ独自の素材CI4とさらに進化させたCI4+。従来樹脂と比較してより軽量で高い強度を備えているのが特長。リールシートに採用することで軽量化するとともにロッドの感度と操作性を飛躍的に向上させています。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
  • 適合ライン
  • PE(号)/ナイロン・フロロ(lb)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格
(円)
商品コード  
品番
S508L-S
S604L-S
S610L-S
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
  • 適合ライン
  • PE(号)/ナイロン・フロロ(lb)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格
(円)
商品コード  
S508L-S 1.73 2 89.3 60 0.8/7.4 0.6~12 0.1~0.6/1.5~4.0 194※D 98.1 48,500 37169 0
S604L-S 1.93 2 99.3 65 0.8/8.4 0.6~12 0.1~0.6/1.5~4.0 214※D 98.3 49,000 37170 6
S610L-S 2.08 2 106.8 67 0.8/9.1 0.6~12 0.1~0.6/1.5~4.0 234※D 98.5 49,500 37171 3

※リールシート位置=D(ダウンロック):竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。

ラインナップ

ラインナップ

  • S508L-S

    THE SWASHER ~近距離戦の闘士~

    アジングロッドのショートレングス化が顕著な今、シマノが放つ初の5フィート台ロッドのコンセプトは、「近距離を釣り尽くす」。掛けた後のバレを恐れて曲がるショートロッドが多い中で、限界まで硬さを追い求めたS508L-S。常夜灯周りの釣りにターゲットを絞り、違和感を感じとれる感度を徹底追求した結論は、明らかにティップ部分まで硬さを有し、なおかつ急テーパーな[ハイレスポンスソリッド]の採用。強風時、極小ジグヘッド等々、釣り辛い状況にこそ真価を発揮。シマノならではの一味違うショートアジングロッドだ。

  • S604L-S

    THE FENCER ~掛けの剣客~

    アジングロッドのショートレングス化が進み、6'4"という長さはもはや「ジグヘッド専用」ではなく、スタンダードな長さ。S604L-Sが提案するのは、遠投域を除く定番的なアジングにおいて、徹底的に「掛け」にいくロッド。「感度が良い」だけでは語り尽くせない、単純に先硬いロッドではない。高精度にチューニングされた[ハイレスポンスソリッド]は、潮の状態を絶妙に感じられるセッティング。激流域においても釣れる潮を感じられる事は大きなアドバンテージとなるはず。ただ硬いだけではない「掛け調子」がここに。

    S604L-S
  • S610L-S

    THE SWORDMASTER ~掛けの剣匠~

    S610L-Sに与えた使命は「ちょい重リグでの圧倒的な掛け性能」。3gのジグヘッドや、スプリットショットリグ、キャロライナリグ、軽量メタルジグ、プラグを意のままに操作でき、水深10m以深でも感度を失わない事。S604L-Sよりも若干硬めにチューニングされた[ハイレスポンスソリッド]がその難題をクリア。それでいながら6インチ分の長さの恩恵によりアンダー1gのジグヘッドにも適応。「なんでもできてしまう」のは正にこのアイテム。欲張りなアジンガーにこそ、このロッドのポテンシャルを感じてほしい。

    S610L-S

閉じる

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
スパイラルX
1/5

スパイラルX

ネジレとツブレを克服しロッド性能を根幹から高める『スパイラルX』

『スパイラルX』はロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造。従来の横繊維に替わる内外の斜め繊維により、重量を増すことなくネジリ剛性を高めます。キャストやファイトといった釣りの動作における瞬時のパワー伝達がよくなり、軽さを維持して“獲るための地力”を高める、シマノ独自の“基本構造”です。

ハイパワーX
2/5

ハイパワーX

さらに強靭に、曲がりの正確さをロッドに与える『ハイパワーX』

ブランクス最外層をカーボンテープでX状に巻き付けて、さらにネジレを抑制する“強化構造”が『ハイパワーX』。巻き付けるカーボンテープの幅や角度は、釣種やどの部分に採用するかで自在に変え、綿密に調整が施されるため、ロッドの曲がりはアングラーの意図する方向性を維持します。つまり、アクションに一層のキレ味とシャープ感を与えます。

Xガイド
3/5

Xガイド

本来のロッド性能を引き出すシマノオリジナル『Xガイド』

ロッドメーカーの観点から生まれた[Xガイド]は、ブランクスが備える潜在能力を十二分に引き出すために誕生しました。ガイドリングを支えるのは、最新素材を3Dテクノロジーで成型した一体構造フレーム。その美しいフォルムは計算された傾斜角度と立体構造でライン絡みを抑え、強さも兼ね備えます。さらに軽く、小さく、存在を感じさせません。

ブリッジライクシート
4/5

ブリッジライクシート

軽量かつ掌にフィットしカーボン強化素材『CI4+』採用した『ブリッジライクシート』

アジングでは竿を立てやすいようにダウンロックに、メバリングでは竿を寝かせやすいようにアップロックにセッティング。表面硬度を高めたことで従来素材よりも感度に優れ、さらにコンパクトな設計により、掌とリールシートとの接触面が減ることで感度がさらに向上します。

カーボンモノコックグリップ
5/5

カーボンモノコックグリップ

一体成型の中空構造が生んだ軽さと高感度『カーボンモノコックグリップ』

繊細かつ多彩な水中からの情報を、大きく正確に伝えるためには、ロッドパーツの中でもリアグリップが担う役割は決して小さくありません。『カーボンモノコックグリップ』はカーボン素材の一体成型、かつ中空構造により、これまでにない軽さを追求しました。同時にそれは、感度の向上へとつながり、新たな情報伝達力を獲得しています。

■スパイラルX
■ハイパワーX
■Xガイド(チタンSiC)(トップガイドを含め、穂先から4ヶ目のガイドまで採用)
■トルザイトリング(Xガイドを除く)チタンフレームガイド
■ブリッジライクシート
■カーボンモノコックグリップ
■マッスルカーボン
■ハイレスポンスソリッド
■センターカット2ピース

Soare X-Tune Ajing

追い求めているアジを無駄も無理もなく手にする。
現在のアジングを理想のカタチで体現できるロッドだ。

現在のアジングを突き詰めていけば、メソッドや自分の環境・フィールドを見極める目も大事だが、それに大きく寄与できる「竿」が結局必要になる。今のアジングシーンに最大限アジャストさせていったのがこの竿だ、と僕は言い切れる。激戦区的なフィールドで競り勝つというより、自分の追い求めている魚を無駄なく無理なくものにできるか、というのを究極の形で表現してくれているのではないかと思う。このロッドから得られる恩恵というのは、スタンダードなアジングに留まらない。ナイトゲームはもちろん、リアクションで誘い、掛けるデイゲームにおいても、エクスチューンの真価が発揮されるし、このロッドがあることでまた次のアジングを求めていける。

丹羽 喜嗣
丹羽 喜嗣 YOSHITSUGU NIWA
ライトゲームのメッカ・瀬戸内をホームグラウンドに活躍。エサ釣りのフカセ理論をアジングに応用するなど、独自の視点でルアーフィッシングの世界を拓く。地形の変化や潮の変化など、魚以外の情報を感じることがすべてと語る感性派アングラー。

Soareシリーズ フラッグシップロッド「X-Tune」を徹底解剖

S508L-S THE SWASHER
~近距離戦の闘士~

ショートレングスならではの操作性で、テクニカルに掛けていく一本。

アジを掛けて獲るまでのプロセスをもっとも楽しめるのが『S508L-S』だ。操作性に優れたショートレングスでありながらバットにパワーを持たせたことでタメが効く。短い竿は感度はいいけどバレやすいといった概念を覆すロッドだ。このレングスは手の延長、竿先まで神経が通っている感覚で操作できる。ただ細いだけでなく、バット径の細さからは想像できない曲がりと強さはぜひ手にとってみて体感して欲しい。フォール主体のナイトゲームでは、緩い潮でも軽量ジグヘッドの水ガミを把握でき、デイゲームにおいては、トゥイッチ、ジャークなどものすごく小刻みなアクションがしやすい。

水深10m以内、ジグ単体で近場を狙っていくフォール主体の釣りではこのレングスと感度は間違いなく強力な武器になるだろう。潮が効いている状況ではある程度の感度があればジグヘッドの挙動を把握できるが、潮が緩い状況や風のある不利な状況でもジグヘッドの挙動を把握できる感度が、もっとアジングを面白くしてくれる。

積極的にロッドを操作しながらテクニカルに掛けていける個人的にもっとも好きな一本。

S604L-S THE FENCER
~掛けの剣客~

アジングの王道、伝統的なレングスで、操作性と感度を極めていったロッド。

ひと言でいえば"キング オブ スタンダード"。『6’4"』というアジングにおける伝統的な長さ、掛け調子という正常進化の命題に真正面から取り組んだ一本。ロッドを細く、硬くすれば感度を出すのは簡単かもしれない。

しかしそれではアジング専用ロッド、掛け調子は名乗れない。ティップからベリーへの曲がり、バットの強さ、トータルバランスで掛けにいく面白さを味わえるのが『S604L-S』だ。『ハイレスポンスソリッド』ならではの、潮のもたれ感やリグの挙動を感じられる繊細なティップは、リグの操作性に優れているのみならず、リグの自然な動きで魚に無用なプレッシャーを与えない。水深10mを超えるような、潮が緩い、潮の重みを感じにくいような状況でも、ラインとジグヘッドの重さをしっかりと感じていける。逆に潮の速い状況でも、ティップの追従性がいいのでひるむことなく攻めていける。

ジグヘッド単体で、あるいはスプリットショットで狙うことを前提に、この長さのアジングロッドの感度、操作性はこうあって欲しいという方向に正しく進化した一本だ。

S610L-S THE SWORDMASTER
~掛けの剣匠~

10mを超えてもジグヘッドの挙動を感じられる。遠く、深くを狙うバーサタイルなロッド。

もっと遠く、もっと深くを攻めたい時は、リグを選ばない『S610L-S』の出番。ジグヘッド単体、スプリットショット、キャロ、プラグなどアジングにおけるリグと遠投領域をほとんどカバー。リグが遠くなる程、深くなる程より高い感度が求められるが、それをティップのチューニングでクリア。

具体的には、水深10mを超える深さでも感度を失わない事を目指し、3gのジグヘッドで深場を攻めた場合も、わずかな潮の変化を読み取れる感度を獲得している。遠投することはもちろん、プラグ、軽量メタルジグを想定しているので、このモデルに関してはPEラインをすすめたい。

もともと感度に優れたブランクスにPEラインを組み合わせることで、リグのポテンシャルを最大限に引き出すことができる。

『S508L-S』がジグヘッド単体の感度と操作性を極めていくロッドだとすれば、『S610L-S』は、多彩なリグを水の中でどう動かし、どう攻めるかということに喜びを見出せるバーサタイルな一本だ。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

丹羽喜嗣 氏がソアレXTUNEアジングを解説

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。