• S806L

  • S804L+

  • S706ML

  • S806ML-S

ラインナップ

サムネイルをクリックすると上のスライダーが切り替わります。

  • S806LS806L
  • S804L+S804L+
  • S706MLS706ML
  • S806ML-SS806ML-S

紹介文を読む

近年、渋くなってきたアオリイカに対し、軽いエギや繊細な釣りが有効なシーンが増えてきました。この時代の変化に合わせて、しなやかさを重視した設計で、渋い状況への適応力を向上。さらに、しなやかさと先重り感の少なさにより、疲れ知らずの軽快さを実現。また、「スパイラルX」と「ハイパワーX」を採用することで、しなやかでありながら十分な強度とパワーを確保。そして細身・軽量なブランクスと新形状の「カーボンモノコックグリップ」の融合により、感度も飛躍的に向上。ティップ部のガイドには段差の少ない3D一体構造&小口径傾斜タイプの「Xガイド」を採用することで、ティップの軽量化と糸絡みを大幅に軽減。リールシートは、CI4+素材を使った段差の少ない握りやすい新形状を提案。細部にまで妥協を許さない最高の性能を追い求めたロッド、それがSephia XTUNEです。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • ハイパワーX

    ハイパワーX

    ハイパワーX

    キャスト時やファイト時に発生するネジレをさらに抑え込むシマノ独自の強化構造。スパイラルXの最外層、あるいはカーボンシート縦横交差のノーマル構造の上からカーボンテープをX状に締めあげていくのが特徴。これにより、ロッドの曲がりが釣り人の意図する方向性を保持し、ブランクスが持つ本来の性能がフルに発揮されます。

    閉じる
  • Xガイド

    Xガイド

    Xガイド

    より小さく、軽く、そして強くを目指したシマノオリジナルガイド。段差を少なくした一体成形で糸ガラミを激減。さらに、穂先全体の軽量化によって優れた振り抜け感、鋭敏なライン追従性を実現。

    閉じる
  • カーボンモノコック

    カーボンモノコック

    カーボンモノコック

    軽量&高感度のカーボン一体成型グリップ。感度30%UP(当社比)。リアグリップの余計なパーツを排除した中空構造によって、軽量化と振動伝達性が向上。また操作時の慣性が低下し、レスポンス良く操作できます。

    閉じる
  • タフテックα

    タフテックα

    タフテックα

    タフテック穂先の張りを抑制した穂先。穂先の径を落とさず、強度も保ちながら、しなやかで繊細な曲がりを実現したソリッド穂先です。

    閉じる
  • ソフチューブトップ

    ソフチューブトップ

    ソフチューブトップ

    特殊設計により軽量・高感度のチューブラー穂先にソリッド並みのしなやかさをプラス。よどみのない、きれいな曲がりも特長です。

    閉じる
  • マッスルカーボン

    マッスルカーボン

    マッスルカーボン

    通常のカーボン素材よりもカーボン繊維を高密度に束ねることにより繊維間の隙間を大幅に減らし、その隙間を埋める樹脂を削減した高性能素材。

    閉じる
  • CI4+

    CI4+

    CI4+

    カーボン繊維によって強化したシマノ独自の素材CI4とさらに進化させたCI4+。従来樹脂と比較してより軽量で高い強度を備えているのが特長。リールシートに採用することで軽量化するとともにロッドの感度と操作性を飛躍的に向上させています。

    閉じる
※タフテックα:S806ML-Sに採用
※ソフチューブトップ:S804L+、S706MLに採用

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合エギサイズ(号) 適合ライン
PE(号)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格(円) 商品コード  
品番
S806L
S804L+
S706ML
S803ML
S806ML-S
S806M
S902M
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合エギサイズ(号) 適合ライン
PE(号)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格(円) 商品コード  
S806L 2.59 2 132.9 100 1.6/11.1 1.5~3.5 0.3~0.8 333※U 98.8 49,800 37139 3
S804L+ 2.54 2 130.6 100 1.6/11.1 1.5~3.8 0.3~0.8 333※U 98.8 49,800 37906 1
S706ML 2.29 2 118.1 95 1.6/11.1 1.8~3.8 0.4~1 333※U 98.7 48,800 37905 4
S803ML 2.51 2 128.9 100 1.6/11.1 1.8~3.8 0.4~1 333※U 98.8 49,300 37140 9
S806ML-S 2.59 2 132.9 100 0.9/11.1 1.8~3.8 0.4~1 333※U 98.8 49,800 37141 6
S806M 2.59 2 132.9 100 1.6/11.6 2~4 0.5~1.2 333※U 98.9 49,800 37142 3
S902M 2.79 2 142.9 110 1.6/12.6 2~4 0.5~1.2 333※U 98.9 50,300 37143 0

※リールシート位置=U(アップロック):竿尻からリールシート前部固定フードまでの長さです。

ラインナップ

ラインナップ

  • S806L

    2.5号以下のエギの繊細なジャークから、3.5号のエギを使ったスラックジャークにまで適応するロッド「S806L」。このアイテムはバットまでスムーズに曲がるスロー寄りのテーパー設計となっており、しなやかに追従するブランクスなので、まるでショートロッドかのように楽にストレスなく扱うことができます。さらに[スパイラルX]と[ハイパワーX]でネジリ剛性を徹底的に高め、スローテーパーにありがちなブレを抑制しています。また、Lパワー表記ですが、キロUPの親イカが相手でも力負けしない底力も併せ持っています。ラインスラックを簡単にコントロールでき、秋の新子狙いから春の親イカ攻略まで幅広いシーンに適応します。

    S806L
  • S804L+

    ストレスフリーのジャーク性能と、エギ・潮流・ボトムの状況を正確に感知することを追求した「S804L+」。このロッドの命とも言えるティップには、しなやか・高感度[ソフチューブトップ]を採用。その絶妙なティップの曲がりによって水中の状況を鮮明に把握することが可能に。さらに波や風によるラインテンションの乱れを吸収し、エギの動きと姿勢を自在にコントロールすることができます。特筆すべきは軽やかにジャークできる操作性。手首を軽く動かすだけでブランクス全身がムチのようにしなり、少ないエネルギーで効率良くジャークすることができます。そしてボトム付近や根周りなどの限られた範囲内において、高精度にエギを操ることも得意としたロッドです。
    ※L+=Lの繊細さとMLの強さを融合したパワーランク。

    S804L+
  • S706ML

    足場の低い堤防や磯場、ボートキャスティングのシーンに特化させた「S706ML」。[ソフチューブトップ]採用により、硬すぎず柔らかすぎない絶妙なティップに仕上げました。ストレスのないキャスト&ジャーク、そして小さなアタリを捉える性能は現代のエギングシーンにおいて必要不可欠になりつつあります。フルキャストの不安を解消しつつ、その絶妙なティップの曲がりがエギや潮流の状況を正確に感知。さらに波や風によるラインテンションの乱れを吸収し、エギの動きと姿勢を自在にコントロールすることができます。また7’6”のショートレングスならではの負担軽減によるシャクリ疲れの解消や、小刻みなダートによるトリッキーな誘いは、このロッドの真骨頂。シーズンやショア&オフショアを問わず使って頂きたいロッドです。

    S706ML
  • S803ML

    1.8~3.8号までの幅広いエギを使ったテクニカルな展開を得意としたロッド「S803ML」。このアイテムは特に近~中距離におけるサイトフィッシングでの小刻みなアクションや、ショートピッチジャークによる速いテンポの釣りを得意としています。また、8'3"のショートレングス、その中でさらに重心をグリップ方向に近付けることで、より軽快なジャーク性能とキャスト性能を得ることができました。さらに段差の少ない3D一体構造&小口径傾斜タイプの[Xガイド]を採用することで、小刻みなジャーク時などに多いティップへの糸絡みを大幅に軽減。ライントラブルを気にすることなく、テクニカルな展開に適応することができます。

  • S806ML-S

    わかりにくい極小アタリを取りにいくことを目的としたソリッドティップ採用ロッド「S806ML-S」。このアイテムはティップ部に超しなやかソリッド[タフテックα]を採用。そして、白塗り赤スレッドの目立つカラーにすることで、ラインに出るアタリが見えない夜でもソリッド部を見てアタリを取りにいくことができます。また、ベリーには適度な張りを持たせており、アタリをキャッチした瞬間にフッキングすることが可能。さらに、テンションフォール時には絶妙なテンションをキープしやすく、エギに不要な動きを与えません。
    ※キャスト時のティップ折れを防ぐため、垂らしを長めにとったペンデュラムキャストを推奨。

    S806ML-S

    飛距離と操作性に優れていること。
    自分にとって原点回帰のロッドだ。

    Sephia XTUNE S806ML-S × 富所 潤 Jun Tomidokoro

    オフショアと違い、陸っぱりからのエギングではエギを遠くまで飛ばせるキャスト性能がまず重要で、次にシャクリの操作性が求められる。キャスト時も、また大型のイカとやりとりする時もロッド全体が曲がり、バットに重みがしっかり乗ってくる。ダブルX構造によってシャクリ後の反発がよいのに、ロッドの反復振動がなく不要なブレがない。シリーズのなかでも異色のS806ML-Sはティップエギングロッドの性能をショアにも欲しいというニーズに応えたロッドで、繊細な白塗り赤スレッドのタフテックαソリッドを搭載し、夜間の釣りでも目感度が非常に高い。ショアからのティップエギングを楽しみたいアングラー、これまでとは違う攻め方にチャレンジしたいと考えているアングラーにぜひ使って頂きたいと思う。

    富所 潤
    富所 潤 シマノインストラクター
    幼少時から投げ釣りなどにのめり込む。現在はアオリイカをはじめ、その他のツツイカ系を含めたライトタックルゲームに没頭。アングラーが、楽しい、面白いと思えるような釣り情報を発信し続けている。整形外科医の顔を持つため"イカ先生"と呼ばれる。
  • S806M

    2~4号までの幅広いエギを様々なシーンで扱うことができるスーパーバーサタイルロッド「S806M」。さらに、今回の「S806M」は今まで以上に高い汎用性を持っています。その秘密は、バットパワーはこれまでのシマノ基準をキープしながらも、ティップ~ベリーをしなやかに仕上げたところにあります。このことにより、より軽いエギにも対応でき、軽い力でエギをきれいにダートさせることができます。もちろん今まで通り3.5~4号クラスのエギをしっかりジャークすることもできます。しなやかさの中に芯があり、手首への負担を軽減しながらもパワーロスの少ない使い心地の良いブランクスです。シリーズ中最も汎用性の高い一本です。

  • S902M

    使用頻度の高い3~3.5号のエギの遠投性能とジャーク性能を高めたロッド「S902M」。9'2"というロングレングスでありながら、あくまでもMHパワーではなくMパワーであることにこだわりました。遠投=大型エギではなく、如何に普段使いのエギを遠投するかという点に着目し、開発。サーフやゴロタ浜などの遠投を必要とするシーンを想定した張りのあるベリーと、3~3.5号クラスのエギを無理なく軽快に扱う繊細なティップを兼備。また、グリップ長を敢えて短めに設定することでジャーク時にグリップが邪魔にならず、快適です。一日中ジャークしても疲れにくい自重の軽さがアングラーの集中力を切らすことなくサポートします。

    ロングレングスのロッドも、操作性、感度ともに秀逸。

    Sephia XTUNE S902M × 堀田 光哉 Mitsuya Hotta

    たとえば、遠投が求められる砂利浜の場合、沖にあるブレイクなどにイカが潜んでいることが多いが、S902Mはブレイクのとっかかりを明確に感知できるので「そこにエギを置きたい」というポイントにエギをきちんと留めることができる。ロングロッドはダレやすいというイメージがあるが、このロッドはダブルX構造によってブランクスに張りがあるのでダルさをまったく感じさせない。ロングロッドでありながらMパワーに仕上がっているので、3.5号エギとの相性も良く、これまで8フィート台のMパワーを振っていたユーザーも違和感なく使えるはずだ。

    堀田 光哉
    堀田 光哉 シマノインストラクター
    ヒラメゲームを中心に、アオリイカ、メバル、アジなど、得意なターゲットは多岐に渡る。常に新しい釣法や釣り場を求めて全国各地を釣り歩き、その魅力を発信している。

閉じる

感、極まる。

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
スパイラルX
1/9

スパイラルX

芯から強くなれ。

ネジレを克服しロッド性能を根幹から高める[スパイラルX]

[スパイラルX]はロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造。従来の横繊維に替わる内外の斜め繊維により、重量を増すことなくネジリ剛性を高めます。キャストやファイトといった釣りの動作における瞬時のパワー伝達がよくなり、軽さを維持して“獲るための地力”を高める、シマノ独自の「基本構造」です。

ハイパワーX
2/9

ハイパワーX

強さを巻き付けろ。

さらに強靭に、曲がりの正確さをロッドに与える[ハイパワーX]

ブランクス最外層をカーボンテープでX状に巻き付けて、さらにネジレを抑制する「強化構造」が[ハイパワーX]。巻き付けるカーボンテープの幅や角度は、釣種やどの部分に採用するかで自在に変え、綿密に調整が施されるため、ロッドの曲がりはアングラーの意図する方向性を維持します。つまり、アクションに一層のキレ味とシャープ感を与えます。

Xガイド
3/9

Xガイド

目覚めよブランクス。

本来のロッド性能を引き出すシマノオリジナル[Xガイド]

ロッドメーカーの観点から生まれた[Xガイド]は、ブランクスが備える潜在能力を十二分に引き出すために誕生しました。ガイドリングを支えるのは、最新素材を3Dテクノロジーで成型した一体構造フレーム。その美しいフォルムは計算された傾斜角度と立体構造でライン絡みを抑え、強さも兼ね備えます。さらに軽く、小さく、存在を感じさせません。

カーボンモノコックグリップ
4/9

カーボンモノコックグリップ

末端まで神経が通う。

一体成型の中空構造が生んだ軽さと高感度[カーボンモノコックグリップ]

繊細かつ多彩な水中からの情報を、大きく正確に伝えるためには、ロッドパーツの中でもリアグリップが担う役割は決して小さくありません。[カーボンモノコックグリップ]はカーボン素材の一体成型、かつ中空構造により、これまでにない軽さを追求しました。同時にそれは、感度の向上へとつながり、新たな情報伝達力を獲得しています。

タフテックα
5/9

タフテックα

超しなやかソリッド穂先

S806ML-Sは、ティップセクションに極小アタリも逃さない繊細でしなやかなカーボンソリッド[タフテックα]を採用。また、夜間でも視認性を高める白塗り赤スレッド仕様によって、目感度を極限まで高めました。

パーフェクションシートCI4+
6/9

パーフェクションシートCI4+

フードとシートの間に段差がなく、握りやすい[パーフェクションシートCI4+]。エギの操作時やステイ時に感じる違和感がなく、長時間のグリップによる痛みも抑制します。また、ショアモデルはロックの緩みにくさを優先してアップロックに設計しています。

7/9
小型のエギも快適に扱えるように全アイテムしなやかに設計
8/9

小型のエギも快適に扱えるように全アイテムしなやかに設計

扱えるエギの上限を変えず、下限を拡大

9/9

※S806ML-Sティップ部を除く

■スパイラルX
■ハイパワーX
■Xガイド(チタンSiC)(S806L、S804L+、S706ML、S803ML、S806M、S902M:トップガイドを含め、穂先から4ヶ目のガイドまで採用)(S806ML-S:トップガイドを含め、穂先から7ヶ目のガイドまで採用)
■トルザイトリング(Xガイドを除く)チタンフレームガイド
■マッスルカーボン
■カーボンモノコックグリップ
■タフテックα(S806ML-Sのみ)
■ソフチューブトップ(S804L+、S706ML)
■パーフェクションシート CI4+
■センターカット2ピース
■エギキーパー

Sephia X-Tune

しなやかなのに、しっかりシャクれる。
相反する性能を絶妙のバランスで両立。

Sephia XTUNE × 笛木 展雄 Norio Fueki

NEW Sephia XTUNEは、モデルによって個性がはっきりしているロッドだ。汎用性を求めるならS806LやS806M、操作性を求めるならS803MLといったところだが、私はS806LやS902Mをメインで使うことが多い。S806Lはラインスラックをつくりやすく、エギの動きを抑えることでスレている状況や春イカも攻略しやすい。Lパワーで3.5号を使えるので、シーズンやイカのサイズに合わせて柔軟に対応できる。S902Mは潮目が沖にあったり、引き潮でイカが沖にしかいない時、やはり飛距離は武器になる。また足場の高い防波堤などでも扱いやすい。しかもロングレングスなのにシャクリは軽快だ。また、S806ML-Sは超繊細なソリッドティップのタフテックαを搭載し、イカがエギを抱いた瞬間の違和感を消すことができ、目感度に優れているのでショアティップエギングにも適応する。XTUNEシリーズ全体に言えるのは、2.5号~3号の軽めのエギでもキャストしやすく、しなやかだけどしっかりシャクれるということ。しなやかさとシャクリやすさは相反する性能だが、ダブルX構造がこれを可能にしている。また、軽さも操作性と感度を高める上でも大きなアドバンテージだ。カーボンモノコックグリップの感度は従来のロッドとはまったくの別物で、たとえばアオリイカがエギを警戒して居喰いするような、もたれるようなアタリも明確にキャッチできる。

笛木 展雄 シマノインストラクター
ショア、オフショアを問わずエギングゲームを得意とするエキスパートアングラー。エサ釣りから遠征のビッグゲーム、ゴムボートフィッシングまで、多くのジャンルの釣りをハイレベルでこなすマルチアングラーでもある。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

製品解説ムービー in ジャパンフィッシングショー 2017

セフィア エクスチューン (S804L+)を湯川マサタカ氏が解説!

NEW セフィア エクスチューンを笛木展雄氏が解説!

NEW セフィア エクスチューン (S806ML-S, S806L)を富所潤氏が解説!

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。