• S610L-S

  • S605M-S

ラインナップ

サムネイルをクリックすると上のスライダーが切り替わります。

  • S610L-SS610L-S
  • S605M-SS605M-S

紹介文を読む

細身・軽量なブランクスに「カーボンモノコックグリップ」を合わせて軽量化を極めることで、重心バランスが向上。ティップのムダな動きがなくなり、超しなやかソリッド穂先「タフテックα」の目感度がさらに向上。ブランクスは「ハイパワーX」と「スパイラルX」の採用でネジレに強くロッドがブレにくいため、アタリも格段に取りやすい。リールシートはCI4+素材を使った握りやすく軽い「パーフェクションシートCI4+」を搭載。激しいジャークを繰り返しても握りによる痛みを軽減します。さらにラインが絡みにくく軽く、強い、シマノオリジナルガイド「Xガイド」を採用し、目感度と操作性を高めたティップエギング専用ロッドです。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • ハイパワーX

    ハイパワーX

    ハイパワーX

    キャスト時やファイト時に発生するネジレをさらに抑え込むシマノ独自の強化構造。スパイラルXの最外層、あるいはカーボンシート縦横交差のノーマル構造の上からカーボンテープをX状に締めあげていくのが特徴。これにより、ロッドの曲がりが釣り人の意図する方向性を保持し、ブランクスが持つ本来の性能がフルに発揮されます。

    閉じる
  • Xガイド

    Xガイド

    Xガイド

    より小さく、軽く、そして強くを目指したシマノオリジナルガイド。段差を少なくした一体成形で糸ガラミを激減。さらに、穂先全体の軽量化によって優れた振り抜け感、鋭敏なライン追従性を実現。

    閉じる
  • カーボンモノコック

    カーボンモノコック

    カーボンモノコック

    軽量&高感度のカーボン一体成型グリップ。感度30%UP(当社比)。リアグリップの余計なパーツを排除した中空構造によって、軽量化と振動伝達性が向上。また操作時の慣性が低下し、レスポンス良く操作できます。

    閉じる
  • タフテックα

    タフテックα

    タフテックα

    タフテック穂先の張りを抑制した穂先。穂先の径を落とさず、強度も保ちながら、しなやかで繊細な曲がりを実現したソリッド穂先です。

    閉じる
  • CI4+

    CI4+

    CI4+

    カーボン繊維によって強化したシマノ独自の素材CI4とさらに進化させたCI4+。従来樹脂と比較してより軽量で高い強度を備えているのが特長。リールシートに採用することで軽量化するとともにロッドの感度と操作性を飛躍的に向上させています。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合エギ
サイズ(g)
適合ライン
PE(号)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格(円) 商品コード  
品番
S610L-S
S700ML-S
S605M-S
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合エギ
サイズ(g)
適合ライン
PE(号)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格(円) 商品コード  
S610L-S 2.08 2 175.9 90 0.9/9.2 MAX40 0.3~0.8 292※D 98.6 49,300 37904 7
S700ML-S 2.13 2 178.1 95 0.9/9.2 MAX70 0.4~1.0 317※D 98.1 49,800 37137 9
S605M-S 1.96 2 161.1 89 0.9/9.2 MAX90 0.4~1.0 317※D 98.1 49,800 37138 6

※リールシート位置=D(ダウンロック):竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。

ラインナップ

ラインナップ

  • S610L-S

    ベストマッチ アントラージュ:S0~S2(5~35m)

    忍び寄るイカの気配まで感知。 シャクり、アワせに比類なき高性能。

    待望の「S610L-S」がXTUNEになって登場。先行しているXTUNE「S700ML-S」、「S605M-S」によりティップエギングロッドの新たなステージが開かれました。[Xガイド]、[カーボンモノコックグリップ]、そして新設計ブランクスの開発により、真の軽量バランスと優れた感度を追求。さらに今回は兄弟分「セフィアCI4+ボート S610L-S」の特徴である、鞭のようなしなりを徹底的にクローズアップし、変幻自在にエギを動かす楽しさを実感できるロッドに仕上げました。また、アントラージュS0からS2までを使用する比較的浅場メインのシチュエーションにおいて、忍び寄るアオリイカの気配をいち早く察知し、「ゆれアタリ」と呼ばれるごくわずかなティップのゆれを増幅することを可能に。シャクる楽しさ、アワせる感動、その機能を高次元で具現化したモデルです。

    S610L-S
  • S700ML-S

    ベストマッチ アントラージュ:S0〜S3(5〜45m)

    シャローエリアから水深40mクラスのミドルディープエリアに特にマッチするロッド『S700ML-S』。長めのレングス設定ですが、ジャーク時に違和感なく胴まで入るテーパー設計となっており、長さを感じさせない軽快さが特徴。また、[スパイラルX]+[ハイパワーX]のネジレ&ブレ抑制効果により、ジャーク後にティップが瞬時に収束。ジャーク直後に出る一瞬のアタリも逃しません。さらに、長さとしなやかさを兼備することで船の揺れをロッドが吸収し、エギに不要な動きを与えません。結果として、アオリイカが抱くチャンスが増加します。しっかりとエギをダートさせることはもちろん、アタリを如何に取っていくかを徹底的に追求したロッドです。

  • S605M-S

    ベストマッチ アントラージュ:S2~S4(25~55m)

    水深25m前後からディープエリアに特にマッチするロッド『S605M-S』。短めのレングス設定で、且つベリーからバットにパワーを持たせているので、抵抗の大きい重めのエギやディープエリアでもしっかりジャークすることが可能。さらに、[スパイラルX]+[ハイパワーX]でブランクスを強化することで、ティップエギング用のエギにお助けリグを加えた高負荷セッティングにも適応します。また、張りのあるブランクスと自重の軽さの相乗効果による軽快な振り軽さも特徴。ティップ部には超しなやかソリッド[タフテックα]を採用しているので、極小アタリを正確にキャッチすることができます。高負荷への適応能力と軽快なジャーク性能にこだわったロッドです。

    S605M-S

閉じる

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
スパイラルX
1/6

スパイラルX

芯から強くなれ。

ネジレを克服しロッド性能を根幹から高める[スパイラルX]

[スパイラルX]はロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造。従来の横繊維に替わる内外の斜め繊維により、重量を増すことなくネジリ剛性を高めます。キャストやファイトといった釣りの動作における瞬時のパワー伝達がよくなり、軽さを維持して“獲るための地力”を高める、シマノ独自の「基本構造」です。

ハイパワーX
2/6

ハイパワーX

強さを巻き付けろ。

さらに強靭に、曲がりの正確さをロッドに与える[ハイパワーX]

ブランクス最外層をカーボンテープでX状に巻き付けて、さらにネジレを抑制する「強化構造」が[ハイパワーX]。巻き付けるカーボンテープの幅や角度は、釣種やどの部分に採用するかで自在に変え、綿密に調整が施されるため、ロッドの曲がりはアングラーの意図する方向性を維持します。つまり、アクションに一層のキレ味とシャープ感を与えます。

Xガイド
3/6

Xガイド

目覚めよブランクス。

本来のロッド性能を引き出すシマノオリジナル[Xガイド]

ロッドメーカーの観点から生まれた[Xガイド]は、ブランクスが備える潜在能力を十二分に引き出すために誕生しました。ガイドリングを支えるのは、最新素材を3Dテクノロジーで成型した一体構造フレーム。その美しいフォルムは計算された傾斜角度と立体構造でライン絡みを抑え、強さも兼ね備えます。さらに軽く、小さく、存在を感じさせません。

カーボンモノコックグリップ
4/6

カーボンモノコックグリップ

末端まで神経が通う。

一体成型の中空構造が生んだ軽さと高感度[カーボンモノコックグリップ]

繊細かつ多彩な水中からの情報を、大きく正確に伝えるためには、ロッドパーツの中でもリアグリップが担う役割は決して小さくありません。[カーボンモノコックグリップ]はカーボン素材の一体成型、かつ中空構造により、これまでにない軽さを追求しました。同時にそれは、感度の向上へとつながり、新たな情報伝達力を獲得しています。

タフテックα
5/6

タフテックα

超しなやかソリッド穂先

Sephia XTUNE ティップエギングは、ティップセクションに極小アタリも逃さない繊細でしなやかなカーボンソリッド[タフテックα]を採用。また、夜間でも視認性を高める白塗り赤スレッド仕様によって、目感度を極限まで高めました。

パーフェクションシートCI4+
6/6

パーフェクションシートCI4+

フードとシートの間に段差がなく、握りやすい[パーフェクションシートCI4+]。エギの操作時やステイ時に感じる違和感がなく、長時間のグリップによる痛みも抑制します。また、オフショアモデルは、ホールド性を重視したダウンロックに設計しています。

■スパイラルX
■ハイパワーX
■Xガイド(チタンSiC)(トップガイドを含め、穂先から6ヶ目のガイドまで採用)
■トルザイトリング(Xガイドを除く)チタンフレームガイド
■カーボンモノコックグリップ
■タフテックα
■パーフェクションシートCI4++
■グリップジョイント
■マイクロガイド仕様

Sephia X-Tune Tip Eging 富所 潤

目感度を高めるために、軽量化という設計思想が全身に貫かれている。

Sephia XTUNE TIP EGING × 富所 潤 Jun Tomidokoro

ティップエギングに挑戦したが、アタリが分からない。そんな経験をしたアングラーは多いと思う。ボートから引っぱっているエギにアオリイカが触れることで、ラインのテンションが抜け、ほんのわずかに穂先が戻る変化を見極めるのがこの釣りであり、それは目感度の低い竿であればほとんど見逃してしまう程度の小さな変化だ。Sephia XTUNE TIP EGINGは、この穂先の変化を感知するために、まずロッド全体に「軽さ」を求めている。ブランクスをはじめガイド、リールシートの軽さはもちろん、カーボンモノコックグリップを搭載することでシャクった時の軽さ、感性レベルでの軽さを実現している。軽さは感度だけでなく、シャクリやステイなどロッドの操作にも直結する。Sephia XTUNE TIP EGINGは軽さからくる絶妙なバランス設計で、私のようにロッド全体を大きくしならせてシャクっても疲れにくいし、アタリ即合わせで気持ちよく掛けていける。また、ティップセクションは極小アタリを逃さない超しなやかソリッド穂先「タフテックα」を採用し、白塗り赤スレッド仕様とすることで視認性が高い。リールシートも手が当たる部分に段差がなくて握りやすいし、一日釣りをしても痛くなりにくいので、ガンガンシャクるスタイルにはありがたい。

富所 潤 シマノインストラクター
幼少時から投げ釣りなどにのめり込む。現在はアオリイカをはじめ、その他のツツイカ系を含めたライトタックルゲームに没頭。アングラーが、楽しい、面白いと思えるような釣り情報を発信し続けている。整形外科医の顔を持つため"イカ先生"と呼ばれる。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

セフィア エクスチューン ティップエギングS610L-Sを富所潤氏が解説!

製品解説ムービー in ジャパンフィッシングショー 2017

セフィア エクスチューン ティップエギングを富所潤氏が解説!

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。