• スペシャル 競(きそい)FW NF

紹介文を読む

FW=フェザーウェイトの名を冠したクラス最軽量ロッド。 今作ではその類まれなる軽量性を維持しながらEXCITE TOPと新たなパワーを身にまとうことで、 よりゼロを察知しやすく、様々な場面で攻撃的に掛けにいく能力を徹底研鑽。 今、新たなるFW旋風が吹き荒れようとしている。

技術特性

技術特性

  • スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルX

    スパイラルXは縦繊維のシートの内層、外層を斜め方向のカーボンテープで巻くことによりサンドイッチ状にした3層構造。斜め繊維に横繊維としての機能も持たせた新次元のブランクスです。構造を変えただけなので重量を増やすことなくネジリ/つぶれ剛性の向上を実現。シンプルな構成で、強さと軽量化を実現した唯一無二の基本構造です。

    閉じる
  • エキサイトトップ

    エキサイトトップ

    エキサイトトップ

    穂先に特殊設計を行うことにより、目で見る感度、手に伝わる感度が大きく向上しました。今まで得られることが出来なかった感度を得ることにより、魚に対してのアプローチが大きく変わります。

    閉じる
  • ウルトラマッスルカーボン

    ウルトラマッスルカーボン

    ウルトラマッスルカーボン

    マッスルカーボンよりもさらにカーボン繊維を高密度に束ねた高性能素材。高度な成形技術によってのみ生み出されるこの素材は鍛え抜かれた筋肉ともいえるシェイプアップボディを実現させます。

    閉じる
  • 回転「超感」トップ

    回転「超感」トップ

    回転「超感」トップ

    天上糸を直接穂先に結びつける構造の回転「超感」トップ。天上糸を滑らせるとともにトップ自らも回転して糸ガラミを激減します。繊細な穂先とほぼ同じ細さで、竿先が鈎先になったような感覚の感度を発揮します。また、トップが回転するので天上糸をガッチリ結びつけても効果は変わらず、結び方を選びません。

    閉じる
  • Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    Gクロスプロテクター

    節の継ぎ目はやりとり中に最も負担が集中する部分。Gクロスプロテクターは破損のリスクを大幅に軽減するとともに、玉口部分に精悍なルックスを与えます。

    閉じる
  • しっとりグリップ

    しっとりグリップ

    しっとりグリップ

    濡れた手でも高いフリクション性能が得られて滑りにくい、しっとり加工の素材一体成型グリップです。より質感を高めた揉み皮風バージョンもご用意しました。

    閉じる

スペック表

スペック全体をみる(PDF)>

品番
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
適合オモリ(号) カーボン
含有率(%)
本体価格(円) 商品コード  
品番
H2.6 90NF
H2.75 90NF
H2.75 95NF
品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径/元径(mm) 適合水中糸
(ナイロン・号)/(メタル・号)
適合オモリ(号) カーボン
含有率(%)
本体価格(円) 商品コード  
H2.6 90NF 9.0 8 136.5 215 1.7/27.1(24.5) 0.125~0.6/0.04~0.2 0~3 99.6 255,000 36320 6
H2.75 90NF 9.0 8 136.5 225 1.9/27.1(24.5) 0.15~0.8/0.05~0.25 0~4 99.6 260,000 36321 3
H2.75 95NF 9.5 8 142.5 245 1.9/27.1(25.0) 0.15~0.8/0.05~0.25 0~4 99.7 275,000 36322 0

※( )内の元径は後端から100mmの外径を表示しています。

ラインナップ

ラインナップ

  • H2.6 90

    「軽い」「異常に引きやすい」25㎝も手なずける小澤剛が認めた衝撃進化

    その名の通りクラス最軽量自重を誇りながら、時代とともに調子が変化するFW。大胆にアイテム数を絞り込んだ今作は三者三様の魅力を表現している。このH2.6は歴代最高に引きやすいH2.6。小澤剛の言葉を借りるなら「従来のシャキシャキ感が薄れて先端部がしなやかな分、異常に引きやすい」「FWにありがちな華奢な感じは皆無」「思い切って曲げてタメられる」軽量ロッドにありがちな不安感が排除され“軽くて曲げられる”FWが誕生した。「雑誌取材中、九頭竜川の坂東島の瀬で25㎝をブチ抜いた」実績も。H2.6ながら新たなパワー系FWの片鱗を見せつけた瞬間である。

  • H2.75 90

    瀬釣り良型攻略で「思い切り曲げてタメられる」軽やかなるパワーロッド

    この竿の魅力はパワー。従来よりも硬さが増しているが「軽く感じられる」仕上がり。その自重からは想像しがたいパワーをご体感いただきたい。H2.6同様「FWにありがちな華奢な感じが全然ない」「思い切って曲げてタメられる」感覚は瀬釣り攻略、良型とのやり取りにおける大きなアドバンテージ。タックル進化の過程であらためて注目され人気の広がりを見せるライト瀬釣り。安心感と底力が魅力のトリプルフォース早瀬で攻略するか、軽さと操作性のFW H2.75で攻略するか、新たな選択肢を生み出すFWともいえる。これは軽さ競争時代の先にある鮎師のニーズを予見させるFWからの一つの提案でもあるのだ。

  • H2.75 95

    自重245g 瀬竿肉迫の圧巻パワーが生み出す軽量長尺モデル

    ロッドが長くなるほどFWの軽さが生きる場面が多くなる。短竿が脚光を浴びるなかシマノは来るべき新たな95時代を見据え、入念に作り込んだ95を世に送り出した。FW本来の軽さとパワー系と評される今作のロッドポテンシャルを融合させたニューモデルは長竿でありながら圧倒的な取り回し性のアドバンテージを生かし、とにかく掛けまくる竿。'14年ジャパンカップ決勝の九頭竜川のようにリーチの長さとロッドパワーが勝敗を左右する状況下、あるいは警戒心の強い野鮎攻略における遠距離アプローチなどで威力を発揮。異なる長さが生み出す立ち位置の相違、水中糸の入水角度の違いが他人とは異なる鮎を呼び寄せる。90スタンダードの現代だからこそ95のメリットも確かに存在するのである。

閉じる

水中情報感知能力を最大レベルまで引き上げる穂先

  • ※当社従来カーボン穂先比。実測した鮎の振動を穂先から入力し、竿尻から500mmの位置の加速度を測定した値での比較

鮎ほど多彩な水中情報の聞き分けを要求され、如実にそれが釣果と釣趣に反映される釣りはない。それゆえ鮎ロッドにおける穂先とは水中からの情報受信部にして、鮎師が思い描くオトリ操作のかなめとなる極めて重要なパーツなのである。2015年シマノは水中情報感知能力を最大レベルまで引き上げるため、新たなカーボン製チューブラー穂先をさらに進化させた。それが前アタリ、ケラレ、ハリ掛かり、オトリのイヤイヤ、ハリの石掻き、石擦れ、エビ、根掛かり……など、この釣りに要求される多種多様な情報の察知能力を圧倒的に高めた新穂先「EXCITETOP(エキサイトトップ)」である。カーボンだからこそ極めて軽く重量のハンデを背負うことがない。カーボンだからこそ調子設計の自由度が高く、イメージ通りに表現することができる。すべては鮎ロッド設計における理想のマテリアル・カーボンだけが到達できる未知なる感度の世界。この夏、リミテッドプロVS、スペシャル競FW、スペシャル競SCに搭載された「EXCITE TOP」が鮎ロッドの歴史を新たに創造する。

平均25%、最大100%UP 検証データが示す EXCITE TOPの猛烈伝達力

図示した検証データからもわかるように、このEXCITE TOPはアタリ、根掛かり、エビといった実釣時に欠くことのできない水中情報の感知能力が従来のカーボン穂先、金属系穂先よりも大幅に高まっている。なかでも当社従来カーボン穂先とのアタリ感度比較では平均25%、最大で100%もの驚異的な振動伝達力向上を果たしている。

■アタリ感度
※ノーマル穂先と当社従来穂先との比較

■アタリ感度
※ソフトタイプ穂先と金属系穂先との比較

■根掛かり感度
※ノーマル穂先と当社従来穂先との比較

■エビ感度
※ノーマル穂先と当社従来穂先との比較

非常識から生まれた、非常識な高感度 相対的ギャップが生む驚異の衝撃

EXCITE TOPの威力は図示したように独創的な3部構造から生み出されている。 その特徴をわかりやすくいえば・・・・・・
①先端部=硬い(感度センサー部)
②中間部=先端に対して相対的に軟らかい(感度コントロール部)
③元部=通常チューブラー同様の硬さ (穂先全体の基礎部)
ここで目を引くのは①②のギャップだろう。先端部①が硬く、その後方の②が相対的に軟らかい。 従来の竿作りからすれば穂先から竿尻に向かうほど順番に径と剛性が増していくのがセオリーだ。それに従えば、このEXCITE TOPは非常識といえる設計手法である。しかしこの①と②の相対的なギャップこそが、従来の穂先を凌駕する鋭敏感度を生み出す新たなセオリー。 これによって従来では考えられない鋭敏感度をカーボン穂先で生み出すことが可能になるのである。 この手法があればこそ我々は今まで誰も到達することができなかった「感度」「軽さ」「調子」という竿作りの根幹を成すきわめて重要な要素を理想的に追求し、リミテッドプロVSに搭載したソフト、ノーマル、パワー3種の異なる穂先として表現することが可能になったのだ。

「金属は重く、カーボンは軽い」という自明の理 シマノがカーボン素材にこだわる理由

カーボンと金属。単純に素材特性から見ればカーボンより金属のほうが振動をよく伝えることは確かだ。しかし、これがロッドとなると話は別。そもそも固体中を伝わる波(振動)の速さはカーボン、金属とも1/100秒以下で人間には識別不可能。振動をよく伝える点でも金属が優れているとはいえ、わずか穂先先端部に搭載される程度であれば圧倒的な恩恵をロッド全体に付与することができない。 それよりもむしろ穂先先端部に重い金属を搭載することで生じる持ち重り、振り重り、竿ブレといったマイナス要素を大きく見るべきではないのか? つまり9mもの長さにより大きな慣性モーメントが生じる鮎ロッドでは「軽さ」のメリットに徹底してこだわり、さらなる次元を追求すべきであるというのが我々シマノが導き出した結論なのだ。 重くしないためにはカーボンであることが必須条件。重さという犠牲を生じさせることなく感度を向上させることができれば、それは穂先の大革命にほかならない。だからこそ我々はこの新たなテーマを従来の竿作りの常識を打ち破ることによって限りなく追及した。 今、すべての鮎師に問いたい。かつて新たな構造によって生み出されたチューブラー穂先は存在したであろうか? そう、答えはノーである。このEXCITE TOPのほかには存在しないのだ。SPIRAL-Xが素材構造の革命とすれば、EXCITE TOPはまさにチューブラー穂先における一大革命。それは「常識限界を超えるためのあくなき挑戦」を開発精神として掲げる我々が切りひらいたかつてない新境地。2015年のニューモデル・リミテッドプロVS、スペシャル競FW、スペシャル競SCにて猛烈感度の衝撃を手にしていただきたい。

フィーチャー

フィーチャー

  • ※画像をクリックすると拡大画像と説明文が表示されます。
スパイラルX
1/3

スパイラルX

芯から強くなれ。

ネジレを克服しロッド性能を根幹から高める[スパイラルX]

[スパイラルX]はロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造。従来の横繊維に替わる内外の斜め繊維により、重量を増すことなくネジリ剛性を高めます。キャストやファイトといった釣りの動作における瞬時のパワー伝達がよくなり、軽さを維持して“獲るための地力”を高める、シマノ独自の「基本構造」です。

標準穂先/エキサイトトップ
2/3

標準穂先/エキサイトトップ

チューブラー

メタルトップ口栓、口金具(元竿/彫刻入り)
3/3

メタルトップ口栓、口金具(元竿/彫刻入り)

■ウルトラマッスルカーボン
■固着・中子落ち対策
■スパイラルX
■エキサイトトップ
■別売RS穂先設定機種
■しっとりグリップ
■回転「超感」トップ
■口金具(元竿/彫刻入り)
■Gクロスプロテクター
■メタルトップ口栓
■軽量尻栓
■トリコット竿袋
■ニット製竿袋
■別売RS穂先/タフテック ¥15,500
  [H2.6 90NF] R02(先径0.65mm) 【商品コード 34666 7】
  [H2.75 90NF] R03(先径0.65mm) 【商品コード 34667 4】
  [H2.75 95NF] R02(先径0.65mm) 【商品コード 34666 7】

強靭かつ、しなやかに変貌 今度のFWは異常に引ける、タメが利く

強靭かつ、しなやかに変貌
今度のFWは異常に引ける、タメが利く

鮎ロッドに求められる不変のテーマ「軽さとパワーの融合」。クラス最軽量の軽さを軸にどこまでパワーを追求できるか?
鮎ロッドにおけるひとつの理想形を表現するFWシリーズのさらなる挑戦は調子、パワーとも一新したこの最新作に凝縮されている。

タメが利く、引けるニューアクション 競技会で真価発揮のH2.6

「シャープでシャキシャキ感のあった先代FWとくらべるとニューFWはH2.6-90もH2.75-90も調子的にマイルドかつしなやか。FW愛用者が手にすれば“おっ、変わったな”と感じるはず。僕個人としては“曲がるようになった”ことが前作との一番の違いです。操作性に関して言うとマイルドになったぶんオトリがなじみやすくて引きやすさもランクアップ。オトリダメージも軽減されています。
使用河川を問わずテクニックを駆使して16~20㎝の中小型魚の数釣りに最適なH2.6アクション。僕が常用する背バリやオモリとの相性も良好です。解禁初期の魚や競技会シーズンなどで非常に頼りがいのある相棒になると思いますね。
パワーに関して言えば曲がり込む調子なので充分タメが利き、そこからロッドの反発を使って掛かり鮎を飛ばせます。曲がるといっても軟弱な感じではなく一本芯が通った強さがある。23㎝くらいまでなら安全に引き抜きOK。ちなみに渇水時でしたけど九頭竜川・坂東島の流心付近まで立ち込んで25㎝を引き抜きました(笑)。H2.6のパワーとしては充分じゃないですかね?」(小澤剛)

渇水とはいえ坂東島の25㎝を引く抜くH2.6のパワーは小澤剛あっての驚嘆すべき新能力の開花といえるだろうが、このニューアクションは「いわゆるロッドを真上に突き上げて掛かり鮎を運んでくる突き上げ抜きではなく、ロッドを曲げ込むことで生まれる反発力を利用してシュッと水を切って飛ばすほうが水面バウンドなどのトラブルを防止できる」と小澤は使いこなしのアドバイスを送る。

常識を覆す軽量パワーH2.75 浅場から腰までの立ち込み勝負に

「調子や操作性に関していえばH2.6同様ですが、このH2.75のパワーに関しては“正直、これだけ軽い竿で、これだけパワーが出るのか!”と、驚きましたよ(笑)。ロッドの重さ=パワーとやり取り時の安心感…といったイメージがあると思うんですが、それを覆せる竿ではないでしょうか。
快適対応野鮎サイズは18~23㎝。20㎝以下ならH2.75の張りと硬さであしらい素早くキャッチできます。引き抜き安全圏は26㎝クラス。年中瀬釣りメインという人なら専用瀬竿でしょうが、年に数回盛期に腰くらいまで立ち込んで良型鮎を楽しむ人なら軽さと操作性に軍配が上がるこの竿はもってこい。九頭竜川、神通川、那珂川といった比較的水面がフラットな河川でマイルドになった調子の恩恵がより生かされますね。もちろん瀬釣り攻略アイテムのオモリや背バリとの相性もバッチリ」(小沢聡)

6時間97匹の圧巻高速手返し 95にあるまじき操作性と余裕のパワー

「95で自重245g、さらに手にすれば数字以上に軽く感じるのがFW。米代川のテストでパーツを替えながら約6時間で97匹(時速約16匹)釣りましたが95とは思えぬ軽さと操作性で高速手返しがまるで苦にならず、むしろオトリの入る角度や泳ぎが90と違うので90では反応させられない野鮎を数多く掛けることができました。
北上川でテストした時は23㎝アベレージの天然遡上魚を腰まで瀬に立ち込んで50匹くらい痛快にやり取り。25~26㎝まで引き抜きました。パワーも充分ですが、95というプラス50㎝のロングリーチ効果と本調子的に曲がり込むニューアクションの相乗効果でタメ性能は想像以上。これ、足場が限定される瀬への立ち込みや浅場やトロでも釣り場を荒らさず良型の数を稼ぎたい場合にピッタリですよ。パワー、感度、操作性、個人的には歴代最高の95モデルです(笑)」(坂本禎)

調子損なわず感度向上 EXCITETOPに死角なし

そして今回新たに搭載されたEXCITETOP。前作に比べしなやかになったアクションによりゼロオバセ察知力に代表される総合的な感度低下を気にする向きもあろうがその心配はご無用。このEXCITETOPと融合を果たすことでさらなる感度を追求しているのだ。

「EXCITETOPはカーボンなので先端が重くならず、調子が損なわれることもない。デメリットはひとつもありません。ゼロ感度、アタリ感度、そのほか総合的にアップしています」(小澤剛)
「ゼロ感度、アタリ感度、オトリ操作中に生じるさまざまな情報がより明確に伝わります」(坂本禎)

さらにオトリが引きやすく、タメが効き、EXCITETOPによる衝撃感度までも手に入れた新生スペシャル競FW。名だたる競技会を席巻した勝負ロッドがみせる新たな衝撃を、ぜひ、その手でご体感いただきたい。

Shimano TV (It's Wonderful Fishing)

製品に関する映像をご覧になれます。

関連製品 ~他製品~

関連製品 ~他製品~

閉じる

製品サポート&関連コンテンツ

  • 1:※当サイトに掲載されている本体価格には消費税は含まれておりません。
  • 2:※商品本体の色は、実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。
  • 3:※当サイトに掲載されている製品の各仕様・デザイン・価格等については、改良のため予告なく変更する場合があります。
  • 4:※当サイトに掲載されている製品におきまして、ご注文いただく時期や数量によりお届けできない場合がございます。
  • 5:※製品の発売時期については、前後する場合があります。
  • 6:※取扱説明書の内容は、製品の仕様変更などで予告なく変更される場合があります。